at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 大山、今年の登り納め♪

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






大山、今年の登り納め♪

11月13日(土曜日)

先週の鍵掛峠から見上げた大山は、青空の下だった。
あの青空の下を、もう一度登れたらな~と思いながら、大山の天気予報を毎日チェックしていた。
その青空が、なんとこの土曜日に・・それも一日中お日様マーク!風も微風と出ている。
この機を逃すなんて、なんともったいない。

数日前に降った雪が気にはなるものの、気温を見ると結構高い。
きっと登山道くらいは溶けるだろうと、アイゼンも持たず登り始めた。
大山にほぼ毎日登られている方のサイトを見ると、八合目辺りからはかなりの雪、あの避難小屋の周りも積雪があるようだ。
どうしようかな~との迷いはあったのだが、いざ登り始めると雪の名残りはなさそうだ。

1113daisen1

カサカサカサ・・この落ち葉を踏む音がなんとも心地良く、登る階段のしんどさがまぎれる。

八月の初めに初めて登ったこの夏山道、まだウォーキングを初めて1週間ほどしか経っていなくて、この階段を登っていくのがかなりしんどかった。
それに時間も、地図に描かれている標準の時間をかなり上回っていた。
でも、今回は違うな~~
ほぼ毎日のウォーキングと、ユートピアルートや三の沢を歩いた足は、どうやら鍛えられたようだ。
いいペースで登れる。

113daisen2

六合目まで二時間で・・・・
登山口を7時20分
六合目着が9時15分
ここで、ちょっとティタイム♪

1113daisen4

八合目まで来ると、大嫌いな階段から解放されてホッとする。
早朝のような雲海が広がっている。
晴れマークはどこへやら・・・見上げる空は灰色

1113daisen7

青空は見られないけど、ガスがないだけでもいいか・・・
頂上に出ると、冷たい風が結構強く、体感温度は5度を下回っている。
寒くて、リュックに入れていたジャケットを羽織る。

弓ヶ浜はどこ?
黄砂に隠れてしまって、全く見えない。

頂上 10時43分到着~♪
なんと、地図に描かれている標準時間3時間半内におさまった♪♪
素晴らしい~(^^)//~~~パチパチパチ

1116daisen6

烏が山の向こうの蒜山連山も、墨絵のようだ

1113daisen8

今回夏山ルートを選んだ理由は二つある。
一つは、まず最初に登ったのが夏山ルートだったことで、締めも同じルートにしたかったこと。
初めての登頂で、制覇したことに酔いしれて景色を充分見ていなかったような心残りがあったのと、

もう一つは、弥山(みせん)の頂上に三角点があることを知り、それを見たかったこと。
出来れば、その三角点に立ってみたい・・・その思いが強かったのだ。

その三角点は、この目の先にある。

”ここから入ってはいけません”のロープの先、この縦走路の先に見えているのに、掟を破って入り込む勇気がない。
法を破るような・・・なんかとてつもない悪い事をするような・・・

「ねぇ、オット、あの三角点まで行ってみない?」

「駄目って書いてあるのを犯してまでは行かん。」

そっかぁ・・・アナタも真面目人間だものね~~

仕方ない、あきらめるか・・・

ビュービュー吹く風にさらされながら、持ってきたお弁当を広げる。

寒さを避けて避難小屋で食べればいいのに、やはりこの壮大な風景を見ながら食べたい。

私はつくづく食いしん坊だと思う。

このしんどい登山道を登りながら、山頂で食べるお弁当を思い浮かべて頑張ったのだ。
畑の草取りをする時もそう!
この作業が終わったら、おいしいお弁当が待っている♪♪ なんて、頑張る。(^^;;)

ず~っとはるか彼方・・・・槍が峰に二人の姿が見える。
ひょっとして・・・いや、きっとあれがYさん達だ。
よく見るサイトに、きょう二人で登るって書かれていた。
状態が良ければ弥山まで縦走されるとも・・・
待っていたら会えるかな?

しばらくすると今度は大山で一番高い剣が峰に一人の姿が・・・

でも、もう寒いし、そろそろ下りようかな?
あの危険な”ラクダの背”を、まさか一人では渡っては来られないだろう・・・

身支度を整えて、リュックを背負って・・・もう一度縦走路を撮ろうとお弁当を広げていた場所から移動すると・・・
なんと 先程剣が峰におられた方が、縦走路を渡ってロープの前に・・・早っ!! (◎o◎;)

ついニコニコと笑顔を向けると・・・「ん?」って顔をされている。

「Yさんですか?」って声をかえると 「うん」

ネットでは長いお付き合いだが・・・あ、隠れファンだったのだが・・・
ずいぶん以前からの親しいお友達って感じて話しかけてしまった。

で、厚かましくも・・・渡りに船とはこのことか~~  って・・・
「Yさん、そこに見えているのが三角点ですよね! 私あそこに行きたいんですけど、大丈夫ですか?」

「あ、いや、ま~ったく大丈夫。僕が案内しますよ♪」って言って下さった。

夫は、行っておいで♪って言うし・・・

こんな機会はそうそうない♪

1116daisen10

尾根に出るとさらに風が強まる。
吹き飛ばされそうになるが、まぁ、この体重、そう簡単には飛ばないだろう。(^m^)

ここが大山の三角点!
弥山からほぼ5,60メートルってとこかな?

あ~、感激~(T-T)

こんなに簡単に夢がかなっていいものだろうか。
なんか、残っている運を全部使ったような気持ちだ。

1113daisen13

三角点からの帰り道から撮った弥山
裏側は、こんなにも切り立った崖だったのか・・・・
崩れゆく大山ってよく聞くけど、安定しているように見える弥山の頂上でさえこんな状態・・・

1113daisen13

「きょうは一人で登ったので、縦走路は帰りません。車はどこに止められていますか?」って尋ねられ、南光河原ですよ・・・って言うと、
「では、一緒に下りますので、三の沢まで乗せてもらえますか?」ってYさん。

夫も私もYさんに会うのは初めてなのに、旧知の友のように話せる。
私の前を歩く二人は、冗談が飛び交っているようで笑い声が聞こえる。
夫もきっと楽しい山歩きになったに違いない。

山での出会い、こんなひとときが何よりも嬉しい。

1113daisen14

下りの道は私達も初めてのルート、五合目からは夏山道を外して「行者谷コース」をおりる。

画像は・・・左のとがった山が三鈷峰  尾根に小さくユートピア小屋が見える

1116daisen16

行者谷コースは、こんな木製の階段が、ほぼ元谷近くまで続いている。
傾斜がきつく、下りの階段が苦手な私は、この道を選んだことを悔やむ。

・・・これは、絶対転ぶわ・・・・ そう思いながら慎重に足を運ぶ。

1116daisen17

途中、倒木があれば立ち止まってナメコ探し。
でも、時季遅しかな?
やっと見つかったナメコも小さなものばかり

かわいいね~~(*^_^*)

1116daisen17

1116daisen18

もう少しで、この苦手な階段が終わる・・・っていう所で、やっぱりこけてしまった。
左手にカメラ、右手にストックを持っていた為に・・・こんな時のストックは邪魔になると悟った。
カメラを守ろうとした体制と、出来るだけ怪我は少ないようにと・・・そう考えながらこけていく自分を、もう一人の自分が見ているような感覚だった。
でも、そうは言っても階段・・・一段滑るように転んだせいで、右膝を思いっきり打ってしまった。
見ると登山用のパンツの膝が破れ、その下に履いていた防寒用のスパッツ(これは今朝新しくおろしたばかり)、それも破れて、膝がえぐれて血が出ている。

持って来たバンドエイドを貼ろうとしたら、Yさんが、自分用の傷の救急グッズを出して、痛み止めの飲み薬とガーゼで傷を覆って下さった。

はぁ、やってしまった・・・ま、カメラが無事だったので良しとするか・・・
それと骨には異常がないみたいだし・・・(*^^)v

1116daisen19

元谷からの北壁
色のない風景は、どこか寒々として寂しい。

緑に色づいたり、かわいい花が咲き始める来年の春を待って、これで大山に登るのは納めとしよう。

最後の登山も、い~~ぱい楽しませてもらった。

そうそう、6合目を半分下りた所で出逢った80歳半ばぐらいの女性、ちゃんと登山靴を履いておられ、側にはエスコートをしているお孫さん。
ゆっくりゆっくりと登りながら、

「もう少し登った所の開けた場所まで行ったら帰ろう」って言われていて、

思わず声をかけた。

「すごいですね~~!! よく登られているんですか?」

「今はあまり登ってはいないんだけど、子供達が小さい時は、遊ぶ場所がなかったので毎日のように子供を連れて大山に来ていました。」 って・・・

よ~~し! 私も80歳を過ぎても登れるように・・・いい目標が出来たわ~(*^_^*)






[ 2010/11/14 ] 大山 | TB(-) | CM(6)

komaさん、こんばんは

今年は大山に嵌りましたよね。
大山の魅力は計り知れないほどのようで、何度、足を運んでもこれで良いというものではありませんが、取り合えずは昨日で登り納めになるようですね。
ネットの世界も不思議であったり、感動があったりと面白いものですよね。
昨日もネットで知り合った方との感動的な出会いもあったようですが、ネット上では何年も前から話しているのに実際に会うと不思議な感じがしますよね。
どんな出会い方にせよ、色んな方との出会いはご縁があったからだと思います。
この不思議なご縁も大切にしていきたいものです。

komaさんにも一番の収穫だった三角点は凄い経験になりましたね。
私も弥山で感激しましたが、三角点までは行けるとは思っていないので、三角点からの帰り道から撮ったと言われる弥山の写真には感激しました。
裏側までは見られませんものね。
感動を味あわせてもらいました。

元谷は階段ばかりで大変でしたね。怪我もされて大変な目に遭われましたが、どんなに気を付けていても、あっと言う間のこんな事が起きる事もあるんですよね。
私も道後山で転んで肩を打ちましたが、治るまでに2年かかりました。
でも以来どんな安易な山でも慎重にと、反省した次第。

私も80歳過ぎまで山を歩けると良いな。こういうお話を聞くと励みになりますね。
怪我の方、早く治ると良いですね。
[ 2010/11/14 17:12 ] [ 編集 ]

あんずさん、こんばんは。

本当に・・もう馬鹿がつくくらい通いました。
きっと来年は、体力も気力も落ちるだろうな~、今乗っている間に・・と、焦りの気持ちもあったのかも知れません。
この辺りでは見られない風景ですしね。
思いがけずネットを通じてしかお話したことのない方との出会いは、不思議でした。
緊張もそれほどなく、旧知の友のような・・・
「Yさんですか?」「あ~、komaさんか・・」実際の名前を名乗ることなく、それでもすぐに打ち解けて・・・
きっと大山という媒介があったからでしょうね。
三角点・・・ず~っと気になっていました。
目の前に見えているのに、ロープで禁止されていて・・・
あきらめていたんですけど、見ることが出来て、ほんとうにラッキーでした。
きっとこのバチが当たったんでしょうね。
もうすぐ階段が終わるという所で、すってんころりん~
あっという間の出来事でした。
まだ膝は痛みますが、打ち身はそうそうには治りませんよね。
明日からの仕事を考えると、はぁ~~ですが・・・
そうそう、あんずさんも肩を傷められたことがありましたよね。
山での怪我はよく耳にします。
気を抜いたらいけませんね。

80歳をゆうに超えた方の登山姿には、目を見張りました。
あのしんどい階段を上がられていたんですよ。
それも5合目は過ぎていました。
こんな年の取り方もいいですよね。
[ 2010/11/14 19:05 ] [ 編集 ]

komaさんこんばんは~

なんだか 一つのドキュメント?番組を見てるようでした
おもわず komaさんよかったねと

写真 とてもよかったです
墨絵のようですね
実物を頂上から見られたのですね
私も登った気になりましたよ
ありがとう

怪我今はどうですか?
痛みは?
でもYさんといっしょでよかったですね
お大事に
私も行者谷コースは登りも下りも苦手です
怪我は別として 大山登り納めでき よかったですね 
[ 2010/11/16 00:32 ] [ 編集 ]

クスクスさん、こんばんは。

長い記事を読んで下さってありがとう♪
簡潔にどうしても書けなくて・・・
今回は、黄砂がひどくくて、頭に描いていたような景色にはあえませんでしたけど、雲海に浮かんだ蒜山や道後山などが、まるで瀬戸内海の海に浮かぶ島々のようで、それはそれで感動を受けました。
大山は訪れる度に、いつも違った感動を受けます。
だからでしょうね、ほんと、馬鹿がつくくらい通いました~(^^ゞ
一緒に登ったように感じて下さって、とっても嬉しいです。
ありがとう♪♪(*^_^*)
膝の怪我・・これが意外と打ち身がひどくて、まだちょっと足を引きずるようにして歩いています。
そうそう、Yーさんと出会えて、念願の三角点に立てたことが大収穫でした。
ふふ♪ 膝の怪我・・・きっとこの違反に対するバチだったのかも~(^^ゞ
クスクスさん、あの行者コースを登ったりおりたりなさったことがあるんですね。
一応歩いておこうと、今回歩いたのですが、もう二度と歩かないでしょう。
あんなに急で長い階段、いくら気持ちのいいブナ林でもちょっとパスです~~
また絶対に転ぶわ~・・・私。
はい、怪我を少々しましたけど、楽しく登り納めが出来て嬉しいです。
大山・・・奥が深いですね~~
大好きなお山になりました♪
[ 2010/11/16 18:37 ] [ 編集 ]

三ノ沢

この日が大山今年最後の登山だったのですね
初めて出会った人なのに楽しく会話出来てよかったですね
Yさんもきっと楽しかったのだと思いますよ
何か来年に目標を持っていると、日頃の生活にも活気ができて楽しくなりますよ。
komaさんはユートピアの御花畑を見た事がありますか?
それは素晴らしい光景ですよ
でも、それよりももっと、もっと素晴らしく神々しい場所が三ノ沢にあります
岩全体が花の衣を纏っています。
この場所を見つけるのに三年掛かりました。そして、その花の岩を見ていたら、何だか感動で涙まで出て来ちゃいました
春になったらいつか行って見ませんか
きっと楽しい目的が出来ると思いますよ
[ 2010/11/24 21:00 ] [ 編集 ]

てるさん、こんばんは。

こちらにもコメントをありがとうございます♪
はい、この日を今年の登り納めにしようと青空を期待して行ったのですが・・・黄砂がひどくて・・・これはちょっと計算違いで残念でした。
でも、今年最後の登りで、思いがけない出会いがあって・・その方に三角点に連れて行ってもらえたことが何よりの収穫でした。
ネットでのお付き合いが長かったせいか、初めて出逢った方とは思えなくて・・・思い出深い山登りになりました。
ユートピアのお花畑・・・いえ、まだなんですよ。
なにしろ大山初心者なもので~~(^^ゞ
来年は是非ユートピアへ!!って思っているところです。(鬼が笑う?(^^ゞ)
え~っ? 三の沢にもっと素晴らしい所があるんですか?
神々しい場所・・・三の沢は一度登っていますので、ここなら行きやすいかな?
ユートピアよりも好きな・・っていうか、登りやすいので好きです。
岩全体がお花の衣をまとっている・・・想像しただけで早く見たくなります。
てるさんが涙を流されるほど美しい場所と聞くと、絶対に訪れなくちゃ!
きょうもウォーキングをしてきました。
登れるように筋トレしておかなくっちゃ♪♪
春・・・いつ頃訪れたらいいのかな?
また情報を下さいね!

嬉しい書き込みを有難うございました。
これからもよろしくお願いします。m(_"_)m
[ 2010/11/24 21:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する