at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 渋いってどんな味?

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12






渋いってどんな味?

10月14日(金曜日)

きょうの晩ご飯の後のデザートは、渋柿の熟柿と葡萄だった。
買って帰った熟柿は、自然に木で熟れた柿だったので、ほんの少し喉の奥に渋みが残った。
この熟柿の渋みの表現がむずかしい。

甘み、辛み、苦味、酸味、旨味と、味覚にはこの五つの基本の味がある。
そして、渋み・・・基本の味には含まれないが、この渋みも味覚のひとつではありますよね。

dollさんは、この渋みという味覚は、ドイツにはないかな?・・・って言われる。

多分、そうかも?・・・いや、あるはずだけど表現の違いなのかな?

日本でも、最近はこの渋みのわかる子供が、一体どれくらいいるだろうか・・・と、言われる。

この渋みは、自然界にしか存在しないのではないかと、私は思う。

木の実の渋み、渋柿の渋み・・・・そして、もう一つ、渋みには人物を表す意味もある。

「自分みたいなのを、渋い人とも言うんだよ・・・」って・・・おっとっと。

dollさん、意味がわからず・・・きょと~ん~~

あのねぇ・・・おっとっとさん、今は、味の渋みのことを話しているの!(゜゜☆\(--メ)ポカッ


「それは、女の人にも使いますか? 保育園の若い男の先生にも使いますか?」

いえいえ、大体50代以上の、紳士のことを言うかな?

”だから、私みたいなの”って、まだ言う、おっとっと。

あのねぇ、だから 紳士! 紳士のことを言うの。

話が、ずれてしまったじゃない・・・(`Д´)


そう、渋みには、そういう使い方もあるけど、味の表現、taste の一つ。

熟柿をスプーンですくって、喉の奥でその味を確かめるdollさん。

「うん、なんかわかったような気がする♪ 実家で食べたベリーを、私は嫌いだったけど、お母さんはこの渋みがおいしいって言いながら食べていた。きっとそんな味のことを言うのかな?」

うんうん、そうだと思う。

渋みの話から、言語に話題は移り、

ヨーロッパの人から見たアジアの言葉は、どう聞こえるのだろう・・と、聞いてみた。

日本語も中国語も韓国語も、皆同じように聞こえるのだろうか。

日本語と韓国語は、音が似ていて、意味がわからないときは、同じ言葉だと思える。だけど、近くで聞いて、意味がわかると日本語か韓国語かの区別は出来る。
だけど、中国語は、どちらの音とも違う・・・・のだそうだ。

そして、dollさんは、日本語の擬声語に興味があるみたいだ。

「ドングリの転がる音は、なんて言いますか? ドングリが木から落ちる音はどう表しますか?」


木から落ちて ぽとん! 

どんぐり・・・ころころころころ♪ でしょうか。

言葉の話題から、政治まで・・・晩ご飯の後は、きょうも楽しくディスカッションタイムでした~♪(*^_^*)


で、きょうの晩ご飯は・・・

1014晩ご飯♪

鯖の生姜煮(鯖・生姜・絹さや)
野菜の天麩羅(蓮根・ナス・椎茸・ピーマン・玉葱とサヤエンドウのかき揚げ・さつま芋)
三食ナマス(大根・人参・キュウリ・柿)

でした。

きょうも、この晩ご飯をデジカメで撮っていたdollさん、
そして、今夜もお代わりをしてくれたdollさんでした♪♪
作り甲斐があって、嬉しいね~~(*^_^*)
[ 2011/10/14 ] 晩ご飯 | TB(-) | CM(8)

今晩わ♪

毎日美味しそうなお料理で 私もKomaさんの所へ
ホームステイしたく成りましたよ~(*^^)v
夫と喧嘩したら 家出先は Koma家に決まり~(* ̄m ̄)プッ
成る程と・・・味覚の話を読みました。

そう言えばハワイに行った時 ステーキとかパイナップルを添えたりおソースが甘めで お醤油味の様な味の表現はどうしたら伝わるのか悩んだ事が有りました。
しょっぱいのではないし 辛いのではないし・・・
今ではお醤油は世界的認知度になっているでしょうけどね~笑
味覚の表現って 意外と難しい物ですね。
渋さが何となく解って貰えたようで嬉しかったです~(*^^)v

鯖の生姜煮は やはり純日本料理なんでしょうね~色々楽しいね~(*^^)v
[ 2011/10/14 23:42 ] [ 編集 ]

ひょっとして、簡単ですよ(^^♪

渋み、ドールさんに説明してあげてください。 ほら、ワインのライトボディとフルボディーの違い。成分的にはタンニンの差なんですが、白→ロゼ→赤 と渋みが味に深みを与えていますよね。 人に例えると 白(軽いやっちゃなぁ~)、ロゼ(まぁ、魅力的とは言いがたいけど、万人好み、笑)、赤(癖があるけど、芸も人格も、、、?)あっ、これは例えね、笑

さらに、紅茶なんかはまさに、日本のお茶と同じですから、甘ーいお菓子の引き締め役に、この微かな舌に残る苦味、大切ですよね。 甘ーいミルクティーと、さらりとした紅茶、さらに渋みが殆ど感じられない、レモンを入れた紅茶、、、と。

 如何でしょうか、笑

 タンニンは収れん作用を体に引き起こすことで、薬としても利用されてますね。人や動物は、渋みを、表皮細胞を引き締める役割として、覚えたのかも知れませんね。 


調べてみると、
フランス語で
 astringencia (なんか、フランス語の音で無いみたいな気もするんですが、ドイツ語っぽいような^^;)
 
英語でastringency って、あるみたいですね。やはり味覚というよりも収れん性からきている単語のようですね。

 日本人はこのシブを、渋柿に代表されるように、いろいろと利用してきているんですよね。
 
 フランス人も、防腐剤としてワインに使ったり、、、でも、日本人の比ではないでしょうね。たぶん、、、そのへんを説明してあげたら、日本文化においての渋、ご興味をもたれるかもですね。
[ 2011/10/15 09:48 ] [ 編集 ]

komaさん、こんにちは

国が違うと理解しがたかったり表現に悩む事もありますよね。
味覚って本当に微妙なものですからね。
渋みって言うとまず柿の渋を思い出しますが、夫様、楽しい~♪
そうそう渋みの出る素敵な紳士の年齢ですよね。フフ
こういう会話も含めて、色々話題にも困らない夜の時間、良いですね。
勉強にもなりますよね。

夕食は毎日色々考えて作られていますが、こういう純日本風の食事が大丈夫なのですね。
喜んで食べて下さると作るのも作り甲斐がありますしね。
Tekoさんではないですが、koma家に私もホームステイしたいなアハハ
[ 2011/10/15 15:09 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/10/15 15:34 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/10/15 16:06 ] [ 編集 ]

ラダさん、こんばんは。

ふふふ♪ ラダさん、おもしろい、そしてわかりやすい表現を有難うございます。
晩ご飯の時に使わせて頂きました。^m^
ふ~~ん・・・って、首をひねっておられましたけど~(*^_^*)
実は、dollさん、私と同じで、いや、私以上にアルコールが駄目みたいです。

渋みは、表皮細胞を引きしめるんですか・・・ふ~ん・・なるほどね~~φ(..)メモメモ
だから、五つの味覚に含まれないんですね。
また知識が増えました。ありがとうございます~(*^_^*)
はい、渋みに興味をもたれたようで、今朝も辞書で調べてみられたようです。

[ 2011/10/15 21:17 ] [ 編集 ]

あんずさん、こんばんは。

そうなんです。
国によってずいぶんと違うことが多くて、話していてなかなかおもしろいです。
特に味覚となると、日本人の細やかな表現の説明が難しくて・・・
でも、改めてそんなこと思いもしなかったことや、考えたこともなかったことを思いなおしたりして、脳細胞が若返ったような気がします~(*^_^*)
dollさんの目のつけどころが、通り一遍の観光旅行と違うな~って思うことが多いです。
話していて楽しいですね~(*^^)v

dollさんね、純和風の食事がいいみたいです。
その方が好まれますので、作る方としては、ずいぶんと助かります。
私は、こんな田舎料理しか作れないのでね。
もう~~! ふふ♪ お料理は、あんずさんの方が上手ですよ!(*^_^*)
[ 2011/10/15 21:23 ] [ 編集 ]

鍵様、こんばんは♪

なんと・・・そうでしたか~
すごいですね~(*^_^*)
でも、なんかやっぱりそうだったのか・・・って、思える所もあったりして。
鍵さんも、そんなに早くから将来を見据えていたんですね。

ふふ♪ 渋み・・・そっか~ そう言えば、入れて時間の経ったお茶の渋みもありましたよね♪
こちらは、私、思い浮かびませんでした~(^^ゞ


改めて、情報をありがとうございます♪
コピーをして参考にさせて頂きますね!
いつも道を見失ってしまい、まだ未踏の場所です~(*^_^*)
楽しみが出来ました(*^^)v

きょうは、のんびり過ごされましたか・・・
お天気もイマイチだったので、それも良かったですね。
明日は・・・また楽しみに伺いますね~♪
無理はなさらないように・・・ね!♪

[ 2011/10/15 21:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する