at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 2016年03月

2016 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 04






ケリ

ケリ
ケリとツグミ

夫が友人と出かけた先で、

この鳥・ケリを撮っていた。

その画像が、とってもユニークでかわいくて・・・あ、

いや、可愛いって言うよりも楽しい表情に、私も

見に&撮りに行きたくなった。


場所は、備中。


ケリ


いました♪ いました♪

ケリ様ご夫妻。


何か?


なにか????


えっとぉ~~

う~ん~

でわ・・


でわ・・・


どぉお?


どぅお?

なかなかオシャレなウイングでしょう!


身支度


身支度を整えて・・・


さて・・・と


さてと・・・早く孵ってくれないかしら・・・・・

なぁんて言っているような表情に見えたりして。





楽しいバードウォッチングでした♪


あぁ、今度は、鳥も撮れる望遠レンズが欲しくなったな~~

レンズ病・・・・重症・・・・


[ 2016/03/29 ] | TB(-) | CM(8)

杏の咲く丘

   


杏の郷


杏の花が、

今、満開ですよ!・・・と、情報を貰って、

久しぶりに、田尻の杏の丘を歩いた。


杏の丘


キラキラと光る風は、

すっかりと春なのに、寒の戻りとかでコートなしでは、

少しひんやりとする。


ここに来るのは、久しぶりだ。

しばらく訪れていなかったら、この丘の入り口をすっかり

忘れてしまっていた。

行ったり来たりを繰り返した後、

車を止めて、散歩をされている地元の方に尋ねた。

”杏祭りはこの間終わったけど、

花は、今がちょうどの見頃よ。 上がって見て!”

と、丁寧に教えて下さる。

出先で出会う優しい笑顔に。

緊張がほぐれ、和んでくる。

対向車に出会ったら交わせないような細い坂道を、

恐る恐る、ゆっくりとアクセルを踏む。



ゆたゆたと瀬戸の海


杏の花びらの色に染まったように見える海・・・

あぁ、なんて心地いい開放感!

”風の囁き”・・・って、言葉があるけど、

まさにこういうことなんだ!・・・・と、実感。



杏の花

少し、露地を歩かせて貰いましょう。


静かな・・・非日常的な時間


静かな時間の流れ・・・


マクロレンズで





[ 2016/03/27 ] 季節を追って | TB(-) | CM(-)

セリバオウレン・・・びっくりな出会い!



狭い山道を抜けて出ると、

びっくりな出会いがあった。

町道ののり面一面に咲く小さな花、

セリバオウレンの群生だ。

マクロレンズを新しく購入してから、

このセリバオウレンを撮ってみたいと思いながら、

今年は、もう機を逃したかな?・・・と、あきらめていただけに、

突然現れたこの群生に、舞い上がった。

カメラバッグからカメラを取り出すのももどかしく、

車から走り下りる。


セリバオウレン

あぁ、すごい~~

こんな群生、見たことがない!


大歓迎

大歓迎してくれるみたいに、

皆、パチパチと花火を上げている。


セリバオウレン


セリバオウレン

よ~く見ると・・・・


ピンクのセリバオウレン

すごい~~!!

お初だ~~


美しい~

これも上のとは違うね。

上のが雄花?・・・・・で、下が雌花?・・・・なのかな?


ピンクのセリバオウレン


ピンクのセリバオウレン


ピンクのセリバオウレン


ピンク


ピンクのセリバオウレン


ピンクのセリバオウレン


もう、どうしましょう!!

どの花を見ても、皆撮りたくなる。

こんな幸運を独り占めしてもいいのだろうか。


セリバオウレンに、こんな華やかな花もあったなんて、

びっくりぽん!


セリバオウレン


道の端には、

まだ雪の塊が残っている。

カメラを持つ手が凍りそうなほど冷たい。

ここは、まだ冬が終わったばかりのようだ。


実家のお墓参りを済ませたあと、

ちょっと遠出のドライブだったけど、

こんな出会いが待っていたなんて。

嬉しい出会いに感謝♪


そして・・・・そして・・・


黄色のセリバオウレン


ん?・・・・枯れかけているのかな?・・・と、

顔を近づけてみると、

なんと・・・・黄色のセリバオウレンではないですか!!

セリバオウレンって、黄色の花もあったんだ~~!!

びっくりが何重にもやってくる。


黄色のセリバオウレン



黄色のセリバオウレン


こんなとこに導かれるなんて、

もう、どんな高価なプレゼントをもらったよりも、

豊かな気持ちになる。


セリバオウレン


来年も、またここで会いたい。

どうか消えないで欲しい・・・・と願いつつ、

ふつふつと湧きあがる満ち足りた気持ちに浸りながら、

車に乗り込んだ。




[ 2016/03/22 ] 野山の花 | TB(-) | CM(6)

小さな春の花

3月も中旬を迎えると、

早春の花を追いかけたくて、気持ちが逸る。

もう咲いているかな?・・・いや、きっと咲いている・・・と、

毎年訪れている、お気に入りの場所に足を運ぶ。

少し早かったり、少しだけでも咲いていて和んだり・・・

そんな小さな花の追っかけを、ここ2週間ほど楽しんでいる。


サンインシロカネソウ

まだ道の端っこには、

雪の塊が転がっている。

ここは、冬が終わったばかり。


サンインシロカネソウ

小さな、黄色の花は、

数輪開きかけていただけだった。


サンインシロカネソウ

水が流れ落ちる、冷たい岩場に咲く


サンインシロカネソウ

撮れたのは、

やっとこれだけ。

もう少し暖かくなってから、

また訪れて見よう。



ケスハマソウ

違う谷には、


ケスハマソウ

春の陽ざしをいっぱい浴びて


ケスハマソウ


やっとの雪解けを喜んでいる


ケスハマソウ

ケスハマソウ


ピンクの花


ピンク花


ピンクの花



美しい・・・


華やかに


良かった! (^。^;)ホッ!

今年も、ちゃんとここにいてくれた。

自然界にソッと・・・・こんなにも美しい花があるなんて。

・・・・ただ、ただ・・・かわいく・・・健気


キバナアマナ


キバナアマナ


ユキワリイチゲ

ここのユキワリイチゲは、

濃く美しい紫色だった。


ヤマエンゴサク

ヤマエンゴサク


ホソバノコバイモ


ホソバノコバイモ


ホソバナコバイモ


カタクリ


カタクリ

先週は、まだ固い蕾だった

カタクリの花も、きれいに反り返って咲いている。


藪椿
藪椿


野山歩きの楽しいこと!!

そこに、こんなかわいい花があると、

より足も、気持ちも、・・・弾む。

この次の日、

私は、とんでもなくかわいい花に出会うことが出来た!

偶然の出会いは、高価なプレゼントを貰ったよりも、

喜びは大きい。


[ 2016/03/21 ] 野山の花 | TB(-) | CM(4)

好きな街で見つけたドレッシング

dressing


友人と出かける時は、

自然と三次、総領、世羅・・・方面となる。

道を気にしなくても・・・・(もう、すっかりと覚えてしまった)

おしゃべりに夢中になっていても・・・

ハンドルに気を取られることなく走れるので、

目的がなくてもこういう方面になってしまう。

それぞれの行く先には、お花であったり、

おしゃれなカフェがあったり、雑貨店があったり・・・と、

楽しめる場所も多い。


ここんとこ、週一で訪れる三次で、

おいしいドレッシングと出会った。

これは、”三次ワイナリー” で売られているもので、

試しに前回買って帰ったら、おいしくて、

アッと言う間に使いきってしまった。

サラダにはもちろん、オニオンスライスにも良く合う。

血糖値が少々高めの夫の為に、

毎朝オニオンスライスを作っているのだが、

ポン酢にしたり、このドレッシングをかけたり・・・と、

重宝している。

市販のドレッシングは、最初数回使うにはいいけど、

そのうちに飽きてしまって、瓶の半分ほどになったら

捨ててしまうことが多い。

・・・・が、これは違う。

あと口がいいって言うか・・・嫌なものが口に残らないのだ。

おいしくて、これ欲しさに、また昨日友人と三次を訪れた。

和風と洋風があるが、私は今回も和風を選んだ。

200mlで、550円(税込み)ぐらいだったかな?

おいしいものとの出会いは、人生を豊かにする~・・なんて、

ささいなことだけど、この瓶を手にして、頬を緩めている。





[ 2016/03/16 ] 晩ご飯 | TB(-) | CM(-)

春の花の追っかけ

3月13日(日曜日)

昨年訪れたよりも、

1週間早いけど、ひょっとして今年は早めに咲いているかも知れない・・・

と、スハマソウの花を見に&撮りに、毎年訪れているスポットに行って見た。


スハマソウ


あ~~ 咲いてるぅ~~♪

良かった!


スハマソウ


でも・・・

シロバナばかり・・・


スハマソウ


ここには、

濃いピンクや、

赤に近いピンクの縁取りがある花があったはずなのに・・・

株も見当たらない。

さらわれた???


ピンクの花

かろうじて、二株ほどあった。


うっすらとピンク


別の所に移動して・・・


こちらは、シロバナばかりが、山を覆うように咲いている。

人もあまり来なくなったみたいで、

のびのびとワイワイ大はしゃぎしているように見える。

楽しそうだな。


ん?・・・・・


ピンクのスハマソウ

おや、シロバナしか咲かないと思っていたのに、

こんな所にピンクの花も!!

嬉しい発見♪


カタクリ

カタクリの花は、来週ぐらいにやっとかな?

こんな固い蕾がいっぱいある。

こんなにここにカタクリの花があったっけ?

咲いたら、楽しいだろうな。

キバナアマナもあと少しで開花の様子。

ここんとこの気温の低下で咲くのをやめたみたいだ。


ニリンソウ?

あれ????

これは?・・・・イチリンソウ?

葉っぱが違うような・・・・では、ニリンソウ?

にしては、ちょっと大きいような・・・それに

咲くにしては早いよね~~

・・・・やっぱりニリンソウのようです。


ベニチャワンタケ

ベニチャワンタケ





・・・・・新しいマクロレンズ、使いこなせるには、

もう少し練習がいるようだ。



[ 2016/03/13 ] 野山の花 | TB(-) | CM(8)

試し撮り

3月11日(金曜日)

暖かい春がやっと来た~!!って、喜んでいたのに、

昨日から、また冬に逆戻り。

この寒さは、暖かさを感じた後だけに、

より堪える。

ネットでちらほらと草春の花を見かけるようになったので、

ひょっとして咲いているかも???・・・と、

小さな花を求めて、県北に走ったら、

小雪が舞っていた。

空気が冷たい。

で、花なんぞ、ありませんでした・・・・わ。

で、ランチを済ませて、ちゃちゃと帰り、

いつもの花の場所を訪れると・・・

なんと、なんと、もうヤマルリソウや、ピンクの馬酔木がしっかりと花を咲かせていた。

試し撮り♪ 試し撮り♪


マクロレンズで

ヤマルリソウ

ヤマルリソウ


コチャルメルソウ

コチャルメルソウ


シロバナネコノメ


シロバナネコノメ

シロバナネコノメ


馬酔木


馬酔木

ピンクの馬酔木


以上は、一昨日手にした

マクロ100mmレンズで撮ったもの。

手持ちで撮っても、ピントが簡単に合って、

今まで使っていたマクロレンズと比べて、

ずいぶんと使いやすい。

光が足りない渓谷だけど、スッとシャッターが下りて

気持ちのいいこと!

このレンズにして大正解だった。

あとは、手になじませて、自分の好みの

画角をつかめばいいかな?


そして・・・

lunch

coffee&cake


これは、きょう友人と頂いたランチ。

道の駅 鯉ガ窪の真ん前にある ”カフェきらり” のオムライス(890円)と、

珈琲とシュークリームのセット(350円)。

オムライスが、結構なボリュームだったけど、

寒かったので、温かい飲み物が欲しかったのと、

ベツバラが要求してオーダーしてしまった。

でも、この珈琲とシュークリームのセット、たったの350円!!

びっくりぽんなお値段が嬉しい。


restaurant洋食工房

salad


maindish
(ズームレンズ24-105mmで撮ったもの)

こちらは、三次市にある美術館

奥田元宋・小由女美術館の中にあるレストランで頂いたランチ。


広島県三次市東酒屋町453-6
TEL : 0824-64-6736(レストラン直通)

ちょうど 美術館では、

「櫛・簪とおしゃれ」 の展示催しがされていて、

美術館とレストランのセットで利用すると、割引がありますよ・・と、言われ、

(入館料1000円・ランチ1600円が300円の割引になる)

レストランは、以前から気になっていて、いつかは利用してみようと

思っていたので、いい機会だった。

メインディッシュは、お肉とお魚とでチョイス出来、

地元産の野菜をふんだんに使われていて、大満足なおいしさだった。

雰囲気もいいし、また利用してもいいな・・・と、思っている。





[ 2016/03/11 ] つぶやき | TB(-) | CM(4)

マクロレンズ

不具合を起こしていたマクロレンズは、

修理費が1万7000円もかかると言われた。

こんなにかかるのだったら、当然修理する気にはなれない。

・・・・で、もう諦めようかな~・・・とも思ったのだが、

春の小さな花たちを見ていたら、

やはりマクロレンズは欲しい。

今まで使っていたのは、

タムロンの90mmマクロ。

もちろん、もう5,6年前に買ったものなので、

手ぶれ補正もついていなくて、四苦八苦で使っていた。

このレンズを買った時、ミニの三脚はついていたんだけど、

三脚をつけると、アングルに不自由で、手持ちで頑張って撮っていた。

このレンズの後継機、今のは、手ぶれ補正がついているという。

さて・・・・さて・・・・

あぁ、どうしようかな。

どうせ新しく買うなら、今度は違うのを使って見たい気持ちもある。

値段は、倍違うけど、純正の100mmマクロ。

ネットで色々と調べたら、手ぶれ補正が効いて、

すっごく使いやすいらしい。

予算的には、ちとしんどいけど、今度は純正を買う方がいいかな・・・

って、ほぼ心が決まりかけて、

ネットで、撮られた画像を比較すると、タムロン90マクロの方がほんわりと

優しく撮れている。ボケもほんわりとしてこっちがいいかな~~

う~ん~・・・やっぱりタムロンが私好みか・・・・・・・

決めかねて、カメラ屋さんに相談に行くと、

勧められるのは、やはり純正。

花だけ撮るのじゃなく、使い方は色々とありますから、

それを考えると、断然 ”Lレンズ” が後悔しませんよ・・・・と。

迷う・・・・迷うな~~


うさぎの耳

新しく、多肉の”うさぎの耳”が加わった。

ふわふわの感触が、なんともかわいい。

キッチンの出窓の所に置いていた ハオルチア に、

なんと蕾がついている!

どんな花が咲くんだろう。

よく見ると、小さな多肉にも、白い花が咲いている。

多肉って、手がかからなくて、横着者の私には

持ってこいの植物のようだ。






[ 2016/03/09 ] つぶやき | TB(-) | CM(12)

旧遷喬尋常小学校(きゅうせんきょうじんじょうしょうがっこう)へ


勝山のお雛まつりを楽しんだあと、

帰るにはもう少し時間があるので、

今では廃校になっている旧小学校の校舎を見に行くことにした。


旧遷喬尋常小学校


国指定重要文化財になっている、

明治40年7月に開校となった、

ヒノキや杉の木の木造校舎だ。

校名の ”遷喬” は、

中国の古典、詩経の一節 「出自幽谷、遷宇喬木」から

二文字をとって名付けられたとか。

ウグイスが深山の暗い谷間から飛び立ち、

高い木に移ることに例えて、

学問に励み、立身出世するという意味。


今、ちょうど外壁の手直しかな?・・・工事中だったので

写真に撮れなかったけど・・・・でも、撮れば良かった。



廃校になったあとは、映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」 や、NHK朝のドラマ、

「カーネーション」のロケにも使われた ・・・ とのこと。


古時計


懐かしい時代の香りを

肌で感じながら、ぐるりと校舎内を歩かせてもらう。



クラス


らせん階段

らせん状の階段を上がると


階段


一体どれだけの足が駆け巡ったのか、

ま~るくすり減っている。


廊下


入ります

お邪魔しま~す


オルガン


弾いてもいいのかな?

ちょっとだけ・・・・ 

足でペダルを交互に踏みながら指も動かす。

オルガンって意外と難しい。


落書き


落書きみっけ!

これを刻んだ君、今は何してる?

ワンちゃんの散歩風景だね。

きっと心の優しい子だったんだろうね。

机に傷をつけるのは感心できないけど、

時を経ると、これはこれでなんかいい味が出るものだ。


給食用のポット

これは、給食用のミルク缶かな?



講堂の天井

講堂の天井は、

二重折り上げの洋風格天井。


光

レトロガラスは、大好きだ。

角度によって景色が変わる、

貴重な手造りガラス・・・・って、パンフレットに書かれてある。

こういう建物の中で.一日のほとんどを過ごすと、

感性が育つだろうな。

せめて、幼稚園、小学校の建物は、全部

こんな感じにならないだろうか。

無機質なコンクリートの中で過ごす、今の子達が

なんだか可哀想に思える。



ピアノ


光の向こうに


ドラマに使われた脚本


(公財)真庭エスパス文化振興財団
岡山県真庭市鍋屋17-1
電話 0867-42-7000


街並み保存地区と、ここ、旧小学校跡で、

ノスタルジックな空気の中にいたからか、

ずいぶんと気持ちが若返ったような気がする。

あの頃が良かった・・・・なんて、言わないけど、

でも、今ある自分は、それが素になっていることを・・・

しみじみと思う。

あの頃も良かった・・・・今も良い・・・・

残りの道の方が、ずいぶんと短くなったけど、

今の一瞬を、大事に、大事に歩いて行きたい。




[ 2016/03/07 ] お出かけ | TB(-) | CM(8)

勝山のお雛さま

3月5日(土曜日)


勝山ひな祭り


昨年2月の末に、通りがかりで寄ったときは、

お雛祭りの1週間ほど前だった。

勝山のお雛祭りは、一度訪れてみたいと思っていただけに、

その時、とても残念な気持ちだった。

来年は、是非!・・・との思いを一年間温めて、

今回は、ここだけを目的に訪れた。

がら~んとしていた昨年の通りと比べて、

なんと! なんと!のびっくりな人出。

臨時の駐車場は、すでに満杯に近い。

川の土手の側まで行って、やっと止められた。


雛通り

あまりの人出に、どこをどう歩いて行こうか・・・・と、

しばし立ち止まって・・・でも、やはり初めてだし、

メインの街並み保存地区だよね。


↓ 鍛冶屋のあとに飾られていたお雛様。


おひなさま


おひなさま


鍛冶屋の作業場がそのまま残されていて、

その雰囲気がなんともいい感じだった。

あまりの人の多さに、カメラワークは難しい。

まぁ、せっかくだから、観光を楽しみましょうか。


ランチタイム

少し早いけど、

混雑する前にランチタイムにしますか。

宿場の名残りがしっかりと残されている、

” 郷宿 ” で、雛ご膳を。

お蕎麦と寿司ご飯、干し大根の煮つけ、菜の花のお浸し、

蕗味噌、鰆の西京焼き、卵焼き・・・と、甘酒。

きょうは、このメニューだけだったのかな?

人出の多さに、きっとひと種類だけにされているのだろう。

昭和の匂いを感じつつ、ゆったりと過ごさせてもらった。

気持ちが20代の頃のような錯覚が起きるのも、

きっと・・・・かつて味わったことのある空気感の中に

身を置いているからかも知れない。


郷宿 (ごうやど)

岡山県真庭市 勝山176
0867-44-2243



お雛様


趣向を凝らしたお雛様が続く。

町をあげてのイベント、ウエルカムの雰囲気に、

気持ちも華やぐ。


古い古いお家

こちらはお薬屋さんだったとこ。

明治の頃・・・って、言われたかな?


賑わい


賑わい


もう少し歩きましょうか。


酒屋さん

老舗の蔵元さん。

レストランの部門もあるみたいで、

ここでの食事も良かったかも?・・・と、

立ち止まってみたら、・・・「本日は予約のみ」

なるほどね~~

こんな人出だと落ち着いて食事も楽しめないかも知れないね。


酒造レストラン 西蔵

レストランの入り口はこんな感じ。

酒造レストラン 西蔵 (にしくら)
真庭市勝山116
0867-44-5300
定休日  毎週木曜日


訪れた町の地酒とかお味噌を買うのが好きな私、

今回も、お酒を買って帰るつもりで、少し試飲を・・・

少しのつもりが、色々ある種類に、つい味見してみたく、

アルコールに弱いくせに、4種類も口にしてしまった。

どれもおいしくて、迷う・・・が、

蔵元限定の冷酒  蔵元探訪

と、味比べ用の3本セットを買う。

春風

そ~っと吹く風が、

昨日のそれとは、はっきり違う。

これは、春の風だ♪

試飲でのほろ酔いなのか、

待っていた春の風に酔ったのか、

雛の通りがぼや~っと霞む。



お茶タイム

teatime

少しお茶しましょうか。

Cafe うえのだん でちょっと休憩

ここも大変な混雑・・・・・・でした。


町ぶら


人力車も


楽しい一日でした

勝山ひな祭りの期間は短くて、

毎年五日間だけのようだ。

楽しい旅気分を満喫して・・・・・・

もう一カ所に移動。



[ 2016/03/06 ] お出かけ | TB(-) | CM(8)