at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 2016年05月

2016 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 06






イワカガミとツガザクラ

5月28日(土曜日)

降らなかったら、是非行きたい!

昨年は訪れることが出来なかった、イワカガミとツガザクラが咲き誇る、

天空のお花畑。

少々しんどくても、

絶対に頑張って到達する!・・・と、自分に言い聞かせて・・・

まだ少々膝の痛みが残る夫と共に、

5時、我が家を出発。

予報では、午後には晴れると出ていた。

お昼前には、青空になることを願って、いつもの道を走る。


予定よりも、かなり早い時刻に、目的地の駐車地に到着。

我が家の車のみ。

朝早いせいか、天候のせいか?

先週三の沢を歩いた時は、カンカン照りの中だったので、

暑さでへろへろになった。

きょうは、どんよりとした曇り空。 暑くはならない・・・どころか、

ひょっとして肌寒い?

う~ん~・・・一枚重ね着が出来るように軽い半袖セーターでも入れて上がろう。


ツリバナ
ツリバナ・・・かな?


7時半、歩き始める。

きょうは、久々に3時半起きで頑張った。

やはりこれぐらいの時刻から登れば、気持ちにもゆとりが出来ていいね。


タニウツギ

来る途中でも、

このピンクのタニウツギがいっぱい咲いていた。


シロバナのタニウツギ


シロバナタニウツギ


ここには、シロバナのタニウツギもある。

良かった! 今年もちゃんと咲いている。

でも、少し枝ぶりが小さくなったような気がする。


アカモノ

かわいいアカモノの花も、今が盛り♪


細い獣道を登ると、


ギンリョウソウ


きっとギンリョウソウもあるだろうな~~と、

林の中をキョロキョロしながら歩いていたら、

やはりありました。

やっと咲き始めたばかりなのかな?

新鮮な真っ白だ。


急登をあがる

藪の中を抜けて、

急登を歩く。


ダイセンクワガタ
ダイセンクワガタ

どうして”クワガタ”って名前なんだろう。

和風な感じがする、

ガレガレの場に咲く不思議な花だ。


レンゲツツジ
レンゲツツジ

このレンゲツツジ、私が幼少の頃は、

実家のあたりでもいっぱい咲いていたのに、

最近では、とんと見かけなくなった。

懐かしい。


イワカガミ

あぁ、ちょうどの見頃♪

上っている途中から、

このイワカガミの赤いポツポツがず~っと見えていた。

この花に導かれて、

しんどさを忘れて急ぎ足になる。

良かった~~ (咲いていて・・・)

良かった~~

って、呟く。


天空の花園


イワカガミ


イワカガミ


ツガザクラも


息を飲む美しさ

昨年は、このツガザクラを見るタイミングを逃した。

あぁ、嬉しい~~!!

こんなにたくさん! ちょうどの見頃!


オダマキも

ヤマオダマキも!


花畑!


イワカガミ


ダイセンクワガタ

まったり~


青い空は出なかったけど・・

青い空にはならなかったけど、

これだけの花に迎えられたら、

何も、これ以上のことは望めない。

あぁ、ここに来れて良かった。


サワフタギ

サワフタギ


アカモノ


来週末まで持つかな?

今度は、岩にへばりついて咲くイワカガミとツガザクラを

撮りに行きたい。

相棒さんの膝が、どうか痛みませんように。

どうか、今度は青空になりますように・・・・・





[ 2016/05/29 ] 大山 | TB(-) | CM(10)

県北へ

5月24日(火曜日)

白樺林

明日は、雨の予報・・・その次の日も雨らしい。

そうなると、

きょうの晴れの天気を無駄にしたくなく、

急きょ、友人を伴って県北まで走る。

気になっているマイズルソウの群生が、

ちょうどの見頃かも・・・・


マイズルソウ

ほぉ~~

ギリギリでしたわ。

いつも開花のタイミングを逃して、

花の時期に来たことがなかった。


見事~

うへ~~!! な、数のマイズルソウ。

これは、そもそも植生なのか?

・・・なんて思うほどの群生だ。


地味な花だけど、熟れた赤い実は透明感があって美しい。

赤い実の頃に、また撮りに来よう。


マイズルソウ


葉っぱが美しい


葉っぱの形がいいね。


ミヤマヨメナ


ミヤマヨメナ


ミヤマヨメナロード


ミヤマヨメナもびっしり!!



カマツカ
カマツカ


タニウツギ
タニウツギ

緑と白の中、あでやかなピンクのタニウツギが目立つ。


スズラン

え???

これ、スズランだよね・・・・・


スズラン

自生のスズランはお初だ~~!!

って、喜んだものの・・・・


スズランの花


やっぱり植生のものかな?

ニホンスズランではないよね・・・・



夏空!

夏を思わせる空の色に、

爽やかな初夏から梅雨に移る予感。

好きな季節、夏ではあるけど、

暑さも、雨の量も、ほどほどであってほしい。


そぞろ歩き


そぞろ歩きを楽しんだあと、

もう少し車を奥出雲まで走らせて、


雉!


きょうも、楽しく一日を過ごした。

たまには、都会の空気を吸うのもいいかな?・・・と

思うも、走りやすい山に、ついついハンドルを切ってしまう。


[ 2016/05/25 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(6)

一人三の沢

5月22日(日曜日)


鍵掛峠

素晴らしく晴れた空!

と、言っても、きょうの空は綺麗なブルーにはならず、

どこかもやっている。

春から夏にかけての空は、雨上がりでなかったら、

なかなか澄んだ青空を見ることが出来ない。

日はすでに高く上がってしまった。

今朝、どこに行くかですったもんだで時間を費やしてしまった。

夫は、膝が痛くて山には登れないと言う。

では・・・どこに?・・・と、思いを巡らしても、なかなか行きたい所が

思い浮かばず、


サイハイラン
サイハイラン


取り敢えず大山に向かう。


さぁ!


夫は、やはり膝をかばって、車を止めたあたりで鳥と遊ぶという。

慣れ親しんだ、私の好きな場所・・・

だから、ここなら一人でも歩ける。

見たい花もいっぱいあるし・・・・では、それぞれで楽しみましょう♪C=C=C=C=


ダイセンクワガタ


お~~! ダイセンクワガタの花が咲いている。

もう、こんな季節なんだ。


あつい~~!


あつい・・・・・

あーだこーだで、家を出るのが遅くなったことを悔やむ。

いつもに比べて2時間も遅い登山口出発時刻。

せっかく早く起きていたのに・・・・と、流れる汗をぬぐいながら

先を急ぐ。


近づいてくる


近づいて来た!


木陰の道


あの木陰に入ったら、少し休もう。

きょうは、風がない。

ひんやりとした風が吹いてくれないかな~~


あと少し


気持ちのいいグリーンシャワーの道はわずか。

あとは、ひたすら陽射しの下を歩く。

よ~く、よく、わかった!!

お山歩きは、やはり早朝早くに出るべきだ。

最近早起きが苦手になっていたけど、今度来る時は、頑張って起きよう。


着いた!


だ~れもいない枯れ沢。

サンカヨウは、ほとんどが実をつけていたけど、

一輪だけまだ咲いていた。

ヤマシャクヤクは終わったようだ。


さて、もう少し上がってみましょう。


イワカガミ


ツガザクラ


イワカガミもツガザクラも、

手の届かない高い崖の上!

う~ん~・・・・・きょうは、私を拒むな~~

近くで撮ろうとすると、

ズルズル~と滑り落ちて何度も転ぶ。

もう、諦めますか~~


なんとか絶滅危惧種の花だけは見ることが出来た。

それでも、昨年に比べると十分の一ぐらいしか見られず・・・

どうしたのかな?・・・・土砂が流れ落ちて

埋まってしまったのかも知れない?



ちょっと休憩

ヨッコラショ!

きょうは、もう諦めよう。

上まで上がるにしては、体力も時間もない。

下りて来られた人に、

上の花の状況を尋ねる。

・・・イワカガミは、まだまだ数本しか咲いてなかったですよ~~


この言葉で、すっきりと諦めがついた。


ミニトマト


座ってミニトマトを頬張る。

あぁ、疲れが取れる~~♪

これからの山歩きには、欠かせない。

トマトを口に放り込みながら、

ぼ~~っと、景色を眺めていたら、


ん?・・・・・なんか聞き覚えのある声が背後から飛んで来る。

楽しそうな会話に振り返ると・・・・


大山じょうれんさん

間違いなく、大山常連三人さま!

きょうも尾根を歩かれたのかな?


さて、皆さんが下りて来られる前に下りますか~~

きょうは、ヨレヨレ~な私。

なんで、これほどまでに疲れるのか・・・そんなに歩いていないのに・・・

見たい花、会いたい花、撮りたい花は、だんだんと手が届かなくなって来ている。

・・・が、  来週末、もう一度チャレンジしてみよう。


ユーシュンラン


・・・ユウシュンランと思っていたけど、

やはりギンランかな????

ユウシュンランの葉っぱは、せいぜいあっても

2cmぐらいだとか・・・・・

ユウシュンラン、なかなか出会えないな~~





しんどい思いをして上がって・・・・

そこで見る花や景色に、

もう一度会いたくなって、そのしんどさを忘れるようにして、

・・・・また、登る。

大山の魅力は、なかなか捨てきれない。




[ 2016/05/25 ] 大山 | TB(-) | CM(6)

晴れの予報だったのに・・霧の三の沢

5月7日(土曜日)

どこにも行く予定ではなかった、土曜日の朝、

ゆっくりと過ごそうと、目覚めてはいても、ベッドでゴロゴロしていたら、

・・・・大山に行くよ!!

って、いきなり夫の誘い。

はぁ~~???、今からァ~~????

時刻は、6時半をすでに回っている。

もぉ~、それなら目が覚めていた5時半に起き上がったのに・・・と、

大急ぎで、洗濯機を回し、朝食の用意をし、パンをかじりながら準備をする。

今からの出発だと、稜線までは無理だな?・・ま、それでも

麓だけでも歩けたら、それはそれでいいか~~C=C=C=


7時半になんとか出発!・・・・と、思っていたら、ガソリン補充だってッ・・・

もう、前日に満タンにしておけばよかったのに・・・いつも

私達の行動は唐突なんだから・・・・・・


天気予報は、曇りから晴れの予報。

着く頃には、お日様が出ているかな?・・・と、

期待して走るけど・・・・

日野まで来ると土砂降りに・・・・・ありゃりゃん~~(;_;)ヴヴヴ


木谷渓流へ


大山に近づくと、前がほとんど見えない深い霧の中に入る。


木谷渓流


青空が期待出来ないのなら、この霧の風景を楽しもう!

と、まず、木谷渓流を歩く。

幸い降っていた雨は上がり、

カメラが濡れずにすんだ。

幻想的な風景も、これはこれでカメラを持つ者にとっては嬉しい。


三の沢へ

さすがにこの天気に、

登山者の車は2台のみ。

でも、全くなかったら、ちょっとためらったかも。

どなたかが、先に歩かれていると思うと、どこかホッとする。


深い霧の中を歩く

霧は一向に晴れる気配なし。

その中を、花探しをしながら歩く。

鳥のさえずりだけが響く、霧の登山道。


霧の三の沢


お昼ごはんを食べようとした時、

上から二人連れが下りて来られた。

止めてあった車は、この方達の車だったんだ。

・・・これから登られるんですか? 上は強風でとても歩けなくて、

断念しました。 きょうは晴れる予報だったのに、とても残念です。・・・

と、言われた。

こんな濃霧の中を登っては、

見晴らしが悪いだけでなく、道に迷うかも知れない。

いえいえ、尾根までは上がりません。もう少し歩いて下りますよ。


霧の中


ダイセンハタザオ
ダイセンハタザオ


サンカヨウ


そうそうこんな日は、

滅多に見れないガラスの花に出会える。


ガラスの花に

濡れて半透明になるサンカヨウの花。


ガラスの花


サンカヨウの花


サンカヨウの花


大山は、いつでも、どんな時でも、思わぬプレゼントがある。

だからかな?・・・雨は雨でも・・・たとえ青空がなくても行こうか~って思う。


今回も、風景にしろ、花にしろ、心をしっかりと潤してもらえた。


連休の締めくくりは、この大山で、ストン!と気持ちが落ち着いた。

いきなりの大山行きで、ちょっと慌てたけど、夫に感謝だわ。


シャクヤクの蕾

この花の開花にはタイミングが合わないな~~

残念~~

でも、結構株があるのを見つけて、これからの楽しみが増えた。


ルイヨウショウマ
ルイヨウショウマ


だんだんと晴れの感じ

少しずつ霧が上がりだした。

もう少ししたら、南壁が姿を現すかな?


それを期待して、待ったが・・・・

晴れそうで晴れないので、帰りの時間も考えて、

今回は、ここで下りることにした。


やっぱりね


・・・ら、やっぱりね~~


二つほど堰堤を下りた所で振り返れば、この青空!


南壁


もう少し待てばよかったな~~

でも、これだけでも見れて良かった。

久しぶりの南壁。




鯉のぼり


沸々と湧きあがる幸せ感。

大山は、やっぱり一番好きな場所のようだ。

充実したGWだったな~~

遠出の運転をいとわない夫に感謝♪ 感謝♪


[ 2016/05/10 ] 大山 | TB(-) | CM(8)

四国石鎚UFOラインを走る

5月4日(水曜日)

連休後半の中日、

3日の雨が翌日には止むのを予測して、

爽やかな風と青空を感じに、

吾妻山に登るつもりだった。

が、目覚めた空を見ると、山を歩くよりも、四国に行きたい気持ちが

強くなり、急遽行き先を変更する。

何度かドライブを楽しんだことのある石鎚スカイラインに通じる

瓶が森の町道(UFOラインとも言うらしい)からの景色を見たくなったのだ。

久しぶりに走るしまなみ海道・・・前日の雨雲はすっかり遠のき、

待っていた青空が広がっている。

こんな日の海の色は、最高に美しい。

快適なドライブの始まりだ。


来島海峡大橋

来島海峡大橋を渡り、

SAで少し休憩。

ここでは、いつも風の強さに驚くけど、

きょうは、更に強くて、この”どすこい!”の体形の私ですら

よろよろ~っとよろけるほど。


国道196号線から、194号線に入り、

西条市から石鎚へ

寒風山トンネルをめざす。

四国の風景は、中国地方のそれとはずいぶん違う。

山の形の雰囲気の違いかな?


アケボノツツジ

アケボノツツジが見たいのも、

石鎚に来たかった理由の一つだった。

山肌にポツポツとピンクのアクセント!

緑もまだ初々しい。

ここは、やっと春が来たばかりのようだ。


アケボノツツジ


アケボノツツジ


アケボノツツジ


まだまだアケボノツツジ

まだまだ続く、アケボノツツジ


近くで見ると

近くで見ると、こんな感じ


わんさか~


盛りは過ぎて、傷みかけているが、

充分楽しませて貰った。


瓶が森町道


出ました~~\(^o^)/

まるで天に通じるかのようなUFOライン。

この景色見たさに、予定を変更したのだ。

寒風山登山口も、瓶が森登山口も、登山者が多かった。

瓶が森は、昨年頂上まで行ったので、

寒風山にも、機会があれば登ってみたい。


石鎚山

石鎚山が見えてきた。


四国山脈

反対方向


石鎚山


石鎚山


この石鎚山にも、一度登ってみたいな~~

でも、日帰りだときついかな?

こんなに綺麗に尾根まで見えたのは、

今回が初めてだ。


下りの道で
マルバアオダモの花


下りの道は、

来た道とは違う道を選ぶ。

私は、石鎚スカイラインを走って貰いたかったんだけど、

くねくね道が嫌だと、また違う、初めての道を選ぶ夫。


でも、結果、この道も、かなり狭いくねくね道で、

夫はげんなりしていた。

ほらぁ~~!!って、思いながらも、

初めての風景が広がって、

これはこれで楽しめた・・・・運転しない私。


国重要文化財 山中家

案内板に、

国重要文化財指定となっている山中家の紹介があったので、

ちょっと立ち寄って見学。


山中家


高知県吾川郡いの町

四国のチベットと言われる山深い寒村で、

吉野川最上流部に位置している。

山中家のこの住居は、江戸時代中頃に建築された農家。


歴史を感じる


商家であろうが、武家屋敷であろうが、

この農家も・・・・かつての歴史を感じる建物は好きだ。

暮らしの名残りを感じて、往時の暮らしぶりに

思いを馳せるのが好きだ。

でも、きっとつい最近まで、

一人でひっそりと住まわれていたのかも・・・

洗濯物の女性用の下着が干されたままになっているのに

気づいて、胸がキュンと切なくなった。

年老いても、ここでギリギリまで頑張っておられたんだろうな~~・・・

決して便利ではないけど、

それと引き換えに、自然と共に暮らす心豊かな暮らしを、

きっと手放したくなかったのではないか・・・・と、勝手な思いが湧いてくる。


クリンソウ
クリンソウ


アケビの花
アケビの花


クリンソウとアケビの花が、ひっそりと庭先に咲いていた。


朝、四国に渡る時は、

全く渋滞もなく、すんなりと走れたのに、

帰りの道は、今治からしまなみ海道に乗る所から渋滞が始まり、

大三島から向島まで、2時間も余分にかかってしまった。

やはり、GWは混むんだ~~

それでも、いつもとは違う風景、

暮れなずむ瀬戸の海や、尾道の夜景に、

旅気分を満喫させてもらった。











[ 2016/05/06 ] お出かけ | TB(-) | CM(10)

山もいいけど・・・たまには海にも(^^♪

5月1日(日曜日)

海

たまには、息子たち家族と一緒に・・・

そう思っていたら、近場の海に魚釣りに行くと言う。


海か~~

しばらく行ってないのもあって、

海を眺めるのもいいかも・・・と、同行する。


魚釣りに・・

一気に気温があがったようだ。

半袖でちょうどいいぐらいの暑さに、


テントの中に


陽射しのもとに長居は出来ず、

そうそうに、用意したテントの中でごろ~ん~と横になる。

風が爽やかに吹き抜けるせいか、意外と心地良い。

5月の月は、一番好きな季節だ。


魚釣り


釣れた~!!

釣れた~~!!

の声に、急いでカメラを持ってテントから出る。


なんと、mimiがギザミを釣っている。

これは、夕飯のおかずになるね~~!

意外とすんなりと釣ったのでびっくりだったけど、

このあとは、小さなフグの赤ちゃんばかりで、

結局、この日の釣果は、これのみだった。


打ち寄せる波の音


打ち寄せる波・・・・引く波・・・・

波の音を聞いていたら、いつの間にか、ツルッと寝ていた。

山もいいけど・・・・たまには海の音を聞くのもいいものだ。


[ 2016/05/05 ] 季節を追って | TB(-) | CM(-)

岡山森林公園へ

4月30日(土曜日)

大山に行く前に、足慣らしのために、毎年のように、

GWに入ると登る岡山県森林公園へ、今年も行く。

初めてここに来た時、


岡山森林公園

このカラマツ林の美しさに,

通り過ぎるのが勿体なくて、

早めのお弁当を広げたように記憶している。


ザゼンソウ


このカラマツ林を通り過ぎると、

ミズバショウや、ザゼンソウ、リュウキンカなどの花が盛りを迎えて

楽しませてくれる。

・・・・が、今年は、なんと、皆終わってしまっていた。

ここの花達も、他と同様開花が早かったようだ。

当然、上に咲くイワウチワも終わっているでしょう。


バイケイソウ


サンインシロカネソウ

バイケイソウや、サンインシロカネソウがわんさかわんさか・・・・

緑が美しい。


さぁ、登りますよ

熊押しの滝コースで上がろうかと、一瞬迷ったけど、

そちらは下りに使うことにして、

いつものコースに入る。


登山道

緩やかなふかふかの道を、

ゆっくりと上がっていく。

急登がないのが有難い。


きょうは、晴れ!


きょうは、申し分のない晴れの天気!

木漏れ日にワクワクしてくる。


新緑のブナ


新緑のブナ


何?

一時間ほどで、県境の尾根に出る。

いつものペースかな?


・・・で、これは何?

蕾がついている。

どんな花が咲くのか見たいな~~


県境

岡山県と鳥取県境の尾根の道

遠くに大山

遠くに大山が見える!

さて、いつ行けるか・・・大山。

よし、大山!!って、なかなか気持ちが乗らない。

行きたいのに・・・・

早朝3時半起きが、気持ちにブレーキをかける。


咲きはじめ


咲きはじめのサンカヨウ。


下ります

さぁ、お昼ごはんも食べたし、

そろそろ下りますか・・・


ショウジョウバカマ


ショウジョウバカマ


テクテクテク

大杉の横を通り、


ブナ林



ふかふか

テクテクテク・・・


大木のブナ


熊押しの滝


熊押しの滝まで下りて来ました。

ここに来るのは、初めてだ。

小さな滝? 段差?がいくつも繋がっていて、

美しい。

水の流れる音が、なんとも心地よい。


サンインシロカネソウ


ここにも、サンインシロカネソウの群落がある。

今年は、この花のタイミングが合わず、

小さな蕾ばかりだったように思う。

やっと、きれいに開いた花を見ることが出来た。


ムシカリ


登山口


登山口まで下りました♪

ざっと4時間の散策は、今の私にはちょうど良い距離だ。


園地でフデリンドウ

フデリンドウ、見っけ!


フデリンドウ

フデリンドウ


フデリンドウ


今年三つめの山歩きも、

楽しく歩くことが出来た。

連休後半は、どう過ごしましょう。

もっかあれやこれやと模索中。

大山は、今しばらくお預けになりそう。





[ 2016/05/02 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(6)

ムベと三つ葉アケビの花

4月29日(金曜日)

1週間ほど前、夫が一人でカメラを持ってウロウロとした際、

笠岡の阿部山(あべさん)に、安陪清明が天体観測をしていた場所が

あるのを発見した。

阿部清明の名前は、陰陽師としては知っていたけど、

天体学者でもあったことは知らなかった。

それも、その観測の場所として、笠岡市の阿部山がそのびとつで

あったと知って、訪れて見たくなった。

いや、本当の理由は、そこで撮っていた夫の花の写真を見て、

探していたムベの花だとわかったとたん、花見たさが、なによりの一番の

理由だ。


阿部山

細い道をくねくねと上がっていくと、

人知れずしてひっそりとした所に、

もと観測をしていた屋敷跡があり、記念碑も建てられていた。


ミツバアケビの花

ミツバアケビの花


ミツバアケビの花はいっぱいあるけど、

ここには、イツツバアケビはなかった。


ムベの花


ムベの花


これが、ムベの花。

長年探していた花に、やっと出会えた!

残念ながら、もうほとんど落花してしまったが、

なんとか見ることは出来た。


ムベ


コガクウツギ



コガクウツギ
お初の花、コガクウツギ


開拓地


頂上辺りは、開拓されていて、

どこか遠くの地に来ているような錯覚を起こす。

初夏の風が、よりそれを強く思わせてくれる。


あ~~ 気持ちいい~~~

なんて、心地いい開放感か!!


[ 2016/05/01 ] 野山の花 | TB(-) | CM(-)