at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 2010年07月

2010 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312010 08






梅味噌ドレッシング

7月31日(土曜日)

青梅がスーパーの店先から消える寸前の頃、英語教室のお仲間さんの一人から梅味噌ドレッシングがおいしいよ~って教えてもらった。
レシピを聞くと、青梅と味噌と砂糖だけで作るとのこと。
梅、味噌、砂糖・・・その語感から、これは私好みの味とぴ~ん!と心に響いた。

教室の帰りに、スーパーを2,3軒回って、やっと手に入れ・・・それは、もうほとんど青梅というよりも、黄色がかった熟れすぎに近い売れ残りの梅だったが・・・なんとかギリギリ手に入った。

とにかく、梅と味噌と砂糖を同量、もしくは、甘過ぎるようだとお砂糖は3割までは減らしてもいいと・・・。
それを交互に瓶に入れさえすればいいという、超簡単レシピ!

なんと私向き♪♪♪

お砂糖は減らしすぎると梅が腐ると聞いていたので、私は900g使用した。

一度目に作ったドレッシングがあまりにもおいしく出来上がり、嬉しくてあちらこちらに配っていたらなくなってしまったので、県北に行った時に立ち寄った道の駅で、幸いまだ売られていた青々とした梅を買い、再度作った。


青梅    1kg
中味噌   1kg
砂糖    1kg

青梅は、ヘタを取ってきれいに洗う。(何度か水をかえてとにかくきれいに洗う)
水気をペーパーナプキンなどでふき取る。水気が残っているとカビなどがわく。
梅仕事で気をつけないといけないのは、とにかく雑菌がつかないようにすること!

空き瓶もきれいに洗い、よく乾かしたあと焼酎などのアルコールを少々いれて振り瓶の中を消毒する。

731umemiso1

下処理をした梅と砂糖、味噌の順に瓶に入れ込む。
一番上は梅が出ないように、味噌で覆いかぶせる。

731umemiso2

これは、次の日の状態。
涼しい場所で3週間ほど置く。

731umemiso3

3週間過ぎたら、瓶のものを全部鍋に移し、梅だけを取り出す。
取りだした梅は捨てないで、タッパーなどに入れて冷蔵庫で保存する。
細かく刻んでサラダに入れたり、おにぎりの具材に使ったり、魚と一緒に煮たり、冷や奴のトッピングに・・・などなど重宝する。

梅を取りだした後の鍋に、少量のお酒を加え、超とろ火でコトコトコト・・・と、約1時間ほど時々かき混ぜながら加熱する。
こうすると常温でも保存が出来る・・・らしいが、私は心配なので冷蔵庫に入れて保存している。
1年は持つらしい。

この梅味噌ドレッシングの味がまたいい!
梅の香り、ほのかな酸味の効いたまろやかな味噌味。
もろきゅうに・・・サラダのドレッシングに・・・焼き魚に・・・冷や奴に・・・などなど幅広く合いそうだ。

731umemiso4

もろきゅう・・・・と、
右は、鯵のお腹にすり下ろした生姜汁とドレッシングと刻んだ梅肉、葱を混ぜ合わせ詰めて焼いたもの。
これは、もう少し工夫がいったかな?

そして・・・・

731umemiso5

これは厚揚げに・・・
刻んだ梅肉、葱、ドレッシングを混ぜ合わせ、片栗粉を加え、開いた厚揚げに片栗粉をまぶし詰めて焼いたもの。

私的には、もろきゅうとこの厚揚げを焼いたのが一番おいしく感じた。

せんだっての健康診断で悪玉コレステロールの値が昨年よりも多く、基準値をはるかに超えてしまったので、マヨネーズ断ちしてこのドレッシングを使うようにしよう。
いつの間にかマヨラーと言っていいほどのマヨネーズ好きになっていたのだが、この梅味噌ドレッシングのお陰ですんなりとマヨネーズ断ちが出来た。

来年の話をすると鬼が笑うだろうが、来年の青梅が出回るシーズンが来たら、せっせと梅を買っては冷凍保存し、ドレッシングのストックがなくなったら作れるようにしようと思っている。

そう思うほどハマってしまった・・・梅味噌ドレッシング♪♪
[ 2010/07/31 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(10)

夜店へ

7月25日(土曜日)

725yomise1

725yomise2

725yomise3

725yomise4

何十年ぶりかで、本通りの夜店に行ってみた。
昼間の通りと違って、人通りの多さにび~~くりっ!!(◎o◎;)
土曜日の夜店は、いつもこれくらいの人が訪れていると聞いた。
そうだったんだ~・・・・昼間でもこれぐらいの人が通っているといいのに・・と、思う。
いっつもガラガラだもの。
普段、通り路として利用するだけのアーケードの店先をゆっくりと覗きながら歩いた。
大型ショッピングセンターに置いてある品物と比べて、個性があるように感じる。
その中の一つ、店先に並べてある風鈴の音色と、ワゴンの上に置いてあるガラスの金魚鉢に目がとまり、
一つ手に取ってみた。
柔らかい曲線の透明なガラス、典型的なガラス細工だが、それがえらく新鮮に見え欲しくなったのだ。
でも・・・金魚を飼うのは面倒だし、いらないか・・・と、手に持っていたそれをワゴンに戻しその場を離れた。

が、その通りの最後から引き返すとき、再びこのワゴンの上のものに吸い寄せられ・・・やっぱり買ってしまった。
こんなガラス製品に惹かれるのも、この夜店の雰囲気に呑まれたせいかもしれない。
中に入れる金魚も買おうと思ったが、金魚鉢に似合う金魚がいず、当分の間は寝室のインテリアとして使うことにした。

725hachi1

たくさんの人出で賑わっているものの、どこかわびしさが漂っているのが気になる。
この空気は何なんだろうと観察してみると、たくさんの人が足を止めているのは屋台の前だけなのだ。
開けられているお店に足を踏み入れる人がいないのだ。
ぼ~~っと所在なげに外を見つめている店主の表情はあきらめのおももち。
かつての夜店の通りは店内にも客人がひしめいていた。 
その賑わいと華やかさに、子供心にワクワクと躍ったものだ。

時代の流れと言えばそれまでだが・・・何かもっと工夫がなされないのかな?
文化が漂う通りの商店がなくなるのはちと寂しい。

[ 2010/07/24 ] 季節を追って | TB(-) | CM(12)

じゃが芋掘り

7月19日(月曜日)

三連休最後の一日は、気になっていたじゃが芋掘りをすることに。
毎年7月初めに掘るのだが、今年は雨の日が多く、タイミングを逃してしまっていた。
休日の最後の日に農作業なんてしたくはなかったのだが、豪雨の直後に掘ると腐るし・・・
その次の日は法事で一日つぶれ・・・で、仕方なくこの日になってしまったのだ。

梅雨明け宣言が出ると、一気に33度、34度の暑さ!
炎天下での作業は拷問に近い。
幸いにも風がさわやかな分だけ助かる。

719jyagaimo

この葉っぱのついた茎をまず全部引っ張って抜いて行く。
連日の雨をいっぱい含んでいるせいか、重い・・・重い。
思った以上に出来ていて、かなりの量・・・一体どれぐらいの収穫になるのか?
ご近所さんは、この雨で生育が悪いとおっしゃっているのに、我が家の”おじゃが”のなんて育ちのいい。
大きなのが茎を引っ張るとごろごろとくっついて出てくる。
嬉しいけど・・・こりゃぁ、掘るにも時間がかかるな~~って溜息も・・・

母が手伝ってくれる筈だったのに、暑さに弱いということでさっさと畑から退散して、家の中の掃除を始めた。
夫は、巡りの草刈りに・・・・
っていうことは、これ・・・私一人でするんか?

はぁ~~~~( -。-) =3

取りかかる前から溜息が出る。

もくもくと・・・・もくもくと・・・もう一頑張り、もうひと頑張りと片づけて行く。

地面から出てきたじゃが芋を一輪車に積み終え・・・この一輪車になんと4杯も取れた。
あれほど土いじりが嫌いだった私でも、こんなにたくさんのじゃが芋が収穫出来るなんてね~
やれば出来るじゃん♪♪

お弁当を食べてからまたひと踏ん張り。
今度は植わっていた後の地面を耕す。
そして何も植えていなかった他の地面も耕す。
この仕事がまた大変なのだ。 一筋打っては座り込み、一筋打ってはお茶を飲む。
心臓に悪いな~~と思いながらも、完璧に仕上げないと気のすまないややこしい性格。
山の頂上を目指しながら歩いている風景を頭に描き、頂上はもう少し、もう少しと・・・
山を歩いているお陰で頑張る力がついたのかも知れない。
8時から始めた畑の仕事が終わったのは、午後3時半を回っていた。

幼馴染のお隣さんが・・・「komaちゃん、もう畑を投げたら~~」って言う。
そうだよね~・・・そう思うけど・・・投げたら荒れてしまうし、そちらの方が大変なことになるんじゃないかな。
ず~っと先のことを考えたら気が遠くなるけど・・・とりあえずは、終わった。

しんどい、しんどい・・・と、言いながら、懲りもしないで今度は白菜の苗を50本も注文してしまった。
9月になったらまた畑の仕事が待っている。

719jyagaimo2

掘って帰ったじゃが芋でじゃがバターと煮っ転がしを。
さすがに掘りたてはホクホクとしておいしい♪♪

719shizuku1

719shizuku2





[ 2010/07/22 ] | TB(-) | CM(10)

蒜山ハーブガーデン ハービル

7月17日(土曜日)

梅雨末期の豪雨は、我が県内にもひどい被害をもたらした。
よく訪れる県北の山がある庄原市は、土石流で家屋が数軒流されるほどの大災害だった。
テレビから流れる、被害に遭われた方のインタビューに胸が痛む。

こんな風に大暴れをした梅雨前線は、あちらこちらを傷めつけたことに満足したように北上して消えたようだ。
朝はまだどんよりしていた空は、10時を過ぎる頃には夏空が現われはじめた。

きょうから三日の連休。
じゃが芋も掘りに帰らないといけないし・・・明日は法事に出かけないといけないし・・・我が家の庭の草も、この雨でぐんぐん背を伸ばしているので、これも抜かなきゃいけないし・・・と、頭の中で予定を描きながら・・・

でも・・・・

やっぱり・・・・

ドライブに出かけたい・・・・


朝の一応の家事を終えると、高速に乗った二人、きょうは蒜山高原までドライブすることに。

717highway

山陽道に乗った時の空は青空だった。

だが、米子道に入ると雲行きは怪しくなり、フロントガラスにはポツポツと雨粒がつき始めた。
う~~・・・甘かったか?

3時間弱ほどのドライブを終え、目的地の蒜山ハーブガーデン・ハービルについた。

717garden3

一面のラベンダーを頭に描いてきたのに、少し早かったようだ。
紫色の絨毯は、まだ織り込み中だった。

きょうは急なお出かけなので、お弁当は持参せず、
園内のカフェで頂くことに・・・

717lunch

夫はピラフ・・・ハーブの香りと塩加減がちょうどよいおいしさだった。 680円
私は大根おろしのたっぷりとかかった和風パスタ  これは、850円

ゆっくりとランチをしている間に、灰色の雲は切れ、青い筋が現われだした。
よかった! これだと晴れる♪♪

717garden1

717lavendar

717garden

ハーブはちょうど端境期のようで、ほとんどが盛りを終えていた。
小高い丘を開拓して作られたラベンダー畑を、向かいの蒜山の山並みを見ながら散策。
疲れている目が癒される~~(´・`)>

717hiruzen2
蒜山休暇村

717hiruzen1

717hiruzen3

717hiruzen4
まっすぐな道、一度こんな道を撮ってみたかった♪


夏の入り口・・・きょう、や~っと梅雨が明けた。
始まったばかりの夏の空を、抱きかかえるように見上げて・・・ほ~っとひと呼吸。

明日からは夏本番!
青い空と白い雲、今あせって楽しまなくても、明日からはず~っと青い空。
ほどほどの暑さであれば、なおさら嬉しいんだけど・・・♪


蒜山ハーブガーデン ハービル

岡山県真庭市蒜山西茅部 1480-64
電話  0867-66-4533
入園料  大人  300円
4月~8月は無休
9月~12月 は毎週水曜日がお休み
1月~3月は閉園
9:30~16:30 営業
[ 2010/07/17 ] お出かけ | TB(-) | CM(12)

大雨

7月14日(水曜日)

毎年そうだけど、梅雨の末期はどうしてここまでの被害をもたらす大雨になるのか。
今年はどこが被害に遭うのだろうか・・・と、ひやひやしながら迎える7月だ。
昨夜の雨は、熟睡の中でも目覚めるほどのひどい雨だった。
そして今朝から降り続いた雨は、豪雨と言っていいほど・・・これほどの降雨は今までなかったような、それほどひどい雨だった。
幸い我が家は高台にあるので水没の心配はないだろうが、裏手が公園の崖になっているので、その崩れが気になる。
この雨、まだ少し続くようだ。
警報も出ている様子。 
この夏の渇水の心配はもういらないだろう。
恵みの雨も過ぎると迷惑な雨に・・・勝手だと思わないで、どうかどうか梅雨前線様、充分潤おして頂いたのでこの辺りでお引き取り願えないでしょうか。

714begonia
ベゴニア

714abagansus
アバガンサス

714himehiogi
ヒメヒオウギズイセン

雨が残す雫は好きなんだけど・・・・そろそろ青空が恋しい。
[ 2010/07/14 ] | TB(-) | CM(-)

つかの間の青空

7月12日(月曜日)

712sky1

712sky2

地面を激しく叩きつける雨音で目覚めた朝だったが

お昼過ぎには薄日が射しはじめ・・・

うとうととした後の目に映った空は

こんなきれいな夏空だった。

”夏が来た!!!”

そう感じる空だった。

あいまいな季節が好きだった若い頃と違って、

くっきりはっきりとした、暑い夏が好きになったのはいつからだったのか。

今では一番好きな季節と言える。

久々の青い空と白い雲を、窓越しに眺めていたら、

カメラに収めたくて、うたた寝の名残りのぼ~っとした頭で車を走らせた。

我が家からほんのすぐそこ・・・

視界をさえぎるものがない、お気に入りの場所に・・・

誰かに話しかけたくなる・・・・ねぇねぇ、なにか楽しいことがやってきそうよ。

そう思わせる・・・気持ちのいい空だった。

・・・・つかの間の

夕方には、またまた土砂降りに・・・

梅雨明け、まだなの?
[ 2010/07/12 ] | TB(-) | CM(-)

県北の山までドライブ♪

7月10日(土曜日)

梅雨の中休みで、晴れの天気はきょうだけの予報。
明日からまたまた1週間ほど、マーク。
この貴重な一日を、ただぼ~っと家で過ごすのはもったいない。
昨日の畑仕事で、背中も、腰も、ふくらはぎも、膝も・・・痛いけど、
体の疲れよりも心の疲れの方が大きく、こちらのケアが必要と、
アッシーくんの夫を誘って県北までドライブすることにした。

まだ夜が明けるか明けないかの時間に目が覚め、二度寝してしまうと
もう起きられないかも知れないと、カチカチに固くなってしまった体をやっとこさで起こし、
お弁当を作ることにした。
う~~ん、体が痛い・・・作るの面倒だな~~・・・コンビニオムスビにするか?・・・チラリとそんな思いが湧く。
冷蔵庫の前にペタンと座って・・・ゴソゴソ物色。
使い残りの塩サバ・・・茄子にピーマン・・・キュウリも・・・昨日実家のお隣さんからいっぱいもらって帰ったし・・・・
やっぱり作るか・・・・留守番の母のお昼ご飯もいることだし・・・(頑張るな~、私)って、我が身を褒める~(*^_^*)


久しぶりの山行き。
エネルギーをもらって帰ろう~~と♪♪

きょう訪れる山は、お初の場所。
牛曳山。 どうやら花がいっぱい咲いている山らしい。

710center

県民公園センターの駐車場に車を停めて・・・・てくてくてく
今来た道を引き返すと、この牛曳山の登山入り口があると聞いていた。
公園センターでも尋ねて、地図まで買って・・・この地図が10円出して買ったのに、本当にいい加減な地図で、全く振り回されてかなりの時間をロスしてしまった。
インフォーメンションで尋ねても、下手な説明でこれも全く役立たず・・・
痛い腰をさすりながら、牛曳山登山入り口を探して、道路を上ったり下ったりの繰り返し。
公園センター前の橋を渡り、大きな看板に描いてある地図を見て、やっと探し当てた。
公園センターから下ることほぼ1km。 15分ぐらい歩いたかな?
もうすでに足の付け根が痛くて引きずる状態だ。 
それでも、やっと見つけた登山口に、期待感が勝って痛みを忘れる。

710tozankuchi

今回是非会いたいと思っていた”コアジサイ”も、かろうじて咲いていた。
鼻を近づけると、ほんのりと甘い香りが・・・匂いのある花は大好きだ。

710koajisai

710iwagarami

あ、そうそう、この公園センターまであと少しという道筋にイワガラミが咲いていた。
パッと見た時、ツルアジサイかと思ったのだが、顎を見てイワガラミだと気づく。
これももう終わりなのかな?

710hana

そして、牛曳山登山口すぐ入った所の、道の右側で見たかわいい花。
ふわふわと揺れていた白い花。 コアジサイにも似ているけど、これは何の花なんだろう。
ちょっと足が踏み入れらない場所だったので、匂いは確認できなかった。

そうそう、サワフタギだ。
いつも忘れる・・・・きれいな青い実をつけるんだったよね。

710rindo

こんな木陰が続く林道をてくてくてく・・・
道案内の標識もなく、合っているのかな~と不安に思いながら歩を進める。

花が多いと言われてたけど、時季を外したみたい。
迎えてくれるのは・・・・

710utubo2

710utubo3
ウツボクサ

710yamaajisa

710yamaajisai1
そして、盛りを過ぎたヤマアジサイばかり。

あらら・・・・それなりに道に沿って歩いていたら、第四キャンプ場に出てしまった。
頂上はどこだったんだろう・・・小一時間も歩かなかったけど、きょうの私にはちょうどいいトレッキングだった。

牛曳山の頂上で食べようと、リュックに入れて持って歩いたお弁当は、
公園センターの駐車場で食べることに。 (^^;;)
こういうことになるのだったら、車に積んだままにしておけばよかった。 重いのに・・・(-"-)

きょうのお弁当は・・・・

710lunchbox

焼いた塩サバ、高野豆腐とインゲン豆の煮物、茄子とピーマンの油炒め、キュウリとコーンのサラダ、煮豆(金時豆)
お山で食べるお弁当って、やはりおいしい♪♪

お弁当を食べ終え・・・
このまま帰る?・・・・いやいや、日帰りの温泉があるって書いてあるのを見た私。
せっかくだから、お風呂に入って帰ろうよ~~と、夫に声をかける。

やった~~\(^o^)/  誰も入っていないよ~♪
カメラをバッグに忍ばせていて良かった♪

710bath

710bath2

独り占めでお湯をた~っぷりと楽しむ。
ジャグジーに体を浮かせて、昨日の疲れも取れそう~~ ハァ~~~ いい気持ち~♪

お湯で固かった体がほぐれたのか、この後道後山に向かう車の中で、こっくり♪ こっくり♪

710iwahiyama

月見ガ丘駐車場から見上げる岩樋山。

きれいに青空に浮かぶ頂上を見ていたら、しんどさを忘れて登りたくなる。

「ねぇ、登る?」   「や~~だ~!」 ・・・だよね。

高原の風を心地良く感じて、県北を後にする。

710tukimigaoka

あ~、気持ちはかなりリフレッシュ出来た。
やはり、私を癒してくれる場所は、山と・・・そこに咲く花達なんだ。

これで、また頑張れそう~♪

710hankaiso
ハンカイソウ

梅雨明けももうすぐかな?
明るい黄色のハンカイソウを見ていたら、私の梅雨明けももうすぐ・・・そんな気がしてきた。



[ 2010/07/10 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(-)

畑仕事

7月9日(金曜日)

実家の畑の草取りに帰った。
職場の子供達と一緒に泥団子を作ることさえ苦手なのに、
土の中から、にょろにょろと這いだすミミズや、何かの幼虫がころんと出る畑の土をいじるなんて、泣きたいほど嫌いな作業なのだ。
それでも、必要に迫られるとそんなことを言ってはいられない。
ゴムの手袋をして、もくもくと草を抜いて行く。

母に似たのか、小さな草が残るのはなんとも気持ちが悪く、ピンセットで抜いたようにきれいに片づけて行く。
だから、なかなか捗(はかど)らない。

8時半から始めた作業は、お昼を回っても片付かず、結局お昼ご飯抜きで2時半までかかった。
腰が痛くなり・・・手首も動かしずらいほど痛くなった所で終わった。

しんどいけど・・・・土の感触は好きじゃないけど・・・それでもあれほどはびこっていた雑草がなくなった地面を見ると、す~っとやり遂げた爽快感が漂う。
嫌いだけど、この瞬間がたまらなく、次もまた頑張れるのかも知れない。

とりあえずは終わった。

2週間ほどしたら、今度はじゃが芋掘りが待っている。( -。-) =3

79dokudami
ドクダミ
花にピントを持っていったはずなのに・・・葉っぱに合ってしまった。
草取りに気持ちがせいていたせいか・・・って、言い訳 (^^;;)

79shizuku1

79shizuku2
楽しみにしていた雫も、ナンジャ コレ~・・・(´ヘ`;)
[ 2010/07/09 ] | TB(-) | CM(-)