at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 2012年07月29日

2012 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 08






大山の花籠へ♪(ユートピアルートを歩く)

7月28日(土曜日)

薄雲の中にぽっかりとお日様

大山の天気予報は、昨日まで出ていた雷注意報は解除になっていた。

曇りのマークも消えて、全部一日中晴れ・・・

その予報を頼りに、もう、きょうしか行く時はない!!と、

花籠の中に身を置きたくて、ユートピアルートを目指す。

暑い時ゆえ、睡眠不足の体力消耗を抑えたくて、

たとえ30分でも長く寝ていたく、今回は往復とも高速道路を使うことにした。

5時には高速に乗りたかったのに、やはり予定通りには行かないものだ。

20分ほど過ぎてしまった。

朝日を透かして♪

やっぱり一般道を走るのと、高速を走るのとは疲れ方が違うような気がする。

豪円山スキー場の駐車場に車を停めて・・・さぁ、きょうはちゃんと目的地に到達できるか・・・

7時50分・・・テクテクテク C=C=C=

岩ごろごろ・・・

下宝珠登山口に着いたのが、8時26分

大神神社から登って来られる団体さんの多いこと!!

ゆっくりと登りたいので、先に行ってもらう。

ここまでスムース♪

石ゴロゴロの急登を、今回はそれほどしんどいとは思わずに・・・

あれ?・・もう着いた?

登山口から30分ほどで下宝珠の尾根に着♪♪

ここで、前に行ってもらった団体さんの中の一名様が、脱落?

皆さんの足手まといになるから・・・と、置いてけぼりにされていた。

こんな所で、一人でどうされるんだろ・・・大丈夫なのかな~~~

絶対に動かないで下さいよ!・・・みたいなことを言われていたけど、

このセリフ、どこかで聞いたような・・・

あ、ドラマ「サマーレスキュー」に、これに似たシーンがあった~~~

実際にもこんなことあるんだ・・・大丈夫かな~~

ちょっと年配の男性だったけど・・・

気持ちいいね~~♪

杉木立は暗くてあまり好きではないけど、

ブナ林は、気持ちいいね~~\(^o^)/

急登を歩いたあとのご褒美みたいなものかな~~(*^^)v

大好きな木漏れ日♪

ブナ林と木漏れ日・・・大好きな道♪


いい天気だ~~\(^o^)/

三鈷峰が見えてきた!

この天気、夕方まで持って欲しいな~~(-人-)

空気が澄んでいる~(^-^)

こんなにきれいな青空だもの・・・きっと下山するまで持ってくれるよね!o(*^^*)o


美保湾

弓ヶ浜がきれいに見えるな~~♪

ふぅ~~ ( -。-) =3

ふぅ~~ そろそろ疲れて来たな~~

それにしても、本当に登山者が多いこと・・・

どれだけの方に先に行ってもらったか・・

私は、後ろからせっつかれるとたまらなくしんどくなる。

だから背後に人の気配を感じたら、とにかく先に行ってもらう。

団体さんが多かったぶん・・・道を譲る時間の長いこと・・・

まぁ、それだけではないけど・・・上宝珠越えの砂滑り分岐まで3時間もかかってしまった。

どうぞ♪ ど~ぞぉ~~♪ お先に・・

ユートピアルートには、こんな急な岩ゴロゴロの道が結構たくさんある。

これが結構しんどい・・・

どうぞ・・・どうぞ、先に行って下さいませ♪

着いた~~\(^o^)/

着いた~~!!!

や~っと着いた・・・11時半・・・

やっぱり3時間半はかかってしまった。

でも、まぁ、たくさんの方に道を譲ったぶん余分にかかっているし、

まぁまぁ・・・かな?

さぁ、花籠の中で遊びますよ~~((o(^-^)o))ワクワク

三鈷峰を見て・・・


きょうは、三鈷峰にもたくさんの人が立っている。

この三鈷峰には、一度だけ登った。

今は、三鈷峰に登るよりも、ピーク1636の方に足が向く。


山頂のお花畑で・・・

カメラを向けても・・・どこをどうやって切り取ればいいのか・・・

撮るよりも、ちょっとこの眺めを楽しもう~(*^_^*)

コオニユリと北壁

シシウド・・クガイソウ・・シモツケ・・ギボシ・・・

北壁

あぁ、やっぱりガスが湧いてきたな~~

ここんとこ、ライブカメラを見ていたら、必ずと言っていいほど、

午後になると真っ白に覆われている。

あぁ、お願い!!!

ピーク1636まで行くまで、どうか広がらないで~~(-∧-)


どんどこ湧いてくる・・・

やっぱり無理かな・・・


あぁ、お願い・・・

もう少し待って!!

P1636までは、やはり持たないかな~~

あそこからゆっくりと景色を眺めたいんだけどな~~

お花畑で、もう少し遊びたいけど、先を急ぎますか・・・

クガイソウとアサギマダラ

振子沢を見下ろして・・・

「お~い!」と、夫の呼ぶ声に振り返ると・・・・

アッ!(*・0・*)

いや、違うかな?・・・前を向いて・・・う~~ん・・

もう一度振り返り・・・

「hiroさん?・・・」 「はい。」

出会った!!! 出会ったよ~~♪♪♪

「komaです~~♪」

わぁ~~!! はぐぅ~~!!  もう一度ハグぅ~~♪♪ 

1636まで行っておけば、きっとhiroさんに会える・・・

そう思って急いでいたら・・・なんと、真後ろにhiroさんが立っているじゃないですか!!

良かった~~♪ きょうの目的のひとつは、 hiroさん  にも会いたかった・・・会えればいいな~って思って登っていた。


でもhiroさんは、三の沢を登り、尾根を縦走してユートピアに下りられると言われていたし、

そうは言っても無理だろうな~~・・・と、半分は諦めていた。

なんと、なんと・・・象が鼻を過ぎた辺りだったかな・・・で会えるなんて~~(*^^)v

このあとhiroさんは、

天狗が峰まで登って、尾根を歩き、また三の沢に帰られると言う。

天狗からユートピアに下りる所が、”超”がつくくらい危険て言われる。

そこを単独でスタスタと下りて・・・またスタスタと登って行かれる。

スリムな身のこなしのなんて軽やかな♪♪

しばらくの間、見とれていました。(*^_^*)

あ、hiroさんって、男性ではなくて、華奢でかわいい女性です~~♪

写真も綺麗だし、記事もおもしろい♪

”hiroさん”の所にリンクしておきましたから、覗いてみて下さいな♪

イワキンバイ
イワキンバイ

ヤマハハコ
ホソバノヤマハハコ

ダイモンジソウ
ダイモンジソウ

クサボタン
クサボタン

花びらの先っぽが、くるりん♪とカールする。

好きな花だけど、いつもここで撮るクサボタンは、失敗する・・・(-"-)

ヤマオダマキ
ダイセンオダマキ

まだチラホラと咲いているのを見かける。

今年も見れて良かった♪

北壁にぶつかるミスト

このあと、一気に雲が広がり、

朝の青空は、すっかりと曇り空になってしまった。

P1636から、天狗が峰に続く道・・・

この道も歩いて見たかったな・・・(もう、絶対に無理だわ~~( -。-) =3 )

1636手前で、大山常連さんのマビさんに出会い・・・

そうそう、昨年の今頃の時季にも、ここユートピアで出逢ったな~~

しばらく立ち話をしました。

墓場尾根
金棒を持った鬼の門番も見えないほど覆われてしまった・・・


お名残り惜しいけど・・・

そして、1636からの帰り道、象ガ鼻で、あがらいやさんにも出会った♪

しばらくお話させてもらって・・・(*^_^*)

これ以上は、天気は悪くなるばかりでしょうね~~・・・と、

また明日出直しします・・・と、言われ、天狗に向かって登って行かれた。


私達も、お名残り惜しいけど下りることに・・・

曇り空ではなくて、雲海なら良かったのにな~~

まぁ、でも、雷も鳴ることもなく、雨に降られることもなく・・・

これぐらいで文句を言っちゃいけませぬわね~~(^^ゞ



宝珠を登っている時に、

下ってくる人から・・・

「きょうは、砂滑りは通らないで下さいね!!」ってクギを刺されたけど・・・


ヨイショッ!!

私は、やっぱり砂滑りでないと無理だわ。

アップダウンの激しい宝珠越え、それも斜度の激しい岩の道を下るのは、

時間もかかるし、要領の悪い私は大変なことになる。

大体様子もわかっているし、覚悟で砂滑りを下りることにした。

上宝珠分岐を下りて、砂滑りに下りる崖で、20数人の行列に・・・

大渋滞すると聞いてはいたけど・・・

耳をすませば・・・

なんと、一人一人に、下り方の講義をしている女性の声・・・

どうやらツアー団体で、初心者ばかりの様子。

小学生の姿まで見える。

崖を下りたあと、恐怖のためか、砂滑りを下りるのをためらって座りこんでいる女性二人・・・

あのねぇ・・・分岐点で注意書きが見えませんでしたか?


・・・

砂滑りは、コースが荒れていますので、通行には十分注意して下さい。
なお、一般の登山道ではありませんので、経験の浅い方は、ご遠慮願います。

                      ・・・・・

こう、はっきりと書かれていたでしょ!!

団体さんの後ろに並んでいる数人の人達も、あきれた様子。

中には、”待ち遠しいので、宝珠を下ります・・・”と、引き返される人も・・・

分岐点では、数グループが、この注意書きを読んで、砂滑りには下りないで、

登って来た道を帰られていた。

この崖を下りるのは、確かに大変だと思う。

高低差が3m~4mはあるかな?

足を置く所を確保して下りれば大丈夫だけど、慣れないとちょっと大変かも知れない。

ガスに向かって・・Goooo!!

砂滑りも、被害をもたらせた昨年の台風前とは、比べものにならないくらい荒れている。

それでも私にとっては、

宝珠越えをするよりも・・・

たとえ荒れていても・・・

落石の心配があったとしても・・・

直線で下りられる砂滑りのコースがいい。

登って来た道と比べて、ゆうに一時間は短縮できると思う。


このガスの中に、夫、そして数人の登山者・・・そして、先の団体さんが消えて・・・

石を落とさないように、慎重に滑って下りる。

ふふ♪ 滑るのは、やっぱり楽しいね~~♪(^^ゞ

このあと、ゴロゴロの岩道をテクテクテクテク・・・・と、歩いて駐車場に・・・

5時前に や~~っと着きました♪♪  

よく歩いたな~~・・・ ざっと9時間??

夕暮れの空もいいものだ♪

高速道に乗ったとたん、土砂降りの雨に・・・

このあと、何か所かで同じように夕立に遭う。

お山の上でなくて良かった♪

心地良い疲労と満足感がヒタヒタと・・・夕空がやけに美しく見えました。(*^_^*)



長い、長い記事と、沢山の写真にお付き合い下さって有難うございました。m(_"_)m

スポンサーサイト



[ 2012/07/29 ] 大山 | TB(-) | CM(18)