at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 2011年02月

2011 01123456789101112131415161718192021222324252627282011 03






笠岡市・塚の丸山ハイキング

2月27日(日曜日)

予報では曇りのち雨だったのに、なんと目覚めて見る空は青空♪
どうしようかな~・・・昨日は仕事で出かけられなかったし、春の陽射しがゆらゆらし始めるとやはり出かけたいな~

そんな思いを抱えながら、気になっていた白菜、秋に収穫して新聞紙でくるんで保存していた白菜が、そろそろ傷みだしているので、漬け物にしないともったいない・・と、小さめの樽に漬けこむ。

とりあえずのきょうのノルマはこなしたし・・・と、
時計を見ると10時半。

「オットさん、きょうの予定は?」 

「どこに行くん・・・」

そうだね~~・・・あ、そうだ! 愛用の海苔が切れていたんだ。それを買いに行くついでに・・・どこか・・・

で、きょうは高速には乗らないで、2号線を走って笠岡市へ。

愛用の海苔をどっさりと買いこんで、そうそう、せっかくだから笠岡の名産も何か買いたいな・・・

「カブトガニ饅頭は?・・・」

夫は、笠岡の名産というと、このカブトガニ饅頭を言う。
カブトガニの形をしていて、少しグロテスクなんだけど、焼きまんじゅうで母の好物なのだ。
では、これをお土産に買って・・・

このまま帰るのかと思いきや・・・

「神島(こうのしま)まで行くか。 ちょっと気になっている山があるんだけど、登るか?」

うん! も~ちろん~♪♪ v(*^_^*)v ニマニマ♪

227t1

塚の丸山・・・頂上にはアンテナがいっぱい立っていて、ちょっと福山市の蔵王山の雰囲気に似ている。
里山ではあるけど、この陽気、お山を歩くのはきっと気持ちがいいに違いない。
標高は、306m 
蔵王山より少し高い山のようだ。 
登山口の標識には、瀬戸の眺望が出来るって書いてある。
意外と楽しめるかも知れない。

227t14

陽射しはすっかりと春の陽気♪
歩きはじめると汗ばんでくる。
車で頂上近くまであがれそうだけど、こんな日はやはりてくてくと歩きたい。

227t2

向こうのお山の・・頂上まで・・・
小一時間はかかるかな?

227t4

中腹から見る笠岡市の干拓
真ん中あたりに見える、ポコッとした山の辺りが島で、あとは海だったらしい。

227t5

風もなく、空のきれいなこと!

途中道に迷いながら・・・
八合目辺りかな?・・・道が三つ交差していて、どちらに進んでいいか、案内板もなく迷ってしまった。
夫の感と、私の感と・・・どちらを選ぶか・・・って、こんな時ってやはり私が主張してしまうんだよね~
ひどい方向音痴の癖して・・・悪い癖・・・とほほ 

やっぱり、夫が言う道にしておけば良かった。
10分ほど歩いて、下って行く道だったことに気づく。

あ~あ、もう、しんどい~~
今度からは、道に関しては自分の主張は絶対にしないようにしよ・・・反省・・・□\(.. )

227t7

227t8

登山口を登り始めたのが12時35分
で、テレビ塔が設置してある頂上に着いたのが、1時55分
まぁ、こんなものかな?

楽しみにしていた瀬戸の眺望は、あいにくの春霞の中。
こんな海は見たことがないかも・・・
幻想的って言えば、そうかも知れないけど、やはりすっきりとした瀬戸の海が見たかったな。

227t9

きょうは、岡山か倉敷あたりでランチでも出来れば・・と、思っていたので、お弁当は作らず出かけた。
急きょコンビニに寄って・・・まぁ、たまにはいいよね♪
デザートつきで、おいしゅうございました~(^ц^ )

227t10

下りの道で見つけたピンクのコウヤボウキの花後。
まだ見たことがなかったので、すっごく嬉しかった♪
きょうのご褒美はこれかな?
秋にはどんな花なのか、もう一度来て見たいな。

227t11

「ガタラの実があるよ!」・・・って、夫

「ガタラ? 何?」って走り寄ると、なんだ、サンキライの実じゃない。

「ねぇ、ガタラっていうの? 初めて聞くよ。」

で、帰宅して検索すると・・・言うんだね~ これが・・・
このサンキライっていろんな呼び名があるんだね~

サンキライ・・・サルトリイバラ・・・ガタラ・・・カシワの葉っぱとか実・・・

227t12

227t13

そして、これはタカサゴユリの花後。
枯れても、スクッ!と立っている。
植物も、生物も、そして人間も・・・命の終焉に近づくと土に帰ろうと頭を地面に向けてうつむいて行くと聞いた。
それなのに、このタカサゴユリは枯れても凛!と立っている。

最近、ついうつむき加減に歩く私だけど・・・こんな風にシャキ~ンと背筋を伸ばして歩こ♪♪
春だもの♪ 背筋を伸ばしていたら、何か見つかるかも知れないし・・・ね♪♪ (*^_^*)p
[ 2011/02/27 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(10)

セリバオウレンとセツブンソウ

2月25日(金曜日)

ここんとこの陽気で、きっと咲いているだろうと・・・
早春の花、セリバオウレンとセツブンソウを見に総領町まで出かけた。

願わくば、うっすらと雪が残っていて、花びらあたりに雫がついていれば・・・そんな写真が撮れたら最高なんだけどな・・・と。
車を走らせながら、目的地の山際を見れば、雪! 
雪が残っているじゃないですか♪

ワクワクしながら、その場所に近づくにつれて・・・あらら・・・
花びらどころか蕾さえ、いえ、葉っぱの姿さえ見えない。
まだ雪の下で準備をしているのかな?

かろうじてセリバオウレンが数輪

225s2

225s3

あ~、もう泣きたくなる、この画像・・・もう号泣ものだ~(;>_<;)
今回もいっぱい撮ったにも関わらず こんなんしかない

もう、なんで~~? 
恐るべし セリバオウレン ( -。-) =3


”道の駅”の案内所で、係の人が、「セツブンソウは、ここの山際にはまだ咲いていないけど、神社の所は満開だからそこに行って見られたらいいですよ。」って教えて下さる。

225b1

225b2

南斜面で日当たりがいいせいか、確かにここは満開状態

225b3

225b4

225b6

これはお初の赤い節分草
畑をしていた現地の人が親切にも声をかけて下さる。

「珍しいので、ゆっくり楽しんで帰り~♪」って。

ここは町全体で節分草を大切に、そして訪れる人を歓迎して下さっているんだ。
ほっこりと温かい気持ちに包まれる。

225b5

あ~あ、もう一度撮り直したいな~~
でも、やっぱり同じかな?
きょうで何度目だろう・・・ここを訪れるのは・・・
一度とて、心ときめく一枚が撮れた試しがない

素直に撮ろうとしないから・・・か?
ピントも甘い・・・ってことは視力がまた落ちたのかも・・・(ー_ー;) 

225m

それでも、ゆらゆらと揺れるかげろうの中で、早春の花と戯れただけでも満足な時間だった。
同じ趣味、そして価値観も話も・・・”そうそう!”って頷け合える友人との時間の共有は、それだけでも心の糧になる。
久々に野の花、野の空気に触れて、また元気の素をひとつ取りかえすことが出来た。



[ 2011/02/25 ] 野山の花 | TB(-) | CM(4)

春を告げる花

2月22日(火曜日)

222snowdrop

これは待雪草・・スノードロップという花

ロシアの児童文学 「森は生きている・12の月の物語」に出てくる花

幼くして両親と死別し、継母に虐げられながらけなげに生きている少女の物語で、
12月の雪深いある日、継母に咲いているはずのない”待雪草”を摘んで来るように命じられて、
吹雪いている森に入って行く。
咲いているはずのない春を告げる花、待雪草、継母に許しを乞うても家の中に入れてもらえず、
森の中をさまよっていると、パチパチとたき火の音が聞こえ、そこへ近づき、
少し当たらせて下さいと頼む。
そのたき火を囲んでいたのは、12の月の神様で、その少女をいつも森で見ていたことで、
快く当たらせ、事情を聞き、12月の神様、1月の神様、2月の神様、3月の神様が早送りで進ませ、4月の神様が杖でトントンと地面を叩き、辺り一面に待雪草を咲かせる。
その花を籠いっぱいに入れて、家に持って帰り・・・・と物語は進み、
で、最後には、神様から罰せられて、継母は改心し、意地悪だった継母の娘はソリを引くイヌにされた・・・
で、4月の精にもらった指輪をはめた少女はその後幸せに暮らした・・・っていう話だったかな?

この物語が好きで、書店に本を買いに行ったのだが、今は絶版になっていて手に入らないと言われた。
数年前にhiroを連れてミュージカルを見たのだが、これがまた素晴らしかった。
機会があったら、もう一度見たいほど。

マツユキソウ・・・スノードロップ

我が家に植えているのは園芸種だが、日本に自生の花があるのだろうか。
あるのだったら、見てみたいな。
この待雪草が、数日前から咲き始めた。
やっと 春♪ 

花の季節が巡ってきた・・・

224ume

222ume


梅一輪 一輪ほどの暖かさ

梅って、本当に一輪ずつ、一輪ずつ ポッ♪ ポッ♪ と開くんだね。
昨日 一輪、 きょうもまた一輪

2月とは思えないほどの透明な光に、スキップしたいほど気持ちが軽くなる。
1月、2月・・・しんどかったな~~

来月は卒業の月・・・またひとつステップアップ出来るといいな。
[ 2011/02/22 ] 庭の花 | TB(-) | CM(12)

山遊び♪

2月20日(日曜日)

さて、二日目・・・
昨日、koはお山に行きたい!って言っていたよな。

「なぁ、koくん、きょうは何して遊ぶ?」

「きょうはお山!」

あ、やっぱり本当にお山に行きたかったんだ。

「ゴジラ山に行きたい!」・・・・って、ゴジラ山? それどこよ・・・

ゴジラ山とは、どうやら通っている保育園から、遠足でよく行くお山らしい。
それがどこなのかわからないので、蔵王山でも歩くかな?

220z10

220z1

街中を歩く時は、すぐに”だっこぉ~”って言うkoも、こういうお山だとやっぱり気持ちがいいのかな?
走る・・走る・・・

hiroも生き生きとしている。

220z2

「ヘビさん、ヘビさん、出ておいで~♪ もう春だよ~!!」

もう、hiroく~ん~♪ そんな事を言うhiro、大好きだよん(*^_^*)

220z3

登る時に気になっていた足跡・・・どうやらイノシシくんのらしい。
このトンネルみたいな穴ぐらは、ひょっとして昨夜のねぐらだったのかも知れないな。

220z4

いちご幼稚園の側の登り口からあがり、憩いの広場に出て、それから西側のピーク、テレビ塔が設置してある所まで縦走する。

このコースは今回初めてだ。

親子連れ、一人で楽しんでいるウォーカー、お友達連れ・・・たくさんのハイカーに出逢う。

220z6

220z7

220z8

220z9

”あちらこちらで石は投げてはいけないけど、この鳥居の上にめがけて投げるのはいいんだよ。
あの上に乗っかると願いが叶うって言われている。 投げて見るか?”

夫の言葉に、hiroは、何度も何度も挑戦する。
私もちょっと子供心に戻って・・・

一度目は下の段に、そして二度目はなんと上にちゃんと乗っかった♪♪
願いが叶うかな?

hiroは、辛抱に投げていたけど、とうとう夫に抱っこされて置いた。
少々不満足だったようだけど・・・また今度来た時にしてみようね♪♪

3時間近く歩いて・・・それでもkoは物足りないようで、「まだ帰らん~~、まだお山にいる~~」って座りこんでしまった。
泣き叫ぶのを抱きかかえて、やっとこさで車に乗せる。
気温もそれほど寒くなく、気持ちのいいハイキングが出来た。
私も満足♪
なんとか二日間のお役目も無事終わった。

お山好きのお孫達で良かった♪(*^^)v

春のお花がいっぱい咲くようになったら、県北のお山まで行こうね!

[ 2011/02/20 ] お孫と一緒 | TB(-) | CM(6)

神戸・中華街へ

2月19日(土曜日)

昨夜からお泊りのお孫二人・・・hiroが生まれたばかりから3歳くらいまでは、このお泊りが何よりも楽しみで、何よりも心躍る時間だったのに・・・
いつしか私の心模様も移り変わり、最近ではしぶしぶ・・・

かわいいことには違いないのだが、自分の時間がなくなることに抵抗を感じるようになったのかも知れない。

が、のっぴきならない時には、親の手助けも必要。

家事を済ませて、さて・・・と、どう過ごそうかと思いを巡らせていると、

どこかに行くか?・・・水族館にでも連れて行くか・・・と、オット。

水族館か~・・・私はあまり好きじゃないけど、hiro達は喜ぶかもしれないな。
では、須磨にする?

思い立ったが吉♪ なんて言っている場合じゃない。
時計を見ると11時を過ぎている。 
今から神戸~??? 一体何時に着くのやら・・・ 

219k1

219k2

私は、どうも心に一度描いてしまうと、その通りに事を運ばないとどこか気が済まないらしい。
どうせランチするなら・・・と、当初の予定の水族館を後回しにして、この間から食べたいと思っていた”小龍包”、それも中華街のお店で食べたい。

ここ最近お山ばかりで、都会を歩くのは本当に久しぶり。
大好きな神戸だったのに、人の多さにちょっと腰が引ける。

センター街もなつかしい・・し、この大丸の前も、よくお友達と待ち合わせをしてショッピングをしたな~・・なんてチラリと何十年も前を思い出したりしながら、中華街に向けて歩く。

ちゃんとどこのお店がおいしいのか、調べてくれば良かった・・・
いつもの悪い癖。 いっつも行き当たりばったり・・・

219k3

最近出来たお店・・”一流の味だよ~!” の呼び込みに・・・ふらふら~

と、”京華楼”へ。

219k4

通りは人でごった返しているが、お店の中はあいていて子連れでもゆったり出来る。

219k5

219k6

お昼をずいぶんと回ってしまって、お腹がペコペコの二人・・・かぶりついて食べていた。

やはり、地元の中華屋さんで食べる中華料理と違っておいしい。
いつか香港で食べた広東料理に似ている。

219k7

219k8

219k9

219k10

219k11

この北京ダックのクレープ包み・・・買って帰ろうかとずいぶん迷ったけど・・・お腹がいっぱいだったので、止めてしまった。
おいしそうだったんだけどな~・・・

あれも買って・・・これも後で買おう・・・なんて思いながら見ていた露店の品々も、結局お腹がいっぱいになってしまうと食指も動かず・・・
娘たちのおみやげに・・・と、肉まんだけを買って帰った。

219k12

目的の水族館は閉館時間に近くなったので行けず・・・結局ランチをしに神戸に行っただけなんて、なんともったいないことを。

それでも、ず~っと家にいたのでは、それこそストレス満載になっていただろう。
夜、晩御飯を食べに来た娘夫婦の、引っ越しでくたくたになった顔を見ていたら、もう一日預かるよ・・・って、つい言ってしまった。
明日は、さてどうやって過ごそうかしら・・・自分もお孫達も満足が出来るものを探さなくちゃ。
[ 2011/02/19 ] お出かけ | TB(-) | CM(6)

霜と雫

2月16日(水曜日)

今朝の冷え込みは”寒”の戻りかと思われるほどの冷え込みだった。
それでも、マイナス2.6度ってことは、マイナス7度まで下がった大寒に比べるとずいぶんと暖かい。

朝日が昇る時間も早くなって来ている。
陽射しはもう春が感じられるし・・・

名残りの冬を楽しんでおこう♪

216m1

216s2

216s3

216s4

216s6

216s7

216s8

明日は雨の予報・・・
ひと雨ごと・・・春に近づくのかな?
[ 2011/02/16 ] | TB(-) | CM(8)

きょうも名残り雪で♪

2月15日(火曜日)

昨日一日中降った雪だが、思ったほど道路に積雪はなく、幸いにも立ち往生している車もスリップしている車も見かけなかった。
それでも、道の端っこの方は、積もった雪がガチガチに凍っている。
危ないと思いつつ、踏んでみたくなる私・・・年齢(とし)を考えなさい~(*^_^*)

215f1

7時過ぎの空。
きょうは晴れの予報。
屋根に積もった雪が、どすん! どすん!と大きな音を立てて落ちて来る。

これだとすぐに溶けてしまうな~~
せめて、子供達が雪だるまを作って遊べるまで残っていて欲しいな。
滅多にない積雪だもの。

215s1

う~ん・・・ピントが甘い? 合っていない? 残念・・・

もう少しでほころびそうな梅の花♪

215s3

215s4

言い訳・・・だけど・・・
もう少し被写体にしっかりと向き合って撮れば良かった。
仕事に入らなくちゃ・・・でも、雪がとけちゃうし・・なんて気持ちがウロウロしていたら、やはりいい画像は撮れないね。
なんか物足りない・・・道路に支障がない程度に、もう一度降らないかな~~・・・って、不謹慎だね?(*^_^*)



[ 2011/02/15 ] 季節を追って | TB(-) | CM(8)

きょうも雪

2月14日(月曜日)

なんと、珍しく雪の週明けとなった。
7時を過ぎたあたりから、ハラハラと降り続け、結局夜になった今もまだ降り続けている。
明日の朝は道路は凍結かも知れないな。
通勤の方はお困りになるだろうな・・・夫も、息子も、娘も・・・明日の朝はどうするんだろう。
雪景色は非日常的で嬉しいけど、やはり雪道に慣れない家族のことを思うと、そうそう喜んでばかりはいられない。
私は・・てくてく。。。。。
歩きの出勤なので、長靴でも履いて楽しんで行けるんだけどね♪(*^_^*)

214s2

こんな風景を見ると、つい口ずさむ・・・

♪ ゆ~きぃ~は~ 降るぅ~~
        あなたは来ない~~ ゆ~き~は~降るぅ~ 重い心に~~ ♪

なんか、年齢がばれちゃうね~(^^ゞ

214s1

2月も中旬になった。
春がすぐそこに・・・と思えば、この寒さも楽しめる。

214s3

214s4

214s5

午後3時半を過ぎたら・・・こんな感じに♪

214s6

214s7

  いとせめて 
       恋しきときは むばたまの
             夜の衣を返してぞ着る     小野小町

きょうはバレンタインデー・・・
どれくらいの女の子が、愛をこめてチョコをプレゼントしているだろう。

↑ の和歌

 夜の衣(今ではパジャマかな?)を裏返して着て寝ると、恋しい人が夢の中に出てくる・・・夢の中で会えるというおまじないらしい。
なんか、チョコをハイ!って渡すよりも、秘めた熱い心が感じられる。
恋って、かの昔から永遠に続いているものなんだね。

私もワインを片手に夜の雪を眺めて・・・パジャマを引っくり返して寝てみようかな!
恋しい人・・・誰が現れてくれるんだろうね~(*^_^*)

[ 2011/02/14 ] 季節を追って | TB(-) | CM(6)

湯郷温泉(ゆのごうおんせん)へ

2月13日(日曜日)

三連休最後の日になってやっと晴れ!
昨日は、夫は「神戸にでも行くか・・・」って言っていたけど、昨日はお天気が悪くて私の気分が乗らず却下。
では、きょうは?て言えば・・・夫が「大儀ぃ~」
神戸の中華街で小籠包が食べたかったんだけどな~・・・

じゃぁ、松江に行ってお蕎麦!  ・・・  「これも大儀ぃ~」・・・って。

では、どこに行くの~~? もうどこでもいいから連れてって~~~

213h1

さて、高速に乗って・・いつものコース

213h2

暖かく思えた陽射しも、北部に近づくにつれて雪模様に変わる。
幸い道にはなく、ノーマルタイヤでもOK♪
でも、きょうは途中でタイヤ規制のチェックがされていて・・・ドキドキ (なんか悪いことをしているのが見つかるみたいな、妙な気持ち)
「チェーンを持っている」と言ったら、「途中で様子をみてつけて下さい。」と言われ、”関所”を通過~(^m^)

213h4

着いた所は、岡山県美作市(みまさかし)湯郷(ゆのごう)温泉
数年前に訪れたことがあるのだが、お湯が良かったので数日前から夫が行きたいと言っていた。
やはりここでしたか・・・
うん、まぁ、私も温泉大好きなので嬉しいな。

着いた時間がちょうどお昼時だったので、ランチを・・と。
こんな時、下調べをしていなかったらどこがいいかわからず、しばらくウロウロ・・

道を走っていて目についた"カフェ・K's Garden"に入る

夫は、海鮮どんぶりセット (1400円)

213h4


私は、パスタボンゴレ (1200円)

うん! おいしかった♪♪ 満足、満足♪

日帰り入浴が出来る所がたくさんあるようで、これも行き当たりばったり。
夫がネットで調べているのかと思ったら、ここに来ればどこかに入れるだろうと思ったので、どことも決めていない・・と、言う。

それなら・・・
前回、私がネットで見ていて気になっていたホテルがある。 そこにするか?

213h5

213h6

213h7

竹亭(ちくてい)
岡山県美作市湯郷622-1
電話  0868-72-0090
日帰り入浴料  1000円

まず、7階の大浴場で温まり、また洋服を着て、今度は3階に下りて、露天風呂を楽しむ。
ちょうど入浴客も少なくて、7階の大浴場も先客が一人だけ・・
お初の方だったけど、つい親しく話しこんでしまった。

その後、この方と3階の露天風呂でもゆっくりと話し込んだ。
袖すり合うも多生の縁♪♪
子供達のこと、夫婦のこと・・同世代の女性だと同じような環境に話が弾む。

ここの露天風呂は、一度ホテルから道に出て、石段を上がって行く。
なかなか風情があっていい。
ここも貸し切り状態で、カメラを出して気を使うこともなく写せた。

あぁ、楽しみにしていた三連休もお~わ~った~
明日からまたガンバロ!p(*^-^*)q
[ 2011/02/13 ] 温泉 | TB(-) | CM(8)

再度♪

2月12日(土曜日)

今朝も・・昨日ほどではないけどうっすらと雪化粧。
昨日撮れなくて残念に思えた雫を再度チャレンジしに、今度はマクロレンズをつけて裏山に行って来た。
林の木々には全く雪は乗っていなかったけど、足元にはシャーベット状ではあるけど・・・今にもとけてしまいそうなはかなさの雪がある。

212h1

212s2

”まんまる”って、かわいくて心をくすぐる♪

”かわいい~~!”って言いながら・・・カシャッ♪

212s3

212s4

いない いない ばぁ~~(*/∇\*)

もう、なんてかわゆいのん♪

212s5

これはイマイチだけど・・・おまけ(^^ゞ

今朝も割烹着を着たまま、すっぴんで朝のデジ散歩。
雪は雨に代わり、相変わらず雪とは縁のない当地だ・・・幸せなことなんだけどね。

さて、きょうこそ夫様はどこかに連れて行ってくれるかな?
天気は期待できそうにないな~~・・・せいぜい温泉どまりかな?

ま、それでも気分転換にはなるし、ここんとこ肩こりがひどいので癒しになるかもしれない。
どうせなら、山陰あたりの温泉に入りたいな~~
[ 2011/02/12 ] 季節を追って | TB(-) | CM(6)

雪の朝

2月11日(金曜日)

211y1
This morning in snow

予報ではもっと降っているはずだった・・・
やはりここは雪とはあまり縁のないところのようだ。
夜明けに少し降ったのかな? 早くに目覚めて新聞を取りに出た時、はらりはらりと落ちていた雪が、7時半を過ぎた頃にはうっすらと家々の屋根をおおっていた。

どうしようかな・・・カメラを持って歩いてみようかな?

久々に昨夜しかけておいたホームベーカリーから、芳(こう)ばしい食パンの焼ける匂いが、寝室から1階に下りる私の鼻先をくすぐる。
朝食を先にするか・・・それともその前にちょっとぶらりと歩いてくるか。

空を見ると、これ以上は降らない様子。
やはりとけてしまわないうちに歩いてこよう!

寝起きの顔で・・・それも割烹着をつけたままカメラを持って裏山に。
どうか誰にも会いませんように~~(*^_^*)

211y2

色のない林が白く彩られている。
なんか・・・どう表現したらいいんだろ・・・”きれい~”では物足りない言葉。
軽くまとっているからこその美しさかな?

211y3

このままこの道を上がって行きたかったけど・・・足もとは サンダル~(-"-)
もう少し早く起きて、ちゃんと身支度を整えてくれば良かったな。

211y4

アメリカセンダングサの実にも♪

211y5

これはなんだったっけ?
よく見かけるのに、姿をかえたら ハテ???

211y6

211y7

あ~、電池もなくなりそう・・・
それと、母に黙って玄関を出たので、きっとイライラしながら待っているだろうな。
まだ暗いうちから起きている母のこと、朝ごはんの準備もしないで出た私に少々おかんむりかも知れない。
もっと納得がいくまでカメラで遊んでいたかったけど・・・切り上げるか。

寝坊しただけご褒美は少ないな~( -。-) =3

気に入らない写真ばかりだけど・・・
アップするにはイマイチ気が乗らないけど・・・
ま、雪の朝の記録ということで・・・

さて、充電しなおして、どこかに出かけたいな♪

”アッシーく~ん、まだ起きませんか~? ( ~っ~)オ~~イ~!!”

[ 2011/02/11 ] 季節を追って | TB(-) | CM(6)

芦田川

2月8日(火曜日)

28a1

これは芦田川にかかる水呑大橋
鞆に続く橋です。
夜にはライトアップされるんですよ。
地味ですけど~~(^^ゞ

28a2

きょうはこの橋のたもとで凧揚げを楽しむ園児に付き添って行って来ました。

でも、生憎の空・・・煌めく春の光もなく、薄日が少し射すくらい。

園児の凧揚げの様子を撮るのが目的ではあったけど、芦田川のゆったりと流れる風景も撮れれば…・と、邪心もあったりで嬉しくついて来たのだが・・・

28a3

でも、走り回る子供達の姿を追うのは・・・どうも苦手。

それに、渡り鳥もいない川面なんて・・・物足りないね~~

なかなか思惑通りには行かないものですね~(^^ゞ




[ 2011/02/08 ] 季節を追って | TB(-) | CM(8)

大山の麓で

2月5日(土曜日)

きょうも春を思わせるような穏やかな陽射し。
チクチクと胸に突き刺さるような寒風に、心を包むように背中を丸めていた日々からやっと解放されるかな?
このまま春に突き進んで欲しいところだ。

夫・・・「きょう行くからって、また来週連れてって~って言っても行かんぞ!」

ん?  ってことは~~だ~い~せ~ん~?(*^ ^* )V(*^ ^* )V

うんにゃ! 何でも言うことを聞くから捨てんでくれ!って言ったじゃぁござんせんか。
男に二言はござらんぞい♪(* ̄∇ ̄*) また来週になったら 連れてって~♪って言うかもよん♪

何カ月ぶりの大山だろうか。
ちょうど二カ月ぶり?
蒜山SAから見える大山は、もやってかすかにしか見えない。
せっかく来たのに、写真撮りは期待できないかな?

ま、でもこの目で見られるだけでも良しとしよう。

高速を下りてからも、目の前の大山は、今までになく影が薄い。
ガスがかかっている訳でもないのに・・・なんて表現したらいいのかな?
どっしりとした存在感がなく、フッと消えてしまいそうな・・影が薄いのだ。
これだと写真に収めても映らないだろうな。

25d1

それでも、スキー場のパーキングの係の人が、こんなにきれいに見える大山は、珍しいですよ!って言われる。
そうなんだ・・・
霞んではっきりと見えていないので、ちょっとがっかりしていたけど、そうだったのか。

ず~~っとここんとこガスがかかっていたり、ふぶいていたり、大山どこ行った~?って日ばかりだったんですよ。
こんなに綺麗に見える日に来られて良かったですね! って言われる。

せっかく久しぶりに来たのに、もっと綺麗な青空で撮りたかった。
私、何を悪いことしたんだろ・・・なんて思っていたけど、そうなんだ・・・こんなに綺麗に見えるのは珍しいのか。
なんだ、ご褒美だったのか。

右端に弥山の頂上、そして左端のとんがっている所が三鈷峰。
あぁ、懐かしい~♪ あの頂上に登りたいな。

25d2

これは二階建ての建物?
一階は雪で閉ざされてしまっている。
・・・すごい・・・

空からソフトクリームを流したみたい。(*^_^*)

25d3

25d4

ツルアジサイの枯れ花

25d5

下りのリフトから・・・
落っこちそうで身が縮まる思いだけど、カメラを持つと平気でシャッターを押している。(*^_^*)

25d6

25d8

25d9

25d10

25d11

夏に訪れた時は、ソフトクリームやらジンギスカンやら楽しませてもらった”大山まきばみるくの里”の建物もこんなに埋まっている。

25d12

高速道路も幹線道路もしっかり除雪されているので、夏タイヤでも全く問題なしで走れた。
行ける所まで行って、駄目なら引き返そうと出かけて来たけど、心行くまで雪の景色を楽しむことが出来た。

いつか・・今度は雪の弥山まで登って見たいな。
頂上にある避難小屋は、雪の下に隠れてしまっているそうだ。
どんな世界が広がっているんだろう。 
あぁ、登って見たいな~~・・・願っていればいつかは実現出来るよね。

25d13

この時季の太陽は、朝だけでなく夕日も真っ赤な風船みたいなんだ。
この風船を追いかけながらの帰路は、心地良さについウトウト♪

さて・・・来週も? な~んて・・・でも、言ってみようかな? 連れて~~って~!って(*^_^*)
[ 2011/02/05 ] 大山 | TB(-) | CM(8)

春の予感♪

2月4日(金曜日)

24s1

今朝の早朝の太陽はまるで赤い風船のようだった。
2月の朝は、よくこんな赤い風船のような太陽が昇る。

春の予感♪

24t1

友人を誘って鞆までドライブ

24t2

蛸さんの頭、串刺し・・・・ちょっとかわいそうな気も・・・
小さな、小さな蛸、イイダコかな?
こんなにカチカチに干して、どうやって食べるんだろ??

24t3

干してある魚を見ていたら、買って帰りたくなった。

24t4

店先に並べられているゲンチョウの干物と、出来上がったばかりの竹輪、そしてこのお店で作られている佃煮も買う。
なんか、こんな生活感があふれる店先にどこかホッと癒される。
鞆ならではの風景かな?

24l1

鞆をぶらりと散策したあと、神辺町にある十三軒茶屋までもどって軽くランチ。
ここんとこちょっとご無沙汰の外ランチ、いいお店が浮かばず、それにそれほどお腹もすかず、サンドイッチ系のメニューと雰囲気がいいこのお店にした。
ここはいつ訪れても静かでゆっくりと出来る。
お気に入りの一つだ。

さて、この週末。
昨夜夫は、「なんでも言うことを聞くから捨てないで♪」なんて言ったよね!
確かに言ったよね!
どこに連れて行ってもらおうかな~(*^_^*)フフフ♪
[ 2011/02/04 ] お出かけ | TB(-) | CM(6)

春まぢか?

2月3日(木曜日)

今日は節分。
今年の1月は、何故か早く過ぎたように感じる。
いつもはなかなか進まないと思う1月なのに、鬱々としていた割には、あれ? もう節分?って思う。
嫌いな冬が早く過ぎるように感じるのは有難い。

さて・・・何か気持ちの盛り上がりに欠ける日々だけど、毎年行っていることは続けないとどこか縁起が悪く思えて、今年もエイッ!と気合いを入れて節分の用意をする。

23s2

玄関には、鰯の頭をくっつけた柊(ひいらぎ)を飾り、

23s1

晩御飯には巻きずしを作り・・・

この巻きずし、何年経っても、何回巻いてもうまく巻けない。

海苔の上に置くご飯は少なめに・・具材は真ん中よりちょっと手前に・・・そして向こう側のご飯は薄めにして海苔の端を少しあけておく。

って、唱えながら巻くのだが・・・今回も具材は真ん中におさまらず、ちょっとご飯を多めにしたらはじけてしまうし・・・
毎回のことだが、結局のところ、「ま、おいしければいっか~♪」で終わる。

今年の恵方は南南東ということで、そちらに向かってひとかじり。

それにしても寂しい・・・

玄関に飾る鰯の頭も、家族4人の時は4つ、そして母が加わるようになって5つに増え・・・そして子供達が独立してからは3つに減り・・・
食卓もジジババばかりになってしまい華がなく、なんか面白みに欠ける。

今夜も夫の一言がどうも気に入らず・・・

「あぁ、つまんない・・・なんでこんな人と一緒になったんだろ・・・」って、つぶやくと、

正面に座っていた母が、

「これから好きな人をさがせばいいが~~」って! (o^-^o)

わっ! やった~ 親から許可がでたよ♪♪

「うん、そうしたらええ。 探し!」って夫も。

え~~? いいの~~? やった♪♪ 母からも夫からも許可が出たよ~~。じゃぁ、遠慮なく探させていただきます~\(^o^)/

ちょっと軽い冗談のつもりで言ったのに、私の喜びようにあわてたのか、

「いや、やっぱり捨てんでくれ! なんでもいうことを聞くから捨てんでくれ・・・」って夫。

だよね~~♪♪ こんないい奥さん、二度と現れないよ!
仕方ない。 恋人探しもそううまく行かないだろうから、手短かに、側にいる夫様を恋人にしましょうか。(*^_^*)

こんな会話でもしない限り、ジジババばかりの会話はカビ臭くて仕方ない。
私、まだまだ・・・羽ばたきたい。 ジジババ路線には、まだ・・・ま~だ 乗りとうはないんよ。

恋人はともかく・・・なにか心を奪われるものを探さなくちゃ。
目的がないものほどつまらなく、寂しいものはない。
以前の私のエネルギーは、一体どこに行ったんだろ。
何かにいつも夢中になっていた私・・・そこに戻りたい。  ・・・と、思うこの頃・・・
[ 2011/02/03 ] 季節を追って | TB(-) | CM(8)