at Favorite Place・・・お気に入りの場所で お母ちゃん・・・と、呼ぶ

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10






お母ちゃん・・・と、呼ぶ

3月30日(金曜日)

母の趣味は、自分の思いを活字にして新聞社に投稿することだった。

せっせと書いては送っているのを、以前はよく見ていたのだが、

最近はとんとそんな姿を見なかったので、もう書くことは止めたのかと思っていたのだが・・・

私がいない時に、どうやらたびたび投函していたようだ。


今朝・・・まだまどろんでいる時間に、二階に上がって来る足音で飛び起きた。

ひぃ~~~!! 寝過ごしのか~~????

あわてて枕元の時計を見ると・・・5時・・・

なんだ、まだ5時じゃないか~~  もぉおお~~、もう少し寝かせてよね~~

朝の30分は大きいんだよ・・・で、何?


母・・・「嬉しい♪ 出た!」

ん?・・・何が?・・・

「ひとときに載せてもらえた♪」

あぁ、そりゃぁ、良かったね・・・・でも、そんなに朝一に、

それもまだ寝ているのを起こしてまでも報告してくれなくても良さそうなものを・・・

読んで!! って、配達されたばかりの新聞を、あおむけの私の胸の上に置いて、下りて行った。

もぉぉぉ~~、そう急いで読まさんでも・・・・

私のせっかちな性分は、母譲りでしたか・・・

まぁ、そうまで言うのなら、もう少しまどろんでいたい所だけど、読みますか・・

どっこらしょっ!



330 おかあちゃん・・・



おかあちゃん・・・か・・・


そう、私は、いまだに母のことをお母ちゃんと呼ぶ。

そうなんだ・・・ふ~ん~~ そう呼ばれることは、これほどまでも嬉しかったのか・・・

”おかあちゃん”を題材にして、

20年くらい前にも確か書いて載せてもらったことがある。

今回も同じテーマでか????



”おかあちゃん”ね~~

お母ちゃんって呼ばれることを喜ぶ母、そして、「おかあちゃん」って呼ぶことで、

こんな「アラカン」年齢になってでも、娘心が残る私。

おかあちゃんがいるから・・・”おかあちゃん”って呼ぶからこそ、

バアチャンくさくにもならず・・・姑らしくにもならず・・・

遠い、遠い、娘の頃の気持ちをそのまんま、今の今まで引きずって来れているのかも知れない。


母が我が家に籍を移してから、まる2年? まる3年?・・・が、過ぎようとしている。

私流にこなしてきた主婦業、それが母が一緒に暮らすようになって、

まず、洗濯物の干し方の違い・・・取り込む時間の違い・・・たたみ方・・・

どちらかと言うと潔癖症のある母の、なにかにつけての雑巾がけ・・・

食洗器にいれる食器の並べ方・・・

それらの、いちいちが気になって、イライラがひどかった。

でも、

”あのね、家事は私がするから、おかあちゃんは、もう何もしないで・・・”って、

そう言ってしまったら、窮屈で仕方ないだろうな~~と、

見て見ぬふり、・・・ どうしても気に入らなければ、こっそりと直せばいい・・・

いつしか、そのように自分の気持ちをコントロールし、

今では、家事の分担と、や~っと割り切れるようになった。

女性が男性よりも寿命が長いのは、この家事によるって、なにかで読んだことがある。

91歳の母が、いまだに頭もしっかりとし、元気でいてくれるのは、

この家事の分担が一つの救いになっているのかも知れない。

洗濯物を干してもらうのも、取り込んでもらうのも・・・平日の掃除機をかけるのも・・・

食器の後片付も・・・

これだけしてもらうことで、私もかなり楽をしている。

ただ・・・食事作りだけは、・・・これは、昔から母の苦手とする所。

幸いなことに、これだけは、私から奪おうとしない。

そして・・・ご飯作りは、これは、やはり譲れないと思う、私。

なにもかも母にしてもらっては、・・・・今度は私がボケてしまう。

そうでなくても・・・怪しいこの頃だもの・・・

そうそう、まだ私よりも勝つものがある。

握力・・・喧嘩したら、きっと私の方が負けてしまうだろうな・・・

馬鹿がつくくらい、この握力が強いのだ。

あぁ、ひょっとして・・・ひょっとして・・・私よりも長く生きるかも知れんな~~母。






[ 2012/03/30 ] つぶやき | TB(-) | CM(16)

ありがたいものですが・・

ステキですね~おかあさん!
komaさんが文章がうまいのは、お母さん譲りでしたか。

私もいまだに、母には 「おかあちゃん」って言っていますが、komaさんのお母さんのように感じているんだろうか?

友人が言ってました。
うるさいようでも、庭の草をとってくれるだけでありがたいものだと。
自分がいろいろできにくくなってくると、家族がいると助かることも多くなります。(でも時にはしんどい・・)
[ 2012/03/31 01:44 ] [ 編集 ]

こんばんは、komaさん。

いいですね~お母さんの言葉。
温かい気持ちになりましたよ。

そうだろうなぁ・・って思ったんです、しみじみと。

おかあちゃん・・ってあったか~い響きですもん。

なんか、子供が、ただ意味もなく「お母さん」って呼んで、何?って聞くと、「ううん、なんでもない。」って。 そして、また「お母さん」って呼ぶ。何か用かと思えば、「ううん、ただ呼んでみただけ。」って言うことあるじゃありません?そんな光景が浮かんできました。

味の素じゃないけど、ホント、幸せの素なんですね。
一振り、二振り、「おかあちゃん」って言葉を振り掛けるんだわ~って思って、あったか~い気持ちになったんですヨ。

91歳、家事手伝い・・・
私、ここに目が釘付けになってしまいました。なんかすごいって。笑顔で文字を見つめてました。生涯現役。そんな気概を感じて。

いつまでもお元気でいらして欲しいです。どうぞお体にお気を付けて。

そうかぁ~ おかあちゃん、なんて言葉、一生かけてもらえないなぁ。 
これは寂しいぞ~って思ったんですが、そう言えば、夫が猫たちに、おかあちゃんの所に行ってろ、とか言ってますね~(^_^;) 猫の母かぁ。まぁ寅年だし、いいかっ・・

でも・・
それらの、いちいちが気になって、イライラがひどかった、というkomaさんの気持ちはよくわかる。(^_^;) そりゃ、ありますよね、確かに。
komaさんも握力をつけて頑張りましょう。おかあちゃんにつづけ!ですよ。(*^^)v
[ 2012/03/31 01:47 ] [ 編集 ]

おはようございます

私もおかあちゃんって呼んでます。
でも、母と一緒に住んでいる弟は「ばあさん」と呼んでいます(^_^;)←ちょっとひどいよね。
そうか。。。弟に「おかあちゃんって言ってみな」って話してみよ♪

新聞投稿の最後の「家事手伝い 91歳」がなんとも微笑ましいです^m^
素敵なお母さまですね。
[ 2012/03/31 08:33 ] [ 編集 ]

すごい! そうか!komaさんの文章が素敵なのはお母ちゃん譲りだったんですね! 91歳!とは思えない文章力!
こりゃあ 長生きされますぞ!きっと! 「カーネーション」も終わりましたが あの人も90を超えてましたね (^_^)
[ 2012/03/31 15:22 ] [ 編集 ]

もりははさん、こんばんは。
素敵かどうかはわかりませんが、頭も体も元気でいてくれることが、なによりも嬉しく、助かります。
趣味が多いのも、娘としては嬉しいですね。

もりははさんも、「お母ちゃん」って呼ばれているんですね。
私ね、このお母ちゃんが変えられなくて・・・
人と話すときも、つい、”母”ではなくて、「お母ちゃんが・・・」なんて言ってしまいます。

うんうん、もりははさん、同じですよ~~
助かる部分と、しんどい時と・・・背中あわせですよ♪♪

でも、きっといなくなったら、めちゃくちゃ寂しく感じるだろうな~~って思う、この頃でもあります。(*^_^*)
[ 2012/03/31 18:41 ] [ 編集 ]

Keikoさん、こんばんは。
お母ちゃん・・って、確かにいい響きですよね。
hiroやkoは、今は、「お母さん」って娘のことを呼んでいますけど、「お母ちゃん」って言えばいいのにな~って、内心思っていました。
その方がかわいいのにな~~ってね~(*^_^*)
Keikoさん、なんだか、Keikoさんのコメントに、なんだかじ~ん~と、胸に響きます。
母の幸せの素、元気の素であるなら、これからもせっせと「お母ちゃん」って、たくさん呼びかけようと思っています。

Keikoさん・・・そうか~~・・・
なんか、ここでも、胸に迫るものが・・・
うんうん、Keikoさんは、まーちゃん、サムちゃんのお母ちゃん・・・いいご主人ですね~~「お母ちゃんのところに行ってき・・」って・・・
微笑ましいな~~(*^_^*)

へへへへ♪ ぜいたくな・・・そして、我儘なイライラですよね~~
理屈ではわかっているんですよ~~(*^_^*)
でも、今では、逆に楽してるな~~って、・・・だからこそ、山に海に・・・って、遊びに出かけられるんですよね~~
感謝しなくちゃね~~ (^^ゞ
[ 2012/03/31 18:51 ] [ 編集 ]

hiroさん、こんにちは。
あら~、hiroさんもお母ちゃん派ですか?
きっとhiroさんのお母さんも、いつまでも母気分が失われなくて喜ばれていますよね。

でも・・・弟さんはそうですか・・・
きっと弟さんのお子様達にとっては、お婆ちゃまだから、そう言われるんでしょうけど・・・

でも、「ばあさん」は・・・

あぁ、私はそう呼ばれるの嫌ですよ~~(`。'メ)

うんうん、弟さんに、「お母ちゃん」って呼び!って言って揚げて下さいな♪♪

ふふ♪ 「家事手伝い」に、私も あら・・って、思いました。
(*^_^*)
[ 2012/03/31 18:55 ] [ 編集 ]

番人さん、こんばんは。
いや~~・・・母譲りの部分は結構多いと思いますけど、
文章力はね~~
どうなんでしょう・・・まぁ、私も書くことは嫌いではないので、
その部分は母譲りなんでしょうね。(*^_^*)

はい、母はきっと長生きすると思います。
これと言った病気もしませんし・・・
耳もまだ大丈夫だし・・・ストレスもなさそうですし・・・^m^

でも、元気でいてくれるのは、私にとっては、とっても助かっています。
有難いですよね~(*^_^*)


[ 2012/03/31 18:58 ] [ 編集 ]

お母ちゃん。。。。なんて温かな響きでしょう。

ひとときに投稿された文章の素晴らしいこと。
御歳91歳と聞けば読む人誰もが脱帽です。

何よりポジティブな生き様が素晴らしいです。
お手本にさせて頂きま~す。
すっかりファンになりました。

これからの日々も健やかなることを心から願っています。
どうぞこれからもお元気で!
[ 2012/03/31 21:22 ] [ 編集 ]

同じ新聞、、、91歳でしっかりしいるなぁ、、と読んでたら、
なんとkomaさんのお母さんだったのでした!!
書きっぷりも40歳とか50歳とかの文章ですよね。
、、、、私の場合は、ずっと前ですが、息子がまだ小学生のころ?ある日突然、お父ちゃんからお父さんと呼ぶようになって、ちょっとびっくり寂しい?気がしたのを思い出しました。…「ちゃん」て暖かいです。
[ 2012/03/31 21:40 ] [ 編集 ]

こまははさん、こんばんは。

お母ちゃん・・・改めて、私もいい響きだな~って思いました。

ほんわかとした、暖かい母親像が浮かんできますよね。
私も、娘たちに、「お母ちゃん」って呼ぶようにすれば良かったな~って・・・今更ながら思います。

母、はい、自分っていうものを、しっかりと持っている人だと思います。
そう言えば、愚痴を言いませんね~~
退屈しないように、なんか見つけてはゴソゴソとしています。
なによりも元気でいてくれることで、私は私で楽しめているんですよね。
これは、感謝しないとね。

こまははさん、ありがとうございます。
母に伝えておきます。
励みになります。(*^_^*)
[ 2012/03/31 21:44 ] [ 編集 ]

今晩わ♪ 素敵なお話だなぁ~(*^^)v
伝えたい事はみなさんがみんな伝えてくれてますので
一言・・・お母様元気で幸せですね、元気なお母様の100才のお祝いを一緒にしたいです~(*^^)v
[ 2012/04/01 02:05 ] [ 編集 ]

くもさん、お早うございます。
あら、あれ、読んで下さっていたんですか~(*^_^*)
ふふ♪ はい、母だったんです。

私もね、中学生ぐらいの時に、「お母ちゃん」って言うのがなんだか恥ずかしくて、「お母さん」にしようと試みたのですが、やはり言い慣れている「お母ちゃん」から脱出できなくて・・・

でも、今では、お母ちゃんって言い続けていて良かったな・・って、思っています。

やはり、お父さんっていうよりも、「お父ちゃん」って言われる方が、愛情が深いように感じますよね。

私も、我が子に、「お父ちゃん」「お母ちゃん」って呼ばせば良かったな~って・・・今更ながら思っています。
ちゃん・・って、温かいですよね。

[ 2012/04/01 07:21 ] [ 編集 ]

Tekoさん、お早う♪
はい、元気ですね~~有難いことに・・・

でも、腰はかなり曲がって来ました。
気持ちは若いのですが、体はやはりそれなりに・・・です。
出来ることなら寝込まないように・・・それだけを願っています。
正座していることが多いので、足が弱って来ているんじゃないかと・・・これがちょっと心配です。
ご近所まわりだけでも、散歩しなさいよ~って言っているのですがね~~
[ 2012/04/01 07:25 ] [ 編集 ]

すご~い 
お母様すごいですね
komaさんのお母様だとは最初わからず 記事を先に読んで
家事手伝い 91歳 内容より前にそこに感動しました
そして そうなんだ 重度のアルツハイマーの母 娘の事も 結婚していることも 子供を産んだことも何も認知できなくなってる状態なのに お母さんの呼び掛けには 少しだけど反応がある
最近あえて お母さんと呼びかける事にしている状況もあって 記事を読んで やはりそうなんだと納得しました
これからも おばちゃんではなくお母さんと呼びかけをするぞと 記事で感動したんですよ

ところがkomaさんのお母様だとのこと
またまた感動!です
お母様に お伝えください
自分の母が 一か月前までは 平仮名は読めてたのに 気づくと 少ししか読めなくなっている
自分の名前も よくわからなくなっていってる
どんどん脳の細胞が失われて行ってる現実が 
今日より明日と増えていっている母を見ていると 正直自分もいつかと不安で うつじょうたいになりがちでしたが 元気が出ました
お母様のような高齢な方がいらっしゃる
91歳の今でも 若さ 気力を 将来をも感じさせる そんな方が普通にいらっしゃるんだと 
≪そしてこれからもおかあちゃんとして しっかりと生きていこう そう願ってる ≫と 普通に思いながら生活されている このことがどれほど 元気をいただける事か ありがたい事かという事を 
涙が出ました
ありがとうございました   
[ 2012/04/04 14:14 ] [ 編集 ]

クスクスさん、こちらにもコメントを有難うございました。
母のこと、褒めて下さってありがとう♪
気持ちだけは若いんですよ。
でも・・腰も曲がって来ましたし、足も弱っています。
出来るだけ動かすようには言っているのですが・・・
だんだんと年をとっていくのが怖いし、寂しいものですね。
クスクスさんのお母様、本当に寂しいです。
でも、「おかあさん」の言葉には反応されるんですね。
母性ってすごいですね。
記憶がなくなる病・・・娘としてはやりきれないですね。

ついつい、今あることが普通で、当たり前だと思いがちですけど・・・これって当たり前ではないんですよね。

感謝しないとね。
くすくすさん、母に伝えておきます。
ありがとう~♪
[ 2012/04/04 21:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する