at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 2014年02月

2014 01123456789101112131415161718192021222324252627282014 03






唐音水仙公園(益田市)へ

2月22日(土曜日)

遠かった~~~!!

とにかく、我が家から遠かった・・・


松江道を快適に♪


予報では、山陰は曇りと出ていた天気なのに、

なんと、こんなにすっきりと晴れた、きれいな空♪


大山に・・・の、気持ちもあったのだが、山歩きをするには、ちょっと気持ちが乗らず、

天気も曇りがちの予報だったということもあって、

今回は、ドライブを楽しむことにして、とりあえず山陰に向かった。


182号線から東城へ・・・そこから、中国道⇒松江道に入る。


雲南市に入ると・・


目的地には、ず~っと高速道路を利用する方が早く着くけど、

周りの景色を楽しむには、

松江道から9号線を走った方が・・・そう、判断して選んだルートだった。


雲南市に入ると、ガラリと風景が変わり、

雪を乗せた山並みの美しいこと♪


青空に映えて、気持ちが高ぶってくる。


雪の山並みが美しい♪



大万木トンネルを抜けると・・・


大万木(おおよろぎ)トンネルを抜けると、

ナビの画面に、

大万木山、毛無山が出てくる。


「あぁ、あの山は大万木だったんだ~~!」

と、トンネルに入る前に表示して欲しかった・・・


その山並みの下をくぐり抜けて・・・



海が見えて来た♪


9号線に出ると、

海が現れる。


そこから、延々と 益田市に向けて走る。


延々と・・・延々と・・・


途中、寄りたい所もあったけど・・


あぁ、鳴き砂の浜辺、琴浦海岸・・・ここも、下りて歩きたかったな~~・・・



時間が足りそうにないので、ひたすらあきらめて・・益田市に向かう。


せっかく早く目覚めたのに、もう少し早めに出ればよかったな・・・と、

夫と共に、ダラダラと時間を過ごしてしまった悔やみが・・・



実は、家を出る直前まで、行き先が決まらなかったのだ。

いっつも そう!!  

大山に登る時以外は、無計画に動いてしまう、二人なのだ。


まぁ、ドライブがメインだから、これはこれでいいでしょうか・・・ね!


着きました! ヽ(^○^)ノ


家を出たのが、確か8時半ぐらいだったかな。


で、ただいま、2時を少し過ぎた時刻。


何時間だ?・・・途中食事をしたり、道の駅で買い物をしたりして・・5時間強!!


お~~や~~ まぁ~~~

運転を嫌がらない、夫だから出来るんですよね~~



鎌手水仙公園


ここは、益田市唐音(からおと)水仙公園。


水仙は、益田市の市の花と言うことで、

ここ唐音海岸の山際に、約200万球植えられているということだ。


数年前に、ここの水仙と海の風景を、

ネットで見てから、ず~っと一度は訪れてみたいと思っていた。


昨年は、「遠いから嫌だ!」と、

夫に、即、却下され望みがかなえられなかったけど、

どういう気持ちの変化か、今回は、すんなりと乗ってくれて、

やっと来ることが出来た。


遊歩道


整備された遊歩道を、

海岸に向けて歩く。


眺望が素晴らしい♪


水仙の香りに包まれて、

なんと心地いいことか♪


唐音の蛇岩

流紋岩


唐音の蛇岩

流紋岩類で出来た、岩石海岸の岩石の中を、

幅70m以上も伸びていて、その青黒い層が、まるで

蛇がくねっているように見えるので、「蛇岩」と名付けられているとか・・・


その場所が、イマイチ、よくわからなかった。


パンフレットを最初にもらって、ガイドの人に、

しっかりと聞いてから下りれば良かった・・・と、

またしても、行き当たりばったりの悪い癖が・・・(-_-)



本日お披露目 (*^^*)


さて・・・本日 初お披露目です。


このdoll、実は、山友さんからプレゼントしていただきました。

私をイメージする子に出会えた・・・と。


なんと嬉しい言葉とdollのプレゼントでしょう!!


このお人形さんの洋服、実は、好んで来ていたデザインと色、

それにバッグも・・・全く同じと言っていいほどで、びっくりしました。


若い頃の私を思い出させてくれました。 (あ、顔は、

も~ちろん!! こんなに美しくないですよ!!!(*^。^*) )


これから、時々登場します。

よろしく・・・お願いします(^^♪


深い青に吸い込まれていきそう♪


波の音って、どうしてここまで癒してくれるんでしょう。

ず~っと佇んでいたくなる。


ど~ん!!  ど~~ん!!!

お腹に響いてくる音に、

体内が浄化されていく心地良さ。



浜辺に下りて・・・


浜辺に下りると、

石がころりん!とした丸みを帯びている。


これは、鳥取の鳴石の浜と同じだ・・・と、思っていると、


なんと、鳴石の浜と同じように、”ごろごろごろ~”と、石が転がる音がしている。


道理で・・・・


しばし、この浜辺で遊ぶ。


佇んで・・・一人旅・・・


海をみつめて・・想うのは・・・


心地いい・・・


遠いけど・・・来て良かった🎵

暖かい陽射しに、春を感じて、


コートも脱いで歩く。


水仙の香り



水仙の花は、残念ながら 盛りを過ぎてしまっていたけど、

それでも、山際のは今が盛り。


駐車場におられた案内をして下さる方に聞けば、

どうやら、1月の中旬から下旬にかけてが見ごろだったそうだ。


盛りの頃だったら・・・


白い絨毯の頃に来たかったな!



海に向かって、白い絨毯が敷き詰められているように見える頃に来たかったな。


たぶん・・・遠すぎて、もう来れないかも知れないけど・・・


出来たら、水仙の花盛りの頃に、もう一度来て・・・撮りたいと思った。


帰りの時間が遅くなるだろうな~~・・・と、

待っている母のことが気にかかり、

お嫁ちゃんに、母の晩ご飯をお願いして、洗濯物物も取り込んで欲しいと頼む。


同居はしていないけど、スープの冷めない距離に住んでいる息子夫婦。


こういう時に、本当に助かる。


行きは、中国道から松江道を走り、9号線へ・・・

帰りの道は、浜田道から中国道、そして182号線を帰る。




さて、ここんとこ、しっかりと歩いていない。

来週あたりは 山歩きをしないと、脚力も心肺機能も衰えてしまう。

大好きな山歩きが出来なくなるかも知れない。

どうか、来週末も、山歩きが出来るように、こんなきれいに晴れ渡って欲しいな。




[ 2014/02/23 ] お出かけ | TB(-) | CM(7)

クリームチーズ・・・作って見ました♪

2月20日(木曜日)

先日、友人と話していて、

簡単にクリームチーズが作れて、それが、結構おいしいよ!・・・と、

レシピを教えてくれた。



レシピを聞いただけで、おいしさが想像できて、

さっそく作ったのだが、

それが、おいしいだけでなく、おもしろくて

感動ものだった。



それ以来、今回で三度目。


しばらく、このクリームチーズ作りにハマりそうだ。



材料


牛乳      500cc
生クリーム   60cc
プレーンヨーグルト   大匙 1杯
レモン汁    40cc


材料は・・・


牛乳と生クリームを、35度~40度に温める。


温めた牛乳と生クリームに、ヨーグルトを加えて、混ぜる。


ぐるぐると ゆっくり 混ぜながら、静かにレモン汁を加える。

レモン汁を加えたら、とにかく、ゆ~っくり混ぜる。

この混ぜ方で失敗するので、とにかくレモン汁を加えたら、ゆっくりゆっくりと混ぜる。


ぶつぶつと塊が出来始めたら、かき混ぜるのを止めて・・・(3,4分ぐらいかな?)

そのまま30分置く。


30分経ったら・・・濾す。



30分経ったら、

器の上にザルを置き、・・・(私は、ザルにペーパーナプキン、その上にガーゼを置いて)・・・こして、

分離させる。


器の中に、ぽたぽたと分離した乳清が落ちる。


こんな状態になる。


このままの状態で、1時間ぐらい置いて、

乳清が抜けたら、


口を縛って・・・


口をしばって、さらに 室温で2,3時間置く。



出来たよ!!


出来上がり~~!!

冷蔵庫で一晩置くといい・・・と、レシピには書いてあるけど、

私は、このまますぐにサラダに使います。


トマトと合うよ(^^♪


このままでもおいしいけど、

塩を加えて混ぜると・・・より、おいしいように思う。

塩を加えて(量は、お好みで・・・)、トマトと一緒に・・・お昼に頂きました! 



今晩のおかず♪


晩御飯は、・・・

白身魚のムニエル
ピーマンと人参とこんにゃくのきんぴら
クリームチーズを使った、サラダ

ドレッシングは、オリーブオイル、クレージーソルト、酢、だし醤油、豆板醤で・・・


このクリームチーズを前回作った時に、

娘にお裾分けしたら、

プリンを作って持って来てくれました。

これがまた、おいしかったですね~~

今度は、チーズケーキでも焼いて見ましょうかね。


でも・・・このままで食べるのが、一番好きかな・・・私。

ワインにも合いそうですよ♪ (*^^*)



[ 2014/02/20 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(4)

成羽に再び♪

2月18日(火曜日)

空は暗く、今にも降りそうな天気なのに、

ぼ~~~・・・と、ストーブの前に座りながら、

どこかに出かけたい気持ちが抑えきれず、

友人にチャカチャカ メールをしてしまった。


幸い、まだ彼女もきょうの予定は入れておらず、

私の急な誘いにもかかわらず、、二つ返事で乗ってくれた。


さて・・・そうなると、どこに行こうか。


青空でないので、カメラは置いて行こうか・・・

と、なると、ショッピングとランチかな・・・

友人は、出かけられるなら、どこでもいい!!って。


ぐるぐると行き先の候補地が、私の頭の中に浮かぶ。



そういえば、彼女、まだセツブンソウの花を見たことがないって言ったよな~~


と、なると・・・ドライブも楽しめるし・・・


やはり、デパートやショッピングモールを歩くよりも、


春探しの野山歩きの方が、気持ちも満足できるかも知れない・・・


では、再び行きますか?・・・備中へ・・(*^^*)


「え??? いいの?・・遠いのに・・・嬉しいな!!」と、友人。


道々の車の中は、ず~~~っと、おしゃべりで、弾む♪ 弾む🎵

彼女とは、もう、どれくらいの付き合いになるだろうか。


30年以上?

お互いに時を重ねてきた、同志のようなもの。


人生って、いろいろと課題があるね・・・・と。


いいことも半分、しんどいことも半分・・・と、


お互いに頷き合う。


これからも、ず~~っと元気で、こうやってドライブを楽しみたいね。



おしゃべりに夢中になっていたら、

左に曲がって橋を渡らないといけないのに、通り過ぎてしまい、


成羽の街中に入ってしまっていた。


ま、・・これはこれで良かったかも。

おかげで、名物の ”備中神楽最中” を、おみやげとして買えたし、

ちょっとしたプチ旅行気分♪


そして、ランチのお奨めのお店を、

道の駅で訪ねると、



朝日堂


ここ、 日本料理 朝日堂 のランチがリーズナブルでおいしいですよ! と教えて下さった。


大満足♪

鴨鍋・お刺身・牡蠣フライ・干し大根の煮物・ミニうどん・豆腐ごはん・・・

豆腐ごはんは、ここの郷土料理のようで、

ご飯の上に、ポロポロと煮付けた豆腐、シイタケと干瓢の煮たのや錦糸卵が乗っている。

これが、またおいしかったですね~~(*^^*)


プリン♪

と、デザートに抹茶プリン(これも、滅茶苦茶おいしかった~!) が、ついて、


なんと~~    1、050円 !!!


信じられないようなお値段でした。

また来ようと思いましたよ!



さて、お腹もいっぱいになったし、

セツブンソウに会いに行きましょう!


ここ、朝日堂をあとにして、10分ほどの所にあります。


凛!として・・・


妖精♪


え~~~??  こんなに小さいのぉ~~~???


と、想像していた大きさとずいぶん違ったみたいで、

足元のセツブンソウを見ながら、

驚いている友人。


どうやら、画像から、アネモネぐらいの大きさを想像していたようだ。


いや、こんなに小さいから好きなんですよ・・・私(^^♪



この後、まだ帰るにしては時間が早いので、

吹屋ふるさと村に移動。


”広兼邸”に行ってみたいと言う彼女の言葉に、

そこをまず訪れてみることに・・・


ナビを設定して・・・さらに、観光案内所でもらった地図を頼りに走る。


結構、遠かったな~~~


広兼邸全景


広兼邸は・・・

大野呂の庄屋さんで、ベンガラの原料製造を営み、巨大な富を築いた富豪の家。

映画、「八つ墓村」 のロケが、昭和52年と、平成8年の二度にわたり行われた・・・らしい。


不寝番部屋


下男部屋・・だったかな?


土蔵と離れの間


渡り廊下


こういう雰囲気、好きなんですよね~~~


客間と店の間

”客間”と、その向こうは、”店の間”


雪の庭



格子戸のある部屋



お勝手口から


おくどさん・・・懐かしいね~~


居心地の良さを感じる。


きっと、記憶の底にある、何かを思い出させているのだろう。

年齢がわかるね~~(^^ゞ


囲炉裏


しゅんしゅんしゅん~~~と、

鉄瓶から湯気が出ていれば良かったな・・・


それにしても、昔の家って、相当寒かったでしょうね。



すすけた天井



すすけた天井に、暮らしのあとが見える。


ここで、どんな料理が作られていたんだろう。


お座敷


ここの奥様にはなれない・・・と、友。


ふふ🎵 私も、奥様にはなりたくないけど、子供にはなりたかったかな・・・

かくれんぼすると、隠れる所がいっぱいあって、楽しそうだものね!


ガラス戸の向こうの景色


こういう、曲りのある縁側が、大好き!


水琴窟

水琴窟に耳を当て・・・

なるほどね~~・・・なんとなく、お琴の音色にも聞こえる。


庭からの眺め


往時をしのんで・・・


下々の暮らしを見る。



吹き屋の街並み


広兼邸をあとにして、

吹き屋の街並みに移動する。


だ~れも歩いていない…シーズンオフ?・・・と、

思ったら、

街並みの中の道は、工事中で入れない状況。


ベンガラ色に塗られた壁


端っこの方を、少しだけ歩いて・・・


格子戸の門


格子戸の門って、雰囲気があるよね~~



郵便局


郵便局も、ベンガラ色♪


映画のセットのようにも感じる、保存地区。

暮らしやすいのだろうか・・・それとも、保存のためのご苦労もあるのかも知れない・・・ね。


訪れるものにとっては、癒しの場となるかも知れないけど。


プチ旅行気分を味わい、

お天気は良くはなかったけど、

気持ちは晴れ晴れと楽しい一日が過ごせた。



[ 2014/02/19 ] お出かけ | TB(-) | CM(10)

セツブンソウ・・・今年初の花撮り

2月16日(日曜日)


春を告げる花

2月になったら・・・

2月になったら・・・

と、待っていた花、セツブンソウに会いに行ってきた。



やっと目覚めて・・・


岡山県成羽町のセツブンソウが、

この辺りでは一番早く咲くと聞いて・・・


さすがに、たくさんのカメラマンがひざまずいてシャッターを切っている。

ここのは、もうそろそろ満開かな?



雪と一緒に撮れたらと思って来たけど、

やはり暖かいようで、雪の塊は日蔭にちょっとあるだけで、

花と一緒には撮れなかった。



”総領町のセツブンソウは、雪と一緒に撮れるよ!”と、

側でシャッターを押していた方が教えて下さり、

ちょっと遠いけど、そちらに回ってみることにして、移動する。




こちらは総領町の・・・


総領町のセツブンソウは、

山際に雪はあるものの、

リストア・ステーション道の駅から入って行く、

セツブンソウ・ロードにはまだ咲いていなくて、”立ち入り禁止”の立札が立ててあった。



神社の所のは、咲いていますよ・・・と、教わったものの、

ここのは、何故かあまり写欲がわかない。

し、残念ながら、雪のかけらも全くなくて、

この一枚だけを撮って・・・


寄り添って・・・


また、別の場所に移動する。



クシャクシャの顔(*^^*)


ピンクの花は、まだ咲いていないだろうと思っていたのに、

意外~~

結構開いていた。

例年よりも早いのかな?


岩陰で・・・

シロバナと比べて、小ぶりな花。


早春の便り


せっかく、セツブンソウめぐりをしたのに、

写真は、どれもこれも・・・ピントが甘く、がっかり・・・


また、出直そう・・・(~_~;)


雪の中で・・・


神社のとこで、

腰が90度くらい曲がっている ”おばあちゃま”を見かけた。

年齢は、どれくらいだろうか・・・母とそれほど変わらないような気がするが・・

手にはカメラを持っておられて、カシャッ! カシャッ! と撮られている。

お連れはなさそうだ。


ご近所の方だろうか・・・


「かわいいな~~・・・かわいいな~~」

「ほれほれ、顔が出てないよ・・・ほれ、出してあげよ・・・」

と、花と会話をしておられる。


その姿がなんともかわいくて・・・

私も、こんな ”おばあちゃま” になろうと思った。


[ 2014/02/16 ] 野山の花 | TB(-) | CM(10)

春の雪

2月14日(金曜日)

しんしんと・・・

予報通り、雪の朝になりました。




梅の枝にも・・・


手のひらに乗せれば、ほろりとすぐに溶けてしまう・・・春の雪。



畑の道も・・・





梅一輪・・・一輪ほどの・・・


咲いていたんですね~~


降っていた雪は、

お昼前には雨になり、この白いベールもすっかりと

はがされてしまいました。


梅の花が咲いていたんですね~~


2月・・・あれよあれよと・・・もう、中旬。


春よ、来い、来い! 早く、来い!・・・の気持ち、半分・・・

もう少し雪の景色を楽しみたい気持ち・・・も、また、半分。

[ 2014/02/14 ] 季節を追って | TB(-) | CM(-)

牛曳山、ちょっとだけスノーシューハイク

2月9日(日曜日)


どうする?・・・どこかに行く?

県北で遊ぶにしては、朝、のんびりと起きすぎた。

日曜日は、気持ち的にどうしてもネボスケになってしまう。


だんだんと晴れて来た空を見ると、

やはり、家でじっとしているのは勿体なく、

島めぐりでもする?・・・と、誘う。


「いや、どうせなら県北に行きたい・・」と、夫。


そうとなると、一刻も早く家を出たい。


急いでリュックの用意を、

チャチャチャと、おにぎりを作り、カップラーメンなどなどを詰め、

それ~~!!と、出発する。

え?・・ガソリンが少ない?・・もぉ~~~、週末にはすぐに出られるようにちゃんと

入れといてよね~~~


山の麓に暮らす




今回は、県民の森よりも、道後山に行ってみるか・・・と、夫。

私も、道後山もいいな~~と、思っていたので、

県民の森に向けていたハンドルを、急遽切り替えて、道後山を目指す。


が、なんと、月見が丘駐車場に続く道は、冬季は封鎖だったとは・・・

(冬に来たことがないので、封鎖されているのを知らなかった)

あぁ、いい加減遅く出て時間がないのに・・・・仕方ない、

当初予定していた県民の森に急ぐ。


除雪、有難うございます。


除雪車が道の雪をはねている。

こんな雪の多い地方ならではの作業も珍しく、

心がときめいたり・・・





県民の森の雪


県民の森公園センターに続く道は、

先週と比べて、これだけの雪!!

一気にかなり降ったようだ。


牛曳山登山口


牛曳山(うしびきやま)登山口。

きょうは、ここを少し上がった所にある、

白樺の林が見たくて来た。


先行者の足跡・・・ん?・・・スノーシューではないみたいだ。

ズボッ!ズボッ!!と、かなり深く踏み込まれている。

どこまで行かれたのかな?


木々にも雪


どさ~~~  どさ~~っ~~!!!

と、時折、木からの落雪。

あ~~!!  あ~~、待ってぇ~~・・・と、カメラを向けるも、

間に合わないよね~~

構えて待っておかないとね。


気持ちいい~~♪



スノーシューを履いても・・・


スノーシューを履いていても、

20cmは沈む。


パフンパフンの細かい綺麗な雪。

そう、スノーシューを履いたからには、

これぐらいの雪の中を歩きたいよね!

足を上げるのは大変だけど、結構おもしろい♪



青空が出た♪


駐車場からここまで来る間、

吹雪いていた天気は、青空が出始める!\(^o^)/


白樺の林


そう、きょうの目的地は、ここ白樺の林。


もっと、青空があったら良かったのに・・・

でも、先ほどまで吹雪いていたことを思うと、

これだけでも有難い。


猪の足跡?


上から、まっすぐのトレース

沢に向かって下りている


小さな足跡を見ると、猪かな?・・・それとも狸か?

駆け足で下りたんだね~~・・・猛スピードで走り下りた雰囲気がある。

沢の水でも飲みに行ったのか・・・



これは、何の実?


色のない世界で、

こんな赤い色を見ると、ホッとなごむ。


これは、何の植物だろう。


作って見ました~(*^^*)


サラサラのパウダースノー・・・

小さな雪だるまを置き土産に・・・


なんだろ・・・作ってみたものの、

このまま、こんな寂しい所に置いて帰るのが・・・後ろ髪をひかれる思い・・・



作らなきゃ良かった・・・と、ちょっと胸が痛む。

(我が子を置いてきぼりにするような感情?。。。みたいな・・・)



美しすぎるほどの・・・白い雪


降ったばかりの雪って、こんなにも美しかったんだね。



ブルーの雪


踏み込んだ足跡の底を見ると、

綺麗な澄んだ青!

あまりにも美しすぎて、座り込んでみる。

写真に、うまく撮れなくて残念・・・


満足~♪


スノーシューを履いていると、バックが出来ないんだね。

そんなことも知らず、うっかり後ずさりして、

すってんころりん~~~

深い雪の中に転んでしまった。

亀さんがひっくり返った状態になり、起きようと雪の中をもがいているのに、

手を差し出そうともしない・・・相方・・・


あのね~~・・・助けようとは思わんのん???


何しよるん!!・・・ほれっ!  ・・・  って、

優しい、温かい手じゃなく、ストックですかいっ!


なんとも”愛”のない。。。。。




もう、いいわ~~~


と、寝返りを打って四つん這いの体制になり、

雪の中を泳ぐようにして、なんとか起き上がる


いや~~~、転んだ、転んだ。


でも、こんなパフパフの柔らかい雪の上なら、これはこれで楽しいものだ。


短時間だったけど、満足の出来るスノーシューハイクだった。

スノーシュー、買って良かったかな♪




[ 2014/02/10 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(14)

雪の朝

2月8日(土曜日)

昨夕に降り始めた雪は、

今朝になっても止まず、当地としては、珍しい雪景色の朝になった。


我が家の屋根にも・・・

こんなに積もるのは、何十年ぶりのような・・・


車の上にも・・・

雪って、あまり降らない地にとっては、やはり((o(^ー^)o))ワクワクと気持ちが華やぐものだ。

大急ぎで朝食をとり、洗濯物を干して、

カメラを持ってめぐりを歩く。


ふかふか~~

15cmは積もっているだろうか。


坂道だから・・・


スリップするのか、立ち往生している車が・・・

ここは、手前に向かって、上りの坂道。

よく見ると・・・ん? 運転席にはどなたもいない・・・

どうしようもなくなって、乗り捨てて歩いて行かれたのかな?



まっしろ~~♪

まだ、しんしんと降っています。

水分をたっぷりと含んだ雪に、

持っている傘がずっしりと重くなる。


いつもの場所で・・・


いつものビューポイントで・・・


誰も歩いていない・・・


さすがに、車の往来が少ない。


ここは、駐車場だけど、きっと通勤する人はマイカーではなく、公共のバスででも来られるのだろう。

誰も歩いていなくて・・・私の足跡のみ・・・

子供みたいに、ポコポコとつけて歩いてみる・・・(*^^*)


お気に入りの道・・・も。

山陽高速道路も、福山西から山口方面に向けては止められているようだ。

それでも、何台かは走っているので・・・東に向けては規制されてないのかな?



真向こうの高台から・・・

ここは・・・我が家から真反対、芦田川の側の高台から見る、市の中心部


芦田川

芦田川河口


工場地帯も真っ白


雪が音も吸ってくれるのか、それとも、この風景がそう感じさせるのか・・・

ずいぶんと静かな、音のない世界にいるような錯覚が起きる。


どんだけ~ 降るのか・・と、思わせた雪も、

午後には止んで、3時ごろには陽射しが出た。


ムクロジの実?


我が家のサザンカ



豪雪地に住んでいる人たちにとっては、

羨ましいと思われるでしょうね。


本当に、自然災害のない、有難い地に住んでいます。






[ 2014/02/08 ] 季節を追って | TB(-) | CM(12)

立春!

2月4日(火曜日)

立春の空

意外と長く感じた1月も終わり、

きょうは、もう立春!

昨日までの春のような暖かさが一変して、

またまた、寒の戻りの立春の日だった。


夕方、ふっと窓越しに見た空の色が、あまりにも美しかったので、

台所に立ち、夕飯の準備を・・・と、手に持っていた包丁を、

カメラに持ち替えて、ぶらりとめぐりの散歩に出た。


陽が沈んで・・・

冷たく、寒いはずの空気が、

どういう訳か心地いい。


畑の梅の木には、白く色をつけた蕾が・・・

なんだ・・・春、やっぱり近づいて来ているじゃん。

どこかで、セツブンソウも咲き始めていると便りが届いた。


は~るよ、来い!!


待ち望んだ花の季節が、少しずつ近づいて来ている。


茜色に染まって・・・


先ほどまでいた太陽は、

あれよあれよと西の山の向こうに沈んで行った。


それでも・・・真冬のそれと違って、

少しずつ、明るさが伸びているのが、嬉しい。



[ 2014/02/04 ] 季節を追って | TB(-) | CM(8)

スノーハイクデビュー・出雲峠から烏帽子山へ

2月1日(土曜日)

何年越しになるだろう。

そもそも、スノーシューって何? スノーハイクって、どういうこと?・・・

って、この言葉さえも知らなかった4年ほど前、

お山友達さんから、「スノーシューで雪山を歩くのは、

楽しいよ~~♪」って、教えてもらって、

ず~~っと、気になっていた。


モンベルや、アシーズで、そのスノーシューって物を手に取り、

値段を見ては・・・

勿体ないよな~~・・・二人分買っていたら、6万円もするじゃん!

ウエアもいるだろうし・・冬用の靴もいるだろうし・・・

なんて、購入する金額を計算しては諦めていた。


でも・・・でも!!!

ず~っと気になるんだったら、もう、もう、 ”今 デショッ!!”


もう、今しかない!と、ついに~~ スノーシューたるものを購入した~~((o(^ー^)o))


大きな、かんじきのようなものをつけて、これで本当に歩けるのか?・・・

届いたパッケージをとき、足にはめてみる。


う~~ん・・・買ったものの・・・本当に雪山を歩くことが出来るんかい?・・・


週間予報をみると、この土曜日はいい天気だと出ている。

試しハイクに出かけますか。

本当は、大山周りを歩いて見たかったんだけど、いきなり遠出するよりも、

まずは、よくよく知っている県北の山、そこで慣らしハイクとしましょう。


雪が・・・ない・・・


東城過ぎても、道にも山々にも、雪は見られず、

小奴可(おぬか)まで行けばなんとか???って、期待していたにも

関わらず、先日の猫山に行った時と比べて、全くと言っていいほど

雪景色は姿を消していた。


県民の森公園センターに向かっていても・・・

道はもちろんのこと・・・山にも・・・

あぁ、青空に樹氷の風景を楽しみにやって来たのに・・・


まるで、4月初旬のような暖かさと残雪の風景。


スノーシューデビューをしようと思っていたのに、

普通の登山靴でも大丈夫じゃん・・・・がっくし・・・


スノーシュー、いらんじゃん・・・

出雲峠に向かって・・・

登山靴だけで十分歩ける・・・


せっかくだから・・・


でも、せっかく持って来たんだし・・・

一応履いて見ます???


樹氷、みたかったな~~

こういうの、腐った雪って言うらしいね。

新雪のように、綺麗でないから・・・ね。


何人かのハイカーが追い抜いて行かれる

何人かのハイカーさんも、

スノーシューをつけていたり、なかったり・・・


なんとなく・・・カシャッ!


頭に描いていた、青空に樹氷の木々を浮かべて・・・なんて、構図、

見事に期待を裏切られて、被写体探しの気持ちも、すっかりと失せてしまった。


足跡

どれくらい沈むんだろう・・・と、

出来るだけ深い所を選んで歩いてみる。


けど・・・踏み固められていて、スコスコと歩ける。


それなりには積もってはいるみたい・・・


きょうの気温はかなり高いようで、

夫は、暑い、暑い~と言って、ふぅふぅ言いながら歩いている。

「お前、よう、そんなに早く歩けるな~~・・」って・・・

そういえば、何故か、きょうは私の方が、ずいぶんと前を歩いている。

思ったよりか、難しくないのが有難い。


ヤドリギが落ちていた。


あちらこちらに、ヤドリギが落ちている。

喉が渇いたせいか、口に含んでみたくなって・・・


ん~~・・・この匂い、何かとそっくりだ・・・なんだろ・・・

あ・・熟した柿に似ている。

山葡萄のような食感と味・・・ふ~ん・・・おいしいじゃない♪


出雲峠避難小屋

50分ほどで、出雲峠に到着~~♪

夫は、ここから引き返す予定だったみたいだけど、

なんか、物足りない。


出雲峠


先行していた女性グループの方が、烏帽子山に向かって歩き出されたので、

私も行きたくなり・・・

「いや、行くよ!!」と、さっさと歩き始める。


ここから急登・・(´ヘ`;)ハァ


烏帽子山の頂上までは、今来たより道よりも、もっとかかるよ・・・しんどくなるんだから・・・


と、引き留めようとする夫。


うん、そうかも知れないけど、このまま引き返すのは、あまりにも物足りない。

いいから、行ける所までイコッ! と、強引な私。


烏帽子山頂上から
吾妻山かな?


だったが・・・ふぅ~~ やっぱりしんどかったな~~(;>_<;)

急登過ぎて、スノーシューが滑って、滑って・・・

楽しいを通り過ぎて、苦行だった。


あぁ、でも頑張って良かった。

なんとか頂上に到着ぅ~~\(^o^)/


べちゃべちゃの雪

歩いている時は、汗ばむほどだったが、

さすがに頂上の風は冷たい。


ランチタイム(^^♪


山並みにも雪はちらほら・・・

ひょとして、大山が見られるかな~~・・・と、

それを励みに登って来たのに、すっかりとモヤって・・・見えませぬ~~


ベンチもすっぽりと雪の中

溶けているようでも、まだまだ積もっているんだね。

ベンチもこの通り。


真っ青な青空だったらいいのに・・・


さて・・・下りますか・・・


スノーシューデビューとしては、いきなりハード過ぎたかも・・・

下りの道も、何度も何度も転んで・・・

起き上がれないまま・・・尻セードで、立ち木にぶつかりそうになりながら滑り降りる。

いや~~・・・怖かったけど、まぁ、おかげ様で楽ちんではありました。(^^ゞ


下りは、1時間で・・・


滑りそうになるのを止めようと、ついつい体中の筋肉を使うせいか、

出雲峠から県民の森公園センターに戻る道は、もう、もう、疲労困憊だった。

途中で、スノーシューを外し、それでも足の付け根とか、肩が痛くて・・・

大山を登るよりも、かなり疲れたんじゃないかな?


まぁ、いいトレーニングにはなったかも知れない。

[ 2014/02/02 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(10)