at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 今回も10.5kmのろ~んぐコース

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10






今回も10.5kmのろ~んぐコース

5月18日(土曜日)

そろそろ大山に登りたいね~~・・・

と、言いつつも、今回も周辺の山歩きとなりました。

朝もやの風景

6時に家を出て、今回は新見経由で大山へ向かいます。

朝霧かな? この霧の風景を見て、きっと明地峠の雲海が見れるかも!と、期待したのですが・・・

雲海・・・ない・・・

もう少し早くに到着していれば、あれでも雲海が見られたかな?

予報では、晴れマークだったけど、なんだか段々曇って行く様子にどうか終日晴れてくれますように!と、祈る。

きょうは、川床から♪

さて、きょうは 川床から入ります。

初めてのコースです。

川床から矢筈山(やはずがせん)に登ります。

川床登山口に向かう手前で、全交通止めの・・あれ、なんて言うんだろ・・・車止め?が置いてあり、

しばらく悩む。

え~~!! ここまで来て・・・登山口をもう少しにして行かれん?・・・のん??

なんだかな~・・・と、未練いっぱいで、なんとか1台は入れるぐらい開けられていたので、恐る恐ると車を進める。

川床登山口近くまできたら、

もう、異様な雰囲気・・・

自衛隊のトラックが数台、隊員の方々が100人ぐらいはおられるだろうか。

消防車も3台・・パトカーまでいて、物々しい様子にたじろいでしまった。

自衛隊の方に、

「どこに行かれますか? この先は通れません!」と、止められて、

川床から矢筈に登りたい旨を伝えると、

「あ、登山ですか。 どうぞ! その辺りどこでもいいので車を止めて下さい。」 と言われる。

あぁ、やれやれ♪ 登ることが出来るんだ。

何か総合的な訓練なのだろうか・・・あまりにも物物しい雰囲気に恐怖感がわく。

おそるおそる登山の用意をして、たくさんの自衛隊員の中を歩き始めると、

「どこに行かれるんですか?」って、別の隊員の方にまた尋ねられた。

「矢筈です。 何か災害でもあったんですか? このまま登っても構いませんか?」と、尋ねると、

「あ、いや、災害ではありません。昨日から行方不明の方の捜索をしていました。 が、先程スキー場で見つかったということなので、良かったです。」と、言われる。

捜索~~(*・0・*)  どうやら年配のご夫婦らしいようなことを言われた。

これは気をつけないと・・・慎重に登山しなくちゃ。

もし、万が一 何か事故でも起こすと、これほどの隊員の皆さんや消防署員、警察の方まで動員するようになるんだ・・・
大迷惑をかけてしまう。
あなどってはいけない・・・と、改めて気持ちを引き締めて歩く。

新しくかけられた橋

登山口を、8時45分出発。

全交通止めがされている為か、登山者は私達だけかな?

そう思って歩いていると、後ろから何人かの方に追い抜かれた。

少し心強い♪

緑の中の沢の流れ

パチパチパチ線香花火♪

タチシオデ

緑の風♪

新緑が一番綺麗な季節。

蛙のげ~こ げ~こ~の声、

鶯のさえずり、

沢の流れる音・・

あぁ、安らぐ~~(*^_^*)

幸せの黄色の花

今年初のダイセンキスミレ

テクテクテクC=C=

こんな道なら、いくらでも歩けるよ♪

ほぉ~~

ショウジョウバカマ

ブナの林

寄り添って♪

ミヤマカタバミ

あとどれくらい?

大休み峠まで、まだ2キロもあるの~~?? ( -。-) =3

オオタチツボスミレ

距が白くて、葉っぱが少しシワシワ・・・葉脈も沈んでいるので、

これは オオタチツボスミレ♪

やわらかい葉っぱ

雪の道

ここは、かなりの雪が残っています。

この雪を踏んで向こう側の林道に渡ります。

石畳・・・

1600年頃に、村人たちによって作られたと言われる石畳。

この道を、牛車を引いて博労座まで通っていたと聞いた。

こんな山の上での作業は、人力だけでは相当大変だっただろうに・・

人間の持つ力のすごさを見た。

着いた~~\(^o^)/

11時26分・・・

やっと大休み避難小屋に着いた~~\(^o^)/

ユートピア避難小屋

ユートピア避難小屋が、目の前に見える。

あそこからこの小屋を眺めて、いつかここに立って見たいと思っていたが、

ふ~~ん・・・こんな感じに見えるのか~~

また目的一つ達成出来た。 なんとも嬉しい♪

お昼時間まであと30分。

ここでお弁当タイムにしようかとも思ったが、 

矢筈山頂から大山を眺めながら食べたい。

と、いうことで、このまま避難小屋の真後ろにある登山道を登っていく。

この登山道が、まぁ、急登!! さらに岩がゴロゴロしている歩きにくい道なのだ。

カメラをバッグに収めて、ヨイショ! ヨイショ!と登る。

半分ほど登った所で、若いグループさん(10人くらいいたかな?)にさっさと抜かれる。

急な道を、走るようにして登って行った。

若さっていいな~~

かわいいベル♪

ナツハゼだと思ったけど、ナツハゼの花はこんな咲き方しない・・・ような・・・

ドウダンツツジ?・・でもない?

なんだろ・・(・_・?)

コヨウラクツツジ だと教えて頂きました♪

大山マタギさん、hiroさん、有難うございました。(*^_^*)

また、新しいお花を一つ知ることが出来ました♪♪


大きな風車~♪

タムシバをこんな近くで見たのは初めてだ。

いつも遠くからしか眺められない花だった。

かなり疲れてカメラを取りだす気持ちになれなかったけど、

こんなチャンスはまず・・もうないだろう・・・

もう少しだから、頑張れ~~!! って、エールを送ってくれているように見えて、カシャリ♪(*^_^*)

山頂~~!!\(^o^)/

着いた~~!!!\(^o^)/

大休み小屋から歩き始めてほぼ1時間半。

1時3分登頂!

三角点

1等三角点でしょうか。

温度計が示している温度は、25度もありました。

標高1358・6m

川床登山口から歩き始めて、ざっと4時間15分

きょうもよく頑張ったな~~p(#^∇°)q

ビタミンC補給♪(*^_^*)

きょうもお弁当にして持ってきて良かった。

私達がお弁当を食べていると、一人の男性が登って来られた。

その方とお話をしながら食べる。

どうやら、昨日もヘリの要請があったらしい。

この矢筈山頂直下で、登っていたグループの一人が体調を悪くされて、

ヘリコプターで病院に搬送され、残念なことにこの方は亡くなられたと言うことだ。

川床では、行方不明者の捜索の現場に出会い、ここでまた死亡事故を聞き、

登山はつい軽く思ってしまうけど、侮ってはとんでもないことにつながるのだと、

深く心に刻む。

この後、一組の熟年カップルが登ってこられ、この方達はすぐに小矢筈に行かれた。

とんがり帽子な山♪

とんがっている山が 小矢筈ガ山

あの頂点にも立って見たい気持ちがするが・・・

目の前に蒜山も♪

蒜山三山も見える。

東の壁

矢筈山頂から見る大山・東壁

午後1時を回るとお日様の影になるせいか、暗く見える。

午前中、陽が当たる時に登れば良かったな~~

右側が大山・・・左側のぽっこりとなっているのが、烏ガ山(からすがせん)

さてと・・・お~~、ちょっとのんびりと過ごしてしまった。

なんと1時間もここにいたとは!!

大急ぎで下りないと、登山口までに日が暮れてしまう~~

まだ咲いていた♪

サンカヨウ

もうそろそろ終わりかな?

オオカメノキ

下りの道は、カメラもしまって、ひたすら走るようにして下る。

2時40分に大休み峠避難小屋に着! (40分でくだれた♪)

そこから川床まで3.9kmの道を、ひたすら ひたすら C=C=C=C=C=

時計と、”川床まであと○km”の標識を見比べながら、

ひたすら早足で歩く。

途中、ぬかるみに足を取られて二度もすってんころり~~ん~~

柔らかいぬかるみの上に転んだので、打撲も擦り傷もなかったけど、

登山パンツがドロドロになってしまった。(;>_<;)

やっと~~

グリーンの林まで来ると、あと少し・・・と、ホッとする。

川床登山口着は、4時25分!

なんと2時間もかかっていなかったのだ。

全行程 10.5キロ 歩いた時間は、7時間40分

本日もよく歩きました♪♪

豪円山スキー場から北壁

健康な体と、元気な足に感謝♪(*^_^*)


今回もダラダラと長くなってしまいました。

なかなか簡潔にまとめられない私の記事と写真です。

お時間を割いて見て下さってありがとうございました。m(_"_)m



[ 2012/05/20 ] 大山 | TB(-) | CM(22)

またまた 新しい山に登山成功!おめでとうございました

でも 遭難者が出てるんですね~ お互い気を付けなくっちゃあね  帰りはカメラを仕舞って・・番人たちもそうしてます
帰りが大切なんですよね 安全登山は!

73歳でエベレスト! すごいニュースが飛び込んで来ましたね! 悲しいこと・・・エベレストで遭難された太田病院の先生を思い出しました・・・
[ 2012/05/20 18:21 ] [ 編集 ]

番人さん、こんばんは。
さっそく見て下さってありがとうございます。
遭難者の方なんですが、目的が何かわからない・・と、その時はおっしゃっていました。
ひょっとして山菜取りで迷われたのかも?・・って、感じです。
そして亡くなられた方は、どうやら持病があったようです。

登山、帰りが大切・・そうですよね。
帰りは、足も体も疲れているので、より慎重にしないといけませんね。

はい、73歳の女性のエベレスト登頂、私もすっごく感動しました。
すごい方がおられますね。
太田病院の先生、あのニュースは悲しかったですよね。
登山は、元気で帰ってくるまでが登山ですものね。
[ 2012/05/20 19:33 ] [ 編集 ]

komaさん、こんばんは^^

今回も歩きましたね~!
何だかもう10キロ越えコースが当たり前みたいになってません?(笑)

そかし、凄いところに遭遇しましたね☆彡
遭難するとこんなにも大勢の人で捜索するんですね。
大事だ~、、、

こういうのを目の当たりにすると、
山登りは危険なのだということを再認識させられますね。
どうかお気をつけて楽しんで下さいね^^

私はPC前ですわって見ているだけなので
実際のしんどさはわからないんですけど
これだけ歩いて重いカメラで写真を撮って見せて頂いて
本当にありがとうございます♪

komaさんのブログを見ると私もお山に挑戦したくなるんですけど
誰かと一緒に行くにしても体力に自信が無くて迷惑をかけちゃうだろうな~って
そう思うとなかなか実現できませんね^^;
[ 2012/05/20 20:05 ] [ 編集 ]

すごいな~

komaさんは長い距離をよく歩かれてますね!
ほんとにすごいな。
私もいつか、ここにも行ってみたいと思っています。
少し楽そうな香取からをねらって(^^)

あちこちの山でサンカヨウに出会って、今年の山はとっても楽しいです!
来週は三の沢かな?
[ 2012/05/20 20:26 ] [ 編集 ]

komaさん、こんばんは。
今回もろーんぐコースを頑張って歩かれましたね。
大山は何処を歩いても満足感がありますが、でも大変でもありますよね。
矢筈がこんな急登だったとは記憶になくて・・・
それだけ、その頃は体力があって大変って思わなかったのでしょうね。
でも歩きながら振り返るとユートピア方面が見えて感激だった事は今もはっきり覚えていますよ。
今は緑も綺麗で気持ち良かったでしょう。
花もタチシオデって初めて見ますし、ダイセンキスミレも久しぶりです。
あっ例のオオタチツボスミレ、これだけは自信を持って言えますよね~ウフ

まだ雪が残ってましたか・・・流石に大山なんですね。
矢筈の頂上からの景色はやはり素晴らしく頑張った甲斐がありますね。
もう私には到底無理ですが、行ければ良いなぁ。
どんな山でも侮ると怖いですから、慎重に、体調も整えて無理のないように行きたいですね。
そうそう私も今日の岳山を下りた時に健康で歩けた事に感謝しましたよ。
手始めに歩かれたコースですが、10km少しも歩ければ、もう準備は整ってきましたよね。
さぁ、これからが大山の本番です。
楽しみが一杯待っている事でしょう!!
素敵な山のレポートを楽しみにしていますよ。
お疲れさま。

私は明日になりそうです。
[ 2012/05/20 20:28 ] [ 編集 ]

そらここさん、こんばんは。
今回もよく歩きました~(*^_^*)
でも、シーズンの山歩きは、大体それぐらい歩いているような気がします。
大山は特にそうかな?
だんだんと慣れて来たので、きっと今年も大山歩きが楽しめそうです。
ほんと、ほんと、遭難者の捜索の現場に当たるなんて、想像だにしなかったので、本当に驚きました。
こんな風におおごとになるのを知ったら、人様に迷惑をかけるような無茶は出来ないと、肝に銘じました。
自己管理なんて悠長なこと言ってられません。

ふふ♪ 重いカメラを持っての山歩きは、私の性分なのでね~~
軽いカメラもあるのですが、どこかこだわりがあってね。
でも、それが無理になったら止めますけどね。

うんうん、私も山歩きは、自分のペースで歩きたい・・・いや、そうでなくては歩けないので夫と歩くことしか出来ません。
なにしろ亀の足ですのでね。
だからグループで登山とかは出来ないのです。
[ 2012/05/20 21:01 ] [ 編集 ]

もりははさん、こんばんは。
大山歩きは、大体いつも10kmは歩いているかも知れませんね。
だんだんと体が慣れて来ましたので、今年もきっと大山登山は出来るかな?
そうそう、矢筈は、香取から登るのが一番楽だと言われていました。
今度は私もそこから登って見ようかと思っています。
小矢筈に行って見たいんですよね~~
もりははさん、来週は三の沢ですか?
ひょっとしてお会い出来るかな?
私もそのつもりなんですよ~♪(*^_^*)
[ 2012/05/20 21:04 ] [ 編集 ]

毎週毎週ハードですね(*^^)v
登山と、トレーニングの両方がかなえられていますね。
木漏れ日新緑可憐なかわいい花、、どれも美しいです。
、、、石畳の道にしろ、昔の人の力にはいつも敬服します。。。
お疲れさまでした。
[ 2012/05/20 21:14 ] [ 編集 ]

あんずさん、こんばんは。
まぁ、長かった~~!!
でも、川床から大休峠までの道は歩きやすかったので、
疲れとか足の痛みとかはまったく感じませんでした。
緑のシャワーもとっても気持ち良かったですしね。
でも、矢筈は、本当にきつかったです。
うんうん、きっとあんずさんは体力、気力があったんでしょうね。
急登はきつかったですよ~(*^_^*)

うんうん、ほんと、大休みの避難小屋からユートピアの小屋が見えたとき、すっごく感激しました。
このままあそこまで歩きたいと思ったほどでしたよ♪
あんずさんから、川床、大休み、矢筈のコースをよく聞いて、ず~っと気になっていました。
やっと実現出来て、すっごく嬉しいです。
楽しめましたよ♪
でも、ほんと、捜索の現場を見たら、絶対にお山歩きを甘く見てはいけないな~って思いました。

岳山、あんずさんのリポートを楽しみにしていますね。
ここも初めてのお山ですので、興味津津ですよ♪ (*^_^*)
[ 2012/05/20 21:15 ] [ 編集 ]

くもさん、こんばんは。
今年は、続けてロングコースを歩く機会に恵まれました。
しんどさよりも、心地良さと満足感、そして心地良さの方が勝っているので、毎週でも行けるんですよね。
体力もついて、体脂肪も燃えて・・・さらに心もリラックス出来て・・・
お山歩きほど楽しいスポーツはありません。
石畳には、驚きました。
1600年頃の作業のようですね。
すごい力と忍耐力、昔の人々の信仰やら生活に対する真摯な態度を思いました。
[ 2012/05/20 21:20 ] [ 編集 ]

komaさん こんにちは

雪 まだ残っているんですね
白い花 サンカヨウ 可愛い…*
komaさん 写真が上手だからそのまま伝わってきます。
私も ケーブルで行った時には見つけれなかった稚児百合を
もう1度探しに行ってきました。
5月の山歩きは楽しいです。
夏は暑くて苦手だったけれど 夏には夏の歩く道があるので
今年は夏山も歩こうと思っています。
ホタルにも会えたらいいけれど…*
[ 2012/05/21 14:25 ] [ 編集 ]

こんにちは。
私は昨日香取から矢筈ヶ山に登ってきました。
川床からだとかなり大変ですよね。
私の最初の山歩きが、8年ほど前の晩秋に山好きの友人に連れて行ってもらった川床から大休峠の往復でした。霙が降った後で、何度も滑って尻もちをついたことを覚えています。頻繁に山歩きをするようになったのはそれから2年ほどしてからですが、このコースを歩くと当時を懐かしく思い出します(←大休峠から見たユートピア方面の景色に感動しました)。
[ 2012/05/21 15:48 ] [ 編集 ]

頑張ったね~

ナツハゼに似た花はコヨウラクツツジです。
真ん丸じゃないけど何処か愛らしさのある大好きな花です
[ 2012/05/21 18:01 ] [ 編集 ]

こんにちは。
新緑のきれいないい季節ですよね。
komaさんは山菜は採られないのかな?今の時期でしたらコシアブラがあったと思いますが。。。

赤い壺型の花はコヨウラクツツジです♪
[ 2012/05/21 18:01 ] [ 編集 ]

komaさん、こんばんは(^^)/
おお!元気じゃないですか~♪
苦手な?下りも克服されたみたいですねー
大山見えて良かったですね!
今度ユートピアへ行かれたら振子山まで行ってみて下さい。
あそこから眺める東壁も良いですよ(^^)

「大山行きたい病」がそろそろ発症しそうだけど
家族から”スズノコを採ってくるように”と指令が....悩み中です(^^;
[ 2012/05/21 19:19 ] [ 編集 ]

alice*さん、こんばんは。
はい、大山のへこんでいる所、谷?のようになっているところは、まだ結構深い雪が残っていました。
もう5月も終わりだというのに、やはりかなりの量の雪、それと日影になっている部分は気温も低いんでしょうね。
サンカヨウ、かわいいですよね~~
今回も見れて嬉しかったです♪
この花もどこでも見るってことは出来ない花なんでしょうね。

alice*さん、六甲を歩かれたんですね。
今頃の季節、本当にお山歩きが気持ちいいですよね。
夏には夏の歩く道がある・・・でしょうね。
六甲山も大きなお山だから、きっと訪れる場所も多いのでは・・・と、思います。
一、二度、森林公園を歩いたことありますけど・・・あまりまだお山に興味がない頃でしたけど・・・それでも、とっても気持ちが良くて、お花がいっぱいあったように記憶しています。
なつかしい場所でもあります♪(*^_^*)

[ 2012/05/21 20:06 ] [ 編集 ]

ろっじさん、こんばんは。
あら~~・・・一日違いでしたか。
香取からが一番楽に矢筈に登れると、境港から来られた方が言われていました。
今度はこのルートで登って見ようかな?
そうだったんですか・・・
ろっじさんのお山歩きの原点は、このコースだったんですね。
晩秋の川床コースも、きっときれいだろうな~って思いながら歩きました。
ミゾレが降ったあとの道だと、そりゃぁ、ぬかるんだでしょうね。
雪解け水で、あちらこちらかなりぬかるんでいて、それを避けようと、ちょっと斜面側に足を置いたら、まぁ、ツルリン、ツルリン、 結局ベチャベチャの水たまりにお尻をつけてしまいました。
一緒ですね~~♪(*^_^*)

そうそう、私も大休峠からユートピアを見上げて「あぁ、いいな~~♪」って、しばらくの間見とれていました。

そうでしたか・・・このコースがろっじさんのお山歩きの原点だったんですね。
なんかわかるような気がするな~~♪(*^_^*)

[ 2012/05/21 20:13 ] [ 編集 ]

大山マタギさん、こんばんは。
はい~~・・・頑張りましたよ~~o(^_^)○
昨年、マタギさんに、このコースも歩いて見るといいよ!って言われていたので、ず~っと気になっていました。
でも、きっと私には無理だろうな・・とも思っていたのですが、
先週のロングロングコースでも頑張れたので大丈夫かな?・・・と・・・
また一つ歩いた場所が増えたこと、嬉しいです。

お花の名前を教えて下さってありがとうございます。
きっとマタギさんが教えて下さるだろうと、横着をして調べませんでした~~ ^m^

「コヨウラクツツジ」って言うんですね。
葉っぱがツツジと同じだな~~って・・・やっぱりツツジの名前がつくんですね。
小さな花なので、カメラに収めるのはとっても時間がかかりましたけど、撮っていて良かった~~(*^^)v

マタギさんもお好きな花でしたか。
かわいいものね~~(*^_^*)
[ 2012/05/21 20:20 ] [ 編集 ]

hiroさん、こんばんは。
新緑が、本当に綺麗で・・・疲れた目が癒されました♪
山菜ですか? もちろん好きですよ!
コシアブラですか・・・それが、コシアブラは、まだよくわかっていないんですよね。
食べたこともなくて・・・
あったんですね~~・・・う~ん・・・残念でした・・(-"-)

あ、そうそう、阿弥陀川って言いますよね。
難コースって書いてある標識を見ながら、
いつかhiroさんが歩かれた川かな~って思いながら見ました。
こんな沢を登って行かれたのか~~すごい~~ってね。

コヨウラクツツジの名前、教えて下さってありがとうございます。
お初の花なので、とっても嬉しいです。(*^_^*)
[ 2012/05/21 20:25 ] [ 編集 ]

まーちゃん、こんばんは。
ふふ♪ 我ながらそう思っています。
有難いですね~~!! 元気でお山歩きが出来るなんてね。
そうそう、まーちゃんが歩かれたページも見せてもらったんですよ。2009年だったかな?
矢筈に行かれた時の・・・
振子山?・・・わかりました。φ(..)メモメモ

スズノコ?・・・って何?・・
って調べたら・・・へ~~、これもまたおいしそうな~(*^_^*)
また一つおいしい情報をげっと♪♪
そりゃぁ、こちらが先でしょう・・・大山よりか・・ね!(^_-)-☆
[ 2012/05/21 20:32 ] [ 編集 ]

私は、香取からずっと入ったことあるんですが。車を停めるのが川床ほど、それらしいスペースが見つからずにやめました。でも、道に止める感覚でしたら、何処でも停められますよね。
って、皆さん、たぶんですが、川床から、komaさんの写真にある標識までの、とっかかりの急登が嫌なんだと思います。 あれ、川床大休間でも、一番しんどい場所ですね。 私でも時間で15分くらいの急登、そう考えて、ひたすら我慢我慢の登りです。

橋、流されてしまって、簡単な木橋が作られているんですね。コーマさんのお陰で知りました。

このまえ、矢筈で、後から来られた人の良さそうなTシャツ姿の方と、話しこんで。そのお連れの方たちとも会話して、、、、

ブログの検索の キーワードだけ交換して 帰ってから、しかもその翌日に気がつきました。

 ロッジさんだったんです。 以前、塾の先生なら、ロッジさんと同じですと誰かにお聞きしたことがあり、ブログも訪問したことがありました。 

楽しいですね、こうやって、知っている人でも会ったことの無い人と、お会いすると。(^^ゞ 

後で知ったのがちょっと残念でしたが、そのときにハンドルネームを交換していたら、もっとお話ができたろうに、、、"^_^"と、、、笑
[ 2012/05/22 16:49 ] [ 編集 ]

ラダさん、こんばんは。
そうそう、あの標識まで結構きつかったように思いました。
橋を渡ってからずんずん登って行きますものね。
で、まだ2kmもあるのぉ~~!!って、がっくりしました。
そうなんですか・・・やはり皆さんあの登り道がお嫌で香取のコースを選ばれるんですね。
木漏れ日とか蛙の鳴き声、鶯のさえずり、緑のシャワーは、とっても気持ちがいいんですけどね~♪

橋、はい、新しく、これも趣きのある木の橋がかけられていました。
この風景は好きでしたね~(*^_^*)

ラダさん、ろっじさんとお会いになったんですね。
小矢筈の写真は、どなたに取ってもらわれたんだろうと思っていました。

ですよね~~♪
ブログを拝見している方と、お山でぱったりと出会う・・・
ラダさんもそうですし、ろっじさんもそうでした。
嬉しい出会いです♪(*^_^*)
[ 2012/05/22 20:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する