at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 2014年07月

2014 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312014 08






大山の花畑へ(ユートピア)

7月26日(土曜日)

7時半、升水から見上げる大山は、

すっぽりと雲に覆われていた。


天気予報は晴れだったが・・・・

ふと、昨年のゲリラ豪雨を思い出す。

治山道路からユートピア目指して登りだした時、

雷と共にバケツの水をひっくり返したように降りだした雨に、

雷怖さに走るようにして駐車地に引き返した。

あの時に濡れて壊れた機器は、カメラのレンズ(カビが生えた)、二人の携帯、夫のビデオカメラ・・・と、

痛い損害を被った。


そんなことを思い出しながら、豪円山駐車場に着く頃には、すっかり晴れて、

きょうは雨の心配はいらないようだ。


さて・・・

木立を通して降り注ぐ朝日に、

久々の大山歩きに、気持ちが高揚してくる。

ひんやりとした空気が、なんとも心地よい。



シロテンマ


根っこの部分はこんな感じ。


少し前を歩いていた夫が・・・

「オッ!!!」 と、言って足を止める。


あら、こんな所にシロテンマの花が・・・

大山で見るのは初めてだ。

思いがけない花との出会いは、嬉しい。


生命力を感じるね!

大きなブナの木

生命力を感じて神々しい。



クサアジサイが盛り

クサアジサイロードは、今が盛り。

ここのは、シロバナばかり?かな?


ヤマブキショウマ
ヤマブキショウマ


さぁ、ユートピアへ!!

きょうは、登山者が多いだろうな~~・・・と、思っていたけど、

団体さんやら、グループさんやら・・・次々と登って来られる。

「どうぞ~~🎵」・・・と、先に行ってもらうよう道をゆずる。


ヤマアジサイの谷

ヤマアジサイの谷

光を待って撮りたい・・・と、思ったけど、

先を急がないとね。


中宝珠越え

ここまでだけでも、いつもよりもずいぶんと時間がかかった。


テクテクテク♬


木漏れ日が心地いい


ブナの林


ここからが険しくなる

見かけほどではないけど、

険しくなる道の序盤


レンゲツツジ


レンゲツツジがまだ咲いている。

喘いでいる気持ちがホッと緩む。


う~~ん~・・・


初めてここを訪れる友人・・・苦手な岩道も頑張って

上がっている。

こんなに岩って多かったっけ?・・・と、この先を思い、

ちょっと不安も。



ナンゴククガイソウのシロバナ?

ヨッコラショッ!!!

と、頑張って登った岩道の先に、

白い花が飛び込んできた。


これ・・・・クガイソウのシロバナ?・・・・だよね?

いや~~・・もう少し周りを丁寧に見れば良かった。

もっとあったかも?

初めての出会い🎵


北壁


北壁が迫ってきた。

ここまで来ると、いつももうすぐ!・・・と、思ってしまうけど、

まだまだ先なのよね。


そろそろ疲れが・・・


きょうは、調子がいいと思って快適に歩いていたのに、

岩続きに、少々バテ気味。


オットも、何度も  ”無理かも・・・無理かも・・・” と、言いながら休憩していた。


無理はしたくないけど・・・・頑張って欲しいと心で呟く。


砂滑り分岐

砂滑り分岐地点

ここで、ちょっと長めの休憩をとる。

ここで下りようか・・・と、迷っている様子だ。

きっと暑さでの寝不足がたたっているんだろうな。


三鈷峰分岐


砂滑り分岐から、三鈷峰分岐まで、30分で到達。

来れた~~~!!

4時間もかかってしまった・・・


コオニユリ
咲いたばかりのコオニユリ


クサボタン

クサボタンは、まだ咲きはじめ



満開までもう少しかな?

花籠いっぱいの花には、少し早かったようだ。

来週末辺りだといいかもね。


それにしても、登山者の多いこと!

皆、思うことは同じだよね。


北壁をバックに


きょうは、稜線を歩く人も多いようだ。

列が見える。


ナンゴククガイソウ

ちょうど見頃のクガイソウ


わんさかわんさか・・・

三鈷峰もいっぱいの人だ。

避難小屋の周りは、座る場所もないほどの人だった。

順番を待つようにして、日蔭でお昼ごはんにする。

最近は、3時間以上歩くととんと食欲が落ちて食べられなくなる。

麺類なら・・・と、そうめんを湯がいて持って来た。

凍らしたペットボトルを一緒に入れていたので、

素麺もひんやりと冷えてよりおいしく感じる。

夏場は、これに限る! これからも夏場の山行きには、素麺を持って

行くようにしよう。


クガイソウ


シモツケソウは、まだまだこれから・・・


切り取り方がわからない


象が鼻手前で、ヨックモックさん、まびさんご夫妻、(お嬢)さん、mizuho!!さんと会う。

花籠の中で・・・


ここで、ちょっと第一番目のハプニング・・・

象が鼻の岩の上で、

カメラを構えていた夫が・・・・

「あ・・・眩暈がする・・・・」と、言って、 後ろに倒れこんだ。

スローモーションビデオを見ているような瞬間だった。

側にいた友人が、カメラをすぐに持ってくれて、

見知らぬ方がオットを後ろから支えて下さった。

何が起こったのかすぐにはわからなくて・・・・

でも、これは大変なことになったのでは???と、

慌てて側に駆け寄り手をさする。

暑いはずなのに、ひんやりと氷を触っているような夫の手だった。

もう、てっきり ”脳卒中”か、”脳梗塞”でも起こしたのかと、

正直、内心慌てていた。

ヘリコプターか???? 帰りはどうしよう・・・と、

頭の中でこれからどうしたらいいのか、ぐるんぐるんと回る。

でも、すぐに起き上がり、しっかりとしゃべりだしたので、取りあえずは

ホッ!!と、胸をなでおろす。


昨夜、ほとんど寝ていなかったようで、寝不足がたたったようだ。


このあとは、眩暈も起きず、カメラもしっかりと構えていたので、

単なる寝不足による貧血だったのかも知れない。


肝を冷やしたとともに、これからの課題となった。


まだ咲きはじめ


まだまだ咲きはじめのシモツケソウ。

この花が満開になったら、もっともっと華やかな花籠になるでしょうね。


弓ヶ浜方面


三鈷峰もひしめき合っている

三鈷峰の頂上

狭い頂上は、座るところもなさそう。


もう少し上がりたい所だけど・・・


P1636まで行くつもりだったけど、

色々と無理のようなので、今回はここで下山することにする。


アカモノの実

(お嬢)さんが、

アカモノの実をつまんで口にポイ!! 

甘くておいしいよ♬  の言葉に、私もポイ🎵

本当だ、ほんのりと甘い。  食べられるんだね~~


烏が山

とんがっている山は、烏が山


小滑りを下ります

2時・・・・

そろそろユートピアをお暇しましょうか。

小屋には帰らず、小滑りを下りる。


初めてユートピアを訪れた友人、いきなり小滑りが下りれるか心配だったけど、

「楽しい~~♬」 と、ヨックモックさんの指導に従って下りて来る姿に、

ホッとする。


砂滑り上部

苦手な岩も、なんとかクリアして登って来た友人に、

どこか安心してしまったのがいけなかったのか・・・

砂滑りに下りる、急な岩斜面のところで、

一回転の転倒をしてしまった。

目の前を転がる彼女の姿に、夢であって欲しいと、

止められないもどかしさに、体が硬直してしまった。

額を切り、目の周りに傷を負い、

右肩も服が破れるほどのひどい転倒だった。

ヨックモックさん、まびさんに、しっかりと傷の手当をしてもらい、

なんとか砂滑り上部まで下りる。

足を捻挫してなくて、歩けることが、不幸中の幸いだった。


これが、本日第二弾の大きなハプニング。

顔に傷を負った彼女の顔を見て、泣きそうになった。

やはり無理だったのだ・・・誘って悪かった・・・・

彼女のお母さんに、「危ない所には連れて行かないようにして下さいね。」と、

頼まれていたのに・・・・

後悔が渦巻いてくる。


久しぶりの砂滑り


砂滑りの状態はいいと聞いていたけど、

確かに快適に滑れる。



快適に滑れる



転倒したあとだけに、滑って下りれるかと心配したけど、

サポートしてもらって、なんとか下りて来る友人。

きっと気が張っているんだろうな・・・


元谷にやっと着いた


砂滑りは快適なのに、

そのあとの、岩ゴロゴロの道がなんとも大変。

かなり荒れていて、やはり慣れていない人だと危険かも知れない。


屏風岩・小屏風岩

大屏風岩と小屏風岩


最後の堰堤から

よく頑張ったね。

なんとか元谷まで帰りました。


夫の眩暈、友人の岩場の下り道での転倒・・・と、

今までにない残念な大山歩きとなった。


翌日病院で診察を受けた友人・・・・

利き腕の左の手首にヒビが入る骨折の怪我をしていた。

一か月ほど、不自由な生活を強いられる・・・・

申し訳なかったな~~・・・・と、

やはり、どこか山歩きを甘く見ていた自分を反省している。


サポートして下さった、ヨックモックさん、まびさん、本当に、本当に助かりました。

有難うございました。


[ 2014/07/28 ] 大山 | TB(-) | CM(14)

夏の花・いろいろ

7月20日(日曜日)

環水平アーク

土曜日、実家の畑のジャガイモの収穫をしたあと、

縁側に寝ころんで空を眺めていたら・・・


もくもくと広がっていく雲の端っこに


今年二度目の水平環アーク🎵


うっすらと虹色の雲が見え、

飛び起きた!

なんと、今年2度目の遭遇!

このあと、お天気は崩れ雷雨になってしまったけど、

なんとかジャガイモも収穫でき、 草抜きも少しは出来て、3連休初日の

予定はこなすことが出来た。


2日目は、ここんとこ毎年訪れている県北の山へ。


キノコのランプ

杉林には、もこもことキノコが・・・


きのうの畑仕事の疲れが残っているのか、

足が重い・・・(´ヘ`;)ハァ


モウセンゴケ


罠を仕掛けてますよ~~


今年も変わらず、密かに罠を仕掛けて待っていたモウセンゴケ。


花のタイミングがなかなか合わない。


なんだ~~!!! w(゚o゚)wワオ!!


樫の木だったかな?  

キラキラと、スワロフスキーのビーズをまとったように輝いていたキノコ。

とってもかたくて、ストックで叩いてもビクともしなかった。

なんていうキノコだろう?


ヤマアジサイ

ヤマアジサイが好きな友人が、

ひとつひとつの花を見て、解説してくれる。

ガクの真ん中に一筋の青い線・・・これって、何て言ったっけ???

教えてもらったのに、もう記憶の彼方・・・いや、

頭脳の引き出しの奥に入ってしまって出てこない・・(^^;)


白アジサイ

今が盛りのヤマアジサイ、

ピンクもあれば青いのもあり・・・で、シロバナもあったり・・・

よくよく見るとガクの種類も色々だ。

二重になったのもあれば、大文字の形もあり・・・先に切り込みもあったり・・・と。

アジサイを見て歩くだけでも、楽しい発見がある。


でも、先を急がないとC=C=C=

昨日のように、雷雨になったら、走る訳にも行かないし・・・・

ゆっくりと観察したいところだけど、先を急ぎましょう。


もあもあ~~ 下界は霞んでベールをかけたようだ。


すごい数のトンボ!!!

下界は、霞んでいてはっきりと見えない。

雷は大丈夫だろうか・・・・

山での雷様ほど怖いものはない!


夏空~~\(^o^)/


梅雨明けも間近だね!・・・

と、青空と雲を眺める。

帰宅して知ったのだが、この日、中四国地方は梅雨明けした模様。


どうりで、夏空だと思った。


イブキジャコウソウ


匂ってみたけど・・・


イブキジャコウソウ・・・

じゃ香って名前がついているから、匂うよ・・・って、聞いたことがあったので、

鼻を近づけたけど、よくわからなかった。


カキラン


カキラン

もっとたくさんの株があったと思っていたけど、

こんなものだったっけ?

ユウスゲ

ユウスゲ

この花、開いた所を見たことがない。


シュロソウ

シュロソウ

もう、この花の季節なんだね。


キバナカワラマツバ


キバナカワラマツバ


ヒメユリ


草原の中でひときわ輝く姫


ちょっとハイキーに🎵

ハイキーに

昨年は、もう少しはあったと思ったけど、

ほんと5輪ほど。

まだ、これから開くのかな?


月見が丘駐車場から・・・


久しぶりに登りに2時間半かかる山歩きに、

ここは、傾斜も結構きつく、

前日のジャガイモ堀りと草取りの疲れもあったのか、

足にも来て、疲れたな~~~


梅雨も明けて、本格的な山シーズン到来♪

しばらくは大山に通ってみたいな。


週末の天気が、どうか晴れでありますように!!

[ 2014/07/21 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(8)

ラッキョウ漬け

7月15日(火曜日)

変わり映えしない撮り方・・(-_-)


しばらく畑に行っていなかった。

・・・あんなに頑張って抜いたのに、

草、きっとまたはびこっているだろうな・・・と、思いつつも、

見たくなさに、ここ2週間ほど畑のことは考えないようにしていた。

きょうは、遊び相手の友人の都合も悪く、時間を持て余すのも勿体ないので、

意を決して畑に行くことにした。


あぁ、やっぱり・・・・もう、もう、ホント・・  

はいはい・・・また頑張って抜きますよ・・・

カボチャ~~\(^o^)/


初めてカボチャの苗を植えてみた。

で・・・び~~っくり~~\(゚o゚;)/

坊ちゃんカボチャだったっけ?・・(・_・?)

2週間前には、数個しか見えなかったカボチャの実が、

なんと!! なんと~~ぉ  20個もついていた。

まだまだ生る気配だし。

カボチャの苗を植えたのは、大正解だったね♬

で・・・このカボチャの収穫頃は、一体いつなんでしょう。

坊ちゃんカボチャだったような気がするんだけど・・・


草を抜きながら、ラッキョウも気になり、1本抜いてみた。

ラッキョウって、一年一年分裂(?)していくのよね。

一個から二個に・・そして、また分裂して・・・


一個の球根が、一年後には、2個から3個に分かれ・・・その分、実は小さくなり、

放っていたら、翌年また分裂して、更に実は小さくなる。

抜いて見ると、来年まで放っていると、かなり小さくなる気配に、

思い切って今年も植え替えすることにした。


抜いて・・耕して・・・肥料を撒いて・・・


全部抜いて、耕して土をおこし、肥料を撒いて棚を作り・・・

ハァ、ヨッコラショッイ!


草抜きの続きは、後日に回して、

とにかくラッキョウの下ごしらえを急がないと・・・


一個ずつ茎と根っこを切り落とし、ザザッッと洗って、大急ぎで帰る。

ラッキョウの茎を落としたら、時間との勝負と聞いた。


JAでラッキョウ酢を買って・・・

一つ一つ、丁寧に薄皮をはいで、

ざっと熱湯につけて乾かし、

後は、市販のラッキョウ酢に漬けるだけ。

今回は、 1.2kg の収穫。

まだ、昨年のも一昨年のも残っているけど・・・・・カリッとした食感があるうちに、

せっせと食べないとね。


あ、そうそう、・・・

先日買ったズッキーニ、 この食べ方をいろいろと検索しているうちに、

気に入ったレシピにヒットし、もっぱらこの料理法で頂いている。


ズッキーニのカツオ節マヨ和え


薄くスライスし、塩もみをする。

しんなりしたら、水で洗い流し、固く絞る。

マヨネーズにワサビを加え、鰹節も加えてあえる。

隠し味程度にだし醤油を加える。 (辛くならないように、ほんの少し)


食感といい、味といい・・・・すっかりはまってしまって、

毎日のように、この一品がテーブルに上がるようになった。

私好みの素材になりそうだ。・・・いや、なってしまったかな🎵 (*^^*)






[ 2014/07/16 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(6)

7月14日(月曜日)



大賀ハス

先週末、12日土曜日の大山のライブカメラを見たら、

青空が映っている。

やっぱりいい天気だったんだ・・・・と、

用事を止めてでも行けば良かったかな?

オットは、行きたそうにしていたんだから、

私の気持ち一つだったんだけど・・・

ここんとこ、どうも優柔不断で、きちんと物事を決められない。

あーーーーだったら・・・こーーーーーだったら・・・

そんなことばかり考えている。

前向きになれない私がいる。


頭を上げて・・・


そんな時は、ブログにさえ気持ちが行かない。

でも、拍手ボタンに下さったコメント、とっても嬉しかったです。

今度の週末は、ユートピアに行って見ようと、

元気が出ました♪


空を仰いで・・・

きっと花を眺めて・・・北壁を眺めて・・・稜線を見ていたら、

”やっぱり、大山っていいわ~~((o(^ー^)o)) ” って、

またせっせと大山通いをするでしょう。


ユートピア・・・・キリン峠・・・・青い空の下の夏道・・・

もくもくと立ち上る水蒸気・・・・あぁ、想像しただけで楽しくなる。

大山、本当にしばらく足が向いてなかったものね~~

こんどの土曜日か日曜日は、是非、是非・・・晴れて欲しいな。



・・・・なんと、

オットが、とうとう 一眼を持ちました!


EOS70D


この間から、カメラのサイトを見ているな~~・・・って、思っていたら、

ミラーレスカメラを買うつもりでいたらしい。

重い一眼は、山用にはならん!!と、言って、

オリンパスのミラーレスを買うつもりでいたみたいだ。

ビデオカメラも、GPS付きのカメラも、皆キャノンだったので、

ちょっとキャノン離れをして見るつもりでもあったらしい。

それが、店頭での説明を聞いたり、

手に取って見ているうちに、気持ちが変わって・・・・

結局、キャノン・・・で、重たい一眼レフを選んでしまった。

さて、今度の山行きが、一眼デビューになります。

どんな写真を撮るんでしょうね。

私としても、楽しみでもあります。

オットがね~~・・・・・”イチガン” を持つとは・・・・・・と、にんまりしながら、

ちょっと驚いてもいます。


仲良くお昼寝♪




[ 2014/07/14 ] つぶやき | TB(-) | CM(18)

つれづれと・・・

7月11日(金曜日)

double rainbow!!!


雨上がりの夕刻、

先ほどまで曇っていた空が、急に明るくなってきた。

こんな日は、きっと虹が出るだろうな・・・・と、思いながら空を見上げながら、

所用を終え帰宅した。


しばらくして、息子から、

「虹を撮るなら、今やで。 南東にダブルで出てる。」 と知らせが。


やっぱり出たか~~・・・・と、カメラを持って、

高台まで走る。


「お~~~!! こんなに大きく、はっきりとした虹を、身近に見るのは

初めてかも????」

消えないうちに、消えないうちに・・・・と、逸る心を抑えながらシャッターを押す。



あぁ、母を連れて来てあげればよかったな。

カメラに収めることしか考えなかった自分を叱る。

こんな虹、そうそう見ることは出来ないのに。

きっと感動したであろうに・・・・・・

後悔で胸が痛む。



サルトリイバラの葉っぱ


火曜日だったかな?・・・

友人と北部をドライブしていて、大きなサルトリイバラが山際で揺れているのに目が留まり、

あまりの大きさに、珍しさも手伝って採って帰った。

真ん中が通常の大きさ。


柏餅🎵


ほのかにサルトリイバラの葉っぱの香りを移した柏餅は、

私の好物でもある。




・・・・7月も10日を過ぎた。

大山のユートピアにも、ナンゴククガイソウが咲き始めている様子。

今年は、盛りの花籠の時に訪れたいと思っているが、

タイミングとお天気が合うかどうか。

久しぶりに砂滑りも下りてみたい。


予報だと、明日は1日中晴れのマーク。

土曜日でもあるし、普通なら飛んで行く所だけど、

残念ながら外せない用事があって、明日は出かけられない。

来週末までに、梅雨明け宣言出ないかな。

来週末こそ・・・久しぶりの大山を歩きたい。



[ 2014/07/11 ] 季節を追って | TB(-) | CM(-)

変わった野菜


コールラビ


これ、コールラビという野菜。

R314号線を走っているときに立ち寄った  道の駅 ”おろちの里” の野菜コーナーで見かけ、

試食したらおいしくて買って帰ったものだ。

初めて見る野菜で、もちろん料理も、食べたこともないものだ。

リンゴのような、ブロッコリーの茎のような・・・・サクサクとした食感がおいしくて、

作って見ようと、取りあえず2個だけ買って帰った。


綺麗な白色

切るとこんな感じ。


塩もみして・・・


塩もみして、ラッキョウ酢に漬けるだけの、簡単料理でおいしい。

サラダにしてもいいと聞いた。


そして・・・


ズッキーニ


こちらはズッキーニ。

これは、よく見かける野菜だけど、私はまだ使ったことがなかった。

イマイチ料理方法がわからないのと、それほどおいしく思っていなかったので、

買ってまで料理しようと思わなかったのだ。

これが、試食すると、意外や意外、美味しくて3本も買ってしまった。

オリーブオイルで炒めて・・・

オリーブオイルで炒めて、

しんなりしたら、ポン酢を加え、汁気がなくなるまで炒めて出来上がり。

今回は、ちりめんじゃこを加えてみた。


ズッキーニの食べ方、もう少しいろいろと探してみよう。


ここ、おろちの里は、思いがけない買い物心をくすぐるものがあった。

お味噌も買ったし、晩御飯用に、”笹寿司”も。

この笹寿司が、本当においしくて、また買いに行きたいぐらいだ。

その土地、その土地の道の駅は、私にとっては、魅力ある場所だ。

つい寄りたくなる。




[ 2014/07/08 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(8)

雨散歩 (県民の森)

7月5日(土曜日)

雨散歩

家を出るときは、薄日が射していたのに、

目的地に着く頃には、土砂降り・・・


ヒヨドリバナ


レインウエアは持っては来ているけど・・・

これでは、カメラが濡れてしまうな~~

歩くだけにするか?・・・・

と、思いつつも、やはりカメラは手放せない。

濡れないように、しっかりとレインウエアの胸の中に抱え、

とりあえず歩いてみた。


ショウキラン


カメラが濡れるのを気にしながらシャッターを押す。

やはりどう撮っても、ぶれてしまう。

もう、限界・・・・・また機会があったら出直そう。

咲いているのを見ることは出来た。


降り続ける雨・・・


誰もいない峠


土砂降りにも関わらず、それでもハイカーはちらほら。

やはり、ほとんどの方が、ここ出雲峠で引き返されている。

私達も、今回はここで・・・・踵を返す。


これは何の花後?


止むかと思ったのに・・・・降り続ける雨・・・


ウメガサソウ


これもピントが合わない・・・


小さな花・・・・ウメガサソウ

う~~ん・・・・これもピント合わせが難しい。


本当は、きょうは、どうしても見たい花があったのだ。

昨年の秋に実を見つけていて、絶対に花が見られると確信して歩いてきたのに、

同じところには咲かないのか?・・・・・周りを探して見ても姿を見ることは出来なかった。

まだその機会は来ていないということか。


幻想的というよりも・・・寂しい風景


結局、雨は、ず~~っと、降っていた。

このあと、道の駅巡りで、R314を走る。


ずるずると走っていたら、とうとう出雲大社を通り過ぎ、

いつもお魚を買う海岸線まで来ていた。


雨の森を歩き、観光気分もちょっと味わって・・・・・盛沢山な一日だったけど、

それでも、どこか不完全燃焼気味。



ま、こんな日もあるさ~~~ね。



[ 2014/07/06 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(4)

ドクダミで・・・


厄介なドクダミの花だと思っていたけど・・・


ドクダミの花


実家の草抜きの面倒の一つに、

このドクダミの花がある。

抜いても、抜いても・・・ぐんぐんと根を伸ばして地面を占領しようとする。

閉口していることを書いたら、

これで、ドクダミ茶とかお化粧水を作る手もある・・・と、教えて頂いた。


そういう事が出来るのか~~!!と、

さっそくネット検索。

なんと、なんと、この花と葉っぱを焼酎につけるだけで、

シミ取りにも、色白にも、皺までも薄くなると、

ドクダミ化粧水の効能が書かれている。

そうとわかると早速!! だよね。

ちょうど花の時期、この機を逃すわけにはいかない。

く・・く・・臭い・・・けど・・・

この匂いは、頂けないけど、

お肌が美しくなるのなら・・・皺やたるみがなくなるのなら・・・

いや、なくなる訳はないだろうけど、少しぐらいは見栄えは良くなるかも???

と、期待を込めて・・・


さて・・・うまく出来るかどうか~(*^^*)


保存瓶がいっぱいになるくらいのドクダミの花を入れ、

そこに、焼酎をドバドバ~っと入れるだけ!

こんな簡単に出来て、お肌にいいとなると、

今まで邪魔扱いしていたドクダミが ”サマサマ~♬”になるよね~~(*^^*)

3か月ぐらいしたら使えるとか・・・

あの匂いがどう変化するか気になるところだけど、

1週間経過した時点では、少しは薄くなっているような。

先週の土曜日に、残りは全部刈って、

捨ててしまったけど、やはり、もう少し作れば良かったかな?


いったん出来てしまったシミやら皺・・・・には、どれほどの効果があるか

わからないけど、これ以上増えるのは防げるかも・・・???



ビーズのハンモック~♬




雫


[ 2014/07/03 ] 台所仕事 | TB(-) | CM(8)

瓶が森(愛媛県)へ

6月29日(日曜日)

土曜日の天気がパッとしないので、

予定していた遠出はやめて、実家の草刈りを夫にお願いし、

私は、何か月も掃除をしていない実家の家の大掃除を手掛ける。

誰も住んでいない家なのに、かなりの埃・・・・

掃除機をかけて、畳まで雑巾がけをしたら2時間を要した。


掃除が終わるころには、草刈りも終わるだろうと思っていたのに、

こちらも予定外に時間がかかり、結局二人で草抜きも兼ねて

5時までかかってしまった。

予定していた四国行きは・・・・・どうしよう。

オット次第なんだけど・・・


瓶が森林道



山陰や四国の山は、次の日の仕事に差し支えるので行かない・・・と、言う夫に、

近場の山を提案するが、・・・・

山に登らなくて、ドライブだけなら四国でもいいよ!と、言ってくれたので、

私の頭の中にインプットされている、瓶が森(かめがもり)に向かう。


晴れの予報だったのに、さすが高い山だけに、霧がうごめいている。


瓶が森に登る?


山には登らないと言っていた夫だったけど、

軽く歩く程度ならいい・・・って🎵


キバナウツギ?


これは何じゃ?

男山に向かって歩く


瓶が森林道の途中に、駐車場があって、少し歩くだけで瓶が森の頂上に行ける・・・らしい。


リュックも持たず、登山靴も履かず・・・まるで公園内を歩くみたいに

気軽に、身軽に・・・・歩き始める。


うお~~!! な風景🎵


まず、登るのは、男山(おやま)


なんとも・・・息をのむ美しさ


大山よりも高い


氷見二千石原

ひんやりとした空気が心地よい


登山しているようには思えないほどなだらかで、雄大な景色に圧倒されながら歩く。

ゆっくりと、ゆっくりと・・・・それにしても、なんと素晴らしい景色か。


これは? 何かな?


どう撮ればいいのか・・・



霧が動く


男山って書いておやまって読むらしい

駐車地から580m、50分ほどで、男山山頂に到着。

さて・・・ここから、どうします?


女山(めやま)まで行きたい

向こうのお山、女山(めやま)まで行きたいな~~

行こうよ!!と、夫に言うも、

かなりあるよ・・・・帰りが遅くなるから行かない。

え~~???? きっとそんなにかからないよ・・・行こうよ・・・

の押し問答数回。


ドウダンツツジ?

だよね?


言い出したら聞かない私ゆえ、・・・ え~~い! 行っちゃえ!!


と、稜線に足を踏み出す。




瓶が森林道


走って来た、瓶が森林道


男山を振り返って・・・


途中であった人に、女山まであとどれくらいですか?・・・と、尋ねると、

あ、すぐですよ! 15分ぐらいです。


って。

な~~んだ、ほらぁ、すぐじゃったじゃん♬


瓶が森山頂


男山山頂から20分ほどで、瓶が森山頂、女山に到着。

剣山から次郎岌に行くみたいな・・・・まるでミニ版だね🎵・・と、友人。


雄大な景色に、しばらく歓声をあげる。

来て良かった~~\(^o^)/


1896.2m・・・・・いとも簡単に、こんなに標高の高い山に登った・・・

いいんでしょうかね~~(^^ゞ



下りの道で・・・


下りの道は、来た道を引き返さず、

四角に周回する。


なかなか霧が晴れない




緩やかに下る


笹原の中を進む



モミの木に似ている?


三本、三本で広がる


やっぱりモミの木だよね。

葉先が、三本、三本で伸びて広がっている。

かわいい🎵



ササの花


今年は、よくササの花を見るな~~

これ、60年に一度咲いて、そのあとは枯れると聞くけど・・・・


やっと晴れてくるかな?


やっと霧が晴れだした。


せめて登山靴だけでも履けば良かったかも?


きょうは、山には登らない・・・って、言っていたから、

リュックも持たず・・・お弁当も持たず・・・

でも、せめて登山靴だけでも履いて、おにぎりぐらい持って来れば良かった・・・・


山頂で、ゆっくりとおにぎりを頬張りたかったね。


ざっと2kmの周回コース



ざっと2kmの周回コースを、ほぼ2時間の散策を楽しむ。

いや~~・・・見ごたえのある景色だったね~~


あとで気付いたっていうか、思い出して、地団太踏んで悔しかったのが、

名前の由来である、自然に出来た ”瓶” を見るのを忘れたこと!!!

あぁ、本当に悔しい。

あの瓶を見たいと思っていたのに・・・・・最近、どうも忘れることが多すぎ!!!

困ったものだ。


子持ち権現


この ”子持ち権現” も、初めて見たときのインパクトが大きくて、

頭にしっかりと残っていた風景だ。

簡単に登れそうだけど、なかなか・・・な山で、

ロッククライミングの山だとか・・・・


昼食は・・・


うどんすき定食


お腹がすいたね~~

ここは、以前この道を走った時に、

オットがお茶でもして行くか?・・・って、言ったカフェ。

私は忘れていたけど、夫が覚えていて、ここでランチすることに・・・


きょうのランチ・うどんすき   1500円

ちょっと関東風の味で・・・・醤油辛かった。


何の花かな?


瓶が森 (男山と女山)


奥の山が 瓶が森  の、男山と女山


石鎚山


石鎚スカイラインを走って、

車の窓から、石鎚山を追いかける。


この角度で見たのは、初めてだ。


こんなにとんがっていたんだね~~

登ってみたい気持ちもするが・・・



しまなみ海道を帰る



今度四国に渡るのは、いつになるだろう。

高速道路の休日半額がなくなるのは、やはり寂しいな。

3割と5割では、・・・・・まぁ、全く割引がなくなるわけではないんだけど・・・








[ 2014/07/01 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(8)