at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 2012年08月

2012 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312012 09






昼下がりの斜光に・・・

8月31日(金曜日)

831届く光は・・・どことなく秋

8月最後の日・・・

30数年前のこの日、長男は生まれた。

「おい、この週末は、我が家で誕生会でもするか?」・・・と、夫。

こんな言葉、息子がまだ独立して家を出るまでは、言ったこともなかったのに・・・


あの日も暑い、暑い日だった。

二人目の出産ともなると、一人目と違って、経験した分ずいぶんと楽だった。

病室に長女を連れて見舞う夫に、

「ホッとした~~・・・」と、待望の男の子だったことに安堵して、うっすらと涙ぐんだのを覚えている。

夫の膝にちょこんと座った、まだ1歳と8カ月の長女は、

横たわっている、普段とは違う私の姿に、母とは認めないとでも言うような、複雑な面持ちで私を見つめていた。

退院する日、実家に向かう車の後部座席には、おぼつかない手つきで生まれたての赤ん坊を抱く父がいた。

ちょろちょろする娘を追いかける、その頃はまだ若かった母が、

娘の姿を探すのに疲れる・・・と、ぼやいていたことで、

途中ショッピングモールに寄り、

歩くとキュッキュッとなるサンダルを買ったことも・・・フッと思い出したりして・・・

あれから・・・もう、何十ン年????

人生のひと通りのことをこなしてきたような・・・・いつの間にか、こんな年齢になってしまった。

早く経って欲しいと思うときもある・・・・

いやいや、もっと・・・も~っと、・・・ゆっくりと過ぎて欲しいと思う時もある。

その時、その時で、身勝手に思う時の流れ。


大好きな夏が・・・終わろうとしている。

この夏は、なんだかいつもと違う夏だった。

心から楽しめなかったような・・・いや、そんな贅沢なことは思ってはいけない。

私自身は・・・そして夫も・・・健康で過ごせた。

し、それなりに大好きなお山歩きも楽しめた。

どこか、心にぽっかりと穴があいたような・・・そんな寂しさはあるけど、

時の流れとともに、周りの環境も少しずつ変化が起きるものだ。

自然の流れには逆らうまい。


何億年も自転を繰り返し、時を刻んでいるこの地球で、

どんなまぐれで、ヒトとして生まれ落ちるか・・・

それこそ大きな奇跡だと思う。

何億年のうちの、どれほどの期間、この地球上で過ごすことの出来る、与えられた命。

それが、自分の寿命であっても、自分ではわからない終わりの時。


”蟻だったかも知れんのんよ。 犬だったかも知れん。 自分が人間として生まれる奇跡の確立はどれだけだと思う?

そして、この地球もだんだんと生命力を失っているみたいだよ・・・”って。

夫が、また普段言ったことの話題を問いかけてきた。

最近、あまりゆっくりと向き合って話したことがなかったので、なんだか不思議な気がして・・・


それなりに年齢(とし)を重ねて来たことを、あなたも、ふ~っと思ったりするんだ。


午後、リビングに射しこむ光の影が、

奥の方まで伸びるようになった。

どことなく・・・秋の気配。

こういう一瞬に、

胸がキュンと・・・切なくなる。

行く夏を惜しむよりも、

やって来る季節に・・・その中に楽しみを見つけるようにしよう。

いや・・・たんたんと・・・気負わずに・・・


今夜は、スーパーに出ていた、

新物の秋刀魚でも焼きましょう♪






[ 2012/08/31 ] つぶやき | TB(-) | CM(6)

8月、締めくくりは・・夏道を登る♪

8月25日(土曜日)

大山に初めて足を踏み入れたのは、

一昨年の8月7日、第一週目の土曜日だった。

確か、この夏山道を歩いて頂上まで5時間もかかったと記憶している。

でも、そのしんどさよりも、登りきった爽快感と、登った者にしか目にすることのできない、

空と雲・・・そして風景。

そのあまりにも自分が欲していた以上のものに、すっかりと虜になり、

この年は、この夏山道を5回も登った。

あの時に弥山で魅了された、青空と雲製造機でもあるかのように次々と湧き立つ、出来たての雲を見たくて、

8月の最後の土曜日は、この夏山道を登ることにした。

天気予報は、幸いなことに ”晴れ” のマーク。

あとは、ガスがどの程度か・・・だ。

出来ることなら、ガスに覆われる前・・・11時くらいまでには、登頂したい。

そう思って前夜は早くに寝るつもりだった。

のに・・・神経が高ぶっていっこうに睡魔は襲って来ない。

え~いっ! アルコールに手伝ってもらうか・・・と、冷酒を小さなコップに半分、がぶ飲みしてベッドに

しがみつく。

あぁ、それでもストン!と闇の中に入れない。

悶々と・・・悶々と・・・ 

もう、このまま寝ないで、夜中をぶっ飛ばすか・・・そんな思いも出てくる。

きっと自分が運転して行くのなら、そうしていたかも知れない。

やっとうつらうつらし始めたと思ったら、セットしていた目覚ましの音で起こされる。

3時・・・( ~◇) Zzz  3時????・・・

なんで?・・・私、4時にセットしたはずだよ・・・

あぁ、あと1時間寝たかったな・・・と、思いつつも、目が覚めたからには、

二度寝するのももったいないし・・・と、出かける準備をする。

お弁当用のおむすびを作り、おやつも詰めて・・・

お陰で、今までにない早い出発となった。(*^^)v


南光河原駐車場に着いたのが、6時半。

もうすでに満杯。

いつもは不思議と1台す~っと空くのに、

今回はどの車も動く気配がなく、登山口に近い下山駐車場に移動。

ここも、もうかなりの台数が止まっていた。

木漏れ日の中をテクテクテク♪


登山口に立ったのが、7:00。

こんな早い時間に登り始めるのは、初めてだ。

いい天気~~♪ このまま頂上に到達するまでこの天気、持ってくれると嬉しいな。

途中の花にもカメラを向けず・・・ひたすら頂上を目指して歩く。

本当は、もっとゆっくりと楽しみながら歩きたいんだけど、

こんなに晴れていても、絶対に頂上に着く頃にはガスに覆われてしまう。

きょうの目的は、青い空と白い雲を捉えること!

それが出来ないのなら、登っても私の楽しみは半減してしまう。

先を急ぐ気持ちのせいか、あれほど苦手だと思っていた階段も、

きょうは、意外と歩きやすい?・・・って、思える。

ホツツジがさわやか♪

一合目・・・二合目・・・三合目・・・と、各15分間隔で登れるように、

自分にノルマをかける。

隠岐の島も見えるよ♪

こんなに晴れ渡った日に登れるのは、そうそうない。

きょうは、隠岐の島まで見える!

もう、心が躍るね~♪

嬉しくて、嬉しくて・・・”これはご褒美だ~~\(^o^)/” と、何度もつぶやく。


六合目に着いたのが、8時42分だったかな?

ここで、な~んと、まーちゃんとバッタリ!!

はぁ、や~っと着いた~♪ って、六合目に上がる最後のステップに足をかけると、

目の前にニコニコ笑顔のまーちゃんが~~♪


”ま~~ちゃ~~ん~~♪♪”


まーちゃんは、元谷から行者谷コースを登って来たって!

北壁に朝日が当たって、すんごく素晴らしかった~~って・・・

朝日があたる北壁か~~・・・そう言えば、私が見る北壁は、いつも午後・・・

南壁に比べて暗いイメージがあったけど、そう言うことだったのか・・・

太陽の後ろ側だから、暗いイメージだったんだ。


ここで、行動食のサンドイッチを頬張り、しばしおしゃべりタイム♪

きょうの登山は、これでまた一段と楽しいものになるな!(*^_^*)



ここからの風景も大好き!

七合目手前、ここからの眺めも大好き。

アッ! 雲が出来た・・・

7合目を過ぎたあたりで・・・

雲がポクッ! と出来た。

大きくなって・・・こちらに来るのかな~~

ほら・・やっぱり・・・

や~っぱり・・・

大きく育って、北壁にぶち当たり、

あんなにくっきりと見えていた稜線を隠そうとしている。

9時まではくっきりと晴れていても、9時を過ぎると、雲が湧くんだ・・・

気持ちがせく・・・C=C=C=

待って・・・待って・・・


高度を上げるにつれ、想像していた風景が広がる♪

多少のガスは趣きがあって嬉しい。

だけど、すっぽりと隠すのだけは、今日は勘弁してほしい。

もうすぐ頂上♪

10時8分・・・頂上まであと少し♪

望んでいた青空だ~~\(^o^)/

着いた♪

着いた・・・10時20分!

なんと3時間20分で着いたのだ。

今までで一番短い時間で登頂~♪

睡眠不足で、駐車場に着いた時は、軽い頭痛がしていたので、

ちゃんと上まで上がれるか、正直な所少し心配していたのに、

頭痛もしんどさも、いつの間にか消えていた。

剣が峰も見える♪

雲・・・雲・・・雲♪♪

さて、座ってお弁当タイムにしますか・・・と、

座る場所を探していたら、

「こんにちは!」 と、私を見上げる顔が・・・

「mizuhoさ~~ん!! もう、会いたかったよ~~♪ 土曜日には大山へ・・って書かれていたので、

 きっと会えると思っていたけど、良かった~~♪ 会えた!!」

1年ぶりの再会です。

カメラの話、ブログの話・・・そして近況報告などなど・・・

まーちゃんとは初対面ということで、ここでまた輪が広がりました♪

海と氷にも見える・・・青い空♪

ガスに覆われることもなく、青い空と湧きたつ雲、

テラスに座って、ず~っと眺めていました。

1時間ぐらいいたでしょうか・・・

ガスが覆ってきました。

毎日見ているライブカメラでは、このあと夕方までず~っとガスがかかったまま、

もう、きれいな青空にはならないかも?・・・と、

帰りの時間を考えて下りることに・・・

この花も見たかったひとつ・・・

今年も同じ場所に咲いていました。

トモエシオガマギク

トモエシオガマギク

2年前、ここで見たのが初めてでした。


五合目のちょっと上に、夏山道と行者谷コースを下りる分岐点があります。

ここで、どちらを下るか・・・相談♪ 相談~♪

う~ん・・・私次第か・・・

この小刻みに作られた斜度の高い木の階段は、どちらかと言うと二度と歩きたくないと思ったほど嫌いなコース・・・初めて下りた時には、階段を踏み外して登山パンツを破り、膝小僧を結構深くえぐるほどの怪我をしたこともあり・・・

出来たらパスしたい気持ち・・・もあるけど・・・

元谷からの北壁を見たい気持ちもあって・・・きょうは、久々にこのコースを下りることにした。

元谷から見る北壁

二度目と言うこともあり、意外だった・・・

それほど苦になるどころか、想像していたよりも早く元谷に着いた。

1時25分到着~♪

きょうは、ここを下る人が多くて、階段を下りる途中でカメラを出す機会を逃してしまった。

やっぱりちょこっと写しておくべきだったな~~

豪円山がおむすびに見える♪(^~^)

豪円山から元谷を見るのも好きだけど、

そうか~~・・・反対に元谷から豪円山を見るとこうなのか・・・

きょうも有難う~~大山♪m(_ _)m

稜線は、ガスに覆われるどころか、くっきりと晴れ渡った。

きょうは、本当にいいお天気に恵まれたようだ。


ここから治山道路を豪円山に向けて下り、途中から左に折れ、

大神山神社の石畳に出る道を歩く。

ソバナがまだ咲いている・・それもシロバナ♪

治山道路沿いでは、まだソバナもたくさん咲いている。

シロバナソバナに目が止まり、

ヨ~コラショッ! と、少し山際を上り、カシャッ♪



元谷から1時間ほど歩いて、南光河原に着いたのが、2時30分。

汗びっしょりで、シャワーを浴びたい!

大山寺の下のお土産屋さんが並んでいる所・・・”お風呂入れます”の文字が、やたらと飛び込んでくる。(*^_^*)


「komaさん、かき氷食べる?」

「うんうん、食べる、食べる!!」


おいしい~~!!(((~ ̄*)


と、言うことで、4人でワイワイとお店の中に♪♪

私、何にしようかな~~・・・宇治金時とイチゴミルクと、迷う・・・迷う~(^^ゞ

宇治金時は大好きで、我が家の冷蔵庫にストックしているのは、ほとんどこれ・・・

せっかくだから、我が家の冷蔵庫にないものにしよう~と、

mizuhoさんと私は、イチゴミルク♪

まーちゃんと夫は宇治金時を♪♪ 

はぁ~~ おいしいよ~~(*^_^*)

蜜もコンデンスミルクも、た~っぷり♪


まーちゃん、うまい表現したよな~~~

「体の中がシャワーで洗われたような♪」って・・・

全くそうだね~~うんうん♪ 

二人の娘と一緒に山歩きをしたようで、本当に楽しい一日だった~♪(*^_^*)


登山道も汗をかくとは言え、爽やかな涼風が心地良かったし、

山頂の気温は19度。

そこはかとなく秋の気配を感じる夏山道だった。

今度は、三の沢から槍が峰かな~~((o(^-^)o))

鍵掛峠から・・・

久々の鍵掛峠からの大山。

きょうもい~っぱい楽しませてもらいました。

ありがとうの気持ちを込めて♪



[ 2012/08/26 ] 大山 | TB(-) | CM(14)

モロヘイヤ

8月22日(水曜日)

今年になって、初めて”おいしいな~~”って思った食材がある。

もう、ずいぶんと前から出回っている葉野菜、モロヘイヤだ。

実は、モロヘイヤとアシタバは同じものかと思っていた。

何十年も前、まだ主婦になりたての頃だったか、

話題の食材として、”アシタバ”が紹介されていた。

その頃の私は、ひどい貧血で悩んでいたこともあり、

確か、貧血にいいとか・・って、いうのもあって、

薬を飲むよりかは・・って、何度か食材として使ったことがあった。

でも、かなり癖の強い野菜で(匂いとか食感が)、献立として作っては見ても、

どうしても飲み込めなくて、いつしか頭から消えて行った。


そして、最近よく見かけるモロヘイヤ、これは、このアシタバの別名かと思い込んでいて、

スーパーの店先に並んでいるのを見かけても、手に取ることすらしなかった。

それが、それが・・・ひょんなことで、好物となるきっかけは出来るものである。

モロヘイヤとオクラの煮びたし♪

今月の初頭だったか、ドライブの途中で立ち寄った道の駅で、

このモロヘイヤを使ったランチを頂いたのだ。

その時はまだ モロヘイヤ=アシタバ だとばかり思っていたので、

おそるおそる口に入れて噛むと、オクラのねばねばといい具合に混ざりあって、

なんともおいしい味が広がり、

てっきり私の嗜好が変わったのかと思っていた。

もともとねばねば系は苦手ではなく、どちらかと言うと好物なのだ。

それ以来、スーパーでモロヘイヤを見かけると買っては、せっせと煮びたしを作っている。

モロヘイヤも、アシタバに負けないくらいの”食の効能”があるとか♪

おいしい上に、栄養価が高い・・さらに、値段は安いとなると、使わない手はない。

調理も簡単だしね~~(*^^)v

葉っぱをちぎって、ザクザクと切り、 ダシとみりん・お醤油を入れた水を沸騰させ、切ったモロヘイヤをパサッと入れて、火を止める。

小口切りしたオクラを、レンジでチン!し、モロヘイヤを入れただし汁に放り込み、

冷蔵庫で冷やすだけ。

これが、なんとも口当たりのいい、夏向きのひと品となる。

きょうは、これに瀬戸内で獲れた乾燥小海老を加えてみた。


そして・・・この記事を書くために検索をかけて調べた、アシタバとモロヘイヤ・・・

たった今・・・この二つの物は別物なのだと知ったのだ。

モロヘイヤがおいしいのは、私の嗜好が変わったのではなく、

私にとっては、まったく抵抗のない、もともとおいしい食材であったと言うことだったのだ。

なんとも・・・思いこみの激しい性格は、困ったものだ・・・ヽ(ー_ー )ノ

昨日の空 ①

これは、母がいる病室から撮った、お昼前の空。

我が家は、右端の山の下あたりなので、こんな空が広がっていることに気づかなかった。

この前日には、見事な積乱雲がもくもくと上っていて、

カメラを持っていなかったことが悔やまれた。

あの入道雲、もう一度見たいな~~

夕空は、どことなく秋の気配

これは、夕方の空・・・

日暮れが少しずつ早まっているのかな?

7時前だけど・・・なんとなく秋の気配が漂い始めた。



さて、母ですが・・・

まだまだ歩くにはおぼつかないけど、リハビリは、順調のようです。

一昨日まで一人だけだった病室に、一気に3人も入って来られ・・・


「もぉ~~ 白髪頭ばっかり!! 嫌になる・・(`Д´) 」 


って、ブツブツと文句を言う母。

あのね~~・・・あなたもその一人ですよ~~ ^m^

でも、確かに、母よりも10歳前後若い人ばかりなのに、見た目は、もう精気のない、ただ生きているだけって感じの人ばかり。

改めて、私の母はすごい・・・って、思う。

「こんな人達と一緒にいたら、自分もおかしくなってしまう。 早く家に帰りたい・・・」って。

環境にすぐに影響を受ける性格だけに、私も一日も早く退院して欲しい。

私も・・・もう、そろそろ病院通いに、飽きて来たよ~~(*^_^*)



[ 2012/08/22 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(8)

もろもろの気持ち

8月18日(土曜日)

夕方のニュースで、北アルプス・槍ヶ岳で落雷で登山者が亡くなった・・・・と。

そして、もう一つ。

大阪の長居公園でも落雷。 こちらは女性2名が亡くなられた。

そう言えば、昨年も公園で散歩中の方が、やはり落雷で亡くなられている。

やっぱり・・・ほら~・・・やっぱり雷って怖い~って、改めて思う。

街中でさえこういうことになるんだもの、山の上だともう逃げ場もないし、それが頂上とか

尾根の道だと、隠れる所さえない。

3000メートルを超える槍が岳、そこでの雷との遭遇なんて、どれほどの恐怖か。

頑張って登って、その頂点で命を落とすなんて・・・

もう、本当にお気の毒でたまらない。

雷鳴が聞こえたからと言って、走って下りれるような山ではないし・・・こんな時はどうなんでしょう。

運命だったと・・・そうなるのでしょうか。

大山に行くのも、私は、いっつもこの雷注意報に神経をとがらす。

きょうも、実は、母の調子がいいので、夏山道を登りたいと思っていた。

それでも、ここ数日、どうやら雷がなっている様子なので、見送ったのだ。

槍が岳の落雷事故は、人ごととは思えなくて、身につまされる思いでニュースを見た。

枝のトンネルを抜けると・・・
当てのないドライブの途中で、足を止めた何気ない風景・・・こういう葉っぱのトンネルの向こうに広がる風景に、ちょっと先の予感を感じる・・・きっと何かいいことがある・・・そんな。

きょうは、またまた実家の畑の草抜きに・・・

朝早くから始めたのに、終わったのは12時・・・

暑くて、暑くて・・・熱中症が怖くて、もう少し残っている所で撤退。

もう、この畑には、なにも作物は植えるつもりはないので・・・もう、・・・もう、除草剤をまいちゃおうか・・・

そんな思いがムクムクと湧く。

もう、ほとほと嫌になって・・疲れてしまった。

暑い時なので、オムスビを作らないで出て来た。

作業のあとは、きっと疲労感いっぱいで、それほど食べられないと思ったのと、

やはりこんな時はお蕎麦が食べたくなる。

夫に紹介したいお店に行ったのだが・・・やはり、ここは人気店のようで、最低でも30分も待たなければならないって。。。。

迷ったけど・・・せっかちな私は、のんびりと30分も座って待てない。

時間がもったいなくて、

夫は、待ってでも食べたかったみたいだが・・・北部に向けて車を走らせた。


ここは、どこなのかな~?

夏の雲を捉えたくて、池の段に行こうと思ったら、

途中、ふらりと入ったお蕎麦やさんで、同席の方から、

”あの辺りは雷がなって雨が降っていましたよ・・・”と、聞き、

その気持ちは、いっきに萎えてしまった。

草ぬきの疲労もあったりで、

山歩きは止めて、

行き当たりばったり車を走らせながら帰ることにした。

キツネさんが使うカミソリ 
キツネノカミソリ

オオキツネノカミソリ?

こちらは、オオキツネノカミソリ・・・で、いいのかな?

そして、もうひとつ・・・しばらく見ていないカリガネソウの花・・・

この花、あと1週間したらもう終わりかな?

目を凝らして探してみたが、残念ながら見ることは出来なった。

改めて、今度の週末にでも探しに歩いて見ようか。

それとも、母の調子が許されれば、思いきって夏山道を登るか・・・???(。_゜)

大山歩きの第一歩は、2年前の8月25日の土曜日だったような。

それを記念して、同じ日、同じ曜日に、同じ道を歩いてみたい・・・とも、思う。

慌ただしく、今年の夏も去ろうとしている。

ちょっと疲れもかなりたまっては来ているが、

まだ満喫していないような・・・山歩きは、不満足度の方が高い。

[ 2012/08/19 ] つぶやき | TB(-) | CM(4)

きょうはどこに行く?

8月15日(水曜日)

朝ごはんの支度をしている背後で、

きょうは、どこに行くん? って、・・・

きょうは、車を洗って、ヨーグルトケーキでも作ろうかな~・・・と、言おうとして、

この言葉とすり替わって、

「そうじゃね~~ マネキグサを見に行きたいな~~」

と、出た言葉・・・

もう、本当にデベソな私。

昨日と今日は、母のリハビリも休みと言うことで、

お昼には行かないで、夕方だけ行けばいいという気軽さもあって、

出かけてもいいかな・・・と、つい揺らいでしまった。

結局このお盆休みは、ほぼ自分の時間にも当てることが出来た。

母様の頑張りのお陰です。


この時季、もうひとつ気になる花達がいる。

岩にへばりつくように咲くイワタバコ

薄暗い渓谷に咲く、人を寄せ付けないような急な崖とか岩に、

へばりつくようにして咲くイワタバコ

撮りづらい・・・

ちょっと足を滑らせたら、渓流に流されてしまいそうな・・・それでもカメラを持つと

つい・・・つい、冒険してしまう。(~_~メ)

なんだ・・・こんな所にもあるじゃん!

なんだ~~・・・反対側にも咲いているじゃない♪♪

これなら、落ちることもない?・・・でも、ないか。

足を滑らせたら、母のように骨折するかも・・・慎重に、慎重に・・・(^^ゞ

う~ん・・・難しい・・・(-

なりふり構わず登ったのはいいけど・・・

ジーンズもスニーカーも濡れてしまった。

おまけに、腕には濡れ落ち葉が・・・ナメクジかと思って、ドッキリ(◎o◎;)

ギリギリセーフだったかな?

もう少し遅かったら、時期を逃していたかも。

ギリギリ間に合ったかな?

葉がタバコの葉っぱに似て、岩に咲くから ”イワタバコ”って言うらしい。


オゾンを浴びて・・・

来る前にちょっと降ったのかな?

それとも、昨夜の雨が結構な量だったのかも。

水量が多いのと、いつもは透明感のある水なのに、濁れている。

それでも、沢の流れは癒される。

一人っ子

この花も、いつも悩む。

何枚撮っても、ピントがあっているのは、数枚・・・・

カメラに収めるには難しい花だ。

ふたり姉妹

三人でワイワイ♪

マネキグサ・・・正面から見ると、お人形さんのようにかわいい。

横顔は、ガラリと変わるんですよ~(*^_^*)

シデシャジン
シデシャジン

珍しくないけど・・・
ヤブラン


お昼は、休暇村帝釈峡 で・・・

いつかは、ここにも寄ってみたいな~って思っていた。

バイキング・・・食べ過ぎた・・(((~ ̄*)

やっぱりデザートもいるし・・・(*^_^*)

あな おそろしや・・・ バイキングって、どうしてもてんこ盛りにしてしまう。

根がいやしいもので・・・(-"-)

でも・・弁解するわけではないけど・・・いや、やっぱり弁解かも・・・

今は、体重が減っているし、顔もやつれているので、しっかり食べて、もう少し太ってもいいかと・・・^m^

体脂肪も・・・22そこらだしぃ~~(^^ゞ

バイキング・・・1300円
11:30~13:30

休暇村 帝釈峡

お風呂グッズも持ってくれば良かったな。

そして、そうそう、もう一つ気になるものがあるんだ♪

マイ さるなし♪♪

まだ固かった (-

ふ~ん~・・まだ固い。 なかなか熟さないものなんだ。

少し頂いて帰って、リンゴと一緒に保存してみよう。

キウイみたいな実

熟すと木の実とは思えないほど甘くておいしい♪♪

木の実の中では一番の好物。

楽しみにしているけど・・・タイミングが合うかな?


さて・・・5日間のお盆休みも終わった。

明日からまた忙しい日々が始まる。

母のリハビリも明日から再開だし・・・私の病院通いも2度になるかな?

きょうの夕方行ったら同室の人がいなく、母一人で個室のようになっていた。

誰ともしゃべっていないので、ボケそう・・・って・・・・

それでも、日記を書くことと短歌も作っているって言ったので、まぁ、大丈夫かな?

身のこなしが、ずいぶんと楽になっているように見える。

着替えもほぼ自分で出来るし・・・

熱いお湯につけたタオルで体を拭いてあげるのだが、それがとっても気持ちいいらしい。

潔癖症だからね~~

きょう、抜糸したので、明日からお風呂に入れるかな?

ボケないうちに退院して欲しいな♪

[ 2012/08/15 ] 季節を追って | TB(-) | CM(12)

この花に会いたくて♪

8月12日(日曜日)

前日の母の主治医の経過説明で、

母の快復は、”すこぶる順調です!” と、力強い言葉を頂いた。

実は、このブログで、つい愚痴をこぼしたけど、

あの次の日、母はまるでツキ物が落ちたみたいに元の母の顔になっていた。

何がそうさせたのか・・・

やはり”言葉”なのかな~~

母は、何よりも”優しい言葉”に弱い。

私は、母にしてあげることは、精一杯のことは出来るけど、

母が求める”優しい言葉”と言うものが、なかなかかけられない。

幼い頃からの”確執”が邪魔をしてしまう。

でも、他人とか、職場の子供達には、心から愛おしい言葉が出る。

それが出来るのなら、一番この言葉が必要な人、それが”母”だと思わなかったら出来るのでは?

それで、リハビリを頑張ってもらえるなら・・・

そう思って、簡単(なようで、私には難しいことだけど・・・)な言葉がけをして見ようと思ったのだ。

「おかあちゃん、やっぱりお母ちゃんがいないと寂しいわ。 ちょっと話したいな~って思ってもいない・・・

だから、早く帰って来て♪」

・・・ほんと? 本当にそう思ってくれるん?


リハビリをしている母に・・・

「おかあちゃん、すごい!! すごいよ~~♪ 昨日よりもずいぶんと身軽に歩いているよ! 息もしんどそうにないし・・・」

「うんうん、上手、上手~~   あ、歩行器にもたれるんじゃなくて、歩行器から胸を離して歩いてみ!」

・・・・もう、褒められたら、頑張らんといけん気持ちになる・・・

「お母ちゃんは、記憶にないかも知れないけど、手術後集中治療室にもどった時、私、お母ちゃんの手をさすりながら、よぉ~頑張ったな~~ 私は、こんな風には頑張れないよ・・・すごいよ~~!! って、言ったんよ。
そしたら、お母ちゃんは、看護師さんと間違えて、有難うございます・・・有難うございます・・・ばかり言ってたんよ。」

・・・まぁ、そんなこと、全然記憶にない。そうじゃったん・・・

いつもは、母の前では素直になれない私だけど、もう、言葉にどんどん出して褒めることにしたのだ。


こんな風に言った夕方からだっただろうか。

リハビリがスムースに行くようになって、一昨日の午後に、急きょ一般病棟から回復室に移動となったのだ。

そして、主治医の先生から、”すこぶる順調です♪”の言葉を頂いたのだ。

母の萎えていた気持ちから、また元のパワフルな顔に変わっていったのだ。

言葉って、大切だな~~・・・って、つくづく思う。

で・・・で、なのだ。

もう、リハビリに付き合わなくても、きっと頑張ってくれる・・・と、背中を押されるように、今の時季、それも

限られた場所にしか咲かない花、妖精のような花を見に出かけることにしたのだ。

早朝出かける時には、雷注意報ははずされていたけど・・・

目的地に近づくにつれて・・・

今にもバシャ~~!って降りそうな空(-

こんな空・・・(*ヘ*)

ここは、鬼女台展望台

ここから見える大山も好きなんだけど、

すっぽりと隠れて、な~んにも見えません・・・(-"-)

暗いし・・・

天気が良かったら・・・

天気が良かったら、こんな感じなのに・・・


ちょっと買い物♪

何か 母に・・・と、お店に入る。

地元産の金時豆があったので、購入♪

母の好物なので、炊いて持って行こう。

そして、竹製の籠が、な~んと 1,050円♪♪ 

病院へ着替えとか、ちょっとした食べ物を持って行くのにいいな~

と、これも購入♪

ふ~~ん~・・・蒜山焼きそば柿の種? 

なんかおいしそう♪  これは、きょうの行動食に♪(^-^)

たまには観光気分に♪(^-^)


そして、お店の人に、きょうの大山の天気はどうですか? と、尋ねる。

「あぁ、一日中こんなんでしょうね。 雷? なりますよ! 昨日も鳴ったし、

今日の方が雨も雷もひどいでしょうね・・・豪雨になるかも知れませんよ。」

って・・・

ダハァ~~~・・・( iдi )

せめて・・一輪でも見れたら・・・と、急ぐことに!!

ひたすら登る・・・登る・・・ 休憩もとらず、他の花も見るゆとりもなく・・・ひたすら登る・・登る・・・

あった・・・

あぁ、良かった~~~

咲いていた♪

はぁ~~ かわいい・・・

静かに・・・

どう撮っていいやら・・・


惹かれますね~♪

美しすぎて、言葉が出ません・・・


本当に良かった・・・

この花は、絶滅危惧種。 いつ見られなくなるかわからない花・・・らしい。

名前?

そうですね~~・・・ ”夏の妖精” とでも言いましょうか。

いつかは、きっと紫色の薄衣をまとった妖精になって、どこかに飛んで行ってしまうかも知れませんね。

思いきって出かけて来て良かった♪

1時間ぐらいでしょうか・・・たっぷりと ”妖精”と戯れて来ました。

あぁ、本当に良かった♪(*^_^*)


お山の大将♪

お~~い~!! こんなところでのんびりしている場合ではないですよ~~

雨が・・ポツン・・・

もう、雷が非常に怖い・・・急いで帰りましょうよ~~ C=C=C=C=




駐車地に下りて、着替えを済ませ、車を発進させたとたんに、”ざ~~~!!!”

ふぅ、ずぶぬれになる所だった。

なんか、きょうはご褒美を頂いたような気がする。

青い空と木漏れ日が欲しかったけど・・・そんな贅沢なことは言えません。

会いたかった花に会えただけでも・・・そして、雨にも雷にも遭わなかったこと・・・本当に嬉しいご褒美を頂いた気分だ。


ここは、琴浦海岸

まだお昼のおむすびを食べていない。

どうせなら、景色を楽しみながら食べたい・・・と、海岸線を走る。

青空だったらな~~

海を眺めながらパクつくおむすび、目的の花を堪能し、

おまけに海まで見れて・・・

青空だったらな~~・・・なんて、我儘は言えないよね。

ここは、ハマナスの自生の南限地だそうだ。

ローズヒップみたいなハマナスの実

南限地??? あぁ、もう、方向音痴の私としては、南限地の意味がわからない・・・

でも、ここがともかくも、最後ってことなんだ・・・

ハマナスの花ってどんなんだったけ?・・・見たことがあるのかな~~

実は、何度か見たことはあるんだけど・・・

このあと、ゴロゴロゴロ~~ と、空を走っているような音が・・・

大急ぎで広げていたお弁当を片づけ・・・車に乗る。

ふぅ~~・・・なんか、本当にギリギリの所まで待ってくれた、雷様と雨・・・

やっぱりご褒美だったんだ・・・

これで、また頑張れる♪

この後、母のもとに行ったら、

母の気持ちは、もうすっかり元に戻っていた。

きっと歩けるようになるよね! また二人で頑張ろうね♪(*^_^*)


あぁ、いい一日だった~~\(^o^)/

[ 2012/08/13 ] 大山 | TB(-) | CM(8)

ブログの存在

8月10日(金曜日)

暑い夏・・・大好きな夏・・
その夏も、暦の上では、秋という言葉を使うようになった。
もう10日・・・早く過ぎて欲しい気持ちと、まだ楽しんでいない夏が去ってしまう残念さが交差する、複雑な日々だ。
今置かれている状況が、自分が思っていたものとは違うとしても、その中で何か”光るもの”を見つけていければ、まだ苦痛には思わないかも知れない・・・のに・・・なかなか理屈通り、理想通りには感情は動かせない。

さて、母の術後ですが・・・

先週の金曜日に、人工骨頭置換手術を受けてから1週間が経過した。

この一週間は、母にとっては今まで経験したことのないつらい一週間だったと思う。

手術を受けるまえは、骨折をしたとは言え、いつもと同じで、前向きな考えは変わらなかった。
それが、手術を受けた直後から、あの元気な母はどこに行ったのか・・・と、思うほど、年齢相応な不安定な姿になってしまった。
一時は、このまま痴呆になってしまうのでは?・・・・と、たまらない焦りの気持ちが広がって行った。

甘く見ていたな~~

楽天的に構え過ぎていたな~~・・・・と。

ず~っとベッドに寝たままの状態が続くと、ベッドを起こして座位をとるのさえ苦痛になるようだ。

寝たままでいると、動くのがしんどくなるから、出来るだけベッドは起こして・・・そして上半身は動くのだから、着替えのパジャマのボタンぐらい自分で止めなさい・・・

ずれた体も、なんとか自分で立てなおすようにしなくちゃ・・・と、手を貸さないでいると、
冷たく思うのか、泣いてしまう始末・・・

そんな日が、三日ほど続いたでしょうか。

もともと血圧が少々高いだけで、これと言って病気のない体、気持ちさえあればリハビリもうまく行くはずなのに・・・

母の性分は、慣れないことにかなりの抵抗感を持ってしまう。

ベッドから車椅子に乗ることから緊張してしまう。

平行棒を持って歩く前に、吐き気が来てしまって歩行訓練までなかなか持っていけない。

理学療法士さんが、緊張さえなかったら・・・・と、その気持ちをほぐすことから丁寧に対応して下さる。

上手にゆったりと添って下さるお陰で、昨日は平行棒を持って、二往復、そして、きょうは、プラス歩行器で歩く練習までなんとか持っていけた。

自分の足で歩きたい・・・自分のことは自分でしたい・・・そういう気持ちさえ持てたら、絶対に歩けるようになるのにな~~

”もう、面倒になってきた。 しんどいことはしたくない・・・ベッドに寝転がりたい・・・”

手術をする前の母では、絶対に出ない言葉が出る。

よほどしんどいのだろう・・・

もう、いいよ・・・寝たきりになっても、私、ちゃんと面倒見るから・・・・

そう思わず言ってしまったけど・・・あぁ、もう、気持ちがふさぐ・・・

あれほど楽しみにしていた山歩きも・・・花の追っかけも・・・カメラを持つことさえもあきらめないといけないのか・・・

そして、このブログ・・

自分の分身のようで、支えでもあるブログ・・・たくさんの出会いを膨らませてくれた、このブログ・・・

気持ちや写真を、キーボードを叩くことでコントロールしてきた、このブログに、

気持ちと時間にゆとりがないと、支えである存在であるはずなのに、なかなか向き合えない。

言葉が出ないし、画像もない。

なんだか、これもあきらめないといけなくなるのかな~って思うと、自分の人生も終わったような気がしてくる。


かなり疲れているせいか・・・今夜の私は、ネガティブです・・・( 一一)

あ、そうそう、昨年秋にホームステイしたマリアさんから、9月の10日辺りに、我が家に二泊出来ないか・・・と、メールが送られてきた。

う~~ん・・・・正直・・・ムリッ!! って、心の中で叫んでしまった。

まだ返信はしていないけど・・・どうしよう・・・

母の大好きなマリアさんだから、来てもらった方がいいのかな~~・・・・( -。-) =3

[ 2012/08/10 ] つぶやき | TB(-) | CM(13)

ちょっとドライブ♪

8月5日(日曜日)

母のパジャマやら、もろもろの買い物に出たついでに、

外ランチを兼ねて少し車を走らせた。

青空と白い雲・・・夏が好きなのは、この空もひとつ。

きょうは西に向けて・・C=C=

いつもは東に走ることが多いのだが、

きょうは西に向けて・・・

道の駅 みはら神明の里

今年の3月にオープンした道の駅、

”みはら神明の里”に、一度は行ってみたいと思っていた。

外ランチをここでしようと・・・それと、山が駄目なら海でも見たい。

そう思い・・・

一品ずつ選べる

陳列されている小鉢を選んでトレイに乗せて、


たこ天がおいしい~♪(((~ ̄*)


私は、とうがんの煮物、白身魚のエスカベッシュ(酢漬け)、蛸てんぷら丼 をチョイス♪
小鉢は、一鉢100円、蛸てん丼は650円・・・しめて850円!!

リーズナブルで・・・おいしくていいんだけど・・

まぁ、ここが道の駅だと考えれば、器のことは思わない方がいいのかな?

プラスチック製のペラペラした器がちょっと気になって、おいしさが半減するかな~~

地元の特産物がずら~り~♪

あらあら・・・あらあら・・・

青空と白い雲が見たくて出かけて来たのに、

食事を終えて出ると、空は灰色・・・( 一一)

浜辺を求めて・・・

海岸線を西に向けて走ると、

ここは竹原市・忠海


ここは、竹原市忠海(ただのうみ)

青空が~~ 

朝の澄みきった青空と白い雲はどこに行った??? 


若ければ乗ってみたいかも ^m^

きゃ~きゃ~♪ と楽しそうな声を乗せて・・・水上バイク

私も入りたい・・・

海遊びも楽しいだろうな~~・・・

さて・・・帰りましょうか♪

ちょっと気分転換に・・・と、出かけて来たものの・・・

やはり母のことが気にかかる。

家族が入院していると思うと、心から楽しめないものだね。

このあと、母のもとに行ったら、

夕方なのに、朝かと思ったと・・・

ひと足違いで息子ファミリーがお見舞いに行っていたらしいが、

「Shuは、えらい早くに来たんじゃね~~」って、変なことを言うな~って思ったら、

朝早くに来たと勘違いしていたらしい。

で、早く背中を拭いてくれ・・・・熱いタオルで顔が拭きたい・・・

パジャマを着替えたい・・・

着替えたパジャマが、糊づけでパシパシして痛いので、別のを着せろ・・・って・・・

な~んかいつもとちょっと様子が違うな~~って思いながらも・・・(。_゜) ?

これって・・・

大丈夫だよね・・・お昼寝をしすぎて、朝と夕方をちょっと間違えただけだよね・・・

明日は、時計を持って行こう。

日付と曜日がついている時計がいいな。

う~~ん・・・軽く考えていたけど、年寄りの入院生活は、若者のそれとはやはり違うのかも知れない。

もっと頻繁に顔を覗かせないといけないかな~~(~ヘ~;)




[ 2012/08/05 ] お出かけ | TB(-) | CM(9)

草・・・くさ・・・もう、いやっ・・草・・・(`。'メ)

8月4日(土曜日)

かわいい花だけど・・・これもはびこると困る花・・・


うっすらと明けて行く空を見ながら、

あぁ、きょうもいい天気だな~~・・・大山のもう一つの花畑、キリンの花畑に行きたいな~~

と、・・・・

でも、そういう言う思いを抑え込み、実家に帰る。

お盆までには、畑の草をきれいにしておきたかったのと、伸ばし放題にして、種でまた増えては困るので、そうなる前に抜いてしまいたい。

斜陽に浮かぶ植物があまりにも綺麗だったので、作業を始める前に少しカメラ遊びもしたかったのだが、

なにしろ、はびこっている雑草に気持ちが焦ってほどほどの所で収める。

草って、どうしてこうも元気なんだろう。

抜いても、抜いても・・・1週間ほどすると

へっ??? って、目が点になるくらい大きく育っている。

それにしても、この晴天続き・・・

土の固いこと!!

雨の後ならスッスッと抜けるのに、ヘタをすると根っこがちぎれてしまう。

もう、格好なんかつけてられない・・・しんどくて、ペタン!と座りこんで抜く。

だんだん陽射しも高くなり、風もなくなってきた。

熱中症だけには気をつけないと・・・

水分補給をしながら、なんとか終えることが出来た。

大山のどこかのルートを歩く時間と同じくらいの時間・・7時間半もかかってしまった。

予定では、お昼までで終えるつもりだったんだけどな~~( 一一)



帰りには、温泉の湯につかって帰りたかったけど・・・母の夕飯の時間に間に合いそうにないので、

遅めの昼食・・・と、言ってもすでに4時・・・

お昼ご飯も食べずに、ひたすら頑張った二人だった。

はぁ、疲れた・・・・

きょうの文章は、きっと支離滅裂だろうな・・・・


”まっこり”を飲んで、ほろ酔い気分で書くブログ・・・

そろそろ限界です・・・上下の瞼がくっつきそう・・・

さて、洗濯を干して・・・寝ますか。

きょうも、とてつもない長く感じた一日だった。

斜陽に浮かんで綺麗だと思ったのですが・・・・


もう少しハイキーに撮れば良かったかな・・・(-"-)
[ 2012/08/04 ] つぶやき | TB(-) | CM(4)

母の手術

8月3日(金曜日)

本当は・・・きょうは、久しく会っていない友人たちと、ランチを楽しむ予定だった。

だが・・・思いがけず災難がやって来て、母の手術日となってしまった。

大腿骨頸部骨折で、粉砕してしまった骨の修復は無理なので、人工の骨頭と入れ変える手術をしたのだ。

もともと元気で自力で動いていた体ゆえ、手術は問題なく予定よりも早い時間に終えることが出来た。

執刀して下さったお医者様も、とても驚いておられた。

「見事です!!」と・・・

な~んも問題なく終わりましたので、あとは、リハビリを頑張ってもらうだけです・・・と。

そう言われて、手術が終わるのを待っていた待合室から、集中治療室に行くと、


「う~ん・・・ う~ん~・・・イタイ・・・ イタイ・・・」と、麻酔の残りか、

朦朧としている意識の中で唸っていた。

「おかあちゃん、大成功だって♪ 良かったね~~ よく頑張ったね!!」

耳元でそう言うと、 うんうんと頷いて

「有難うございます・・・ 有難うございます・・・」と言う。

あ、私だとわかっていないんだ・・・

それにしても、見たこともない顔をゆがめて苦しむ姿・・・

痛い・・・痛い・・・痛い・・・ と、首を振りながら言い続ける母に、

どうしていいやら・・・

う~~ん・・・どうしよ・・・

ここんとこ母との確執がひどくて、どこか疎ましく思う気持ちも強かったけど・・・

母の手など、・・・ 出来たら触りたくないけど・・・(それほど疎ましく思っていたのだ)・・

え~~い!! 目の前にいるのは園児! 園児なのだ!!

そう自分に言い聞かせて・・

ごつごつとした母の手を両手に包み・・・

「おかあちゃん、よぉ頑張ったな~~!!  偉いよ!! 本当に偉いよ!!

 お医者様も褒めて下さっていたよ!! うんうん、しんどいよな~~  痛いじゃろ???

 おかあちゃん、本当に偉いよ!!  私には、真似が出来ないよ!!」

そう言いながら、額やら、手をさする。

人の手のぬくもりは、やはり気持ちを鎮めるのか・・・ほどなく母は寝息を立て始めた。

ホッとして・・・4時間ほど付き添っていた病院をあとにして、我が家に帰る。

私も疲れたな~~・・・・軽い頭痛もし始めた。

少し横になったあと、職場に顔を出し・・・

再び母のもとへ行く。

麻酔がひいた母は、すっかり意識が戻っていた。

まだ苦しいようだが、もう、大丈夫!

朝から絶食していて、喉がカラカラの様子なので、許可をもらって冷たいお茶を含ますと、

「おいしい~~」と、ホッとした表情をする。

このあと出された晩ご飯も、口まで運んであげるとほとんど完食♪

「あんたが食べさせてくれなかったら、こんなにも食べれなかった・・・」

母も必死なら、私も必死だよ!

まだまだ寝た切りになって欲しくないし、介護の日々にはなりたくない。

まだお山歩きもしたいし、ちょこっとした日帰りの旅もしたい。

その為には、母には自立してもらわないといけない。

二人で頑張らないとね!!

食後の義歯を洗って・・・ベッドに寝たままで歯磨きもして・・・

この義歯って、結構危険なものなんだね。

昨夜、母の入れ歯を洗っていて、金具の所が左の親指に突き刺さって慌てた。

かなり深く入りこんで、痛いの痛いの・・・

これも疎ましく思った母への罰なのかも??・・・(*^_^*)

さすがに、きょうは慎重に洗いましたよ。

明日からは、さっそくリハビリが始まるようだ。

そうなると自力でトイレも洗面も出来るはず・・・

あぁ、やっと楽になれるかな? 

転んでから今日まで、動けない母の介護・・・熱いタオルで顔を拭いたり、

体を拭いたり・・・

義歯を洗ったり、歯を磨いたり・・・と、さすがに疲れた。

さて・・・明日は土曜日・・・

実家に帰って草ぬきをしようか・・・

気が進まないけど、伸びてきたら種をつけるだろうし、そうなるとまたまたはびこる一方だし・・・

なによりも母が元気でおれたのは、この土いじりの賜物だと思う。

私もジムに通って鍛えているつもりで、この土をいじりながら鍛えよう。

一石ナン鳥にもなるしね。

まぁ・・・朝早くに起きることが出来れば・・・なのだが・・・

[ 2012/08/03 ] つぶやき | TB(-) | CM(4)

ぴ~~ぽぉ~~ ぴ~~ぽぉ~~(災難は突然に・・・)

8月1日(水曜日)

昨日のことだった・・・

陽射しがカンカンと照る、昼下がり・・・

私は、新聞に目を通しつつ・・・まどろんでいた。


ドスン!!!


ん??? 今のは、何の音?

隣家のご住人がガレージに車を入れた音なのか?

ず~~っと空き家状態の隣家に、娘さんが帰られたのか・・と、窓から覗くも、

なんの影も見当たらず・・・遠くの出来ごとだと、、またベッドに横になった。


その音からどれくらい経過しただろう・・・10分?  15分?

「ちょっとぉ~~ ちょっとぉ~~!!」 と、まるで穴倉に落ちたような、私を呼ぶ声。

また、、オカーチャン、何をしでかした?・・・

軽い気持ちで階段を下りると・・・

異様な光景が~(◎o◎;)

玄関マットの上で、体を九の字に曲げてもがいている母の姿。

「もぉ、お母ちゃん、どうしたのよ・・・」

「足が、動かん・・・左の足が伸びんのよ・・・」

「はぁ~~?・・・もぉ、どうしたのよ、一体・・・」

その伸びないという足を引っ張って伸ばそうとすると、痛がってどうにもならない。

ぎっくり腰?・・・・

ふ~~ん・・・どうしよ・・・

抱えて起こそうとしても、痛がって動かせない。

「おかあちゃん、救急車を呼ぶよ。 私の力ではどうにも出来ないわ。」

「もぅ、大げさなことをしないで!! もう少し様子を見たら落ち着くから・・・」

どこがどうなっているのか、腰のあたり・・お尻のあたりを押したり揉んだりしてみる。

骨は大丈夫なような気がするんだけどな~~・・・

なんとか車に乗せて、かかりつけの病院へ連れて行って見よう・・・と、一人では抱えられないので、近くに住むお嫁チャンに来てもらう。

それでも動かせないので、夫に電話すると、すぐに帰れるという。

保険証を用意したり、かかりつけの病院に電話を入れて、これから連れて行くと伝えて・・・

さてと・・・と、夫と一緒に抱き起そうとしたら、悲鳴をあげるほど痛がる。

これは、ただごとではない!!

自分達ではどうにもならないので、やはり救急車のお世話になることにして、119番にかける。

ほどなく

ぴ~ぽぉ~~ ぴ~~ぽぉ~~ ぴ~ポッ!

あぁ、来たよ・・・ご近所さんが驚いて出て来られる。

そりゃぁ、そうでしょ・・・我が家に救急車なんて・・・ね~~( 一一)

テキパキと処置したあと、担架で救急車に乗せられて・・・「ご家族の方もどうぞ・・・」って。

あっ、そうなんだ・・

私は、夫の車で救急車を追いかけて行くものだと思っていた。

あぁ、乗るんだ・・・私も・・・

恐る恐るステップを踏んで・・・ベッドの横にある椅子に座る。

血圧を計りながら、色々と問いかけられて・・・それにしっかりと答える母。

へぇ~ 救急車の中ってこうなっているんだ・・・心電図のようなモニターもあって・・・

滅多にない機会なので、ついキョロキョロ(((‥ )( ‥)))

10分ほどの救急車でのドライブでした・・^^;


病院に着いてから、レントゲン検査で・・・

母は、思いもかけず骨折をしていた。

大腿骨頸部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)

年寄りに多い転倒による骨折・・まぎれもなくその一人になってしまった。

実は、こういう時って、ちょっとした予感みたいなものがあるものだ。

洗濯物を干したり取り込んだりする家事は、一応母の仕事としていた。

物干しが、二階のベランダとなっているので、階段から落ちては・・・と、少しは気にしてはいたのだが。


この日も、せめて取り入れは私がしようと、洗濯籠に取り込んで、母の部屋に持って行ったのだ。

その籠を畳の上に下ろす瞬間、ふっと・・・う~ん、きょうは私がたたもうかな・・・と、思ったのだ。

なんかこれが災いするような不安な気持ちがフッと湧いたのだ。

でも、まぁ、母の仕事だし・・・

そう思い返したのが間違いだった。

私達夫婦の洗濯物は、別の和室に片づけてくれ、

自分のは自分のタンスに入れ・・・

バスタオル2枚入れたかごを持って、自室から洗面所に洗濯かごを置きに出ようとした瞬間、

廊下と和室の境目に敷いていたマットにつまずき、勢いをつけて転んだのだ。

この部分の骨折は、畳の上でも、お布団の上でも起きるとか・・・

あぁ、もう少し配慮すべきだったな~~

日頃元気なのと、口達者なので、ついつい年齢を忘れてそんな所に気を配るのを忘れてしまっていた。

担当のお医者様が、

「まだ杖なしで歩いているんですか?・・・頭もしっかりしておいでだし・・・病気も降圧剤を飲むだけ・・・

すごいですね~~!!」って驚かれていた。

そうだったのか・・・これって普通だと思っていたけど、母の年齢を考えたら、特別な域に入るのか・・・


ドクターを待つ診察台に寝転がった母が、まじまじと私の顔を見て・・・

「あんた、綺麗じゃね~~・・・ その白いT-シャツ、よう似合ってるよ・・・」って・・・

もう、なんでこんな時に・・・

この言葉のせいかどうかはわからないけど・・・

病院から帰宅して、晩ご飯のあとの片づけをしていたら、フッと寂しさがこみあげてきた。

いつもいる人がいないのは、こうも堪(こた)えるものなのか。

病室で不自由な思いをしている母を思うと、

洗濯物・・・私がたためば良かったな~~・・・って、むしょうに懺悔の気持ちがおきる。

お母ちゃん・・・絶対に寝たきりにならないように頑張ろうね!!

絶対に寝たきりにはさせないからね!!

また元のように、スタスタと歩けるように・・・ちょっと厳しくするかも知れないけど、頑張ろうね。

災難って・・・本当にいきなりやってくるものだ。

大好きな季節だけど・・・

暑い・・・暑い・・・そして苦しくて苦い夏になりそうだ・・・


きょうの最高気温は、35.6度!!


[ 2012/08/01 ] つぶやき | TB(-) | CM(14)