at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 2011年05月01日

2011 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312011 06






那岐山へ

4月30日(土曜日)

連休中に一度はどこかのお山へ・・・それもお花がたくさんある山がいいな~と・・行き先をぐるぐると思いあぐねていて・・・
まだ登ったことのない、那岐山に行って見ることにした。

那岐山(なぎさん)・・・鳥取県と岡山県の境界にある山
      標高 1255m
      

さて、この登山の目的は、イワウチワを見ることと、やはり大山に登れるかどうか・・・ちょっと高い山に登って体力を試すこと・・・でした。

お花が見たいのなら、岡山県側ではなく、鳥取県側からの登山を勧めるよ・・・とのアドバイスを頂いたので、ぐる~っと回って、鳥取県智頭町の登山口を目指す。

うっそうとした杉林を走り抜けると・・・そこは・・登山口入り口だった♪♪
マイクロバスやたくさんの乗用車があり、どうやら人気の山らしい。
空いた場所に車を滑りこませ、さっそく登山の準備にかかる。
見上げる頂上は、う~ん~かなり高いゾ。
ちょっと手ごわい登山になるかな?
実は、昨夜よく寝られなかったのだ。もろもろの感情が押し寄せて、どうも最近またまたルツボにはまってしまっている。
寝不足の体で登りきれるだろうか・・・

430n1

「西ぜんコースを上って、東ぜんコースを周回するといいよ・・」のアドバイスも頂いていたので、それに従って♪♪

430n2

さて、歩きますか♪

430n3

やはり、ここでもミヤマカタバミが迎えてくれた。
ここには、ピンクの花もあった。
写真に撮ったのだが・・・イマイチ(-"-)

430n4
十文字シダ

”相談、相談、なんの相談?”

コソコソコソコソ・・・

”きぃ~~まったっ~♪♪”

って、言っているのか、どうだか・・・でも、そんな風に聞こえたような♪ (*^_^*)

430n5
エンレイソウ

430n6
ボタンネコノメソウ

430n7
コガネネコノメソウ

430n8

高速を走っている時は、今にも降りそうな雲行きだった。
広島県、島根県には、雷注意報も出ていたし・・・
現地に着いて、雨になったらどうしよう・・・雨だけならまだ我慢出来るけど、雷がついていたら、これはもう、絶対にあきらめて帰らないといけない・・・
でも、岡山県と鳥取県は曇りだけど、時々は晴れるって言っていた。
その予報を信じよう・・・あとは、私達の運だめしだね。

有難いことに、登山口に足を踏み入れたとたんに、薄日が射してきたのだ。
ひょっとして・・・大丈夫かな?

”あぁ、神様、本当に有難う♪♪”
何度、つぶやいたことか。(*^_^*)

430n9

一本道の杉林を抜けた所で、分岐点に差し掛かった。
この後、いくつかの分岐点に出くわすが、どこでも丁寧に標識が立てられていて、迷うことなく進むことが出来た。

430n10

登山道両脇を流れる沢の水の音が、なんとも心地いい。
心のわだかまりが流れるようだ。
出来ることなら、私の体の中を流れて、きれいさっぱりともやもやを流してくれれば・・・なんて、思いながら、透明の水を眺める。
ここの水のなんてきれいな・・・透明度が高い。
画像の手前もしっかりと水があるんですよ。
まるで水なんてないみたいでしょ!

この沢を渡って、尾根コースを歩く。

登山道に出ると、すぐにイワウチワロードが始まる。
予想外の花の流れに、感動♪♪

430n11

イワウチワの中に混ざって、こんな花が。
パッと見た時に、イワナシ?・・・って、思ったけど、違うよね。
イワウチワの花後?・・とも思ったけど、そうではないですよね。
何の花なんだろう・・・
後で、また調べることにして・・・
もし、ご存知の方がいらしたら、教えて下さいませ・・m(_"_)m

**やっぱりイワウチワの花後のようです。
  ヨックモックさん、ありがとうございました♪♪

430n14
イワウチワ・・・イワウチワ・・・イワウチワ・・・が、ず~~っと続く。
両脇の斜面にもびっしり♪
ちょうど見頃に訪れたみたいで、これもラッキーだったね♪

後ろに続く団体さんの中の男性が・・・

これだけ同じ花が続くと贅沢なもので、違う花も見たくなる・・・って・・言われていた^m^
まったく。。。浮気性なんだからぁ~~、同じイワウチワでもひとつひとつ顔が違うよ・・って、心の中で呟いた・・(^^ゞ

430n15

430n16

430n17

なんと・・・シロバナばかりの群生が♪♪

ここには、シロバナもあるって書いてあった。
出会えたよ~~♪ \(^o^)/

430n18

430n19

アセビの花も、今が盛り♪

430n20

ピンクのもあったよ♪
かわいかったね~(*^_^*)

430n27

尾根に出るまでのなんてしんどかったことか。
こんな太い鎖を持ちながら、ヨイショッ! ヨイショッ!って、重いお尻を上げるのに苦労しましたよ。(-"-)

この鎖の道が終わったと思ったら、今度は岩がゴロゴロの低木の中を歩く。
イワウチワも見たし、撮ったし・・・もう頂上まで行かなくてもいいから引き返そうよ・・・って、何度あきらめかけたか。

でも、どこか完璧主義の私。
頂上を制覇しなくてどうする!!(;~_~)9 頑張れ!

体を傷めつけることで・・・気持ちを奮い立たせることで・・・きっと何かが見えるよ♪


430n21

もう、だめ~~ って、ついに音を上げる寸前、下っていた方から、あと5分も歩かれたら、この道から解放されて、尾根に出ますよ♪って、励まされる。

そうとなると、俄然元気が出る。
足取りもさっきのしんどさはどこ?っていうぐらいしゃきしゃきと・・・ふふ♪  私、たいしたもんだわ。
元気じゃん♪♪

尾根に出ると、すっごい強風。
なんじゃぁ~これ! まるで台風!!

そう言えば、強風注意報が出ていたな~
まぁ、雨でないので良しとしますか。

それにしても、吹き飛ばされそうなほどの風!

430n22

頂上 制覇~~\(^o^)/

登り始めたのが、10時過ぎ
登頂が12時45分

まぁまぁ?

430n23

黄砂なのか、霞んでしまって景色はイマイチだね~~

(やっぱり、この霞は黄砂でした。顔が細かい泥でザラザラになっていました。)

430n24

430n25

頂上から東ぜんコースに下りていたら、まだこんな残雪が・・・
このお山もかなり降ったんだろうね。
木々の枝がいっぱい折れている。

本当は頂上でお弁当ににしたかったのですが、あまりにも強い風であきらめて、この雪を見ながら、笹に身を隠して食べました。

430n26

東ぜんコースには、まずっていうぐらい花は見られなかった。
ユキザサの蕾がちらほら・・・と、麓近くになってイワウチワの群、と、スミレが数本。

お花が見たかったら、やはり鳥取県側・智頭町の登山口、西ぜんコースを登るのがいい。
急登ではあるけど、自然道なのもいいかな?
東コースは、丸太の階段なので、登るのは退屈するかも知れない。

そうそう、下っていると、やはり遠くでゴロゴロゴロ・・・と雷の音がし出す。
あぁ、ついに見放されたか・・・いざとなったら笹の中に避難するか・・・と、半ばあきらめて、それでも足早に下りていたら、またまた薄日が♪♪

数個鳴っただけで通り過ぎてくれた。

無事に、楽しく、ほど良くしんどく・・・目的のお花にも会えたし・・・

やっぱり山歩きはいいね♪♪


またまた長くなりました。
お時間をさいて見て下さって有難うございました。







スポンサーサイト



[ 2011/05/01 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(18)