at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 2013年04月11日

2013 031234567891011121314151617181920212223242526272829302013 05






Korean cooking  デビュ~♪

4月11日(木曜日)

仕事を辞めたからこそできる、いろんな教室通い。

その中のひとつに、韓国料理を選んでみた。

何故に韓国料理??・・・って、よく聞かれるけど、

特別な意味はない。

ただ・・・おいしいんじゃないん???かと???

昨日は、その第一回め。

おもてなし料理 キンパァ

よくドラマなどで見かける(いや、あまり韓国ドラマは見ないんだけど・・・)、キンパァという、韓国の巻き寿司。

申込者が17名だったかな?

そのうちのほとんどがすでに何回も通われている熟練者(?)

手慣れた雰囲気、場慣れした雰囲気に圧倒されながら、

エプロンと三角巾をつける。

この三角巾、鏡をみながらつけて・・・あ~ん、いやだぁ~~!!

顔がぜ~んぶむき出し~~!!!

似合わん・・・・ つけたくないっ   でも、やっぱりつけないとダメだよね~~

エイッ! もうどうにでもなれ~~

皺も弛み(たるみ)も、ぜ~~んぶ、しっかりと現れてしまった・・・( iдi ) ハウー


さすがに韓国料理を習いに来られる方は、・・・

そうだよね~~

韓流ドラマが大好き・・・韓国にもしょっちゅう行ってます!状態の方々・・・韓国料理にもお詳しいし、調味料も、どこそこで調達している・・・はたまたは、韓国に行ってどっさりと買い込んでくる・・と、言われるほどの韓国好きの方が多い。

ちょっと興味を持って来ただけの私は、なんだか申し訳ないような気持ちになってしまった。


さて、お初のキンパァです。

どんなお味でしょうかね♪


材料です

用意するもの・・・

4人分

ご飯    お茶碗4杯ぶん
ごま油   小さじ2杯
塩     少々


○ 牛肉肩ロース薄切り   100g
 (砂糖 大匙半分・ 醤油 大匙1杯・ 黒コショウ 少々
  ニンニクのみじん切り 小さじ 半分
  炒りゴマ 白 小さじ1杯・  ごま油 小さじ1杯)
  今回は、先生お手製の焼き肉のタレで味付けをなさいました。

○ 人参   1/2本
  塩    少々

○ きゅうり 1本
  塩    少々

○ ホウレンソウ  2株
  醤油・塩  少々
  ごま油   小さじ 1杯

○ 干しシイタケ  4枚
  ニンニクのみじん切り  小さじ 1/2杯
  砂糖      大匙1
  醤油      小さじ2

○ 卵焼き    1本
  

○ たくあん   1本
  

○ 青シソ     6枚


○ 蛸のチャンジャ  100g

炒り胡麻(白)    小さじ1
韓国産焼き海苔    4枚
ごま油        適量

こちらは、チャンジャ巻の材料



作り方

ご飯は、粗熱をとって、ごま油と塩を加えて混ぜる。
(先生は、ご飯に色がつくくらいごま油を入れられた・・・ギョッ!!(@_@;)となるほど・・・)
塩は、ご飯に味がつくくらい。
かなりたくさん入れても、冷めたらいい具合だった。

牛肉は、砂糖、生姜、醤油、コショウ、ニンニクで下味をつけて、ごま油とサラダ油で炒める。
冷めたら、小さく切る。

人参は、4センチ長さの千切りにして、ごま油小さじ1で炒めて塩を振る。

ホウレンソウはゆでて、海苔の長さに合わせて切っておく。
  (ホウレンソウの代わりに、今回は小松菜を使われた)
レシピには、このホウレンソウを、ゆでて水きりしたあと、
ごま油、醤油、塩であえる・・・って、書かれているけど、
今回は茹でただけだった。

椎茸は水でもどし、軸を落として千切りにする。
先ほど牛肉を炒めたときと同じ調味料で味付けて炒め煮にする。

今回は、牛肉も、この椎茸も、お手製の焼き肉のタレで味付けされた。

きゅうりは、板ずりして、太目の千切りにする。

以上の材料を、巻すに海苔を置き、ご飯を広げて材料を乗せて巻く。

チャンジャ巻は、

海苔の上にご飯、その上に青紫蘇を置き、蛸のチャンジャを置く。
さらに、先ほどと同じ材料・・きゅうり、にんじん、椎茸、たくあん、牛肉の炒め煮も加えて巻く。

チャンジャ巻

こんな感じ♪

私は、どうも巻き寿司が苦手で、うまく巻けたためしがない。

今回も、もう、へたくそぉ~~な出来上がりになってしまった。

画像を改めてみて・・・

ご飯をもっと手前まで、海苔がかくれるぐらい置くのと、横にもびっしりと敷いた方がうまくいくみたいだ。


出来ました!♪(^u^ 

出来上がり~~♪


これに、先生は、干しタラのスープを作ってくださいました。

この干しタラのスープは、毎日飲むと赤ちゃんのようなすべすべのお肌になるとか。

スープ系が好きな私としては、これはお代わりをしたいぐらいおいしゅうございました。

最初の画像のスープががそれです。

それと、炊飯器に残った米粒ももったいないからと、お米のとぎ汁を入れて再度沸騰させて作った、

蕎麦湯みたいな、スンニュン(米のスープ)、これもとってもおいしかった。

お米のとぎ汁は今まで使ったことがなく、全部捨てていたけど、

ひょっとしてこれをお味噌汁に入れたらどうなんだろ。

いろんなスープにも合うような気がする。

巻き寿司のお持ち帰りが、各1本ずつあり、

夫と母にもお味見を♪


夫・・・・「これ、うん、自分はおいしいと思う。 また作ってもいいよ♪」

母・・・ 「私は、やはり酢味の巻き寿司の方がいい。 あっさりとはしているけど、日本の巻き寿司が食べたい。」

でした。(*^_^*)

私の感想・・・ごま油の香りがちょっと強すぎたかな?
帰宅してまで、いつまでも手のひらにごま油の匂いがついていました。

チャンジャ巻は・・・チャンジャがおいしかったので、これはまた作ってみたい・・・と、思ってます♪





スポンサーサイト



[ 2013/04/11 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(8)