at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 大山・三の沢を歩く

2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08






大山・三の沢を歩く

8月28日(土曜日)

8月第一週の土曜日に、夏山登山道から弥山頂上を踏破してから、すっかり大山に魅せられてしまった。
最近では大山登山のサイトをあちらこちらとあさるようにネット徘徊をして情報をさがしている。
その中で、ちょっと気になる場所があり、一度そこに立って見たくてたまらなくなった。
通常の登山コースではないようなので、どこまで入れるのか皆目見当がつかなかったが、中には女性一人で歩いている方もいらして、ひょっとして頂上まで登らなかったら歩ける????
取り合えず、とりあえず・・・ちょこっと様子見にドライブに出かけてみるか。
夫に話すと、そんな危険な所は駄目だ・・・と、即却下。
でも~~   でも~~  でも~~
あ~だ、こ~だとゴタクを並べてしぶしぶ承諾でついて来てくれることになった。

828daisen1

高原はすでに秋の気配が漂う。
こんな風に遠くから眺める大山も素敵なのだが・・・・やはり私はあなたの腕の中に入りたい♪♪ ぬぁ~~んて(*^_^*)

828kagikake
鍵掛峠からの大山

828daisen2
迫って・・・

家を出る時は、鍵掛峠まで行って、その周りをドライブするだけで帰るつもりだった。

828sawa1

だが、そうは行かなかった。
車に登山靴を積み、一応登山出来るスタイルで来ていて・・・・登るかも知れないと準備をして出てきた二人・・・は、

ためらうこともなく・・・・

三の沢下の文殊堂の駐車場に車を停めると靴を履き替え、リュックを背負い、ステッキを握っていた。

三の沢の登り口は工事中で、何台ものダンプカーが出入りしている。
そのダンプの入り口でガードマンの方に声をかけて入らせてもらい、「登山をする方はこちらの歩道を歩いて下さい」って書かれている案内板に従い歩きはじめる。

写真のような堰堤(えんてい)を幾つも通り過ぎ、

828sawa2

最後から二つ目の堰堤で道が途絶えた。
見ると向かって左端に石が積み上げられている。
ここを上がるということか?

「よっこらしょっ!」

828sawa4
最後の堰堤

ひょぇ~~~ 怖いぐらい高い壁。 崩れてくるような恐怖感がわいてくる。

で???? この堰堤はどうやってクリアすればいいの?

右端をきょろきょろ     左端をきょろきょろ

何度か右と左を行ったり来たりして道を探す。

が、ま~ったく見つからず途方にくれる。

どうするかな~~

夫が”ちょっと上がれるかどうか見てくるわ。そこで待っとき”・・・・そう言いながら壁に向かって右端の雑木に覆われた急な斜面を登って行く。

”なんとか上がれるぞ♪”

よし、ならば!  

で、雑木を持ちながら重い腰と腹をやっとこさで支えて登る。
火事場の馬鹿力だ。

この上の景色を見たいが為に頑張る。

・・・この道を選んだ私達は、大きな判断ミスだった。
   帰りがけに頂上から下りてきた人に道を尋ねると、向かって左にちゃんと上がる道があるとのこと。
なにも怖い思いをして・・・痛い思いをして、わざわざ難しい方を選ばんでも・・・・

828sawa3

左端にはちゃんと歩けるこんな道があったのだ。
(ステッキを転がしている)
登りやすいように、どなたかがロープもかけて下さっている。

ここを上がると・・・・

828daisen

こんな景色がぱ~~っと目の前に広がる。

これこれ、この景色が見たくて来たのだ♪♪

大山南壁

828daisen11

828daisen15

828daisen12

828daisen4

828daisen13

828daisen5

828daisen22

828daissen3

槍が峰の頂上・・・・だと思う。
立っている人が見える。
手を振ってみた。(*^_^*)

828daisen9

剣が峰から槍尾根を歩いておられる人が見える。
すごいな~~

行ってみたいな~~


もう少し続きがあります。
↓ クリックして見てね♪♪ (*^_^*)


828daisen19

828daisen10

とうてい頂上までは行けないので、行ける所まで登ってみようと歩きにくい砂利道を踏みしめて、沢の一番奥まで歩く。
石ころに足を取られて何度もすってんころりん。
帰って足を見ると膝から下に擦り傷がいっぱい・・・あ~んど・・・左腕にも・・・
不思議と痛みを感じない。
きっと痛みよりも周りの景観に気持ちが奪われているからかも。

この景色を眺めながらお弁当を食べる。
昨夜何故かよく寝られなかったせいか、食欲はイマイチ。
おにぎり一個がやっとだった。
それでも、よく冷えたブドウやミカン、ミニトマトは元気回復の素になった。持って来て良かった。
高速のサービスエリアで買ったお饅頭もおいしかった。
最近甘いものを遠ざけていたけど、これだけ歩けば大丈夫だよね♪ なんて言い訳しながら一つ頬張る。

これだけ食べれば食欲はイマイチ・・・なんて言えないか~~(^^ゞ

828misen

写真中央のとんがっている所が、月初めに登った弥山(みせん)の頂上。
あそこからの眺めも最高だった。

今度はユートピアを目指そう。
私の足では日暮れが早くなる秋はもう無理なので、来年の楽しみにとっておきましょう。

828daisenichigo
イチゴ? 食べて見たかったけど、へびいちごに良く似ていたのでパス!

828daisenkusabotan
クサボタン

828daisenkyushukogomekusa
キュウシュウコゴメクサ

828daisenhahakogusa
ヤマハハコ

お時間を取って見て下さってありがとう♪
今回も楽しく大山で遊んできました。

[ 2010/08/29 ] 大山 | TB(-) | CM(8)

(*'▽'*)わぁ♪~凄い!!

大山に魅せられたとは言え、三の沢を早くも制覇なんて凄い凄い!!
どの写真も素晴らし過ぎて只々感激して見てます。
私もここは下から覗いてみただけで未知の世界ですから憧れでしたが、komaさんはご自分の目でしっかり見られたのですよね。
どんなに素晴らしかった事か、心震える思いで見て撮って興奮された事でしょう。
思い切って出かけて前に進んでみて本当に良かったですね。
少々の傷は帳消しですよね。
剣が峰の頂上に人が見えますが、この分だとkomaさんも何時の日かこの上に立つことも無いとは言えませんね。
7月にユートピアで見たクサボタンももう終わりのようですが、これも来年のユートピアで思いっきり見られる事でしょう。
三の沢からの大山の雄姿は憧れでしたが本当に行けると思っていませんでしたので、今回komaさんが行かれた事で望みが出て来ました。
体力が持つならばもう一度違う大山に臨んでみたくなりました。
素敵な山を見せて下さってありがとう♪(#^ー゚)v そしてお疲れ様!
[ 2010/08/29 12:34 ] [ 編集 ]

あんずさん、こんばんは。

さっそく見て下さってありがとう♪♪
ふふ♪ 三の沢を征服だなんておおげさですよ!
最後の堰堤を上がったら目の前にぱ~っと広がる景色。
これを見れたらそれだけで満足。
登るっていうほどの距離ではなく、三の沢の広場だけ散策するには
危険はないと思います。
尾根まで行くには、確かに熟練者でないと無理でしょうね。
登りはいいけど、下りが危険なんですって!
確かに、誰も歩いていないのに、ゴロゴロ~ドスン!って岩が落ちる音がしたんですよ。
崩落しているんですね~~
よ~く周りの岩肌を見ると、傷だらけの大山って感じがしました。
お花は残念、時季遅し! でした。
また初夏の頃から夏に向けて行けたらいいな~って思っています。
大山ってどこの方向から見ても惹かれますね~(*^_^*)
三の沢は、弥山を登るほど体力も気力もいりませんでしたよ。
うんうん、あの風景を見に、あんずさんも是非♪♪
[ 2010/08/29 20:34 ] [ 編集 ]

人が・・・ちっちゃいね。

うわぁ、見える見える。
頂上の人がちっちゃい!
この場所は私も夫と行った時に下から見たことがあると思います。
komaさんの言われる通り大山はどの方角から見ても
魅力のある山ですよね。
今、ふっと頭に浮かんだんですけど、夫が仕事を辞めて隠居生活に
なったら、今度はゆっくりゆっくりと又山歩きを始めたいって。

komaさんの写真みたいな青い空に真っ白な雲が浮かぶような山に
出会いたいわぁ。
[ 2010/08/30 09:34 ] [ 編集 ]

sachyan、こんばんは。

頂上とか稜線を歩いている人の姿が見えた時、なんともいいようのない感動みたいなものがわいてきたんですよ。
大山の稜線は、ナイフの刃のように鋭いんだそうです。
そんな所を歩かれるなんて・・・命と引き換えのようなものですね。
でもそれでも歩きたくなるほど惹きつけるものがあるんですね~
私も歩きたいと思いましたもの~(^^ゞ
sachyanも、この三の沢に行かれたことがあるんですか?
ここからの眺めは、日本アルプスみたいな雰囲気がありますよね。
(あ、日本アルプス、行ったことはないんですが・・・)
南壁の姿は、格別美しいな~って思いました。
うんうん、sachyanもまたご主人様とお山歩きを再開なさったらいいですね。
今、すっかり山歩きにハマっています。(*^_^*)
[ 2010/08/30 20:29 ] [ 編集 ]

凄い!

大山に魅かれ 又大山の三の沢トライ~素晴らしい!
ハイカーでは無く立派なマウンテニアーですね~(*^^)v
岩がゴロゴロ広がる所を歩くのは大変でしょうね。
以前茶臼岳に登った時 下りが足をとられて危なくて
夫頼りで下りました・・・``r(^^;)ポリポリ

山の姿を仰ぎ見ると本当に魅力的で素敵!
私は眺めるだけで満足していますが 足を踏み入れるとさらなる魅力に
引き寄せられるのでしょうね~凄いわ、Komaさん!

岩肌に可憐にされどたくましく咲く花々も登る人の疲れを癒してくれるのですね。
剣が峰の頂上に立ち槍尾根を歩くKomaさんが 目に浮かびました~(*^.^*)フフ
ご夫婦が一緒の趣味をお持ちだからこそ登る事が出来る山、素晴らしいです~(*^^)v 
[ 2010/08/30 22:35 ] [ 編集 ]

Tekoさん、おはよう!

見て下さってありがとう♪
いえいえ、まだまだハイカーですよ!
登山家にはとうていなれません。
ここはね、見事な景観を目の前に出来ますけど、
この風景を見るだけだったらそれほど大変な歩きにはならないんですよ。
しっかりと道を把握していなかったので、ちょっと失敗はありましたけどね。
岩がゴロゴロの道は、確かに歩きにくく、場所によっては危険な所がありますよね。
Tekoさんも大きなお山に行かれたことがあるんですね。
そうそう、上りよりも下りが危険なんですって!
実際そう思いました。
ふふ♪ とてもとても剣が峰の頂上に立つことは出来ませんし、あのナイフのような尾根を歩くなんて・・・きっと救済のヘリコプターのお世話になるでしょうから、絶対に登れませんよ!
うんうん、幸い夫とも歩けることで楽しむことが出来るんですよね。
いつまでもこんな風に山歩きが楽しめたら・・・と、思っています。
[ 2010/08/31 07:04 ] [ 編集 ]

タイトル

komaさんこんばんは!
すごいですね
大山のいろんな表情が見え なんだか嬉しかったです
今までに大山へは 膝の手術をする前に5回くらい登ったかな
でもいつも下ばかり見 ハァ~ハァ~行ってしんどくて 周りを見るゆとりはなかったな

頂上からの眺めは 最高だったことと 人の優しさ 温かさをいっぱい感じさせてくれた山でした
術後は 大山には 行ってません
行っても登れないと寂しいので
でも 登るのが無理だったら そばまででも行きたいな~と 改めて思いました
komaさんありがとう

写真一枚目 8枚目 11枚目が特に好きです
雲も面白いです
[ 2010/09/02 00:53 ] [ 編集 ]

クスクスさん、こんばんは。

夏山道を登ってから大山にすっかりと魅せられてしまいました。
この三の沢からの眺めもすっごく気になっていて・・・行って見たい気持ちが大きくなって・・・ね。
北壁の姿もなかなか美しくて好きなのですが、ここから見る南壁の姿もまた素晴らしく感動ものでした。
クスクスさんは、5回も登られていましたか~!!
すごいです。
膝を傷められていたんですね。
それでしたら、あまり無理は出来ませんよね。
この三の沢は、広場まででしたらそんなに負担はかかりません。
堰堤のわき道・・・歩き易いです・・をゆっくりゆっくりと登って行けば・・どれくらい時間がかかったかな? 多分1時間ほどじゃなかったかと・・・
最後の堰堤を越えたら、この画像のような景色が広がります。
それだけでも満足出来ると思います。
私は、それでも尾根まで登ってみたい気持ちが大きかったですけどね~(^^ゞ
広場まででしたら、スニーカーでも充分ですよ。
道も分かりやすく、危険性はないですよ。
お奨めのスポットです。
写真、気に入って下さって嬉しいです。
ありがとう♪♪
[ 2010/09/02 21:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する