at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 2013年11月

2013 101234567891011121314151617181920212223242526272829302013 12






またひとつ、送る季節

飛行機雲

実家の上の空は、

ちょうど航路になっているようで、

15分おきぐらいに飛行機が通り過ぎる。


気持ちがいいね~♪

晩秋の、小春日和な一日。


縦横無尽に

白菜の取り入れの手を止めて、

飛行機が描いて行く白い線を追う。


巻積雲



これ、巻積雲っていう雲らしいね。

うろこ雲・・・

いつまでも眺めていたい、秋の空だ。



踊子草

抜いた草の掃き溜めに、

踊子草が群生していた。

野の花のない季節に、こんなかわいい色をみると、

頬が緩む。


つんつん椿♪


小鳥が運んできたのか、

これも、今までなかったところで生長していた。

まだ、1mぐらいの木なのに、たくさんの蕾をつけている。


冬になったらどうすんのかね?

この蕾・・・・


白菜の収穫も終え、

あれほど追いかけっこをしているように抜いていた草も、

やっと静かになってくれた。


今年の畑の仕事は、これで終わり。

来年の3月末ぐらいまで、実家通いもしばらくお休みかな?


大変だったけど、やはり心が落ち着く場所でもあったような・・・

自分が生まれ育った場所だものね。


また一つ、年を重ねるのか~~~

せめて・・・体と心だけは、年齢を重ねないようにしていこう。

まだ、大山歩きを楽しみたいもの♪

[ 2013/11/26 ] つぶやき | TB(-) | CM(4)

広島・宮島の弥山(みせん)へ

11月23日(土曜日)

宮島桟橋

本当は、本当は、大山に行きたかった。

でも、なんだか雪が降っている様子だし、道も凍っているかもしれない。

まだ冬タイヤに替えていない夫の車では、山陰には行けない・・と、

なると、昨年のこの頃にも行った、宮島の紅葉を楽しみがてら、弥山(みせん)にでも

登りましょうか・・・と、いうことに。


10分ほどの船旅 ^m^

10分ほどの船旅・・・

豪華クルージングの旅に行きたいな~~・・・と、

ふと思う。


穏やかな瀬戸の海

紅葉のベストシーズン、

人の多さに、この時期に宮島を選んだことを・・・今更ながら後悔してる・・・(~_~;)


弥山


弥山って、烏ガ山(からすがせん)と同じように、

烏が羽を広げているように見える山だったんだ・・・

昨年は気付かなかった。


フェリーから見る五重塔

仲いいね♪


らぶらぶ?


宮島の象徴


五重塔

まだシャッターの下りていないお店もある通り・・・・

やっと動き出したばかりの観光地を紅葉谷公園に向けて通り過ぎる。


見ごろ~~♪

紅葉谷公園は、もう、身動きが取れないほどの人・・・人・・・人・・・

さすがに、世界遺産に登録された観光地だ。

燃える・・・


燃える・・・


燃える・・・


錦絵


赤と緑と・・


燃え尽きて・・・


さあ、登りますよ!


去年は、登る時は尾根ルートを歩いたが、

今回は、安易な紅葉谷コースから登る。

それにしても、本当に人が多い。

このグループは、イタリアからのお客様みたいだった。


階段・・・階段・・・階段・・・

こんな道のあと、階段・・階段・・・階段・・・と続く。

ハイカーも切れ目なく続く。


階段から解放されると・・・


階段から解放されると、瀬戸の海が広がる。

穏やかだね~~


のたりのたり・・・


あと、もう少し!


ふぅ~~

1時間半・・・やっと着きました♪

頂上には、座るところもないほどの人・・・

やっと隙間を見つけて、岩の上に腰かけ、おにぎりを頬張る。


奥の院

真向こうの岩の上に、たくさんの人影・・・

あれは、どこになるのだろう・・と、思っていたら、

どうやら、奥の院っていう所らしい。

今度はあちらにも行ってみたいかな?


ロープウェイ乗降口


なんだか気持ち的にも疲れたし、

帰りは、ロープウェイを使って帰ろうかな・・・と、

ちらりと横着な気持ちがわく。

片道1000円・・・二人だと2000円。

歩いて下りても、30分強で下りれるのに、やはりもったいないよね。

運動不足解消で登って来ているのに・・・それじゃぁ、何のこっちゃになるよね。


と、いうことで、またテクテクテク・・・と、来た道をピストン。


紅葉谷に下りて・・・



胸に迫る輝き



なんか寂しく感じるのは・・・



寂しい・・・



人・・人・・人・・


もみじ谷の茶店は、もう、大混雑!!

繁盛してますね~~(*^^*)


紅葉狩りも堪能しました。


まずまず・・・の一日でした。


人、人、人のお土産屋さんを横目で見ながら、

乗客のなが~い行列のフェリー乗り場に急ぐ。

10分おきに出ているおかげで、どんだけ待つのか?・・・って、思っていたラインも、

あっという間に進み、乗ることが出来た。


お山のぼりとしては、とってもとっても不満の残るものだったけど、

見納めの紅葉を楽しみ・・・


あ、そうそう、たくさんの人出をかき分けて帰っていたら、

向こうから・・・

「komaさ~~ん♪」 と、いう、かわいい声が・・・

え??? こんな混雑する人の中で、私の名前を呼ぶかわいい声は???


飛びついてくる小さな女の子は、早朝受け取りをしていた保育園の子でした。

こんな所で、よく私を見つけてくれたね~~♪


だんだんと、冬が近づいてくる。

これからの私は、何に燃えればいいんだろうか・・・

それが見つからなくて、悶々の日々。

贅沢なこととわかってはいるけど、何か心にぽっかりと穴があいたような、

不安定な気持ちが続いています。



[ 2013/11/24 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(8)

奥津渓の紅葉

11月17日(日曜日)


奥津渓・・・岡山県・苫田郡鏡野町

の紅葉を見に行ってきた。

家を出るときには、ぼんやりだけど、晴れていたのに、

やはり、奥深い渓谷の天気は変わりやすい。

時雨になったり・・・やんだり・・・

そのあとは、本降りになってしまった。


名残りの紅葉


・・・



”和”



日本の原風景



なぜか美しいと思った・・・



水の勢いが心地いい・・



fallen leaves


ま・・・こんなものかな・・・・


大山は、もうすっかり冬模様のようす。

まだ冬タイヤに替えていない夫の車では、

今週末は・・・土曜日の天気は晴れなんだけど・・・

昨年のこの頃だっただろうか・・・大山からの帰り道、

アイスバーン状態の道で、

前をのろのろと走っていた軽四に追突しまった・・・こともあったし、

無理は出来ないな。

行ってみたいけど・・・登りたいけど・・・

あきらめよ・・・


本日、傷ついていた夫のリアバンパーが直ってきた。

土曜日、山陰は無理でも・・・名残りの紅葉狩りにでも行きますか。

[ 2013/11/21 ] 季節を追って | TB(-) | CM(6)

比婆山系池の段へ

11月16日(土曜日)


鬱々の胸を抱えたまま迎えた週末、

空は、週間予報を翻して、青空が広がっている。

こんな日に、なんで夫は仕事なのか・・・

山歩きも終盤にかかった貴重な土曜日、さらに、晴れる日が少なかった、

貴重な土曜日の晴れの空に、

なんで動けないこんな日に晴れるのか・・・と、恨めしくなる。


家にいたくないな~~・・・・


こんな時に、助けてくれるのが旧友。


ねぇ、明日の土曜日なんだけど、夫が仕事なの。

どこかにドライブ行かない?

県北なら、私でも運転できるから、付き合ってくれないかな~・・・

と、前日に誘ってみた。


「行きたい!! 私もどこかに出かけたい!! 山でも、海でも、観光地でも、

街ブラでも・・・どこでもいいから付き合うよ♪」と、

即答で応えてくれた。


色づく山と霧


途中、ぼんやりと白く霞んでいる風景に、

σ(^_^)の目は、白内障にでもかかった?・・・・って、

ドキドキ・・・

K-ちゃんに、・・・

ねぇ、私、目がどうかなったかも?・・・なんか全体が白っぽいんだけど、

白内障かな~~・・・・


「あ、違うよ。 さっきから私も言おう、言おうと思っていた。 霧がかかっているね~~」

って。

9時半を過ぎて、まだ霧がかかっていると思わなかったから、

本当に、どうしよ・・・なんて、ここんとこ次々とついていないことが続いているので、

本気で心配した。 (いや、白内障がどんな症状かは知らないが・・・ね!f(^^;) )


2時間ほどのドライブは、

滅茶苦茶楽しかった。

なんでも言いあえる、

一通り人生の辛酸を舐めてきた者同志、突っ込んだ女の秘密の話まで語り合えて、

あっという間に目的地に着いた。



池の段に到着♪


山歩きはしないK-chanなので、

目的地は、登山道をてくてくと長いこと歩く山は避けて、

立烏帽子駐車場から、ほんの10分ほどで360度開ける頂上に行ける、

池の段を選ぶ。

きょうは、小春日和。

急に襲ってきた寒気も緩み、

登山日和としては、年内最後になるかも知れない、絶好の秋日和だ。



池の段のトイレ前には、数日前に降った雪が残っていた。

ここも結構降ったんだね~~


冬枯れの林


と、なると、当然林は、冬枯れ・・・


今年も、まっかに彩られた立烏帽子は、見ることは出来ないか~~

今が、きっと見頃に違いない・・・と、期待して来たんだけどな~~


池の段頂上


立烏帽子の駐車場も、いつになくたくさんの車が止まっている。

ぐるりと縦走してくるハイカーの団体さんも多い。


狭い、頂上のランチスポットは、すぐに満杯になってしまった。


立烏帽子

山腹が、真っ赤に彩られた姿を、もうどれくらい見ていないか・・・

昨年も時季をはずし、今年もまた、時すでに遅し・・・

真っ赤に色づいた美しい風景を、K-chanに見せたかったな~~


尾根の道


池の段と立烏帽子

あぁ、気持ちがいい~~~\(^o^)/


やっぱり、お山はいいな~~~

ここ池の段は、大山に次ぐ、私の大好きな場所(^^♪


ブナ林


ふかふかの林道

お昼寝したいぐらいポカポカと気持ちのいい山頂をあとにして、

このまま帰るにしては早すぎるので、帰り道になる ”帝釈峡” の紅葉も楽しもう♪と、

移動する。


帝釈峡の遊歩道に入る

朝、182号線を上がっているときに、

さんわ182道の駅がごった返していたのは、

そっかぁ~~  ここ帝釈峡を訪れる人も行っていたのかも知れない。

観光客の多いこと!!


「わぁ、観光地だ~~! 観光地だ~~!!」と、はしゃぐ K-chan。

ちょっとした日帰りツアーの雰囲気を味わう。


まっか!


錦


黄金


緑もまだ・・


華やかな中での落ち着き


どんぐりもいっぱい

神龍湖の周りを、てくてくと散策して・・・


青空を透かせて


名残りの秋


遊歩道

私の記憶違いなのかな・・・

真っ赤に色づくもみじの木が、もっともっとたくさんあったような気がするんだけど・・・

ちょっとあっけない感じ・・・で、ぐるりと湖の周りを歩いて来ました。



湖面




柔らかい秋の陽の中で


いい気分転換になりました♪



きょうの散策、ブログに早く載せて! 見たい・・・と、K-ちゃん。


でも、今、”お休み”宣言しているし、言葉が出ないんよね~~


写真だけでも、ずらずらと載せたらいいじゃない・・・と、


彼女の言葉もまた、ブログ休止を外す、背中を押してくれた。


家族はもちろん何よりも大切だけど、友人の存在もまた、かけがえのない支えになっている。


[ 2013/11/19 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(8)

やはりブログに・・・



相変わらずもやもや感はあるものの、

だいぶん気持ちも安定してきた。

原因はいろいろあるけど、どれもたいしたことではないのに、

なんで、ここまで心にダメージを受けてしまうのだろう。

弱い自分を情けなく思う。


こういう時って、本当に思いがけないアクシデントも起きるものだ。

来宅していた、お嫁ちゃんとmimiを玄関から送って出ると、

ちょうど出勤から帰ってきた夫がガレージに車をバックで入れようとしていた。

そのスピードも気になってはいたが・・・

角度がまさにブロック塀に当たる位置なのだ。

まぁ、調整して入るだろうと・・・まさかあのまま向かって行くとは思わなかったのに、

思いっきりブロックに向かって・・・C=C=C=ぐぅしゃぁ~~!!


え??・・・・ は???  うっそぉ~~~\(゚o゚;)/

もう、なぁにやってんだいッ!!~~(>_<)



左後部のバンパーがみごとに・・・グシャッ!! パカッ!


こんなミスをする夫ではなかったのに、これも年齢(とし)か???


まさかと思っていたから、 「あたるぅ~~~!!!」

って、声を出さなかったけど、大きな声で言えば良かった・・・


はい・・・これで、また大きな出費ですわ・・・(:_;)

今年は、とことん・・・イタイ年です・・・ふぅ~~


置かれた場所



言葉が浮かばないから、更新は出来ないな~~って、思っていたけど、

たくさんの優しい言葉、そして、”休みます”・・・のお知らせをしているにも

かかわらず、訪問をして下さる皆様に励まされて、

もっと、もっと休憩をしようと思っていたけど、

やはり、ブログに自分の気持ちをぶつけることが、今の私には、

一番の元気になる薬なのかも知れない。


お休みします・・・から、まだ1週間ほどしか経っていないのに、

もう復活する・・・それじゃぁ、こんなお知らせなどする必要もなかったのですが、

いつもの私だと・・・笑って下さいませ~~~f(^^;)

またよろしくお付き合いをお願いいたします。

[ 2013/11/18 ] つぶやき | TB(-) | CM(-)

しばらく・・・

お知らせ・・・

しばらくネット活動をお休みします。

ちょっと精神的に色々とありまして、ネットに向かう気持ちになれません。

また、元気が戻りましたら・・・・と、思っています。

コメント、拍手ボタン、訪問してくださる方々に、とっても励まされていました。

本当に、本当にありがとうございました。m(_ _)m


ヤツデに・・・
[ 2013/11/11 ] 未分類 | TB(-) | CM(8)

大山ユートピアルートを歩く ②

↓の続きです♪

天狗に続く道

P1636から天狗が峰に続く道。

きょうは、若い登山者が多い。

皆、この上のルートが気になるようで、

ギリギリの所まで行って見ます・・・と、行かれた。

このままの道の状態だったら、

私も上まで上がってみたいんだけど・・・・

崩落が激しくて、滑落の危険が大!と、聞いている。


美保湾

孝霊山と、その向こうに弓ヶ浜


東壁

右側 北壁
左側 東壁


墓場尾根

砂滑りに続いているのかな?

墓場尾根

吸い込まれそう~~


避難小屋方面

三鈷峰にも行ったし、

大好きな場所の一つ、P1636までも来れたし・・・満足しました♪

さて、帰りますか。

いつもよりも、1時間遅い帰宅になりそう・・・C=C=C=急げ!

砂滑り分岐

砂滑りの状態が良ければ、迷うことなくここを下りるんだけど、

けが人が続出するような危険な状態だと聞く。

逆に、そうだと時間がかかるだろうし、

来た道を引き返す方法を選択。


下宝珠越え

ゴロゴロの岩道を下るよりも、

心地いい林の道を帰ろうかと・・・一瞬迷うものの、

宝珠山を登って、中ノ原スキー場に出る時間がどれくらいかかるかわからず、

帰宅時間が気になる今は、来た道を帰る方がやはり無難か・・・と・・・

やはり、登って来た道を下りる。

う~~ん・・・歩きにくいし、苦手な下りだし、

ふぅふぅ~言いながら下りる。


やっぱり陽射しはいいな~♪


尻餅つきそう~~ (☆-◎;)


紅葉を楽しみながら♪


美しい~~♪


お日様が有難い・・・


晩秋の風景


しゃ~る~い だんす♪

しゃ~るい ダンス♪ 

なんて、ダンスをしているように見えません? ^m^


南光河原の橋から

あらら、上は雨になったのかな?

雲が湧きあがる北壁を撮りたかったけど、

上にいる間は、全くそんな気配もなく、

いい天気は嬉しいけど、少し変化があるとより画像的に嬉しいんだけど・・・

って、勝手な思いだよね。f(^^;)

また、来年の初夏から夏を期待して・・・


きょうも目一杯楽しませてもらいました。


これで、この秋予定していたルートは、全部歩くことが出来た。

なくなった画像のデータも、これで新しく保存できる。

ふぅ~~~良かった。

・・・・あとは、うっすらと雪をかぶった時に歩けたらいいな!

週明けには、大山にも雪が降るかな?



[ 2013/11/10 ] 大山 | TB(-) | CM(6)

大山ユートピアルートを歩く

11月8日(土曜日)

今年の7月、機会を逃してしまったユートピアの花籠へ、

今度は、秋の紅葉を・・・の、つもりだったのに、

これもベストタイミングを逃す始末。

それでも、年に一度は足を運びたいルートでもある。

天気予報では、曇りのち晴れ・・・

なんとか雨は免れそうだ・・・と、

今朝も3時半起きで向かう。


明地峠で・・・

7時前の明地峠

霧の名所だけど、きょうは、右半分はなく、

大山が見える側は深い。


さぁ、歩きますか♪

豪円山(ごうえんざん)スキー場の所の

情報館前に車を止め、治山道路を歩く。

最近は、もっぱらユートピアルートを歩くときは、

治山道路から入って行く。


まだ青い葉っぱのナナカマドもある

今が見ごろ♪

光が欲しいな!

大神山神社裏の葉っぱは、まだ残っていて、

歩きながら・・・撮りながら・・・見とれながら・・・(=∩_∩=)

晴れてくれないかな~~・・・やっぱり光が欲しい。


ユートピア登山口

8時50分

久しぶりの登山道。

夏に来た時は、ここを半分くらい登った所で雷と雨で、

大急ぎで走って下り、治山道路をヤケクソで雨に濡れながら歩いたら、

夫と私の携帯電話が濡れて壊れ、夫のビデオカメラも壊れ、

そうそう、この時に濡れたのがきっと原因だったのだろう。

愛用のカメラのレンズにカビが生えたんだった。

この日から、我が家には、いろいろと災難が降りかかりだした。

モノが壊れる・・・・心も壊れる・・・

早く、今年が終わればいいのに・・・と、思うこの頃だ。


ゴロゴロの石の道を歩く

歩きにくい~~~_(++)/.....


尾根に出ました♪

下宝珠越え到着ぅ~~

あとからあとから、どんどん追い抜かれて、や~っと着いた。

やっぱり、私の足、相当のろい・・・``


もう、葉っぱは落ちてしまっている・・・

裸木の向こうに北壁


三鈷峰

三鈷峰が見えてきました。

きょうは、この頂上まで行きます。


せっかく上ったのに・・・

せっかく、えっちらおっちら・・・岩を登り、急登を頑張って来て、

ここにきて、また下へ、下へ・・・と、行く。

いっぺんに疲れがどぉ~~~


え??・・・・今、ゴロゴロゴロ~~って、言わなかった?

うん、雷だね・・・

って・・・おいおい、またかい!!

でも、ここで鳴っても、どこに向かえばいいの?

身を隠す所もない・・・引き返すにしては、もう無理!!


もう、ユートピアは、今年は、私を受け入れてくれないのか?

泣きそうな気持ちを抱えて、とにかく前に進むしかない。


雷、今ので終わってくれますように・・(-人-;) 


こんなとこが多い

こんなとこや・・・


よじ登る!

こ~~んなとこや・・・


ふぅ~~

ヨッコラショッ!!


意外と大丈夫

この大きな岩、今にも転がりそうだけど、

結構鎮座してます。


めずらしく私が先行


北壁が目の前に・・・


北壁が目の前にど~~ん!!


青空が欲しい・・・


はぁ~~着いた・・・

避難小屋と三鈷峰の分岐点。

あぁ、しんどかったな~~


三鈷峰

三鈷峰は、今回で二度目。

何年振りになるだろう。

一か所、すっごく危なく思った所があったけど、

今回歩いてみると、その場所は、足を置けるところが広くなって歩きやすくなっていた。



左側が切り落ちているけど・・大丈夫


三鈷峰頂上

三鈷峰頂上です♪  1516m


この眺めも撮りたかった


次々と・・・登山客

こんなとこを歩くのが、なんか面白いと思うようになったこの頃。

アブナイ オンナ (;^_^A アセアセ・・・


コオニユリの花後

コオニユリのランプ

ほ~っと、心に灯りがともる。


三鈷峰を降りて、

ユートピア避難小屋まで行くと、


「もう、ここでご飯にしよう・・・」と、夫。

いやいや、ここは嫌!!

象が鼻まで行って、そこで食べよ! ・・・と、私。


フリーズドライの甘酒


おいしいよ~~♪


きょうは、風が強い。

岩陰に隠れるようにして、お結びをほおばる。

やはり、きょうはかなりの疲労だったようで、1個がやっと。

そして、今回のフリーズドライフーズは、

甘酒~~♪(^^)v

おいしくて、疲れが取れました!


パタパタパタパタ・・・と、ヘリコプターの音。

見ると、夏山道6合目辺りをホバリングしている。


一度めは、風が強すぎて、停止できなかったようで、

離れて、再度トライ。

なんだろ・・・と、カメラのズームで見ると、

隊員の方が、下りて行かれている。

事故か体調を崩されたのかな?


担架のようなものも見える

こんな場面に遭遇すると、

登山を甘く見てはいけないな~~と、改めて自戒


振り子沢
振り子沢

救助の様子を終わるまで見ていたら、

ついつい、ここで長居をしてしまった。

ここで帰るのは、やはり心残りだよね。

せめて、もう少し上まで上がってみようか・・・と、

ザックを置いて、テクテクテク・・・

きょうは、熟年よりも、山ボーイ、山ガールの姿が多い。

それも、天狗が峰まで行って下りて来たっていう人が多い。

度胸がいいね~~


遠くに烏が山


遠くに烏が山・・

嬉しいことに、青空が出始めた♪


続く・・・・

[ 2013/11/10 ] 大山 | TB(-) | CM(-)

烏ガ山(からすがせん)へ

11月2日(土曜日)


昨年の秋に、初めて烏ガ山に登った時、

下る途中で見た、午後の陽に浮かぶ烏谷の紅葉が美しくて、

来年はぜひ新小屋コースから登って、この烏谷の紅葉を楽しもうと思っていた。

この三連休が、紅葉を楽しむには、ラストチャンス。・・なのに、

この三連休の天気は、この土曜日を除いたら、雨と曇りが続く。

行くんだったら、”きょう”しかない!!

予報だと、3時ぐらいまでは晴れと出ている。

前々から予定していたことをキャンセルして、

行くことにした。


鬼女台展望台から


烏ガ山に登るまえに、ちょっと寄り道♪

この時期の、ここ鬼女台(きめんだい)から眺める、烏ガ山と大山の姿も好きだ。

雲一つない晴天♪  来て良かったな~~(o(^ー^)o)

きょうは、あのマッターホルンみたいにとんがった、あのてっぺんまで登るんだ♪

こちらは反対側

蒜山方面は、雲海の下。

来る途中も、きょうは霧の中を走ることが多かったし、

明地峠にも、雲海が広がっていた。

気温は、7度と出ている。

少しずつ秋が去り、冬の近づきを感じる。


さぁ♪

奥大山休暇村で、サツマイモとナメコを買って・・・∥WC∥も借りてヽ(^^ゞ。。。。


落ち葉を楽しみながら・・

新小屋コース登山口の前のスペースがあいていたので、そこに車を止める。

入り口に、「熊注意!」の看板があったな~~

ここ、出るんだ・・・

熊鈴を持って来なかったことを悔やむ。

やはり、いつもザックに入れて置くべきだな。


晩秋の林

こちらから登るのは初めて・・・

あってるよね~~・・・と、確かめながら進む。

夫のGPSは、パソコンをエイトに変えて書き込んだので、

Vistaの時のデータが途中エラーを起こし、道が消えた・・・と、

おかしい?? おかしい???って言いながら、

GPSにばかり気を取られて、周りを見るゆとりがないようだ。

機器も、あると便利だけど、ちょっと不具合を起こすとストレスになるね。


15分ぐらい歩いただろうか・・

一人の方が追いつき、追い抜いて行かれた。

”登山口に止めておられた方ですか? 自分も、あそこに止めようと思っていましたけど、

先を越されました~~・・・”って・・

一台分しか置けないものね。

ちょっとの差でした・・・お先にぃ~~f(^^;)


烏谷の紅葉

ゆっくり、ゆっくり歩いて、1時間ほどで、烏谷の見える場所に到着~~♪

これ、これ、この景色が見たかったのよ。

イワカガミの葉っぱ

光と遊ぶ♪

30分ぐらいここでゆったりとカメラで遊び・・・


ここからがしんどいっす・・・


再び、頂上を目指して歩く。

ここからの道が急登で、途中何度も立ち止まって休憩する。

やはり3時半起きの体には、堪えるわ~~


大山東壁が現れた♪

お~~~!! 大山だ~~\(^o^)/

ん?? あの三角形の山は、三鈷峰かな?

”恋する大山”だもの。

姿を見ると俄然元気が出る♪ (*^。^*)


烏谷の向こうに大山

ナナカマドと烏ガ山

烏が羽を広げているように見えるから・・・烏ガ山って言うらしい。

(ナナカマドの実をついばむカラス・・・なんて・・f(^^;)デヘッ )


もう少し・・・

急登の岩を登り、あともう少しで合流地点


本峰の前の峰

どこに足を置けばええのん???

夫は、もうかなりはるか向こう~~~に・・・

いっつもそう!

私なんか、放っていても大丈夫って思っているのか、

どんなに危ないとこでも、足が上がらないような岩場でも、

一度として手を貸してくれたことはない。

だから、どこに足を置いて、どうやってよじ登るか、

いっつも、いっつも、自分自身で考えて登る。

まぁ、だからこそ、こんなにたくましくなれたんだよね。


それにしても・・・少しぐらいは気にせよ!!って、言いたいわ・・・ほんま・・


このあと、かわいい、かわいい野ねずみが現れる。

足元をチョロチョロっと走って、穴ぐらに入り、首だけ出してしばらくの間

('' ) キョロ ( '') キョロしていた。

あぁ、カメラ~~・・・って、思ったけど、

あまりにかわいいので、ず~っと穴にもぐるまで見ていた。

小さくて、ふわふわの薄グレーの毛をして、

コロンと丸くて・・・もう一度現れてくれないかな。

本日の一番嬉しい出会いだった。


ビュースポットから眺める本峰

10時57分、ビュースポットに到着。

あと少しだ♪

あのとんがっている峰が、烏の頭の部分で、烏ガ山の頂上にあたる。

その後ろには、大山のキリン峠、槍尾根が見える。


鍵かけ峠は賑わっているようだ

鍵掛峠は、満車のようだね。

道の脇に連なって駐車している。

この三連休、この土曜日を除いたら天気が悪いもの・・皆、考えることは同じだよね。


霞みすぎ・・・(~_~;)

きょうも、PM2.5がひどいとニュースで言っていた。

この霞みを見ていたら、悲しくなるよ。

澄み渡った青空、くっきりと見える風景は、もう望めないのか。


着いた~~\(^o^)/

着きました♪

11時10分。(画像を見たら、この時間でした)

どうやら、このあと、目の前をよぎった人が、Windyさんとhiroさんだったようです。

あっ!!と、思ったのですが、まさか・・・?で、すぐに景色に目が奪われ、

それと、あまりにも人が多くて、お昼ごはんを食べるのもどこにしようかと、

あいている場所を探す方に気が取られて・・・

ニアミスではなくて、しっかりと同じ時刻に頂上にいたんですね~~(^○^)


そして、この標識の下に、かわいいフレンチリボン発見♪

少し色あせていたので、数年前のものですね。

足跡残っていましたよ、フレンチリボンさん♪


もやってます・・・

かなりもやっています。

西の国から飛んでくる、この汚染物質を吸っているのかと思うと、

マスクをしたくなる。


蒜山方向かな?

蒜山方向かな?


矢筈??

振り子沢と、その向こうの山は、矢筈山かな?


うっとりする~~(^.^)


先月は、あの三角形の草つきの頂点からこちらを眺め、

いま、真反対の烏の頂点からキリン峠を見る。

今度は、茶色ではなく、緑色の時に来てみたい。


飛行機雲

うろこ雲と飛行機雲

さて、そろそろ下りなくては・・・

もう、2時間以上もここでまったりと過ごしてしまった。

名残り惜しくて f(^^;)

ここが結構きついとこ

きょうは、女性のグループも多かったな~~

山頂でおでんの匂いも漂ってきて、おでん談義をしながら食べられていた。

女性ならではのランチですね~~(^ー^)


来た道を帰ります。

登って来た道を帰ります。


烏谷

斜光に浮かぶシルエット

ここで、またまたしばらくまったり♪

やはり、午前の陽射しよりも、

ここは、午後からの方がいいみたい。

もうすっかり葉っぱが落ちて・・・そろそろ冬支度かな?


立ち枯れの木が多い

結構太い木なのに、ポキッ!と折れて枯れている木が多い。

台風で?・・・雷で?・・・それとも雪の重みかも知れないね。


これ、何だ?

熊笹の先っぽから、こんなものがぶら下がっているのを結構見かけた。

着生植物でもなさそうだけど・・・


きょうも楽しい登山でした♪((o(^ー^)o))


2時45分。下山。

きょうも、大満足!!!

楽しい一日でした。


帰ったら・・・晩御飯、何しよ・・・

たいぎ~な~~~・・・う~ん・・ゆうべのトンカツが残っているから、

それを利用して、カツカレーにしますか・・・



[ 2013/11/03 ] 大山 | TB(-) | CM(17)