at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 2010年12月

2010 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 01






試し撮り

12月28日(火曜日)

暮れも押し迫りましたね~~
きょうは、季節外れの雷がなりました。
俗に言う、”雪起こし”の雷でしょうか。
30日、31日は、ここ福山も雪だるまの予報が出ています。
雪景色はお正月らしさが出ていいのですが、お出掛けにはどうでしょう。

さて・・・・注文していたレンズが来ました~♪♪
さっそく試し撮りをしたのですが・・・・

12281

お正月用のお野菜を買いに、道の駅に向かったのですが、突然の雨・・・・
あ~あ、試し撮りの場所もついでに探そうと思ったのですが、レンズを濡らしたくないので買い物だけして帰りました。
助手席から撮った風景・・・

今まで使っていたキャノンの標準レンズよりもやはり明るいかな?

1229

手前にベゴニアを持って来て、後ろはもう少しはっきりと入れたかったんだけど・・・ボケ過ぎましたね~~
もっと絞り込めば良かったかな?
何枚か撮ってコツを掴まなくちゃね。

12283

これは頂き物の最中♪
アンコがずっしりと入っていて、めちゃくちゃおいしかった~(^ц^ )
モナカ大好きの私、いくらでも口に放り込めそうで怖い。
お正月に皆が集まるまでとっておこ!(*^_^*)

今持っているタムロン90に似た雰囲気がするな~
明るいのとクリアな所が気に入りました。
自分の思う画像が撮れるように、いっぱい練習したい所だけど・・・お正月明けまでお預けになりそう。
明日の午後はお孫さま御一行がやって来て、お泊り保育に・・・・ま、久々のお泊り、これはこれで楽しめるので良しとしますか~(*^_^*)

私のカメラライフは、新しい年に益々拍車がかかる予感♪♪
あ~、大山に早く持って行きたい・・・・・(*^_^*)
[ 2010/12/28 ] つぶやき | TB(-) | CM(8)

鎌田のお醤油

12月26日(日曜日)

1226sea

お醤油にこだわりだして、あれやこれやと使って見たけど・・・

やはり・・・ここ、

1226shouyu

四国・・・香川県坂出市にある蔵元のお醤油が一番おいしいような気がする。
高速道路を使って・・・瀬戸大橋を渡って・・・そうまでしても・・・と、いう思いがあるが、まぁ、ドライブを楽しんだついでのお醤油と思えば・・・

濃い口醤油とダシ醤油とポン酢を買う。

鎌田醤油株式会社
香川県坂出市本町1-6-35
電話番号(0877)46-0001
FAX(0877)45-5303

ネット注文も出来るようなので、四国まで行かれなかったらこれからはネット注文でもいいかな?


1226osake

そのついでに金毘羅宮に立ち寄り、

参道脇にある酒蔵で、お正月用のお酒も買う。
これは息子の希望。
以前ここを訪れた時に気になっていたようだ。

今回はこのお酒を購入しただけで、参拝は行わず帰った。
なにしろ、小雪が散らつき風が冷たくて、とても歩く気になれなかったのだ。

あと4日あまりで新年を迎える。
このお醤油でお節を作り、このお酒を酌み交わし新年を祝おう♪♪


******   ******

サンタクロースが枕元にプレゼントを置いてくれなかったので・・・・

ヘソクリでレンズを注文した(*^_^*)
明日、キタムラに届くようだ。 あぁ、楽しみ~~((o(^-^)o))ワクワク

サンタクロースなんだけどね・・・お嫁チャンの話を聞いて、エイッ! 私も~って思ったのだ。
息子ったら心憎い演出をして・・・
mimiだけでなく、お嫁ちゃんの枕元にも「COACH」のバッグを置いたらしい~~(◎o◎;)

いいな~~  お~い~ オットット、ちょっとは息子を見習いなさい! 
[ 2010/12/27 ] おいしい物 | TB(-) | CM(2)

すい~~つ~♪

12月22日(水曜日)

ここんとこ職場以外でカメラを触っていない。
しばらくシャッターを押していないと、むしょうに何かを撮りたくなる。

かと言って・・・そうそう気持ちが惹かれる被写体は、この季節では出会えない。

そんな時には・・・やはり食べ物になるかな~~(*^_^*)

1222sweets1

これは、きょう横浜から届いたスイーツ♪

おしゃれなパッケージの中に入っていたのは、チョコレートでコーティングされたラスク。

1222sweets2

こんな感じ♪
甘さを抑えた上品な味だ。

季節限定の 「NOVO RASQ 黒船」というチョコレート菓子。

外側はしっとりとして、中はサクサクとしたラスクで、これは初めての食感だ。
なんともおいしい♪♪
こんなスイーツだと、パクパクと食べるのはやはりもったいない・・・な~んて、貧乏性が幸いして(?)お茶をゆっくりと飲みながら一本、2本と少しずつ口に運ぶ。(*^_^*)

パッケージを見ても、説明書も入っていなくて製造元はどこなんだろうと探す。

どうやらカステラで有名な「長崎堂」のようだ。
道理で・・・・ふ~ん 納得!

そして・・・

1222sweets4

これは、どら焼き

先日、テレビで売り切れの早いお店の紹介をしていて、東京大丸で売られている「森 幸四郎のカステラ」が、アッと言う間に売り切れるという。
そのカステラが食べたくて、ちょうど東京に出張で出かける息子に頼んだのだが、カステラの代わりにこのどら焼きを買って来てくれた。
テレビで紹介されるだけあって、カステラは午前10時には売り切れてしまうらしい。
残念ながら口にしたかったカステラは食べられなかったけど、このどら焼きもさすがにおいしい。

外の皮がもっちりとしてカステラみたいなのだ。
添加物もないせいか、口当たりがなめらかでトゲトゲしていない。
二つ食べたい所だが・・・・これも我慢、我慢。

1222sweets3

晩御飯のあとのデザートとして、なんとか一つで抑えることが出来た。

甘いものって、どうしていくらでもお腹に入るんだろうね。

そして、これもなんという偶然!
こちらは 銀座 文明堂が製造元だったのだ。

きょう届いた二つのスイーツは、偶然にも・・・不思議にも・・・有名なカステラ屋さんが作っているスイーツだったのだ。

「和」の雰囲気がするスイーツは、やはり私好みで嬉しい。

[ 2010/12/22 ] おいしい物 | TB(-) | CM(8)

巡る季節に

12月17日(金曜日)

1217sunpillar

今年もこの時季がやってきた。
このsunpillar・・太陽柱を初めて知ったのは、数年前のことだ。
職場の早朝勤務を始めてから、かれこれ20数年になるけど、ネットで太陽柱のことを知るまでは、まったくこんな現象が見れることに気づかず過ごしてしまう所だった。

そろそろ現われるかな~・・・と、今朝も東の空を見ながら向かっていると、なにやらオレンジ色の柱っぽいものが出て来た。

今朝は、最低気温も2度くらいだったかな?
空気が澄んで、よく晴れた日に見ることが出来る。

こんな空を見ると冬を実感する。

早朝勤務でなかったら、寒い冬にわざわざ早起きをしてまでカメラを持って動かないよな~
大儀だな~~って思いながらも、仕事だから動ける。

嬉しいご褒美つきだと、なおさら頑張れる♪

あとどれくらいこの空を見ることが出来るだろうか。
仕事をやめたら、ぐ~たら、ぐ~たら・・・と、”こたつむり”になるんだろうな。

それとも・・・もっともっと空を求めて、あちらこちらに車を走らせているだろうか。

話は変わりますが・・・(^^ゞ

↓ つづき・・・
[ 2010/12/17 ] つぶやき | TB(-) | CM(6)

罪滅ぼしのリンゴ

12月15日(水曜日)

小さな子どもは、時として思いがけなく胸に響く言動をすることがある。

きょうもそうだった。

陽が落ちはじめた夕刻、いつものように職場の給食ブログを書き込んでいた時だった。
4歳の男の子が体調を悪くして、事務所にお昼寝用の布団を敷いて横になっていた。
ひょっとして今はやっている”胃腸風邪”かも・・・と、いつ吐いてもいいように準備をしていたのだが、やはり来る時は一気・・・間に合わず布団の上に嘔吐してしまった。

私の足元で寝ていたにも関わらず、アッ!と思ったもののすぐに動けず、処理は主任がしてくれたのだが、これが私一人だったとすれば、すぐに動いててきぱきと処理したかも知れない。
どこか心の隅で・・・パソコンに向かっているのをいいことに、主任がしてくれるかな?・・と、逃げ腰になっていたかも・・・ずるいよね・・・私。

熱の出始めなのか、「寒い・・・寒い・・・」と言う子の、洋服と防寒着を彼の衣類箱から持って来て着せて、毛布にくるませて再び布団に寝かせる。
ここでも・・・部屋の換気をしないと感染力の強いウイルスだからもらうかな・・・と、自分の身を守ろうとする心が動く。
換気の為にちょっと窓を開けると・・・「komaさん、さむい~~」と言う。
あ~、悪い、悪い・・・と慌て閉めるものの、これが我が子だったら絶対に開けたりはしないよな~~・・・
これもエゴだよね・・・

給食ブログのアップが終わったので、帰る準備をしていると、

「komaさん、帰るの?」と、不安そうな顔で問いかける。

この子は早朝来る子で、私が受け取っている。
そして・・・この春に、この子の母親は、どんな事情があったのか知らないが、この子と兄を残して家を出て行ってしまったのだ。
「かあちゃん、出て行った。」・・・寂しげな顔も見せないで、私に報告をしてくれたのだ。
そんな姿がたまらなく切なく、愛おしくて・・・たまにぎゅ~っと抱きしめてあげるのだが・・・・

不安そうに・・・「komaさん、帰るの?」

きっと父親が迎えに来るまで、私に側にいて欲しかったんだろうな。

翳(かげ)りを見せる瞳が気になりつつも、
「○○主任さんがいるから大丈夫よ!」「担任の先生もいるし、もうすぐお父さんが来てくれるよ!」
と、言って、事務所を後にした。

その帰り道、私は自分を責めた。

どうして、ぎゅ~っと抱きしめてあげなかったのか・・・
嘔吐した後のしんどさや不安、こんな時こそ抱きしめて欲しかっただろうに・・・・
抱きしめようとした腕を引っ込めたのは、感染したくなかった自分のエゴだったのだ。

「komaさん、帰るの?」

帰路、この言葉と翳りを見せた瞳がぐるんぐるん頭の中を巡って、私は涙がにじんでしまった。

そして我が家の玄関に入ったとたん・・・キッチンにあるリンゴを二つ、袋に入れて職場に車を走らせた。

嘔吐や熱がある時には、リンゴぐらいしか口に入らないはず。
若いお父さんは、きっとこんなことには気づかないだろう。

せめてもの・・・償い。

事務所に舞い戻った私を見て・・・「komaさ~~ん♪」って、布団の中から頭を持ち上げた。

「kちゃん、お家に帰ったら、このリンゴ、お父さんに皮をむいでもらって食べるんよ。」

・・・皮のままでも食べれるよ!

「うん、でもね、ゲボした後だから、今夜は皮をむいで食べるんよ。」

にじむ涙を見せないように・・・声が震えないように・・・やっとの思いでリンゴを彼の腕の中に入れた。

たった二つのリンゴだけど・・・それでこの子の声が弾んだことに、ちょっと救われた。

小さな体・・・・小さな心・・・・精一杯頑張って生きている姿が、むしょうに切なく哀しくて、しゃくりあげながら帰った。

出て行ったおかあさん・・・・今、幸せなのかな~~

1215apples


[ 2010/12/15 ] つぶやき | TB(-) | CM(10)

今年の私の一字は・・・

12月11日(土曜日)

1211bara

昨日、2010年を表すひと文字が発表された。

”暑” だそうだ。

今年の夏は、ことのほかの猛暑だったせいか、この一年を象徴するひと文字になったようだ。

さて、私の一年を象徴するひと文字は?

ぴ~ん~ぽ~~ん~♪ ご想像通り~~

これしかないでしょ♪♪

     ”山”

一番大きな出来事は、憧れだった大山に登れたこと。
そしてその後も、機会を見つけては足を運ぶほど、すっかりと虜になってしまった。

きょうのライブカメラに映る大山は、ほんの1週間前に登ったとは思えない冬の姿をしている。
来年の初夏まで、また遠い存在になってしまった。

何故こうにまで、あの尾根に惹かれるのか・・・先日、ABCの教室に向かう車の中でフッと考えた。
ちょっとしたタイミングで、大山のあの縦走路が浮かぶ。
ハンドルを持って前を見つめる目の前に、三角点からの風景と槍が峰からの風景が浮かんできて、ほわん~と肩が軽くなるような気がした。

何もない頂上で・・・なんにも囲まれることもなく・・・空の中を浮遊しているような感覚。
しばられている鋼(はがね)がパチン!と切れたような解放感・・・

それだったんだ・・・
日頃、私はきっと自分の容量以上に頑張っているのかも知れない。
自分からそれは求めたこととは言え・・・・頑張りすぎているのかも知れない。
普段は意識していないけど、胸の中にしんどいものを抱えているのかも知れない。

母との確執も、なんとなく一つの”山”を超えたような気もする。

それでも、以前のような、一人で昼間を過ごしていたような快適さまでにはほど遠い。
でも、それはもう求めても仕方のないこと・・・だし、折り合いながら気持ち良く過ごせる術(すべ)を身につけるしかない。
ボケることもなく、元気でいてくれることが最大の幸せだと・・・自分に言い聞かせる。

仕事に関しても、今までになく崖にぶち当たったような気がする。
幾度かの山を、納得させながら登りきったような・・・なんだか、ほんと、今年は何事もつまづくことが多かったナ・・・

でも、一つひとつの山が、うまい具合に乗り切れたような・・・しんどかったけど、終わり良しなら・・・・ってところかな?

そのしんどさを慰めてくれたのが、大きな山、”大山”だった。

なによりも健康であったことに感謝しつつ・・・来る年も元気で楽しく大山通いが出来ることを願っている。


続き ↓  



[ 2010/12/11 ] つぶやき | TB(-) | CM(10)

くすぼっていた恋しい気持ちに火がついて・・・

12月5日(日曜日)

125d1

白いお山を見に行くつもりだった・・・・
のだが、お天道様はきまぐれ・・・ここ数日のポカポカ陽気に、ライブカメラで見る南の壁はいつもの岩肌になってしまっている。
晩秋の風景と変わらないのであれば・・・やめる?  その積もりだった。

でも、なんとも・・・私が感染している”大山病”は、どうやら夫にも感染したようだ。

「登るつもりでいたので、このまま止める気持ちにはなれん・・・よな?・・・」なんてのたまう。

今までと変わり映えしない大山だと、夫は興味がなく、行かないと思っていたので、まぁ、驚いた。驚いた。

本当は、もう一日休日のある土曜日に登りたかったのだが、大山の天気予報を見ると日曜日の方がよく晴れて気温も高めと出ている。

土曜日のライブカメラでは、午後までガスがかかっていて何も見えない状態だった。今回は日曜日にして良かったと・・・つくづく思っている。 一日中快晴の気持ちのいい天気だった♪

あまり早朝だと凍結しているかも知れないと、前回より1時間ずらして我が家を出る。
南光河原駐車場に着いたのが、7時50分。 それでも半分くらいは埋まっている。
きょうも結構登山者がいるようだ。
身支度を整えて、登山口に入ったのが8時13分。
冬は着るものも夏に比べてどうしても多くて、それに今回は念のためにとアイゼン(英語ではクランポン cramponって言うらしい。 覚えておかなくちゃ・・・この間のABCでは、アイゼンでは通じなくて、このアイゼン、どうやらドイツ語から来ている和製英語らしい。 その時は スノースパイクでわかってもらえた^^;)・・あ、横道にそれた~(^^ゞ  このアイゼンもリュックに入れているせいか・・・アイゼンの重量はそれほどでもないけど、なんか肩がやたら凝ってしまった。 

5合目あたりまでくると、登るのが嫌になってきて・・・・

「なんで、こんなしんどいことを好き好んでするのかね~~・・・もう、登るのに飽きたよ~~」って、ブツブツぼやきながら一歩一歩進める。

125d3

6合目に着いたのが、9時45分

はぁ~~疲れた~~

きょうは!! ミカンを持って来たよ♪♪

おいしいよ~~(^~^)モグモグ そして、ピーナッツチョコも♪♪

125d4

7合目あたり・・・1500mの地点は、まだ雪が残っていて凍結していた。
前を登っていた人がツルリツルリと滑ってこけておられたので、私達は、「ここで使わんでいつ使う?」って、買ったばかりのアイゼンをつける。

初アイゼン体験~~♪

おっかなびっくりで歩くが、やはり凍った上ではあるとかなり楽♪♪

50メートルほど、凍った雪道を歩く。

125d5

頂上の弥山に着いたのが、11時35分。
風が強くて、”お弁当は外で!” の主義の私も、さすがに外で食べる気になれず、避難小屋に入る。
10人ぐらいの方達がすでに昼食中だった。

登る時は汗をかくほどの暑さだったが、さすがに陽の入らない部屋の中だと寒くて、防寒着をはおる。
避難小屋にかかっている温度計を見ると2度。
そりゃぁ、寒いわ。

125d6

南側は完全に溶けている雪も、北壁はまだ残っている。

弥山から眺める、この尾根がたまらなく好き♪♪
いつまでも眺めていたい。

きょうは、縦走をしている人が多い。
こんなにたくさんの人が尾根を歩いているのを、今まで見たことがない。

「もう、いいよ~!」の、大きな声が風に乗ってきた。
一人渡り終えるを待って、次の人が渡る・・・・ようだ。
ひょっとして、ここがあの難所だと言われている”ラクダの背”?

125d7

トリミングで・・・・

崖のような所を登っている人の下・・・の手前、こちら側の直線になっている所・・・ 
あそこを綱渡りのようにバランスをとって渡るって聞いたことがある。
あの綱渡りのロープみたいになっている所で、グループの最後の人が、前にも進めず後ろにも引き返せず、30分以上・・・いや、もっとかな?・・・立ち往生されていた。
あの方は、無事に渡られただろうか。


125d10

夫も気になるようで、じ~~っと眺めている。

このあと、1時間ぐらい、二人して座りこんでこの人たちが渡られるのを眺めていた。
剣が峰にも数人の人の姿が見える。

画像の一番高い所、あそこが大山で一番高い剣が峰

125d8

125d9

125d11

125d12

125d13

向こうから弥山に渡ってくる所も見たいな~~・・・と、言う夫を促して、帰りの時間が気になるので下りることに。

私も見たかったんだけどね~~

125d14

125d15

1時20分に下りはじめる。

この木道は、8合目から続いている。

ここで半そでにジーパン姿の人が、摺れ違い際に目の隅でよぎって・・・

「あ~~!! あ~っ! ろっじさん♪」って、まぁ、慣れ慣れしく声をかけて・・・あぁ、恥かしい、握手までしようと手を出している私が~~(*/∇\*)

大山のことに関して、とっても参考にさせて頂いているサイトの管理人さんで、
この夏道を、ほんの1時間そこらで登られる人なのだ。

この日も、半そでT-シャツにもかかわらず、額は汗びっしょりだった。
そりゃぁ、走るようにして登られているものね~~ T-シャツ1枚でも暑いくらいでしょう。

軽やかに登り、軽やかに下山して行かれた。

125d16

今回も、大満足の大山だった。

が・・・はぁ、下りの道も長い・・・・夫も私も膝が痛くなる始末。
きっとアイゼンをつけたり、雪があったりと、歩きにくい道だったせいだろう。

で、駐車場で、またまた・・・

6合目辺りを下りていた時、登っている人と摺れ違いざまにちょっと会話をさせてもらったのだが、地元の人で、2年前に大阪を引きあげて戻って来たと言われる女性・・・
私よりも4歳若い人だったのだが、2年前にご主人様を亡くされて、今は一人でお山歩きを楽しまれているとか・・・
日本100名山を御主人様と制覇して、今度は200、300を目指しているとか。

いつまでも、お二人でお山歩きを楽しんで下さいね♪と言われて・・・ご主人を亡くされていると聞いたあとだったせいか、その方の言葉が心に染みた。

お山で会う人、それぞれの人生・・・それでも、お山が大好きであるという共通点で親しみがわく。
こんな出会いがあるから、よりお山行きが楽しくなる。

大山納めをしていたのに、思いがけずもう一度登る機会が持て、嬉しいおまけにまた元気がもらえた。

痛かった膝も、一晩ぐっすり寝るとすっかり元通り♪
快復力の早い、健康な私にも嬉しい(*^_^*)


[ 2010/12/06 ] 大山 | TB(-) | CM(12)