at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 大山歩き・・・初めての挫折

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10






大山歩き・・・初めての挫折

6月23日(土曜日)

4時起きを目指して、遅くても10時には寝るつもりだったのに、

早々とベッドに転がったものの、何故か頭が冴えて眠りに入っていけなかった。

いつもだったら、見たいテレビの番組も見れないほど、すぐに睡眠に入って行くのに、

もう、これって遠足を前にした子供と同じ。

寝なくちゃ・・・寝なくちゃ・・・と、焦れば焦るほど冴えて来る。

もう、こうなったらテレビでも見るか~・・・と、・・・

結局ひとつの番組が終わるまで見てしまった。

うつらうつらと瞼が閉じられたのは、やっと・・・11時を過ぎていた。(と、思う)

4時にセットしていた目覚まし時計の音で目覚め、まだ眠っている体を無理やりベッドから引き起こし、

お握りときゅうり、トマト、それと、昨夜の残り物の唐揚げを用意して、パンをかじりながら出かける準備をする。

そういえば、夫も足が痛いので、きょうはひょっとして大山には行かれないかも知れないって言っていたな~~

「ねぇ、どうするの? 行くの? やめる?」

・・・思い返せば、きょうの挫折はここからすでに始まっていたのかもしれない。

二人とも、登りたい気持ちとは裏腹に、体がどこかついていけないモードになっていたのだと思う。

それでも、準備をして、5時半に家を出た。

明地峠の雲海

きょうの明地峠。

そういえば、この景色を見てもいつものワクワク感が湧かなかったような・・・

この時から”負”の方に転がって行っていたのか・・

アカショウマが出迎えてくれた♪

きょうは、ユートピアルートを歩くので、

車は、豪円山スキー場のリフトの終点の側のパーキングに止める。

治山道路を歩いて、ユートピア登り口を目指す。

天気は薄日が射している程度・・・あぁ、このまま青空になってくれないかな~~

治山道路沿いの山際には、アカショウマがいっぱい咲いていた。

ゆっくり、ゆっくりと緑を楽しみながら歩く。

ユートピアルート入り口

こういう道は、全く苦にならない♪

ほぼ一年ぶりのユートピアルート

夏山道の木道と違って、この道は自然道で好きだ。

ここで、少しだけ休憩♪

下宝珠越えの尾根に、9時45分。

ここまでは、ほぼ予定通りの歩きだ。

ブナ林が美しい♪

オゾンがいっぱい♪\(^o^)/

下宝珠の尾根からは、しばらくの間急登を免れ、美しいブナの林の中を歩く。

このブナの林で、ひと心地つける。

ギンリョウソウの花を追っかけながら・・・

両脇の林の中では、ギンリョウソウが点々と咲いていた。

ここに咲くギンリョウソウは、ほっそり面だ。

栄養不足と言う訳ではない・・・よね?

キソチドリの花もかわいい♪

キソチドリの花も、まだ蕾

開いた頃に、もう一度撮りたいな~~

崩落地帯もあったり・・・

ここまで来るのに、急な岩登りをいくつか・・・

その辺りから、少しずつ体調がおかしくなって行った。

横になりたいほど体がだるく、どこかお腹辺りがずど~~んと重く不快感に襲われる。

先を行く夫が、私のことを気にしながら待っているだろうな~~と、気持ちは焦るのだが、

とにかく座りたい・・・横になりたい・・・と、自然に瞼が閉じてくる。

幸い誰も登って来ないのをいいことに、少しの間斜面に体を預けて横になった状態で休む。

いつもと違う・・・これ、ただの疲れではない・・・

このまま歩き続けていいのだろうか・・・

大山に何度も通って、初めて感じる不安感だった。

こ~んな所もあったり・・・

意外と大丈夫!

今にもずり落ちそうだけど、意外とそうでもない登山道・・・

なかなか追いつかない私に、さすがに心配で引き返そうかと思った・・・と、夫。

砂滑り入り口

砂滑りに向けての入り口に着いたのが、12時21分・・・

いつもに比べて1時間以上も遅い。

もう、ここで性根尽きてしまった。

お腹が猛烈に傷みだしたのだ。

ひと目もはばからず横になる。

「い、痛い~~・・・う、気持ちが悪い~~・・・」

「おまえ、熱中症じゃないんか? 水飲むか?」

さすがに夫も、いつもと違う様子に心配になってきたようだ。


おぶっては下りれないものね・・・なんとか歩かないと大変なことになるものね。


そうか~~ お腹がすいて気持ちが悪いのかもしれない。

と、来る途中のコンビニで買った行動食のサンドイッチを一切れ頬張る。

でも・・・一切れだけで、その後が続かなかった。

口にすると吐き気がくる。




ここから手を伸ばせば、届きそうな所にユートピア避難小屋が見える。

あぁ、あそこまでもう少しなのにな~~

いつもだったら、ここに来たら、”あと少し~♪”と、ウキウキして歩みも早くなるのに・・・

ここで、また30分ぐらい休憩時間をとる。

奈良から来られた団体さんと夫がしゃべっている。

きっとその団体さんも、ごろ~んと横になっている私の姿が異様に映っていたと思う。

よ~~こらっショッ!!

気持ちで頑張ってみよう・・・

「さぁ、行くよ♪」 と、夫に声をかけて一歩・・・一歩・・・と、歩く。

あぁ、やはり駄目!!  猛烈な吐き気が襲う。

キリキリとお腹も傷む。

このまま気力で上がったとしても、上にはトイレもなければ、また下って帰る時間も倍かかる。



起きあがってしゃべりだした私を見て、皆さんホッとされたようで、

「正露丸飲みますか?」 とか、

「あ~、いつも持っている、なんでも効く漢方薬、きょうは置いてきてしもうたな~~」

と、親切に言って下さる。

や~っとなんとかおしゃべりが出来るまで回復した。

残念だけど、まだ余力があるうちに、帰路につくことにした。

ガスも出始める

北壁からガスが猛烈に襲って来だした。

これだと上まで頑張っても、景色はすっぽりとガスの中だろうな。

避難小屋ももう見えなくなってしまったし、

これだと、縦走路が見たくても絶対に見られないだろうし、やはり、下りて正解だったかも知れない。

まだ咲いていたよ♪
ダイセンクワガタ

ここだけは、ロープが頼りだった。

有難いことに、どなたかが太いロープをつけて下さっている。

このロープがなかったら、ここを下りるのは、至難の技だ。

荒々しい岩肌

大きな岩が転がって落ちることも・・・

こんな大きな岩が直撃したら、大けがどころでは済まないかも知れない。

と、思いつつも・・・

さぁ、滑りますよ♪

ここ、砂滑りを滑りながら下りるのは楽しい♪

ズ・ザザザザ~~~ ザ・ザ・ザザザ・・・

まだ雪がこんなに・・・

砂滑りを下り切った所では、

まだ雪がこんなに残っている。

ここで、私の前を歩いていた熟年カップル(たぶんご夫婦?)の女性が・・・雪に足を取られて・・・バッタ~~ン!!と、前のめりに・・・本当に見事に蛙が岩にぶつけられたような格好で転ばれた。

あわてて先を行かれていたご主人(ふうの方)が、女性の側に近寄り、

私達に向かって・・・

「ちょっとそこで待っていて下さい。頭を打ったようです!」と、手当てを始められた。

遠目でもかなりの出血が見られる。

大きな岩に額をぶつけられたみたいだ。

しばらくの間転んだ状態から動かれなかったので、どうなるのかとハラハラしたけど、

そのあと、何事もなかったかのように下りて行かれた。

でも、点々と続いた出血を見て、かなり深い裂傷を負われたのじゃないかな?

転んでは大変と、雪と石に足をすくわれないように、ゆっくりと慎重に歩く。

本当は、一刻も早くトイレに駆け込みたいところなんだけど・・・

この痛み、どこかで経験したぞ~~??? あぁ、そうだ! 陣痛に似ているんだ。

時折絞るように寄せる痛みに、しばし立ち止まってやり過ごす。

・・・お腹、う~ん~う~ん~ 全く痛くない! 勘違い、勘違い、 トイレなんか行きたくない・・・

なんて、サブイボ(鳥肌)が立つほどの悪寒を感じながらも、自分の気持ちを誤魔化す。

砂滑りを下りる人達

きょうは、ユートピアルートを歩かれる人も多い。

何人もの人達に追いつかれ、追い抜かれた。

わ~わ~!!と賑やかな声に、それほど楽しまれているのかと思っていたら、

上から大きな岩が転がって来て、直撃を受けていたら大変なことになっていた!・・・と、教えて下さった。

やはり大きな岩も転がって来るんだ・・・

幻想的~~

お腹の痛みを忘れさせてくれる風景・・・

このガスが晴れたら、どんな風景が広がっているんだろう。

まるで天の国に入っていく坂道のように見える。

やっと元谷まで帰りついた。

まだここから小一時間は車を止めた所までかかる。

はぁ・・・お腹がつらい・・・

今朝、何を食べたかな~~

まさか食あたりではないよね。

ミルクパンと茹で卵とスティックキュウリとトマト・・・確かそれだけだったはず。

グルグルとお腹の中で走り回っているなにやらを、必死で抑える。

「お前、よく我慢出来るな~~・・・自分だったら、絶対に無理だ・・・」

って・・・

もう、我慢するしかないっしょ!!

根こそぎ倒れてしまっている・・・

根こそぎ倒れてしまっている。

それでも、緑の葉っぱをつけて頑張っている。

どうにかして助けてあげたいけど・・・このままだと枯れてしまうよね。
ヤマアジサイの季節ももうすぐね♪

チラホラと咲き始めているヤマアジサイ。




は~~・・・や~っと着いた。

3時半・・・

下りは、2時間ほどで帰れたのか・・・

やはり砂滑りは有難いね♪♪



今回の画像は、全部暗くて・・・

天候のせいばかりではなく、やはり自分の気持ちも暗くて、きっと心の内が反映したのだと思う。

見たかった花・・・ダイセンオダマキにも、アカモノにも・・・ここにしか咲かない花にも・・・

到達したかったピーク1636にも立てなかったし・・・

心残りはいっぱいある大山歩きだったけど、まず、なによりも無事に帰れたこと・・・

砂滑りでは、それなりに楽しめたこと・・・

歩きごたえのあった道も、それなりに楽しめたし・・・
大山には、いっつも、いっつも、なにがしかの満足を与えてもらえる。

体調の悪さは、ただ単に腹痛だけだったのだろうか。

検診の結果、今回の結果はまだ手にしていないけど、昨年気になる所がありながら放っていた所がある。

なんか、それがすっごく気になりだした。

ひょっとして・・・ひょっとして、今回の不調は、それが原因だったのだろうか。

気になる所だ。

まだまだ大山は歩きたい。

見たい花もいっぱいある。

もうちょっと健康な体でいたい・・・・








[ 2012/06/24 ] 大山 | TB(-) | CM(18)

w(°0°)w オォー Komaさん 大丈夫ですか?
今日UPと言う事は 少しは良く成られたのかな~体調・・・。
途中で腹痛吐き気に襲われた時 どうしようかと思いましたよ。
山歩きは 万全の体調で無いと 途中に病院もトイレも無いのだから 駄目なんですね・・・。
夫様の言うように 良く帰路も頑張り通しましたね・・・・。
検診の結果・・・良い結果でありますように♪

お写真から 山の厳しさも伝わってきます・・・無事お帰りに成れて良かった・・・。
くれぐれも無理をなさらず 今日はゆっくりなさってね~♪
[ 2012/06/24 16:16 ] [ 編集 ]

komaさん、こんにちは^^
つか、、、だだだっ、、、大丈夫ですかぁ~?!

大好きな大山とはいえ、不安でいっぱいだったんじゃないですか?
旦那さんもさぞやご心配されたことでしょう。

体調が悪いと体力だけじゃなく注意力なんかも弱るので危険も増すと思うのですが
無事に下りられて本当に良かったです。

今日の具合はいかがですか?
検診結果、良い報告を聞けますように!
お大事に☆彡
[ 2012/06/24 17:02 ] [ 編集 ]

無事でよかった!

komaさん、大丈夫ですか?
昨夜、他のブログへのコメントを読んで、気になっていました。

無事に帰れてよかった!
不調で、とってもしんどかったでしょう。
私も腹痛になって、あせったことが、何度もありますから。

心配事がなんでもありませんように!
[ 2012/06/24 17:35 ] [ 編集 ]

komaさん、こんばんは。
思いがけなく体調不良で残念な大山歩きになったようですね。
でも、山は絶対無理は禁物ですから諦めて引き返す勇気が絶対いりますよね。
でも、どうしたのかなぁ?
色々な要因が重なって偶々この時に体調が崩れたのかも知れませんね。
只まだ大山は待っててくれますから、次の機会までに、しっかり体調を整えて準備したいですね。
それでも色々景色も花も撮っておられますが、きつかったでしょう。
カメラが重く感じられたことでしょうね。
砂滑りでは女性の方が転倒されたようですが、大丈夫だったのでしょうか・・・
楽に下りられるので砂滑りは私も好きですが、でも一昨年の時には相当、これも大変に感じましたので、気をつけければいけませんよね。
私も山を歩いて来ましたが、ハイキングコースなのに体力消耗して、バテバテでした。
高齢のためなのか、普段の心がけの問題なのか、昨日は悩みました。
気持ちだけでは、どうにもならないようです。
komaさん、しっかり休んで体調を戻して下さいね。
[ 2012/06/24 18:23 ] [ 編集 ]

途中で横になりたくなるほどのしんどさとは。。。かなりきつかったんですね。
ブログに下さったコメントではてっきり小スベリの下り口まで行かれたものと勘違いしておりました。上宝珠越だったんですね。。。
でも、引き返されたkomaさんの判断は正解だと思います!
それにしても、よく陣痛の痛み(笑)をこらえられましたね!!
読みながら思わずヒッヒッフーって呼吸法しちゃいました(^_^;)

次回は百花繚乱のユートピアに立てますように。。。(*^_^*)
[ 2012/06/24 20:03 ] [ 編集 ]

お疲れ様でした~~

こんばんわ☆
昨日は悲惨な体調で残念でしたが、
怪我もなく、無事に戻られてホッとしました~

昨日はあれでももしかしてご一緒出来るかも?と思い、
駐車場でキョロキョロして、
ユートピアの方を見ては、今頃あの辺にいらっしゃるのかしら?と眺め、
山頂では、もしかして?と、も一度キョロキョロしていた私でした。
その頃komaさんは苦しい思いの中で頑張っておられたんですね。
苦しくても砂滑りを降りるところまで耐えて、そして転げることなく降り切った精神力に拍手です!

お花が見頃になるのはまだもう少し先だから、
是非一番の見ごろになる頃までに十分養生してくださいな♪

例の道は、komaさんもきっとお気に入りになる感じの道でした。
いつか是非ご一緒致しましょう♪
[ 2012/06/24 20:21 ] [ 編集 ]

Tekoさん、こんばんは。
はい、ご心配下さってありがとう。
寝込むほどではないけど、・・・食欲もあるけど、
なんかもう少しすっきりしないかな?
ウイルス性の胃腸炎かも?・・・とも思っています。
今ね、職場の子供達の間ではやっているの。
それだと、時間が経てば治るんだけどね。
いったんお山の中に入ったら、まずトイレはありません。
でもね、これが不思議と、登る前にちゃんとすませておくと、
7~8時間は大丈夫なんですよ。
だから、今回もまったく気にもかけていなかったんだけど・・・

はい、ありがとうございます♪
きょうは、のんびりと過ごしました♪(*^^)v
[ 2012/06/24 21:15 ] [ 編集 ]

そらここさん、こんばんは。
はい~~・・・参った! 参った!でした~~(^^ゞ

もうねぇ、お山にいったん入ったら、駆け込む所がないからね~~
そこが、ちょっと大変な所ですよね。街歩きと違って・・・

うんうん、そらここさんのおっしゃる通り、
体調が悪かったら、確かに注意力が鈍りますよね。
でも、そう言われて気づいたのですが、神経を集中させたお陰で、お腹の痛みも少し忘れられたかも知れませんね。
あと少し頑張れば、目的地まで行けたのに・・・と、残念さはありますけど、ほんと、なにごともなく帰れたことが一番ですよね。
それなりにも楽しめたことだし。

検診の結果・・・
このしんどさがちょっと怖いような~~ (;一_一)
[ 2012/06/24 21:20 ] [ 編集 ]

もりははさん、こんばんは。
もう、ほんと・・・冷や汗ものでした~~(^^ゞ

もりははさん、よくあのルートを下山に使われましたね。
私、上に行く時は使えても、下りは到底無理ですよ。
砂滑りが通れなかったら、絶対にユートピアルート、往復は出来ません。
岩道を這い登りながら、「もりははさん、よくここを下りられたな~~・・・」って、思いましたよ。

はい、検診の結果、そろそろかな?
気になるけど・・・私もなにごともありませんように~~と、祈る気持ちです~(*^_^*)
多分・・・大丈夫だとは思いますけど・・・ね♪
[ 2012/06/24 21:24 ] [ 編集 ]

あんずさん、こんばんは。
お腹の調子が悪いのが一番の原因だったんだけど、
あの急な岩を登って行くうちに、だんだんと力が抜けて行ってね。
あれ、何だったんだろうな~と、気になっています。
とにかく座って、目を閉じていたい・・・このまま眠りたい・・・そう感じたんですよ。
あ・・自律神経失調症みたいな感じかも・・・今、ふっとそう思いました。
疲れ???? かな?・・・

写真は、撮りたかったので、そう負担には思いませんでした。
ただ・・・岩、昨年梯子がかかっていたところ、あそこを登るのは、ちょっとしんどかったですね~~
おもしろいんだけどね。
あの後、急にしんどくなりました。

そうそう、カメラ! もう、これが重くて、重くて・・・
夫に持ってもらいたいと思いました。
でも・・・こればかりは止められないんですよね。
カメラありきのお山だから・・・私にはね。

砂すべりでの転倒・・・もう、目の前だったので、本当に驚きました。
私が続けて下りると、少しでも小さな石が転がっておちるでしょ?
だから、そこで止まって待って下さいと言われてね。
たくさんの出血には驚きました。
でも、ちゃんと自力で歩かれて帰られたので、ホッとしました。
すごいショックを受けられたでしょうね。
顔面打撲もひどかったと思います。

あんずさんもいいお山歩きをなさいましたね。
お花がいっぱいで、良かったね。
私も、もう大山よりも穏やかな県北のお山歩きの方が合うのかも・・・って、思いました。

ふふ♪ あんずちゃ~~ん~
まだまだ高齢ではないですよ~~^m^
もぉ~~ 笑っちゃいました~~(*^_^*)

うんうん、気持ちだけではどうにもならないこともありますよね。
今回、つくづくそう思いました。
大抵のことは気力で乗り切る私なのに、さすがに駄目でしたもの~~( -。-) =3
[ 2012/06/24 21:38 ] [ 編集 ]

hiroさん、こんばんは。
小滑りまで行けたのであれば、もう、万々歳でした~
上宝珠までがやっとこさ・・・
帰りの道を考えて、せめてそこまでは行かないと・・・と、頑張りました。
あのしんどさ・・・いや、しんどいのではなくて、何だったんだろ・・・だるさ?・・眠気?
自律神経失調症だったのかも知れませんね~~

もう、アハハハハ~~♪ 
hiroさ~ん~、 最高!!(*^^)v
ヒッヒッ フゥ~~!! まさにそれでしたよ~~(*^_^*)
ヒッヒッフゥ~~ 治まれ、治まれ~でした~ ^m^
笑える~~♪ アハハハ♪

はい、7月の中旬ごろかな?
それまでには、行けるかどうかわかると思います。
体調をちゃんと整えておかないとね!
お花畑と1636に、・・・それも青空と白い雲の時にあがりたいです~♪(*^_^*)
[ 2012/06/24 21:44 ] [ 編集 ]

mizuho!!さん、こんばんは。
あれでも間に合えば・・・と思って家を出たんですよ。
早くに大山に着くことが出来たら、夏山に登ろうと思っていました。
でも、やはりどう早く走っても8時・・・
今の私の足では、あの場所までには間に合いませんので、予定した通り、ユートピアにあがりました。
mizuho!!さん、今どの辺りかな~って、ず~っと夏山の方に向かって思っていましたよ♪
で・・・体調が崩れたとき、つくづくご一緒しなくて良かった・・・って、思いました。
心配と迷惑をかける所でした。
レポ、とっても楽しみにしています。
気になる道ですしね♪♪
はい、いつか機会があったらお願いしますね。
それまでには、きっと体調も戻っていると思いますので。

気持ちだけでは、どうにもならない時もあるものですね。
頑張って目的地まで行こうとしたんですけどね~~
でも、無理してとんでもない結果になるよりか、あそこで下りて良かったと思っています。
前回、mizuho!!さんも同じ所まででしたよね。

うんうん、お花畑が満開になる頃までには、体調を整えておこうと思っています。
もう一度あのカメラで収めたいです。

mizho!!さん、お声をかけて下さってとっても嬉しかったです。
これからもmizuho!!さんのエントリー、楽しみにしていますのでね♪♪(*^_^*)
[ 2012/06/24 21:53 ] [ 編集 ]

komaさん 大変でしたね~ 
山へ行ってるとこういうこと多々あります 番人も途中で引き返したこと何回もありますよ 大丈夫 また元気な時に登ればいいのだから (^_^) 早く体調を戻して下さいね
[ 2012/06/24 22:54 ] [ 編集 ]

寝不足と、朝の食べ合わせの消化不良でしょうか。 よくある腹痛のように思いますが、心配要らないのではないでしょうか。
天気が良く、景色も最高、なんていう日では無かったですし、1636まで行かれるメリットも特に無いような日では無かったですか、それよりも、目的の、今年初めての砂滑り、いえいえ、昨年の段階では、駄目かと思われた砂滑りの復活、そしてそれを経験されたのですから、今回の 山行きは、旨く行ったのではないですか。そして、お花畑シーズンへの自信も、、、
 登山は、その日、その日の自然環境次第で、行動が制限されたり、その結果、楽しみ方も違ってきますし、変えるべきでしょう^^。
 今日仮に、雨が降っていたら、、、、、林道の時点でやめていたかもしれない、、、そんな風に、その日一日の行動を、肯定することも大切だと思います。
 その姿勢が、各自の行動パターンを事前に制御して、事なきを得るってこと、多いと思います。 
 結果を肯定して次に次に繋げたいですよね。^^
 前回の私の登山も、他の方と一緒に、最後の最後でずぶぬれになりながら、稜線でこの雨にあっていたら、最悪でしたね、良かったですねぇ、、、なんて、口から出ていました、笑
 上手い登山者になるには、いつも、自分の判断を肯定してかかる姿勢は大切だと思います。 その連続上に、素敵な一日が待っているような気がしますから。
 今日のkomaさんの勇断は、ご自分を 褒めるべきではないですか。 いや、、、、むしろ、ちょっと頑張りすぎかなぁ、、、、^^笑
[ 2012/06/25 00:29 ] [ 編集 ]

番人さん、こんにちは
はい、もう、初めてです・・・こんなこと・・・
お山はこういう時に困りますよね。
そうなんですか~~・・・番人さんも引き返されたことおありなんですね。
ユートピア避難小屋を目の前にして、本当に残念でした。調子が良かったら、きっと3,40分ぐらいで到達出来たのに・・・
でも、無理は禁物ですよね。
お花畑になるまでには、体調を整えて・・・
その為に、少しお山遊びを休憩してみましょうかね。
[ 2012/06/25 11:46 ] [ 編集 ]

radaさん、こんにちは
はい、一番の原因は、やはり寝不足でしょうか。
でも、少々寝不足しても体調を崩すことなく頂点に立っていたんだけどね~~・・・今までは・・
今ね、職場で猛烈に胃腸風邪がはやっています。
ひょっとしてその胃腸風邪のせいだったのかも・・・
それだと日にち薬で治りますので、いいのですが・・・

そうですよね~~
P1636まで行ったとしても、あの日の天気では、景色を楽しむことも、写真を撮ることも駄目だったでしょうね。
諦めるには、条件は良かったです~~ ^m^

そうそう、砂滑りは、楽しかったです~(*^_^*)
今まで滑った中では、一番状態が良かったように思います。
雪が残っていたガレ道を歩くのも、なんだか本格的なお山歩きをしているようで、・・足元は悪いけど、これも楽しみました。
お腹が痛いのを忘れる瞬間でした。(*^^)v

そうですよね、その時の状態に合わせた行動・・・そしてそれを前向きにとらえて次につなぐ。
それがお山歩きを楽しむ大切なポイントですよね~♪

ふふ♪ 私、頑張りすぎましたかね~~???
ユートピアルートは、登りにはいいけど、あの道を帰りに使う気持ちには到底なれません。
せめて砂滑りに下りて行く分かれ道までは・・・と、思って歩きました。
あ、でも、そうなんです・・・お腹が痛くなりはじめたのが、ちょうどあとちょっとで、ここ・・・って所だったのも幸いしていました。
お花畑になる頃、もう一度行きたいんだけど・・・
その前に、県北のお山でも歩いて、ちょっと様子を見てみます。
ただの胃腸風邪で体調を崩したのか、それとも歩くことがもう無理なのか・・・
なんか、先日の発熱から頑張りが効かなくなったような・・・

あ、そうそう、ビターチョコ、買ってこようと思っては忘れて・・・
明日は買って来ます。
そして・・・7gでしたっけ? ちょっと試して見ますね♪♪(*^^)v
[ 2012/06/25 11:59 ] [ 編集 ]

その時の苦しみ、痛いほどわかります。
私は4~5年前から大腸に難病を患っています。
だから、汚い話ですが年に数回はどうにもならない状況が発生します。その際は、ヤブをバリバリ言わせて茂みの奥に入って・・・一応、モンベルの土に帰るポケットティッシュを持参してます。(そして、冬はスコップ必携です)
腸が弱いっていうのも、人が多い山に行きたくない理由の一つだったりします。
汚い話でスミマセンでした。

宝珠尾根は尾根が細いし、隠れるところが少ないし、困りますよね~
勇気を振り絞って、元谷避難小屋って手段もありましたね。
あの匂い、私には入る勇気がありませんが…

早く治して復活してください!
[ 2012/06/25 16:15 ] [ 編集 ]

スパシオさん、こんばんは。
読んで下さったんですね。
ありがとうございます。
・・・そうなんですか・・  スパシオさん、大腸にご病気をお持ちなんですか。
それでも精力的なお山歩きに、お聞きして励みになりました。
ふふ♪ 私、トイレ、特に ○の方は、どこでもは精神的に出来なくて・・・
藪の中なんて、と~っても・・とても、無理です~~(*^_^*)
いつだったか、ここまでひどくはなくて、それでもそんなことがあって・・・高速のサービスエリアのトイレに寄ろうか?・・の夫の言葉もパスして、ひたすら家に帰るのを待って、かけこんだことがあります。
今回は、さすがに家までは無理だったので、・・・
最近枡水に新しいトイレが出来たのをご存知ですか?
あそこまで走ってもらって・・・やっと座りました~(*^_^*)

デヘッ!! すみません・・・汚い話で~~(*/∇\*)

きょうのお昼頃まではまだ不快感がありましたけど、今になって、やっと軽くなって来たような・・・
職場で猛威をふるっている胃腸風邪だったかも知れません。
ちょっとホッとしています。

はい、一刻も早く復活して・・・大好きな道を歩いて登りたいです。
スパシオさんのお話に、元気をもらいました。
ありがとうございます。
それにしても・・・スパシオさんも頑張られますね~~♪
でも、そうやってお山歩きをなさっているから、病気も影をひそめているのかも知れませんね。
あまりご無理はなさいませんように。
[ 2012/06/25 19:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する