at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 台所仕事

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






山葡萄でジャム・・いや、ゼリーになりました♪


山葡萄

昨年、大山に登っていたときに見つけた山葡萄、

それで作ったジャムがとってもおいしくて、

今年も欲しくて・・・少し頂いて帰る。


山葡萄

昨年は、ジュースとジャムを作ったけど、

ジュースはあまり飲まないので、

ヨーグルトソースにしようと・・・


よく洗って

よく洗って・・・


ひたひたの水で


鍋に山葡萄とひたひたの水を入れ、

30分から40分煮る。


濾します


綺麗な色♪


ボールにザルを置き、

その上にガーゼを置いて濾す。

しっかりと絞って、

濾したジュースを鍋に入れ、砂糖を加える。

量は、好みの甘さで・・・・・


ぐつぐつぐつぐつ・・・・・かき混ぜながらどれぐい煮ただろうか。

ヨーグルトソースを作るはずだったけど、

煮詰めすぎて、ゼリー状になってしまった。

それでも、これはこれで、すっごく美味しい~~♪(*^^*)

以前カリン飴を作ったことがあるけど、

それに似ているかな?


出来上がり~♪


風味がよく、味も濃く、

とってもおいしい。 

山になる果実は、色んな栄養が凝縮されているように

感じる。

・・・今年も、あぁ、もう少し採って帰れば良かったな~~・・・って、

欲深く思うのだった・・・(*^^*)


この山葡萄とそっくりなエビヅルというのがある。


エビヅル


これは、我が家の裏山にある。


エビヅル


山葡萄よりも、全体的にひとまわり小さいかな?

それと、葉っぱの形が違う。

エビヅルは、葉っぱがはっきりと三つの山になっている。

実は、山葡萄と同じかな? こちらもおいしい。

裏山に行ったら、こんなにたわわに実っていた。

こちらも少し頂いて、作ってみようかな♪





[ 2016/09/19 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(2)

酢生姜



今ブームの酢生姜を作って見た。

酢生姜の材料


生姜        400g

黒酢        400cc

蜂蜜        大匙3杯


生姜は、薄く、細かく切って容器に入れ、調味料を加える。



薄っすらとピンクに

酢に浸かった生姜は、薄っすらとピンクに染まる♪


オニオンスライスに

毎朝食べているオニオンスライスのドレッシングとして・・・・(鰹節もかけます)


サラダにも


サラダのドレッシングにも♪


コイワシ


これは、コイワシの梅煮。 そのトッピングとしてもいい♪

あと、冷ややっこにも、生姜ごはんとかもいいかも知れないな。


連日食べているので、少しは、血液サラサラになっただろうか。

色々と効能があるらしくて、しばらく続けて見ようと思っている。



[ 2016/06/21 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(8)

柚子大根

季節がら、柚子とか大根がよく回ってくる。

先日も、大きな大根を3本も頂いた。

煮含めたのも、なますにしても、サラダにも重宝する大根だけど、

重宝していたレシピを思いだして、

久しぶりに作って見た。

柚子大根

大根         1本 (1kg)
砂糖         100g~110g
塩           20g
酢           40cc
鷹の爪        3本~4本
柚子          1個


柚子大根

大根は皮をむき、

5mmぐらいの厚さで、3,4cmの短冊切りにする。


器に切った大根を入れ、


柚子大根の調味料


上記の調味料を加える。

柚子は、皮を綺麗に切り、しぼり汁も加える。

鷹の爪は薄く切って、加える。


3,4日後が食べ頃


ぜ~~んぶ、混ぜて、冷蔵庫で保存して、

味が馴染む 2,3日後 が食べ頃です。

ストックしておくと、あとひと品欲しいな~~と思う時とか、

おつまみにいいですよ♪

あ~~、早く作っておけば良かった・・・・

柚子の香りがキッチンに充満していて、今夜、すぐにでも食べたい。


さて・・・・今夜のおかずは、何にしましょうかね・・・・・

最近、とんと献立が浮かばず、同じものばかり、

ぐるぐるぐる・・・・・繰り返しているような気がする。

クックパッドでも検索して、

ヒントを頂きますか。

料理本を開かなくても、

パソをクリックすればいろんなメニューが出て来る。

便利な世の中になりましたよね。





[ 2015/12/08 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(11)

山葡萄

9月30日(水曜日)

今年も、あと3か月となってしまった。

あれよあれよ・・・と、去っていく月日、

山・・・山・・・、 畑の草、草・・・って言っているうちに、

夏が終わってしまったような気がする。

9月は、それでも、それなりにあちらこちらに行けた月だった。

良し🎵としなきゃね。


先日、大山で頂いて帰った山葡萄で、


山葡萄

果実酒を・・・とも思ったのだが、

果実酒はあまり飲まない私としては、

どうも気が進まない。

かと言って、せっかく夫が摘んだ山葡萄、

勿体ないことにしないように・・・・と、

こんな時のインターネット!

便利な世の中になったものだね♪

山葡萄ジュースに、山葡萄ソースのレシピが出て来た。


ひたひたの水で・・


きれいに洗って、お鍋に入れ、

ひたひたのお水を加え、コトコトコト・・・

皮が膨らんで、種がぷかぷかと浮かぶぐらいまで煮る。


私は、3、40分ぐらい煮たかな?


大きなボールにザルをかけ、ザルの上にガーゼを置き、

ざ~っと濾す。

こしたジュースを鍋に移し、グラニュー糖を加えて

・・・量は好みで・・・沸騰させる。

・・・で、少し残して、更に煮詰めると

ソースが出来る。

私は、かなり煮詰めてジャムを作って見た。


山葡萄ジュースとジャム

あら、びっくり!!!

これはおいしい~~(*^^*)

思った以上においしいジュースとジャムが出来た。


ジュースは、葡萄ジュースが好きなお孫にあげよう。

ジャムは、ヨーグルトソースにして私用に・・・

う~ん~・・・・これならもっと頂いて帰れば良かった・・・なんて・・・

少しだからこそ、おいしいのかも知れないね!


[ 2015/09/30 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(8)

苺ジャム作り

5月27日(水曜日)

5月にしては暑い日が続いている。

ここ数日は30度越え!!

気温が高いとは言え、

救われるのは、まだカラリとした空気なので、

真夏のそれとは違うとこだ。

strawberry1


実家の畑の苺が、

そろそろ熟れ時ではないか・・・と、帰って見た。

今年は、イチゴジャムを作るのに、

市販の苺を使っては、全くしなかった。


strawberry2


実家の畑の

露地植えの苺が結構なると予測して、

この苺を使って一年分のジャムを作って見ようと思っていたのだ。


strawberry


思った通り、

ちょうどの熟れ具合。

酸味は少々あるものの、

市販のそれとそれほどの違いはないほどの甘味はある。


いつもは放りっぱなしなのに、

今年は、何度か肥料を撒いていた。

そのせいかどうか・・・いや、きっと栄養が行きわたったのだろう。

練乳をかけなくても、結構おいしい♬


いちご畑


収穫に、1時間半もかかってしまった。

周りを見れば、雑草が~~~・・・・・

はぁ~~~(´ヘ`;)


今回は、苺の収穫と、家中の掃除だけして帰るつもりだったけど、

ここまではびこっている雑草を見ると、

手をつけずには帰れない。


”もぉ、嫌~~~!! 嫌だよ~~!”と、

一人でブツブツ言いながら、一輪車と籠と草抜き用の鍬を用意して

腹をくくる。


苺の収穫に1時間半・・・・

草抜きに、2時間ちょっと・・・

今回は、もうこれが限界だった。

去年に比べて、本当に頑張れなくなった。

切りのいい所で切り上げ、

持って来たおにぎりも食べないで、

そそくさと実家を後にした。

畑仕事は、せいぜい4時間が限界かな?


収穫した苺


ちょっと大き目の、

そしてよく熟れているのを、晩御飯のあとのデザートに、

あとは、ジャムに回す。


とりあえず一弾


とりあえず・・・ジャム作り、第一弾終了♪


続けて作るのはしんどいので、

残りは、お砂糖をまぶして冷凍にしている。

あまりパン食はしないので、

1年ぶんぐらいは出来るのではないかな?

[ 2015/05/27 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(10)

筍のラッキョウ酢漬け

4月23日(木曜日)


筍の・・・まさに今が旬!

貰い物だけど・・って、

巡り巡って我が家にも届くようになった。

外ランチをした時に、

この筍の酢漬けが、ワラビの酢漬けと一緒に添えられていた。

初めての味だったが、

意外とおいしくて、私も作り置きしてみることにした。


大好物!


筍、大好物♪

大き目のは、今夜は煮物にして、

小さめので漬けてみよう。


前夜、1時間ほど糠と唐辛子で茹でておいた筍を、

食べやすい大きさに切り、熱湯消毒した瓶に入れ、

ひたひたにラッキョウ酢を注ぐだけ!

簡単~~♪(^^)v


梅酢でも・・・


梅干しを漬けている梅酢とラッキョウ酢を半々にした酢にも。



こうして保存しておけば、

散らし寿司をした時とか、

ちょっとした箸休めにも重宝するんじゃないかな?

筍があればな~~・・・・って、思う時があるものね。


[ 2015/04/23 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(-)

白菜漬け

12月1日(月曜日)

今年は最高の出来栄え♬

実家の畑で作る野菜は、

ジャガイモと白菜だけ決めたように植えている。

植えっぱなしでも、ちゃんと育ってくれるし、収穫の時期も

一日を焦ることもなく、こちら側の都合で収穫できる。

今年の白菜は、何が良かったのか、今までにない優等生ばかり。

両手で抱えてもずっしりと来る重さ。

やっと私でも、こんなにりっぱな野菜が作れるようになったか・・・と、

にんまり。


樽にいっぱいに漬けました。


虫もあまりつかなかったようで、

中も綺麗に巻いている。

収穫後1週間おいて、きょうは、例年通り、樽にいっぱい漬けた。

お正月頃には、きっとおいしく出来上がるだろう。
[ 2014/12/02 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(10)

ラッキョウ漬け

7月15日(火曜日)

変わり映えしない撮り方・・(-_-)


しばらく畑に行っていなかった。

・・・あんなに頑張って抜いたのに、

草、きっとまたはびこっているだろうな・・・と、思いつつも、

見たくなさに、ここ2週間ほど畑のことは考えないようにしていた。

きょうは、遊び相手の友人の都合も悪く、時間を持て余すのも勿体ないので、

意を決して畑に行くことにした。


あぁ、やっぱり・・・・もう、もう、ホント・・  

はいはい・・・また頑張って抜きますよ・・・

カボチャ~~\(^o^)/


初めてカボチャの苗を植えてみた。

で・・・び~~っくり~~\(゚o゚;)/

坊ちゃんカボチャだったっけ?・・(・_・?)

2週間前には、数個しか見えなかったカボチャの実が、

なんと!! なんと~~ぉ  20個もついていた。

まだまだ生る気配だし。

カボチャの苗を植えたのは、大正解だったね♬

で・・・このカボチャの収穫頃は、一体いつなんでしょう。

坊ちゃんカボチャだったような気がするんだけど・・・


草を抜きながら、ラッキョウも気になり、1本抜いてみた。

ラッキョウって、一年一年分裂(?)していくのよね。

一個から二個に・・そして、また分裂して・・・


一個の球根が、一年後には、2個から3個に分かれ・・・その分、実は小さくなり、

放っていたら、翌年また分裂して、更に実は小さくなる。

抜いて見ると、来年まで放っていると、かなり小さくなる気配に、

思い切って今年も植え替えすることにした。


抜いて・・耕して・・・肥料を撒いて・・・


全部抜いて、耕して土をおこし、肥料を撒いて棚を作り・・・

ハァ、ヨッコラショッイ!


草抜きの続きは、後日に回して、

とにかくラッキョウの下ごしらえを急がないと・・・


一個ずつ茎と根っこを切り落とし、ザザッッと洗って、大急ぎで帰る。

ラッキョウの茎を落としたら、時間との勝負と聞いた。


JAでラッキョウ酢を買って・・・

一つ一つ、丁寧に薄皮をはいで、

ざっと熱湯につけて乾かし、

後は、市販のラッキョウ酢に漬けるだけ。

今回は、 1.2kg の収穫。

まだ、昨年のも一昨年のも残っているけど・・・・・カリッとした食感があるうちに、

せっせと食べないとね。


あ、そうそう、・・・

先日買ったズッキーニ、 この食べ方をいろいろと検索しているうちに、

気に入ったレシピにヒットし、もっぱらこの料理法で頂いている。


ズッキーニのカツオ節マヨ和え


薄くスライスし、塩もみをする。

しんなりしたら、水で洗い流し、固く絞る。

マヨネーズにワサビを加え、鰹節も加えてあえる。

隠し味程度にだし醤油を加える。 (辛くならないように、ほんの少し)


食感といい、味といい・・・・すっかりはまってしまって、

毎日のように、この一品がテーブルに上がるようになった。

私好みの素材になりそうだ。・・・いや、なってしまったかな🎵 (*^^*)






[ 2014/07/16 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(6)

変わった野菜


コールラビ


これ、コールラビという野菜。

R314号線を走っているときに立ち寄った  道の駅 ”おろちの里” の野菜コーナーで見かけ、

試食したらおいしくて買って帰ったものだ。

初めて見る野菜で、もちろん料理も、食べたこともないものだ。

リンゴのような、ブロッコリーの茎のような・・・・サクサクとした食感がおいしくて、

作って見ようと、取りあえず2個だけ買って帰った。


綺麗な白色

切るとこんな感じ。


塩もみして・・・


塩もみして、ラッキョウ酢に漬けるだけの、簡単料理でおいしい。

サラダにしてもいいと聞いた。


そして・・・


ズッキーニ


こちらはズッキーニ。

これは、よく見かける野菜だけど、私はまだ使ったことがなかった。

イマイチ料理方法がわからないのと、それほどおいしく思っていなかったので、

買ってまで料理しようと思わなかったのだ。

これが、試食すると、意外や意外、美味しくて3本も買ってしまった。

オリーブオイルで炒めて・・・

オリーブオイルで炒めて、

しんなりしたら、ポン酢を加え、汁気がなくなるまで炒めて出来上がり。

今回は、ちりめんじゃこを加えてみた。


ズッキーニの食べ方、もう少しいろいろと探してみよう。


ここ、おろちの里は、思いがけない買い物心をくすぐるものがあった。

お味噌も買ったし、晩御飯用に、”笹寿司”も。

この笹寿司が、本当においしくて、また買いに行きたいぐらいだ。

その土地、その土地の道の駅は、私にとっては、魅力ある場所だ。

つい寄りたくなる。




[ 2014/07/08 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(8)

ドクダミで・・・


厄介なドクダミの花だと思っていたけど・・・


ドクダミの花


実家の草抜きの面倒の一つに、

このドクダミの花がある。

抜いても、抜いても・・・ぐんぐんと根を伸ばして地面を占領しようとする。

閉口していることを書いたら、

これで、ドクダミ茶とかお化粧水を作る手もある・・・と、教えて頂いた。


そういう事が出来るのか~~!!と、

さっそくネット検索。

なんと、なんと、この花と葉っぱを焼酎につけるだけで、

シミ取りにも、色白にも、皺までも薄くなると、

ドクダミ化粧水の効能が書かれている。

そうとわかると早速!! だよね。

ちょうど花の時期、この機を逃すわけにはいかない。

く・・く・・臭い・・・けど・・・

この匂いは、頂けないけど、

お肌が美しくなるのなら・・・皺やたるみがなくなるのなら・・・

いや、なくなる訳はないだろうけど、少しぐらいは見栄えは良くなるかも???

と、期待を込めて・・・


さて・・・うまく出来るかどうか~(*^^*)


保存瓶がいっぱいになるくらいのドクダミの花を入れ、

そこに、焼酎をドバドバ~っと入れるだけ!

こんな簡単に出来て、お肌にいいとなると、

今まで邪魔扱いしていたドクダミが ”サマサマ~♬”になるよね~~(*^^*)

3か月ぐらいしたら使えるとか・・・

あの匂いがどう変化するか気になるところだけど、

1週間経過した時点では、少しは薄くなっているような。

先週の土曜日に、残りは全部刈って、

捨ててしまったけど、やはり、もう少し作れば良かったかな?


いったん出来てしまったシミやら皺・・・・には、どれほどの効果があるか

わからないけど、これ以上増えるのは防げるかも・・・???



ビーズのハンモック~♬




雫


[ 2014/07/03 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(8)

蕗の佃煮・ワラビのラッキョウ酢漬け・柏餅

5月30日(金曜日)


先日採って帰ったヤマブキで、佃煮を作った。


コトコトコトコト・・・と、煮込んで・・


あく抜きをしたあと、

細く切り刻んだ昆布と一緒に、お酒、みりん、お醤油で、

コトコトコトコト・・・と、弱火で、

朝から夕方まで、お汁がなくなるまで煮込んだら、こんな色になり、

モチモチっとした食感に出来上がった。

もともと蕗は好物なのだが、おいしくて♪

これで、またご飯がすすむぅ~~~・・・・

ダイエットを頑張ろうと思っているのに・・・また先送りに・・・


こちらは、ワラビのラッキョウ酢漬け。

ワラビのラッキョウ酢漬け

こんな感じ♪

ワラビを洗う。

ボールに、重曹を、小さじ1~2杯ふりかけ、

その上から熱湯をかけ、

落し蓋をして、ワラビが浮き上がらないようにして、一晩つけてアクを抜く。

何度か水を変え、更に半日水につけてアク抜きをする。

食べやすい大きさに切って、熱湯の中で1分ぐらいくぐらす。

水気を切って、熱湯消毒をした保存瓶に入れ、ラッキョウ酢を入れる。

すぐにでも食べられるし、保存も効くので、

ちらし寿司などした時にも、このまま加えることが出来るので重宝しそう♪

今年初めてラッキョウ酢に漬けてみたけど、なんと、想像以上においしいことが分かった。

大体、山菜はあまり好きな方ではなかったけど、

今年は、ワラビがおいしく思えるのは・・・・何ででしょうね?

また一年年齢を重ねたせい?・・・それとも、何度か食べるうちに

そのおいしさがわかって来たってことでしょうか。(*^^*)


苺のコンポート

そして、これは苺のコンポート

ジュース用に安く出回りだした苺を、

4パック1000円もしない値段で売られるので、何度か買って、

ジャムにしたり・・・こんな風にコンポートにしてみた。

毎日取っている宅配の牛乳があまった時につくる、牛乳かんのトッピングに使ったり、

食後のデザート代わりにもなる。

おいしくて、つい、つい・・・・冷蔵庫を開けるたびに口に放り込んだりして・・・・

だからなのよね~~~

体重増加が著しくて・・・・(´ヘ`;)


葉っぱを取って帰ったのなら、

柏餅


やっぱり、これも作らないとね~~・・・と、

娘の所、息子の所・・・・と、3軒分作って・・・・こちらも、

ぺロり♪・・・と、すでに私のお腹に入ってしまった。

この1週間で、2キロは体重を落とそうと思っていたのに・・・・

結果がわかっているので、体重計に乗れないでいる・・・・/(-_-)ヽ


明日は、5月最後の土曜日・・・でもあり、最後の日。

お天気も良さそうだし、・・・・夫は、お山に行きたいと言っている。

どこまで歩けるかわからないけど・・・行ける所まで行ってみようと、

先週のしんどさに性懲りもせず、山行きの準備をしている。

一晩では、お腹の脂肪は取れないよね~~・・・・(´ヘ`;)ハァ・・・・

ダイエット失敗の・・・・根性なしの私です。



[ 2014/05/30 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(6)

クリームチーズ・・・作って見ました♪

2月20日(木曜日)

先日、友人と話していて、

簡単にクリームチーズが作れて、それが、結構おいしいよ!・・・と、

レシピを教えてくれた。



レシピを聞いただけで、おいしさが想像できて、

さっそく作ったのだが、

それが、おいしいだけでなく、おもしろくて

感動ものだった。



それ以来、今回で三度目。


しばらく、このクリームチーズ作りにハマりそうだ。



材料


牛乳      500cc
生クリーム   60cc
プレーンヨーグルト   大匙 1杯
レモン汁    40cc


材料は・・・


牛乳と生クリームを、35度~40度に温める。


温めた牛乳と生クリームに、ヨーグルトを加えて、混ぜる。


ぐるぐると ゆっくり 混ぜながら、静かにレモン汁を加える。

レモン汁を加えたら、とにかく、ゆ~っくり混ぜる。

この混ぜ方で失敗するので、とにかくレモン汁を加えたら、ゆっくりゆっくりと混ぜる。


ぶつぶつと塊が出来始めたら、かき混ぜるのを止めて・・・(3,4分ぐらいかな?)

そのまま30分置く。


30分経ったら・・・濾す。



30分経ったら、

器の上にザルを置き、・・・(私は、ザルにペーパーナプキン、その上にガーゼを置いて)・・・こして、

分離させる。


器の中に、ぽたぽたと分離した乳清が落ちる。


こんな状態になる。


このままの状態で、1時間ぐらい置いて、

乳清が抜けたら、


口を縛って・・・


口をしばって、さらに 室温で2,3時間置く。



出来たよ!!


出来上がり~~!!

冷蔵庫で一晩置くといい・・・と、レシピには書いてあるけど、

私は、このまますぐにサラダに使います。


トマトと合うよ(^^♪


このままでもおいしいけど、

塩を加えて混ぜると・・・より、おいしいように思う。

塩を加えて(量は、お好みで・・・)、トマトと一緒に・・・お昼に頂きました! 



今晩のおかず♪


晩御飯は、・・・

白身魚のムニエル
ピーマンと人参とこんにゃくのきんぴら
クリームチーズを使った、サラダ

ドレッシングは、オリーブオイル、クレージーソルト、酢、だし醤油、豆板醤で・・・


このクリームチーズを前回作った時に、

娘にお裾分けしたら、

プリンを作って持って来てくれました。

これがまた、おいしかったですね~~

今度は、チーズケーキでも焼いて見ましょうかね。


でも・・・このままで食べるのが、一番好きかな・・・私。

ワインにも合いそうですよ♪ (*^^*)



[ 2014/02/20 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(4)

切り干し大根のはりはり漬け

12月10日(火曜日)

もう、20数年前になるだろうか。

ずいぶんとハマって、作り続けていたひと品がある。

私の癖っていうか・・・ハマってしまうとず~~っとそれを続けて、

ポイ!と飽きがくる。

飽きが来ないで続いているのが、カメラ遊びと、このブログぐらいで・・・これは、

本当に珍しい例外だ。


そのハマっていたひと品を、先日ふと思い出し、

書棚の引き出しに入れたままになっていたレシピを取り出し、作ってみた。

飽きが来てやめた味は、またしっかりとおいしさを感じ、

友人たちに配ったら、好評だったこともあり、

この冬、再び保存食として食卓に出そうだ。


干し大根のはりはり漬け


材料は・・・

材料

切り干し大根        500g

①   醤油     3カップ
    酢      3カップ
    砂糖     350g~400g
 
    上記の調味料を煮る


②   焼酎 (35度)   100cc
    生姜         2~3欠けら(好みで増減)を、針刻みする
    一味         少々
    黒ゴマ        少々
    柚子の皮       少々 を刻む


つくり方
  
    切り干し大根を、三度洗って、固く絞る。

    ①の調味料をさました中へ、②を入れて混ぜる。

    絞った切り干し大根を容器に入れ、混ぜ合わせた調味料を加える。


こんなに簡単にできて、結構おいしい。

あとひと品あったらな~~・・・と、いう時のお助けになるひと品です。


おつまみにもいいよ♪



白菜漬け

先月収穫した白菜を、大きな樽に漬け込んだ。


この冬のお楽しみ♪

お正月前ぐらいになったら、食べられるかな?

ご飯が進むんだよね~~~(*^^*)

気をつけなくっちゃ~~


そして・・・

山ブドウのワイン♪

大山からもらって帰った山ブドウで作った果実酒。

これが、またおいしい~~~!!

来年は、遠慮しないで、しっかりと頂いて帰ろう。


久々にキッチンに立つ楽しさを味わったような・・・最近、とんと主婦業が億劫になってしまっていたからね~~

寒くなって出歩くのが少なくなった分、またせっせとキッチンに立つのを楽しんでみよう。

体重増加を気にしつつ・・・・^m^
               
    
    
[ 2013/12/10 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(8)

ラッキョウ本漬け

7月5日(金曜日)

昨夜の雨と雷はひどかった~~

ここ二日は、バケツをひっくり返したような雨と雷で、

それも夜中に・・・だから、少々睡眠不足・・(=O=)。o O

土砂降りと雷・・これでそろそろ梅雨明けかな?

雨上がりの朝


朝食の支度をしたあと、久々にウォーキング。

先週の夏山道を歩いたあとの、ふくらはぎのだるさがなかなか取れなくて、

やはり歩いていないと山歩きは堪えるみたいだ。


ラッキョウ、漬けました♪

塩漬けしていたラッキョウを取り出し、

しばらくの間水につけて塩出しし、

熱湯にくぐらせたあと、市販のラッキョウ酢につけた。

本漬け、終了~~(^^)v


意外とおいしい~~(^~^)


床下収納庫に入れっぱなしにしていた、母が漬けたラッキョウ。

蓋に書いてある日付は、平成18年6月22日。

甘酢の色は、すっかりと変わって黒に・・・

これ、もう食べられないよな~~・・・と、

ざ~~~ッと、流して捨てようとして・・・

ん???? 一つつまんで食べると、なんと、なんと~~おいしい~~(*^_^*)

え~~っ?? 捨てるんじゃなかった~~

まだ食感もパリパリしているし、味がすっごくまろやかでツンツンこない。

へ~~♪ へ~~♪ ラッキョ・・古くなっても食べられるんだ~~

ホント、捨てなければ良かったな~~(-"-)

瓶の底に少し残った7年寝のラッキョウ、大切に毎日味わって食べよ!


今年漬けたラッキョウも、こんなにまろやかになるまですぐに食べずに、

数年置いておくのもいいかも?



岡ぽんの大根サラダの素

先日、スーパーの野菜売り場、それも大根の側に置いてあったこの袋。

”岡ぽん(料亭)のまかないの味”・・・なんて書いてあったので、試しに買って帰った。

袋の中には、

ノンオイルとろみドレッシング、味付けじゃこ、刻みのり、鰹節が入っていて、

千切り大根にこのサラダキットを混ぜるだけで本格的な大根サラダが出来る。

これが、おいしかったんですよね~~

夫も、大根の料理では、これが一番おいしい・・・って・・・

って、ことは、私の味がみ~んなイマイチってことですかい?~~_| ̄|○ ガクッ


混ぜるだけ~~♪

確かに、本当においしい!

居酒屋メニューとして、おつまみにもぴったり!


さて・・と、

明日は土曜日。 どうしようかな・・・

雷がなるかも知れないし、お山行きは無理かも・・・( -。-) =3






[ 2013/07/05 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(4)

畑仕事(ラッキョウを漬ける)

6月25日(火曜日)

一昨年から植えっぱなしにしていたラッキョウを、

今年は掘り上げないと、ラッキョウは分裂を繰り返し、形がなくなってしまうかもしれない。

面倒くさいけど、種を絶やさないためにも、今年は掘り上げて漬けないと。


さて、きょうもおひとり様で動きますか。

ドライブのお伴は、きょうは早朝から動くのでさわやかにピアノ曲を選ぶ。

フジ子・ヘミングのピアノで、大好きな ”ラ・カンパネラ”。

ボリュームをあげて、RPT(リピート)にして・・・

耳の奥がビリビリと反応して、鳥肌が立つほどに胸の奥がゆすられる。

何故に目が潤むか??? 反応し過ぎ~(*^_^*)


一人ドライブのいいところは、最近とんと家で聞かなくなった音楽を、

目いっぱいボリュームをあげて浸れることだ。


ブルーベリー

ほんのり色づいて♪


鉢植えにしていたブルーベリーを、

実家の畑に移植して・・2年か?・・・今年初めて実をつけた。

私の口に入ることが出来るか、小鳥が食べるか、虫が食べるか・・・

毎日通えない距離ゆえ、実がついても喜べない悲しさ・・・^_^;

あいている土地に、これからこのブルーベリーの木を増やして、

ブルーベリー畑にするのもいいかも知れないな。



実家について、ラッキョウ堀りの作業の前に、

ちょっと被写体さがし♪

でも、きょうは露もなければ、写したい花もなし。

早めに終わったら、マタタビの雌花探しにでも行こうか・・・と、

そうそうに持っていたカメラを収めて、畑に行く。


荒地のラッキョウ^_^;

こんな荒地では、ラッキョウも育たないわ・・・

なんて、思いながらすこすこと抜いて行く。

案の定、土から出てくるラッキョウは、どれも・・これも・・

み~んな小さい。

昨年一年置いたままにしただけなのに、3年ぐらいおいたぐらいの大きさ。

大きな粒よりも、小粒の方が好きだけど、

それにしても、これは小さすぎ。

別の場所へ・・・

今年は、別の場所に植えてみようと、

何年も何も植えていなかったところに、肥料をまき、

耕して・・・結構涼しいのに、鍬(くわ)を持つと、ぽたぽたと汗が噴き出る。

たしか、夫は溝を掘って陸を作っていたよな~~

こうやってするんか?・・・いや、違う・・・と、

地面をならしたり、盛り上げたり、試行錯誤。

なんとかそれらしい形ができ、植え終わり~\(^o^)/


水を撒いて終わり!

まぁ、こんなものかな?(*^_^*)


さてと・・・


ここからが、かなりしんどかったな~~

抜いたラッキョウの、根と葉の部分を切り落とす。

どれくらい座ってこの作業をしただろうか。


ラッキョ、小さすぎ~~(-

全部処理できて、後片付けが終わったのは4時15分。

こんな時間じゃ、マタタビの雌花なんか撮りにいけないじゃん!

こ・・腰が~~・・・のびないよ~~・・・イタタタ・・・


ほんまに、よぉ頑張ったわ~~~(()\\(^.^ )

不思議だけど、しんどかった~~(-"-) っていう、”負”の気持ちがない。

どちらかというと、満足感、達成感、爽快感・・のような、気持ちよさでいっぱいだ。

あれほど嫌いだった土いじりだけど、

ひょっとして、年齢とともに?・・いや、回数を重ねているうちに、

いつしか楽しみに変わったのかも知れない。

スタートと終わり・・・どこか山に通じるものがあるような。


収穫~♪

収穫は、1704グラムありました♪

このまま熱湯をかけて、

一気に市販のラッキョウ酢に漬けてしまおうかと思ったが・・・


塩漬けで発酵中♪

せっかく労力をかけて掘ったラッキョウだもの、

本格的に塩漬けからしよう。

発酵した方が、体にもいいし、おいしいものね♪♪

ラッキョウ   1.7キロ
塩       100グラム強
水  約 1000cc       

10日ほど、このまま塩水につけます。

うまく行きますように~♪(^人^)



[ 2013/06/26 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(4)

葉わさびの醤油漬け

わさびの花

4月に入ると、県北や山陰などの道の駅で ”葉わさび” を見かけるようになる。

この葉わさびの醤油漬けをいつか食べて、すっごくおいしかったので、

毎年この時期になると買っては作っている。

・・・が、今だかつて成功したことがない。

熱湯をかける・・・いや、少しの間つけておく・・・パンパンたたく・・・などなど・・作り方を

いろんな人から聞いては作るものの、この葉わさび独特の辛味が出ない。

で、先日、船通山 に登った帰りに寄った産直市で、この葉わさびの作り方を聞いてみた。


・・・熱湯をかけるとかよく言われるけど、

私は、きれいに洗って、塩をパラッと振り掛け よく揉み、

そのあと、軽く重石をして一晩置く。

そして、翌朝、さらによく揉んでから切り、お醤油につければ失敗しないよ!

・・・とのこと。


で・・・さっそくそのようにして作ってみました。

洗って・・・

葉わさびを丁寧に洗って


重石をして・・・

熱湯はかけないで、生のままで・・・って、言われたけど、

やっぱり生はちょっと抵抗があって、

私は、さっとザルの上から全体に行き渡るように熱湯をかけました。

そのあと、すぐに冷水をかけながし、熱をとり、

軽く塩をふり、

よく揉む。


軽く重石をして・・・

ここで、ちょっと失敗。

画像の浅漬け容器につけたら、重石をし過ぎた状態になってしまい、

せっかくの歯触りが壊れてしまった。

塩もみしたあとの重石は、なくてもいいかも・・????

それか、本当に軽く、軽く、食器などで抑える程度でいいかも知れない。


一晩おいて・・・

一晩おいた状態

さっと塩を流し、

さらによく揉む。

食べやすい大きさに切り、容器に入れ、

だし醤油をかけて冷蔵庫で寝かす。


ピリッ! からっ~(;>_<;)

晩御飯に食べてみました。

成功!! でした~♪

ピリッ!! 辛っ!!!

あのわさびの辛さが出ています。

やっとあの辛味が出ました。

おいしいですね~~♪(^~^)

これは、夫はもちろん! 母も 「おいしいね~」って・・・

好き嫌いの激しい母も、どうやら好物のようです。

失敗は、あの重石だけでした。 (^^)v

[ 2013/04/16 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(-)

Korean cooking  デビュ~♪

4月11日(木曜日)

仕事を辞めたからこそできる、いろんな教室通い。

その中のひとつに、韓国料理を選んでみた。

何故に韓国料理??・・・って、よく聞かれるけど、

特別な意味はない。

ただ・・・おいしいんじゃないん???かと???

昨日は、その第一回め。

おもてなし料理 キンパァ

よくドラマなどで見かける(いや、あまり韓国ドラマは見ないんだけど・・・)、キンパァという、韓国の巻き寿司。

申込者が17名だったかな?

そのうちのほとんどがすでに何回も通われている熟練者(?)

手慣れた雰囲気、場慣れした雰囲気に圧倒されながら、

エプロンと三角巾をつける。

この三角巾、鏡をみながらつけて・・・あ~ん、いやだぁ~~!!

顔がぜ~んぶむき出し~~!!!

似合わん・・・・ つけたくないっ   でも、やっぱりつけないとダメだよね~~

エイッ! もうどうにでもなれ~~

皺も弛み(たるみ)も、ぜ~~んぶ、しっかりと現れてしまった・・・( iдi ) ハウー


さすがに韓国料理を習いに来られる方は、・・・

そうだよね~~

韓流ドラマが大好き・・・韓国にもしょっちゅう行ってます!状態の方々・・・韓国料理にもお詳しいし、調味料も、どこそこで調達している・・・はたまたは、韓国に行ってどっさりと買い込んでくる・・と、言われるほどの韓国好きの方が多い。

ちょっと興味を持って来ただけの私は、なんだか申し訳ないような気持ちになってしまった。


さて、お初のキンパァです。

どんなお味でしょうかね♪


材料です

用意するもの・・・

4人分

ご飯    お茶碗4杯ぶん
ごま油   小さじ2杯
塩     少々


○ 牛肉肩ロース薄切り   100g
 (砂糖 大匙半分・ 醤油 大匙1杯・ 黒コショウ 少々
  ニンニクのみじん切り 小さじ 半分
  炒りゴマ 白 小さじ1杯・  ごま油 小さじ1杯)
  今回は、先生お手製の焼き肉のタレで味付けをなさいました。

○ 人参   1/2本
  塩    少々

○ きゅうり 1本
  塩    少々

○ ホウレンソウ  2株
  醤油・塩  少々
  ごま油   小さじ 1杯

○ 干しシイタケ  4枚
  ニンニクのみじん切り  小さじ 1/2杯
  砂糖      大匙1
  醤油      小さじ2

○ 卵焼き    1本
  

○ たくあん   1本
  

○ 青シソ     6枚


○ 蛸のチャンジャ  100g

炒り胡麻(白)    小さじ1
韓国産焼き海苔    4枚
ごま油        適量

こちらは、チャンジャ巻の材料



作り方

ご飯は、粗熱をとって、ごま油と塩を加えて混ぜる。
(先生は、ご飯に色がつくくらいごま油を入れられた・・・ギョッ!!(@_@;)となるほど・・・)
塩は、ご飯に味がつくくらい。
かなりたくさん入れても、冷めたらいい具合だった。

牛肉は、砂糖、生姜、醤油、コショウ、ニンニクで下味をつけて、ごま油とサラダ油で炒める。
冷めたら、小さく切る。

人参は、4センチ長さの千切りにして、ごま油小さじ1で炒めて塩を振る。

ホウレンソウはゆでて、海苔の長さに合わせて切っておく。
  (ホウレンソウの代わりに、今回は小松菜を使われた)
レシピには、このホウレンソウを、ゆでて水きりしたあと、
ごま油、醤油、塩であえる・・・って、書かれているけど、
今回は茹でただけだった。

椎茸は水でもどし、軸を落として千切りにする。
先ほど牛肉を炒めたときと同じ調味料で味付けて炒め煮にする。

今回は、牛肉も、この椎茸も、お手製の焼き肉のタレで味付けされた。

きゅうりは、板ずりして、太目の千切りにする。

以上の材料を、巻すに海苔を置き、ご飯を広げて材料を乗せて巻く。

チャンジャ巻は、

海苔の上にご飯、その上に青紫蘇を置き、蛸のチャンジャを置く。
さらに、先ほどと同じ材料・・きゅうり、にんじん、椎茸、たくあん、牛肉の炒め煮も加えて巻く。

チャンジャ巻

こんな感じ♪

私は、どうも巻き寿司が苦手で、うまく巻けたためしがない。

今回も、もう、へたくそぉ~~な出来上がりになってしまった。

画像を改めてみて・・・

ご飯をもっと手前まで、海苔がかくれるぐらい置くのと、横にもびっしりと敷いた方がうまくいくみたいだ。


出来ました!♪(^u^ 

出来上がり~~♪


これに、先生は、干しタラのスープを作ってくださいました。

この干しタラのスープは、毎日飲むと赤ちゃんのようなすべすべのお肌になるとか。

スープ系が好きな私としては、これはお代わりをしたいぐらいおいしゅうございました。

最初の画像のスープががそれです。

それと、炊飯器に残った米粒ももったいないからと、お米のとぎ汁を入れて再度沸騰させて作った、

蕎麦湯みたいな、スンニュン(米のスープ)、これもとってもおいしかった。

お米のとぎ汁は今まで使ったことがなく、全部捨てていたけど、

ひょっとしてこれをお味噌汁に入れたらどうなんだろ。

いろんなスープにも合うような気がする。

巻き寿司のお持ち帰りが、各1本ずつあり、

夫と母にもお味見を♪


夫・・・・「これ、うん、自分はおいしいと思う。 また作ってもいいよ♪」

母・・・ 「私は、やはり酢味の巻き寿司の方がいい。 あっさりとはしているけど、日本の巻き寿司が食べたい。」

でした。(*^_^*)

私の感想・・・ごま油の香りがちょっと強すぎたかな?
帰宅してまで、いつまでも手のひらにごま油の匂いがついていました。

チャンジャ巻は・・・チャンジャがおいしかったので、これはまた作ってみたい・・・と、思ってます♪





[ 2013/04/11 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(8)

主婦的な一日♪

11月27日(火曜日)

きょうは、浴室と洗面所とトイレに手すりをつけてくれる業者さんが来られるということで、
仕事はお休みをもらっていた。



業者さんが来られる前に、朝日が綺麗だったので、
ちょっと近場の散歩に出かける♪

いいな~~
仕事を辞めたら、毎朝このように気ままに散歩が出来るんだ。

楽しみだ~~(*^_^*)


散り始めた銀杏の葉っぱ

きれいに色づいた葉っぱを、先週末から撮ろう~ 撮ろう~~って思っていたのに、

見過ごしているうちに、とうとう散り始めた。


朝日に向かって・・・

通勤の車がひっきりなしに通る横でカメラを向けるのは、

ちと気が引けるけど、

まぁ、気にしない、気にしない・・・

すれ違った人が、ニヤリと笑って行かれる。

きっと銀杏の葉っぱの美しさに、カメラを向けたくなる気持ちがわかるのだろう。


ナンダロ・・・


何だろうね~(。_゜) ?

銀杏の木のすぐ側に、

こんなツル性の植物がからまっていた。

葉っぱは見たことがあるような・・・(。_゜) ?

でも、こんな実は初めて・・・ 

ツルには、するどいトゲがあって、うっかり掴もうものなら

飛び上がるほど痛い・・・

一体何だろうね~~


散歩から帰ると、すでに工事が始まっていた。



外には出かけられない休日、

こんな時は、キッチンに立つのが一番♪♪


さて・・・たまには主婦的なことをしますか~~(*^_^*)


まず・・・

少し甘すぎた・・(-

退院した頃には、

病院食の薄味に慣れていた母も、

最近では、すっかり元に戻って甘党になってしまった。

金時豆の味付けを、つい母に合わせたら、

まぁ、甘いの・・・甘いの・・・

それでも母の口からは・・・ もう少し甘くても良かったのに・・・って。

もう、お砂糖を舐めときっ!! (`。'メ)

この金時豆は、母がまだ入院している時に、

おやつ代わりにでもなれば・・・と、炊いて持って行こうと思っていた、

鬼女台展望所のお土産屋さんで買ったもの。

入院中には間に合わなかったけど、

きょう、やっと炊けた♪

おいしい~ おいしい~~って言ってつまんでいる母の姿に、

まぁ、母好みの味にして良かったかな。(*^_^*)


自家製の生姜♪

豆が煮上がったら、

今度は生姜・・・

これは、実家の畑に、今年初めて植えてみた生姜。

それが、な~んと、まさか・・・って思っていたのに、

こんなに綺麗な生姜が出来ていた。

せっかくの新生姜を無駄にはしたくなく・・・

まず・・

ゴリゴリゴリとすって・・・

すりおろして・・・

敷いたラップに乗せて・・・

ラップの上に

うす~~く広げ・・・


冷凍保存♪

包んで冷凍保存にする。

こうしておくと、必要な時に、必要なだけ、

ポキン ポキンと折って使える。

料理の手間が省けて重宝している♪♪


で・・・

これも作っちゃおう~~♪ (*^_^*)


生姜糖♪
生姜糖~~(^ц^ )

自家製の生姜だもの・・・

ちょっと手をかけておいしいものに変身させたい。

まず湯がいてあくをとる

昨年は、生姜を買って作ったけど、

今年は、我が家の生姜で・・・それも数あるネットのレシピを参考に、

適当にアレンジして作ってみよう。


まず、生姜の皮を、スプーンでそぎ落とし、

繊維を断ち切るようにして薄くスライスする。

スライスした生姜を、たっぷりの水に入れ、

3~4回ほど茹でこぼして、アクと辛みを少し抜く。


このままの状態で・・・

アク抜きした生姜の水気をしっかりと切り、鍋に入れる。

その上に生姜と同量のお砂糖をかぶせる。

混ぜないでこのままの状態で中火にかけ、

お砂糖が溶けたら弱火にして、・・・でも、まだ混ぜない。

透明になるまで混ぜない

生姜が透き通ってきたら、混ぜ始める。

砂糖が結晶のようになってきたら混ぜるのをやめて、

急いでクッキングシートに、重ならないように並べる。

これで出来あがり~♪♪


紅茶に入れてもいいし・・・お茶でも合うかも知れない。

ポイ!と口に入れたら・・・ほわ~~ん~と生姜の香りが広がって、

なんか幸せ感!(^~^)


そして・・・本日の主婦的仕事のきわめつけは・・・


白菜も漬けました♪

白菜漬けでした♪


先週の土曜日に収穫していた白菜を、

今年も大きな樽に漬け込んだ。

少し虫にかじられた所があるけど、

今年も大収穫だった。

なんか、上手に野菜づくり出来るじゃぁないですか・・・私達~(*^_^*)


久しぶりにのんびりと家で過ごしたような・・・

たまには主婦的な一日を作らないといけないね。

家中の雑巾がけ、風呂磨き、トイレの掃除・・・そして台所仕事・・・

最近、な~んか家事がうとましくて大儀でいけなかったけど、

こんな風に台所に立って、なんだかんだとしていると、

本来の私に戻ったような気持ちがする。

まだまだ ”主婦魂” は、健在かな? (*^_^*)



[ 2012/11/27 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(6)

キノコずくし

10月14日(日曜日)

採ってきたキノコ・・・

どうやって食べるのが一番おいしいのか・・・

せっかくだから、失敗はしたくないし・・・と、

色々と聞いた料理法を参考に、

カノシタは、


バター炒めにして見ましたよ♪

バター炒めにして見ました。

それに、クレイジーソルトを振りかけて食べました。

これは、おいしかったですね~~

こりこりとした食感は、キノコとは思えない感じでした。

元の形は・・これ↓

食べらるなんて思わなかった・・・


アブラシメジは、

大根おろしで・・・

茹でて、大根おろしとポン酢で頂きました。

これもおいしかったです♪

元の形は・・これ↓

傘は、ヌメヌメしています。


ショウゲンジはキノコご飯とキノコ汁にして・・・

キノコずくし~~(^ц^ )


キノコご飯には、ひるぜん道の駅で買った、ヒラタケも入れて、

お汁には、ナメコも加えました。

秋のお山からの頂き物は、お腹も気持ちも満たしてくれました。


カノシタ・・・もっと採れば良かったな~~

お酒やワインの共・・・おかずの一品にもなりますね。


覚える為に、一つぐらい冷凍保存しとけばよかった・・・と、ちょっと悔やんでいます。(*^_^*)


[ 2012/10/15 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(10)

モロヘイヤ

8月22日(水曜日)

今年になって、初めて”おいしいな~~”って思った食材がある。

もう、ずいぶんと前から出回っている葉野菜、モロヘイヤだ。

実は、モロヘイヤとアシタバは同じものかと思っていた。

何十年も前、まだ主婦になりたての頃だったか、

話題の食材として、”アシタバ”が紹介されていた。

その頃の私は、ひどい貧血で悩んでいたこともあり、

確か、貧血にいいとか・・って、いうのもあって、

薬を飲むよりかは・・って、何度か食材として使ったことがあった。

でも、かなり癖の強い野菜で(匂いとか食感が)、献立として作っては見ても、

どうしても飲み込めなくて、いつしか頭から消えて行った。


そして、最近よく見かけるモロヘイヤ、これは、このアシタバの別名かと思い込んでいて、

スーパーの店先に並んでいるのを見かけても、手に取ることすらしなかった。

それが、それが・・・ひょんなことで、好物となるきっかけは出来るものである。

モロヘイヤとオクラの煮びたし♪

今月の初頭だったか、ドライブの途中で立ち寄った道の駅で、

このモロヘイヤを使ったランチを頂いたのだ。

その時はまだ モロヘイヤ=アシタバ だとばかり思っていたので、

おそるおそる口に入れて噛むと、オクラのねばねばといい具合に混ざりあって、

なんともおいしい味が広がり、

てっきり私の嗜好が変わったのかと思っていた。

もともとねばねば系は苦手ではなく、どちらかと言うと好物なのだ。

それ以来、スーパーでモロヘイヤを見かけると買っては、せっせと煮びたしを作っている。

モロヘイヤも、アシタバに負けないくらいの”食の効能”があるとか♪

おいしい上に、栄養価が高い・・さらに、値段は安いとなると、使わない手はない。

調理も簡単だしね~~(*^^)v

葉っぱをちぎって、ザクザクと切り、 ダシとみりん・お醤油を入れた水を沸騰させ、切ったモロヘイヤをパサッと入れて、火を止める。

小口切りしたオクラを、レンジでチン!し、モロヘイヤを入れただし汁に放り込み、

冷蔵庫で冷やすだけ。

これが、なんとも口当たりのいい、夏向きのひと品となる。

きょうは、これに瀬戸内で獲れた乾燥小海老を加えてみた。


そして・・・この記事を書くために検索をかけて調べた、アシタバとモロヘイヤ・・・

たった今・・・この二つの物は別物なのだと知ったのだ。

モロヘイヤがおいしいのは、私の嗜好が変わったのではなく、

私にとっては、まったく抵抗のない、もともとおいしい食材であったと言うことだったのだ。

なんとも・・・思いこみの激しい性格は、困ったものだ・・・ヽ(ー_ー )ノ

昨日の空 ①

これは、母がいる病室から撮った、お昼前の空。

我が家は、右端の山の下あたりなので、こんな空が広がっていることに気づかなかった。

この前日には、見事な積乱雲がもくもくと上っていて、

カメラを持っていなかったことが悔やまれた。

あの入道雲、もう一度見たいな~~

夕空は、どことなく秋の気配

これは、夕方の空・・・

日暮れが少しずつ早まっているのかな?

7時前だけど・・・なんとなく秋の気配が漂い始めた。



さて、母ですが・・・

まだまだ歩くにはおぼつかないけど、リハビリは、順調のようです。

一昨日まで一人だけだった病室に、一気に3人も入って来られ・・・


「もぉ~~ 白髪頭ばっかり!! 嫌になる・・(`Д´) 」 


って、ブツブツと文句を言う母。

あのね~~・・・あなたもその一人ですよ~~ ^m^

でも、確かに、母よりも10歳前後若い人ばかりなのに、見た目は、もう精気のない、ただ生きているだけって感じの人ばかり。

改めて、私の母はすごい・・・って、思う。

「こんな人達と一緒にいたら、自分もおかしくなってしまう。 早く家に帰りたい・・・」って。

環境にすぐに影響を受ける性格だけに、私も一日も早く退院して欲しい。

私も・・・もう、そろそろ病院通いに、飽きて来たよ~~(*^_^*)



[ 2012/08/22 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(8)