at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 2014年06月15日

2014 051234567891011121314151617181920212223242526272829302014 07






剣山(徳島県)へ

6月14日(土曜日)

この6月いっぱいで、高速道路休日割引が5割から3割になると知った時から、

それまでに、もう一度四国の高峰・剣山に行っておこうと思っていた。

初めて行ったのは、確か・・・2007年だったはず。

緑色のなだらかな次郎笈(じろうぎゅう)に続く稜線が美しく、

それを見たさに行ったのだが、その時は、まだ山歩きと言えば、

県北のなだらかな山しか、それも数回しか行ったことのない頃だった。

この稜線を歩くなんてことは、考えもしなかったのだ。

山を歩くのを楽しむようになってから、一度あの稜線を歩いて見たいと

心の中に温めていた。

瀬戸大橋を渡って


この橋を渡るのも、久しぶりだ。

全国どこを走っても1000円の頃が懐かしい。

半額から3割になったら、また遠のくのではないだろうか。


ヤマナラシの綿帽子

ふ~わん~ ふ~~んわり~

瀬戸大橋を渡り、坂出ジャンクションを降り、国道438号線を、

剣山の登山口でもあり、リフトの駅がある、見ノ越(標高1420m)まで走る。

3時間ほどで到着。

途中、ふんわふんわと、ヤマナラシの綿毛が幻想的に飛んで、

車を止めてしばし眺める。

なんとも童話的な風景に、年齢を忘れてはしゃいでしまう。


リフトで上がります🎵

リフトで、登山道中央付近の西島駅(標高1750m)までの全長830mを15分で、一気に上がります。

本当は、ゆっくりと植物を見ながら見ノ越から歩いて上がりたいけど、体力と時間を稼ぐ。


ズダヤクシュ


西島駅から頂上に向けて歩き始める。

昨日、家の巡りの草取りを3時間半もかけてした後遺症か、

登り始めると息切れがする。・・・ん~~・・・なんか嫌~な予感~~

大山の夏山道を上がったときとおんなじ感覚だ。

治まりますように!


・・・みぃ~つけた!!

お初の花だ~~🎵

小さすぎて、カメラにとらえるのは難しい。

座り込んで、何度かシャッターを切る。

ズダヤクシュという花らしい。

こんな小さな花があったのなら、このカメラではなく、花用にもう一つの方の

カメラにすれば良かった・・・


刀掛けの松


ちょっと休憩~


きょうも空気がもわ~っとしている。

すっきりとした青空を見ることは、もう望めないのだろうか。

ゆっくりゆっくりと上がって行く。


イシダテクサタチバナ


見たことのない花に、またまた遭遇♪

イシダテクサタチバナ・・・っていう花らしい。

この群生が花開いたら、見事だろうな。


ハルリンドウかな?


ハルリンドウかな?


クガイソウ・・・クガイソウ・・・クガイソウ・・・


これはクガイソウの群落。

これも花盛りになったら、圧巻の景色となるだろうな。


???


この花は何でしょうね???


トリミングで・・・


これも小さくて・・・

トリミングするとこんな感じ。


頂上まであともう少し♪


着いた~~\(^o^)/


三角点


ゆっくりと歩いて、50分ほどで頂上に着きました!


標高 1955m

西日本で二番目に高い剣山山頂

温度は、11度ぐらいと出ていたので、頂上は寒いかな?・・と、思っていたけど、

陽射しと、歩いたせいか汗ばむほどだった。・・・・って、リフトに乗る前に

私は、レインウエアを着ていたんだった~~(*^^*)


次郎笈に向けて


剣山を太郎笈と言うのに対して、

この向かいの山を次郎笈と言うらしいね。

この稜線を歩いて、向こうの頂上に行きます。

なだらかに見えて・・・これが意外とゴロゴロ石で歩きにくかった。

すぐに到達出来るように見えるけど・・・・1時間ほどかかるだろうか。


うっとりする美しさ


美しい・・・

何度も、何度も・・・


ミヤマクマザサに覆われて

少し歩いては、止まり・・・少し進んでは止まり・・・どんだけ同じような

カットでシャッターを押したやら・・・


ツマトリソウ


これも小さな花

笹の中で、ポツンポツンと白い花が咲いている。

これもお初の花だ。 ・・・ ツマトリソウ


青空が出て来た♪

あぁ、青空だ~~!!

もう夏の雰囲気の空だ。

このまま晴れて欲しいな。


あともう少し・・

次郎笈の頂上まで、もう少し♪


後ろを振り返って・・・

後ろを振り返って、剣山山頂



三嶺分岐

この分岐から、幾組かの登山者が三嶺を目指しておられるのだろうか、

歩いて行かれた。



あとちょっと♪



次郎笈頂上


50分ほどで来れた。

次郎笈頂上  標高 1929m


気持ちいいね~~~\(^o^)/


剣山山頂方面

歩いて来た道を見て・・・


三嶺方面


真ん中の先のとんがっているのが、三嶺(標高 1894m)

この三嶺・・・呼び方がいろいろとあるみたいだ。

地元の方は、みうね と呼ばれると、山頂にいる方に教えてもらった。

みうね・・・さんれい・・・・どちらも正しいのかな?


空気がひんやりとして気持ちいい。

ここで、お弁当タイム♪

オットと友人は、コンビニおにぎり。

私は、母のお昼ごはん用に炊いた豆ごはんのおにぎり。

おいしい~~(^O^)


もっとここでゆっくりとしたかったけど、

もあもあとあちらこちらから水蒸気のようなものが湧いてきたり、

黒い雲が流れてきたり・・・と、空が怪しくなってきたので、

急いで下りることにする。

こんな所で雷様に見つかったら、え~らいこっちゃ!!!!

雷雲の中にいたら、生きた心地がしないよ。 雷って、横に流れるんだよ・・・と、

山頂にいた方が話されていた。

まだ大丈夫だと思うけど、山の上にいたら油断はできないからね・・・・って。

そんな話を聞くと、もう、居てもたってもおれない。

黒い雲の流れを見つめながら、急ぎ足でおりる。

やはり梅雨は梅雨・・・・あの青空はどこに行ったのやら・・・(ノ_・。)


・・・・・続きは、明日♪



スポンサーサイト



[ 2014/06/15 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(12)