at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 2016年04月

2016 031234567891011121314151617181920212223242526272829302016 05






カタクリの咲く頂上へ (船通山)

4月23日(土曜日)

予報では午後から曇り・・・・出来るなら、朝早くに家を出て、

お昼頃までに下りれば、青空の下のカタクリの花が楽しめる。

そう思っていたのに、とんと早朝起きがおっくうになってしまったこの頃、

やはりいつもと同じ時刻に目覚める。

あぁ、どうしようかな・・・・半分は登りたい、半分はゴロゴロしたい・・・・

でも、せっかく目覚めたのだから、行きますか~~

相棒さんは、行く気なのだろうか・・・・・声をかけると、

「行ってもええよぉ~~」って。


船通山登山口


10時・・・まだ陽は射している。

どうかお昼過ぎまで持ってくれますように・・・・


沢伝いに・・


の願いは、ほどなく断たれて、

登り始めてすぐぐらいから、木漏れ日は消えて、

空は白くなりだした。


ゆっくりと・・・

沢にそって、

右に左にと沢渡りをしながら、ゆるやかな登山道を歩いて行く。



サンインシロカネソウ


群生のサンインシロカネソウを見て・・・


ハシリドコロ


ハシリドコロも一応撮って・・・


テクテクテク・・・


テクテクテク =c=c=c=c

ふかふかの落ち葉の道と比べて、石の道が歩きにくい。

きょうは、登山靴を車に積むのを忘れて、

スニーカーだからか、余計に足裏に堪える。



烏上滝
烏上滝


まだまだC=C=C=


まだまだ C=C=C=C=


スミレサイシン?

スミレサイシン?


登山道の脇に


やっと・・・


しばらく急登が続き、

やっとカタクリの花が現れだした。

ここまで来ると(^。^;)ホッ!


もう少しで頂上だよ!


頂上まで数歩手前って所で、

「アッ!!」 の声。

ヒィヒィ言いながら下を向いて歩いていた顔を上げると、

なんと、なんと、mizuho!!さんの姿が!!

ひょっとして、来てるかな~?・・・って、思っていたので、

すっごく嬉しく、一年ぶりの再会を喜ぶ。

それにしても私、ひどい恰好をしていたな~~(~_~;)

虫除けスプレーを忘れたので、軍団で攻めて来るブヨよけに、

半分渇いた状態でザックに残っていた虫除けシートを

帽子に挟んで額の辺りまでぶら下げて歩いていたのだ。

(まるで幽霊の▽布みたいに・・・・・)

そんな恰好だったのに、よくわかったよね~~・・・私ってことが・・・

まぁ、対して変わらんか~~(*^^*)


頂上!

頂上到着~~

船通山 標高 1140m

あぁ、きょうも登ることが出来た~~\(^o^)/

青空でないのが、非常に残念だけど、

満開のカタクリの花と、登れた!ってことで大満足♪


ゆっくり、ゆっくり歩いて、

ひとさまの倍の時間、2時間で登頂。


満開のカタクリの花

頂上は、やはり見頃の時とあって、

団体さんの登山客、家族連れ、グループで・・・・と、

かなりの人数で賑わっていた。


満開!

写真に撮るには難しいほどの群生!!

この週末がギリギリの見頃でしょう。

なんとか間に合って良かった。


カタクリの花


曇り空にカタクリ


青空だったらな~~・・・・・・・


空が残念!


空が本当に残念・・・


堪能しました♪

今年もカタクリの花を、充分楽しみました♪

下りますか。


アカネスミレ?

アケボノスミレ?・・・と、思ったけど、

以前みたときの花と比べると小さい。

アカネスミレ?・・・・・濃い濃い、赤紫色の花だった。

シハイスミレ でした。

葉っぱの裏の色もそうですね。

教えて下さってありがとう♪



下ります・・・


ひたすら下ります。


サンインシロカネソウ

岩の道


岩ごろごろの道を、スタスタ・・・・

沢を右に、左に取りながら、

下りの道では、足が疲れているので、

水の中に足を落とさないように、

より慎重にと、足を置く場所に気を使う。


あと少し!


なのに、なのに・・・・これが最後の沢渡り・・・の所で、

バランスを崩して、ボチャッ! ボチャッ!

あ~あ、スニーカーもソックスもびっちゃんこ・・・・・(´ヘ`;)ハァ

きょうは、登山靴でないので、履き替えの靴もなし・・・・(;´д`)トホホ


下山!

ぐちゅぐちゅ・・・と、音を出しながら、車の所まで歩く。

気持ち悪ぅ~~・・・・

そそくさと靴とソックスを脱ぎ、裸足になり車に乗り込む。

これじゃぁ、寄り道も出来ないや~~

晩御飯を作るのが大儀~~・・・と、お寿司でも買って帰るつもりだったけど、

まっすぐに帰宅。

家に着いたのが5時前で、

思いのほか早く帰れたので、作りますか~~


これで、今年の山、二つを制覇!

連休は大山かな? イワカガミがどうかしら?o(^ー^)oワクワク


[ 2016/04/25 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(12)

お気に入りの花・・・庭ver.

キエビネ
キエビネ

きょうは雨・・・・

こういう日は、なんか体がだるく、

ジッとしていたら眠くなる。


庭のハナモモの花もすっかりと落ち、

モミジは若葉が広がり、春から初夏に変わろうとしている。


ジエビネ
ジエビネ

このエビネ、強い~~

10年?・・いや、15年?・・・もっと前になるかも?・・・

前に知人から頂いてから、

毎年花を咲かせてくれ、更に増え続けている。


イカリソウ
イカリソウ

これは、どこかの道の駅で買ったもの。

あと、他にも黄色のイカリソウとか紫色のイカリソウがあるけど、

これは、もう花は終わってしまった。

放っていても、変わらず咲かせてくれる山野草の強さがいい。


ユキモチソウ
ユキモチソウ

剣山に行ったとき、

このユキモチソウを初めて見て感動した。

道の駅で鉢植えを売られていたので、飛びついて買って帰り、

大切にしていたのに、数年後にはいなくなってしまった。

また買いに四国に行こうと思っていたら、

友人が、くれて・・・・今年で三度めの開花。

土の中から茶色の芽が出て、すくすくと伸びて行く姿に

ホッ!としながら白いお餅を待つ。

四国に行かないと見れないから、より貴重に思う。


ハオルシア


そして、なんと~~

多肉のハオルシアに花が咲いた!!

花芽が出てからどれくらい立っただろう。

ひと月にはなるような。

こんな白くてかわいい花だったとは。

こういう小さな出来事が、意外と大きな喜びとなる。


植えっぱなし、置きっぱなしの鉢植えを、どうにか綺麗に整理しなくちゃ。

かわいい花を咲かせてくれる植物に申し訳ない。。。。と、思いつつも、

晴れたら、ついついドライブに出かけたくて、庭の花を置き去りにしてしまう。


[ 2016/04/21 ] 庭の花 | TB(-) | CM(6)

イワウチワを見に・・・

4月16日(土曜日)

熊本で起きた地震の大きさに、

のんきに遊びに行ってもいいのだろうか・・・・なんて、

ちょっとした罪悪感みたいなものを抱えながら、

それでも・・・と、イワウチワの咲く山に向かった。


東に向けて走る高速道路上で、

西に向けて隊列で走る支援の消防自動車や救急車とすれ違う。

その数の多さに、事の大きさがひしひしと伝わってくる。

いつ、どこで・・・いきなり襲ってくる大地震は、

防ぎようもなく、いつわが身にも起きてくるか・・・他人事ではない。


キクザキイチゲ

取り敢えず、きょう一日を無事に過ごせることに感謝しながら、

久しぶりの山歩きを始めた。


いつものように、変わらず迎えてくれる足元のキクザキイチゲ。


なだらかな林の道

静かな林道をてくてくてく。。。

ふかふかの落ち葉が足裏に優しい。


芽吹く前

ベストを羽織って来たけど、

歩きだしたら汗ばむくらいの気温だ。

時折吹くひんやりとした風が心地よい。


登山者もチラホラ


私達のあとから、数組の登山者が追いつき、追い抜いて行かれた。


イワウチワロード
イワウチワ


イワウチワ


イワウチワ


イワナシ
イワナシ


イワナシ


イワウチワとイワナシの花が、

今を盛りに咲いている。

思い切って訪れて良かった。

久しぶりに歩く山の道は、

とてもしんどいだろう・・・・と、覚悟をしていたけど、

やはり好きな場所・・・・カメラを持ってしゃがんだり立ったりの屈伸運動を

繰り返しながら楽しんでいる。


1040,9m


2時間ほどで頂上に到着♪

登頂は無理だろうと思っていたのに、

この場に立つことが出来た。

標高1040.9m



頂上!

雪が少し残っている大山が見える!

その後ろにあるのは、烏ガ山?

あの方向になるかな~・・・・逆のような感じがするんだけど・・・

でも、左側の雪をつけた山は、烏だよね~~



頂上

空が気持ちいい~~!

登頂出来たことに、これほど充実感を味わうとは、

我ながらちょっと驚き。

柔らかい風を受けながら、

コンビニで用意したおむすびを頬張る。


(とんとお弁当を作る余裕がなくなってしまい、

  最近ではコンビニランチになっている)



下ります


さぁ、下りましょうか。



下りの道で

下りは、登って来た道と変えて、

花が多い尾根の道を選ぶ。

少し急で、藪漕ぎもあるけど、

変化があって、これはこれで楽しい。


濃いピンク

濃いピンクの花


タムシバ
タムシバ


イワウチワ


イワウチワ


下りは1時間ちょっとで下りれたかな?

これだと、今年も大山を歩くことが出来るかも知れない。

ちょっとホッとしている。


支援の隊列

帰りの高速道路でも、

支援の隊列と出会う。

京都、神戸、横浜からのもあった。


それにしても、大地震が多過ぎる。

これから先どうなって行くんだろう。

日向灘で起きたら、日本は全滅してしまうと聞いた。

その可能性は少なくなく、100年周期で起きる、

南海トラフ巨大地震を誘発するのじゃないか・・と、

危惧する記事も目にする。




[ 2016/04/18 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(10)

花三昧

エドヒガン


2年ほど前になるか・・・自己流に撮っていた写真を、

きちんと勉強してみたくなり、ある写真教室に通いだした。

その先生から、写真クラブに入ることを勧められ、

初めての撮影会に連れて行って貰ったのが、この一本桜だった。

いつも小さな野の花や、山の花しか撮っていなかったので、

この圧倒するような大木の花を、どう写していいかわからず、

結局、足元のたんぽぽや、土筆、ムラサキサキゴケを写していて、

あきれられた。

その連れて行って下さった先生は、私が所属してから1年ちょっとで

急逝され、

まだまだ教えて貰う事がいっぱいのこれからって時だったので、

とても残念で、・・・今でもいて下さったらな~・・・って、

悔しく思う。


この一本桜を、今年はどう撮れるか、再び訪れてみた。

まだあまり人に知られていなかったこの桜も、

地元の観光目玉にされたようで、案内の看板が立っていた。



エドヒガン

樹齢どれくらいだろう・・・・


350年ぐらいと書いてあったかな? ・・・の、エドヒガン


満開

桜吹雪を撮りたかったんだけど・・・・

ちょうどの満開。


エドヒガン


桜吹雪の頃、もう一度来て見ようかな?


このあと、移動して・・・


また桜


車を走らせていたら、

桃源郷のような風景に出会った。

車が止められるところを探して、

しばし散策。


桜と菜の花

桜の花と菜の花のコラボが見事だ。


菜の花の中に住む


菜の花の中で住んでいるような風景


菜の花


辺りに漂う菜の花の香り


毎年種を撒いて育て、ここまでの群落にするのに、

3年かかった・・・って、言われていた。

セツブンソウで有名な、総領町の入り口辺り。

この時期に通ることがなかったので、今まで気づかなかったけど、

見事な風景が広がっていたんだ。

来年も、また訪れてみよう。


ヤマエンゴサク
ヤマエンゴサク


花を求めて、まだまだ車を走らせる。

今度は、小さな花へ・・・・


キクザキイチゲ
キクザキイチゲ

少し早かったか・・・数本のみの開花。


サンインシロカネソウ


サンインシロカネソウ


サンインシロカネソウ

なかなかうまく撮れない、サンインシロカネソウ


ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ


オオチャルメルソウ
オオチャルメルソウ


キケマン
キケマン


カタクリ1


カタクリ2


カタクリ3
カタクリ


あぁ、楽しく、充実した一日だった♪

やっぱり花の季節はいいね~~\(^o^)/






[ 2016/04/13 ] 季節を追って | TB(-) | CM(8)

春来たらば

散る桜

4月8日(金曜日)


前日の雨を受けた桜は、

その美しさを道にも移していた。

その花びらを見ていると、

・・・・・桜の花は、テレビで毎日見ているから、

   見に出かけなくてもいい・・・・

なんて、せっかくの誘いに乗って来なかった母に、

どうしても、今年の桜も見せておきたくなった。

まだ、間に合ううちに。


しぶしぶと身支度を整える母をせかすように、

車の助手席に乗せ、並木道を数カ所走る。

窓からの桜を眺めながら、

・・・やっぱり、テレビで見るのと違って、綺麗じゃね~~


そんな呟きに、

車を止めてゆっくりと見せたい。


頑張る桜


支所の駐車場の片隅に止め、

ここなら、邪魔にもならないし、危なくないし、

車から数歩で桜の花びらが触れる。


落ち桜


道に落ちている花びらを見て、

・・・あぁ、すごい~~   綺麗~~!!

と、


落ち桜


散った花びらを拾い集める。

このあと何枚か撮った母の顔は、

まるで少女のようにかわいらしい笑顔だった。


夜、その写真をプリントして渡したら、


「今までで、一番いい顔をしている! 大きく伸ばしたいぐらい・・・」って。



色々と・・確執・・はあるけど、

母を喜ばすことが出来るのは、私しかいない。

カメラに向かって微笑んだ画像を見ていると、

その穏やかな微笑みに、胸がつまった。


この人は、あとどれくらい桜の花を見ることが出来るのだろう。


たんぽぽの上に

1時間ほどの桜花見のあと、

母を家に置いて、

今度は、気の合う友人を伴って、矢掛にある落ち椿のお寺に向かった。


落ち椿


国勝寺


樹齢350年の大椿。

落ち椿で有名らしいけど、このお寺を知ったのは、

昨年だった。

八重で珍しいのもあるし、この見事な大木も見ごたえがある。

昨年もそうだったけど、

なかなか晴れの時に来れない。

写真的には、陽射しが欲しかったな~~・・・


桜も


国勝寺
岡山県小田郡矢掛町東三成1344



草抜きなどなどの、しんどい畑の仕事も始まるけど、

やはり、花いっぱいの春は、嬉しい。

気に病んでいた町内の役員の仕事も、

少しずつではあるけど、消化しつつある。

なんとかなるっしょ~~!





[ 2016/04/11 ] 季節を追って | TB(-) | CM(6)

4月

桜


4月が待ち遠しかった・・・

この桜の季節をどれだけ待ったか・・・


桜・サクラ

気温が気持ち低い日が続き、

桜の花は、咲くのを少し遅らせた。


桜・桜・桜

そして、いつの間にか、こんなに満開になっていた。


雨上がりの桜道


雨上がりの桜道


雫をつけた桜


桜。。。。。


桜・・・桜。。。。


せっかく満開になったのに、

この雨・・・・・

まぁ、雨粒をつけた桜の花びらも、

それはそれで美しい。


ちょっと憂鬱な日々・・・

この4月から、計算狂いの日々が始まった。

今年は、町内会の班長のお役目が回って来た。

それだけなら苦にならないんだけど、よりによって大当たりなクジを引いてしまった。

ある役の部長・・・・・・

自分で引いたんだから文句は言えないけど、

あれやこれやの・・・思いがけない仕事が押し寄せてくる。

聞いたことが、右から左に抜ける、

私の頭脳の中の記憶をつかさる所が、

パニックを起こしている。

したくないことの”拒否症”とでも言うのでしょうか。

町内会・・・・抜ける人の気持ち、わかるな~~~

でも・・・なくなったら、もっと住みにくい世の中になるよね。

ま、そのうちに、リズムになるでしょう。

慣れると、またこの気持ちのしんどさも、少しは軽くなるかな?・・・・

そうなるように・・・・頑張りましょう。


ちょっとした変化に弱くなる・・・・これも若さがなくなったという証しか。


撮りだめしていた写真から・・・・


シロバナネコノメ


シロバナネコノメ
シロバナネコノメ


カタクリの花


カタクリの花
カタクリの花


ミツマタの花


ミツマタの花
ミツマタの花


雪柳
ユキヤナギ

春の花から夏の花へ・・・・・

アッと言う間に変わって行くだろうな。

山に行けないでいる・・・

この間の週末は、例年行っている 島根の山に登るつもりだった・・・・

のに、天気がイマイチなのを理由に、止めてしまった。

どこか、しんどい思いを避けている部分があるかも知れない。

ちょっと・・・・変な・・・・この頃・・・・・

変化の時か・・・・





[ 2016/04/04 ] つぶやき | TB(-) | CM(10)