at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 大山の花籠へ♪(ユートピアルートを歩く)

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11






大山の花籠へ♪(ユートピアルートを歩く)

7月28日(土曜日)

薄雲の中にぽっかりとお日様

大山の天気予報は、昨日まで出ていた雷注意報は解除になっていた。

曇りのマークも消えて、全部一日中晴れ・・・

その予報を頼りに、もう、きょうしか行く時はない!!と、

花籠の中に身を置きたくて、ユートピアルートを目指す。

暑い時ゆえ、睡眠不足の体力消耗を抑えたくて、

たとえ30分でも長く寝ていたく、今回は往復とも高速道路を使うことにした。

5時には高速に乗りたかったのに、やはり予定通りには行かないものだ。

20分ほど過ぎてしまった。

朝日を透かして♪

やっぱり一般道を走るのと、高速を走るのとは疲れ方が違うような気がする。

豪円山スキー場の駐車場に車を停めて・・・さぁ、きょうはちゃんと目的地に到達できるか・・・

7時50分・・・テクテクテク C=C=C=

岩ごろごろ・・・

下宝珠登山口に着いたのが、8時26分

大神神社から登って来られる団体さんの多いこと!!

ゆっくりと登りたいので、先に行ってもらう。

ここまでスムース♪

石ゴロゴロの急登を、今回はそれほどしんどいとは思わずに・・・

あれ?・・もう着いた?

登山口から30分ほどで下宝珠の尾根に着♪♪

ここで、前に行ってもらった団体さんの中の一名様が、脱落?

皆さんの足手まといになるから・・・と、置いてけぼりにされていた。

こんな所で、一人でどうされるんだろ・・・大丈夫なのかな~~~

絶対に動かないで下さいよ!・・・みたいなことを言われていたけど、

このセリフ、どこかで聞いたような・・・

あ、ドラマ「サマーレスキュー」に、これに似たシーンがあった~~~

実際にもこんなことあるんだ・・・大丈夫かな~~

ちょっと年配の男性だったけど・・・

気持ちいいね~~♪

杉木立は暗くてあまり好きではないけど、

ブナ林は、気持ちいいね~~\(^o^)/

急登を歩いたあとのご褒美みたいなものかな~~(*^^)v

大好きな木漏れ日♪

ブナ林と木漏れ日・・・大好きな道♪


いい天気だ~~\(^o^)/

三鈷峰が見えてきた!

この天気、夕方まで持って欲しいな~~(-人-)

空気が澄んでいる~(^-^)

こんなにきれいな青空だもの・・・きっと下山するまで持ってくれるよね!o(*^^*)o


美保湾

弓ヶ浜がきれいに見えるな~~♪

ふぅ~~ ( -。-) =3

ふぅ~~ そろそろ疲れて来たな~~

それにしても、本当に登山者が多いこと・・・

どれだけの方に先に行ってもらったか・・

私は、後ろからせっつかれるとたまらなくしんどくなる。

だから背後に人の気配を感じたら、とにかく先に行ってもらう。

団体さんが多かったぶん・・・道を譲る時間の長いこと・・・

まぁ、それだけではないけど・・・上宝珠越えの砂滑り分岐まで3時間もかかってしまった。

どうぞ♪ ど~ぞぉ~~♪ お先に・・

ユートピアルートには、こんな急な岩ゴロゴロの道が結構たくさんある。

これが結構しんどい・・・

どうぞ・・・どうぞ、先に行って下さいませ♪

着いた~~\(^o^)/

着いた~~!!!

や~っと着いた・・・11時半・・・

やっぱり3時間半はかかってしまった。

でも、まぁ、たくさんの方に道を譲ったぶん余分にかかっているし、

まぁまぁ・・・かな?

さぁ、花籠の中で遊びますよ~~((o(^-^)o))ワクワク

三鈷峰を見て・・・


きょうは、三鈷峰にもたくさんの人が立っている。

この三鈷峰には、一度だけ登った。

今は、三鈷峰に登るよりも、ピーク1636の方に足が向く。


山頂のお花畑で・・・

カメラを向けても・・・どこをどうやって切り取ればいいのか・・・

撮るよりも、ちょっとこの眺めを楽しもう~(*^_^*)

コオニユリと北壁

シシウド・・クガイソウ・・シモツケ・・ギボシ・・・

北壁

あぁ、やっぱりガスが湧いてきたな~~

ここんとこ、ライブカメラを見ていたら、必ずと言っていいほど、

午後になると真っ白に覆われている。

あぁ、お願い!!!

ピーク1636まで行くまで、どうか広がらないで~~(-∧-)


どんどこ湧いてくる・・・

やっぱり無理かな・・・


あぁ、お願い・・・

もう少し待って!!

P1636までは、やはり持たないかな~~

あそこからゆっくりと景色を眺めたいんだけどな~~

お花畑で、もう少し遊びたいけど、先を急ぎますか・・・

クガイソウとアサギマダラ

振子沢を見下ろして・・・

「お~い!」と、夫の呼ぶ声に振り返ると・・・・

アッ!(*・0・*)

いや、違うかな?・・・前を向いて・・・う~~ん・・

もう一度振り返り・・・

「hiroさん?・・・」 「はい。」

出会った!!! 出会ったよ~~♪♪♪

「komaです~~♪」

わぁ~~!! はぐぅ~~!!  もう一度ハグぅ~~♪♪ 

1636まで行っておけば、きっとhiroさんに会える・・・

そう思って急いでいたら・・・なんと、真後ろにhiroさんが立っているじゃないですか!!

良かった~~♪ きょうの目的のひとつは、 hiroさん  にも会いたかった・・・会えればいいな~って思って登っていた。


でもhiroさんは、三の沢を登り、尾根を縦走してユートピアに下りられると言われていたし、

そうは言っても無理だろうな~~・・・と、半分は諦めていた。

なんと、なんと・・・象が鼻を過ぎた辺りだったかな・・・で会えるなんて~~(*^^)v

このあとhiroさんは、

天狗が峰まで登って、尾根を歩き、また三の沢に帰られると言う。

天狗からユートピアに下りる所が、”超”がつくくらい危険て言われる。

そこを単独でスタスタと下りて・・・またスタスタと登って行かれる。

スリムな身のこなしのなんて軽やかな♪♪

しばらくの間、見とれていました。(*^_^*)

あ、hiroさんって、男性ではなくて、華奢でかわいい女性です~~♪

写真も綺麗だし、記事もおもしろい♪

”hiroさん”の所にリンクしておきましたから、覗いてみて下さいな♪

イワキンバイ
イワキンバイ

ヤマハハコ
ホソバノヤマハハコ

ダイモンジソウ
ダイモンジソウ

クサボタン
クサボタン

花びらの先っぽが、くるりん♪とカールする。

好きな花だけど、いつもここで撮るクサボタンは、失敗する・・・(-"-)

ヤマオダマキ
ダイセンオダマキ

まだチラホラと咲いているのを見かける。

今年も見れて良かった♪

北壁にぶつかるミスト

このあと、一気に雲が広がり、

朝の青空は、すっかりと曇り空になってしまった。

P1636から、天狗が峰に続く道・・・

この道も歩いて見たかったな・・・(もう、絶対に無理だわ~~( -。-) =3 )

1636手前で、大山常連さんのマビさんに出会い・・・

そうそう、昨年の今頃の時季にも、ここユートピアで出逢ったな~~

しばらく立ち話をしました。

墓場尾根
金棒を持った鬼の門番も見えないほど覆われてしまった・・・


お名残り惜しいけど・・・

そして、1636からの帰り道、象ガ鼻で、あがらいやさんにも出会った♪

しばらくお話させてもらって・・・(*^_^*)

これ以上は、天気は悪くなるばかりでしょうね~~・・・と、

また明日出直しします・・・と、言われ、天狗に向かって登って行かれた。


私達も、お名残り惜しいけど下りることに・・・

曇り空ではなくて、雲海なら良かったのにな~~

まぁ、でも、雷も鳴ることもなく、雨に降られることもなく・・・

これぐらいで文句を言っちゃいけませぬわね~~(^^ゞ



宝珠を登っている時に、

下ってくる人から・・・

「きょうは、砂滑りは通らないで下さいね!!」ってクギを刺されたけど・・・


ヨイショッ!!

私は、やっぱり砂滑りでないと無理だわ。

アップダウンの激しい宝珠越え、それも斜度の激しい岩の道を下るのは、

時間もかかるし、要領の悪い私は大変なことになる。

大体様子もわかっているし、覚悟で砂滑りを下りることにした。

上宝珠分岐を下りて、砂滑りに下りる崖で、20数人の行列に・・・

大渋滞すると聞いてはいたけど・・・

耳をすませば・・・

なんと、一人一人に、下り方の講義をしている女性の声・・・

どうやらツアー団体で、初心者ばかりの様子。

小学生の姿まで見える。

崖を下りたあと、恐怖のためか、砂滑りを下りるのをためらって座りこんでいる女性二人・・・

あのねぇ・・・分岐点で注意書きが見えませんでしたか?


・・・

砂滑りは、コースが荒れていますので、通行には十分注意して下さい。
なお、一般の登山道ではありませんので、経験の浅い方は、ご遠慮願います。

                      ・・・・・

こう、はっきりと書かれていたでしょ!!

団体さんの後ろに並んでいる数人の人達も、あきれた様子。

中には、”待ち遠しいので、宝珠を下ります・・・”と、引き返される人も・・・

分岐点では、数グループが、この注意書きを読んで、砂滑りには下りないで、

登って来た道を帰られていた。

この崖を下りるのは、確かに大変だと思う。

高低差が3m~4mはあるかな?

足を置く所を確保して下りれば大丈夫だけど、慣れないとちょっと大変かも知れない。

ガスに向かって・・Goooo!!

砂滑りも、被害をもたらせた昨年の台風前とは、比べものにならないくらい荒れている。

それでも私にとっては、

宝珠越えをするよりも・・・

たとえ荒れていても・・・

落石の心配があったとしても・・・

直線で下りられる砂滑りのコースがいい。

登って来た道と比べて、ゆうに一時間は短縮できると思う。


このガスの中に、夫、そして数人の登山者・・・そして、先の団体さんが消えて・・・

石を落とさないように、慎重に滑って下りる。

ふふ♪ 滑るのは、やっぱり楽しいね~~♪(^^ゞ

このあと、ゴロゴロの岩道をテクテクテクテク・・・・と、歩いて駐車場に・・・

5時前に や~~っと着きました♪♪  

よく歩いたな~~・・・ ざっと9時間??

夕暮れの空もいいものだ♪

高速道に乗ったとたん、土砂降りの雨に・・・

このあと、何か所かで同じように夕立に遭う。

お山の上でなくて良かった♪

心地良い疲労と満足感がヒタヒタと・・・夕空がやけに美しく見えました。(*^_^*)



長い、長い記事と、沢山の写真にお付き合い下さって有難うございました。m(_"_)m

[ 2012/07/29 ] 大山 | TB(-) | CM(18)

やっぱり....
下山中、ユートピア~上宝珠越の間ですれ違いましたねー
最初に旦那様を見つけて「アレ?」と言ったものの近くにいた女性を見るとkomaさんじゃなかったので??と思っていました。
その後、岩を登る所?でkomaさんに会ったけど一生懸命登っていたし一緒にいた「仲ちゃん」がどんどん行っちゃうので声を掛けられませんでした(^^;
でも、ここまでちゃんと登れたじゃん!、と嬉しくて安心しました(^^)←前回の記事見て心配だったんですよぉ

この日、私は先週暑くてヨレヨレになったので早出しました。(^^)V
[ 2012/07/29 17:20 ] [ 編集 ]

わぉ~~!
まーちゃん、さっそく書き込んで下さったのね。
手直し、手直し・・・で、やっとアップしたところです。

え??? 上宝珠を越えた岩の所で?
↑画像の岩の所ですよね~~
すれ違った人、いたっけ・・・
う~~ん・・・もっとしっかりと顔を見れば良かった・・・
もう、そんな余裕なんてなかったものね~~(-"-)

ふふ♪ 夫ね、もう私のことなんか放って、ずんずん先に行くんですよ~~
並んで歩くことなんてありましぇ~~ん~~
ひぃひぃ言いながら、後を一生懸命追っかけています~(^^ゞ
うんうん、この間は、熱が出たあと、2週間後だったのかな?
39度越えの熱だったので、きっと体力を消耗していたんでしょうね。
今回は、しんどいのはしんどいけど、病的なしんどさではなかったので、歩けばなんとか到達すると思っていました。
たくさんの人でしたよね~~

まーちゃんのように、5時半ぐらいから登るといいのよね~~・・・
でも、そうするんだったら、前泊しないとね~~・・・
早朝登山・・・もしくは、小屋泊りの大山登山をして見たいな~・・とも、思っています。
まぁ、無理でしょうけど・・・
[ 2012/07/29 17:51 ] [ 編集 ]

そこだよ♪
小屋泊まり、やりたいと思いつつなかなか実行できません....(^^;
[ 2012/07/29 18:09 ] [ 編集 ]

ふふ♪ まーちゃんもなんだ~~♪(*^_^*)
私、憧れだけで終わりそうですよ・・・
ホテルでさえ寝付きが悪いのに、山小屋で雑魚寝なんて、一睡も出来ないでしょうね。

でも、日の出も見たいし、影大山も見たいし・・・
なによりも天空で受ける朝日・・・さぞ気持ちがいいでしょうね~~

若い時なら出来たかも・・・(-"-)

まーちゃんは出来ますよ♪♪
いつかレポートを楽しみにしていますね♪(*^^)v
[ 2012/07/29 18:33 ] [ 編集 ]

komaさん こんにちは!
アップされるのを待っていましたよ。
まーちゃんも土曜日でしたか!

降りるときは、やっぱり砂すべりが楽ですよね。
いくら条件が悪いと言ってもね~。
下りなのに登りもある宝珠山の道、細心の注意も必要でとっても疲れました。

komaさんは、やっぱりステキな写真を撮られますね~
上がるのが大変でも、あの景色を自分の目で見たいものですよね。
山に行く人たちの感動がわかるようになってきたのかも。

小屋泊まり、憧れています。
まーちゃんと3人で、なんて、いいでしょうね。


[ 2012/07/29 18:39 ] [ 編集 ]

こんばんは。
昨日はまさかまさかの出会い方でしたね!!
本当に劇的な!!思わず抱きついちゃいました~^m^
あの暑さの中、余裕のある様子で、ばっちりでしたね。すごい!すごい!!
本当にうれしかったです。ありがとうございました。
またいつか会える日を楽しみにしています♪
[ 2012/07/29 19:25 ] [ 編集 ]

komaさん こんばんは

 広戸仙の時はコメントしそこなったので 初めましてということになります

 ついに1636mまで登られたんですね

 きのうは まびさんの前を降りていました
 なんか見覚えのある方たちだなと思いながらすれ違いました
 登りかえすときも すれ違いました

 ガスっちゃいましたけど お互いみごとなお花畑が見られてよかったですね

 
[ 2012/07/29 19:54 ] [ 編集 ]

もりははさん、こんばんは。
昨日は、まーちゃんも登られてたみたいですね。
すれ違ったことに気づかないほど、ヘロヘロでした・・私。^_^;

もりははさんは、登って来られた道を引き返されたんですよね。
私、あの岩を下りるのかと思うと・・・もう、もう、登りよりも時間がかかると思って・・・
登りはしんどいし、・・・また、下りも苦手なんですよね~~
そう言いながら、よくお山に行くわ~って言われそうだけど・・・(^^ゞ

そうそう、登りつめた風景と爽快感・・・達成感・・・
いろ~んな感動があるから、また登りたくなるんですよね。
もりははさんも、色々とルートを楽しまれていますね。
ブログがとっても楽しみです。

ふふ♪ もりははさん、私はね、ほんと、や~っとこさ~で歩いているんですよ~~
もっと若い時に、この大山の魅力を知れば良かった・・・と、悔やんでいます。
[ 2012/07/29 20:35 ] [ 編集 ]

hiroさん、こんばんは。
もう、本当に、本当に・・・疲れがいっぺんに飛びましたよ♪♪
後ろを振り返ったら、会いたかったhiroさんの姿が!!
ハグがまたとっても嬉しかったです♪♪
泣きそうでしたよ~~(*^_^*)

ふふ♪ 余裕があるように見えましたか?
いえいえ、と~んでもない!!
ヘロヘロだったんですよ~~(*^_^*)
きっとhiroさんのお顔を拝見して、一気に元気が出たのだと思います。

hiroさんのレポートも拝見しています。
もう少ししてからコメントを入れますね!!

きれいな画像にうっとりです♪
剣が峰からの景色も撮られているかな?
楽しみです~♪(*^_^*)

[ 2012/07/29 20:40 ] [ 編集 ]

Windyさん、こんばんは。
初めまして・・・でも、ないような感じです♪ ふふ♪(*^_^*)
ず~っとブログを拝見しています。
広戸仙では出会っているのに・・・
そうでしたか・・
二度もすれ違っていたんですね~~
どこでだったんだろ・・・
しっかりとお顔を拝見すれば良かった。

はい、1636にやっと立てました。\(^o^)/
これで2度目かな?
昨年の今頃、眼下に流れる雲海にうっとりとして、長いこと天狗へのルート、草つきぎりぎりの所で眺めていました。
本当は、今回もギリギリの所まで行きたかったのですが、あのガスで断念しました。
もう少し早目に登っていたら・・・と、悔やまれます・・( 一一)

でも、そうですよね!!
お花畑は、今が一番の見ごろでしたよね。

Windyさん、コメントを有難うございました。
また私も伺って書かせて頂きますね。

これからもよろしくお願いします♪ (*^_^*)



[ 2012/07/29 20:50 ] [ 編集 ]

こんばんは

ユートピアのお花畑、素敵でしたよね♪
私は、金曜・日曜と登ったのでお会いできなくて残念でした。
またどこかでお会いしたいですね。
[ 2012/07/30 03:27 ] [ 編集 ]

ろっじさん、お早うございます。
ろっじさんは、昨日もユートピアに行かれたんですね。
それもユートピアルートで登られて、下りは振子→川床・・・そこから駐車場までテクテクテク???
考えられない距離です~~(◎o◎;)
避難小屋までだって1時間ほどとは~!!
私は、3倍以上~~
どうやったらそんなに早く歩けるんでしょう・・・
私は、若くしてもそうは行かなかっただろうな~~

そうですね♪
きっとまたどこかの道ですれ違うような気がします。
まだ夏山を歩いていないので、一度は歩かないと・・・と、思っていますので、
夏山かな?
キョロキョロ探しますね~~(*^_^*)
[ 2012/07/30 06:06 ] [ 編集 ]

いい 登山でしたね!お花畑も 山友達にも出逢ったりして
番人も よくこのルートで思わぬ友人に会ったことが何回もあります!(^_^)

夫婦での歩く順番 番人はね 必ず人魚姫の後を歩きます 男の足と女性の足とはやはり違いますから どうしても先に先にと男は行ってしまいがちなんですよね 大山ならまだいいですけど アルプスなどは突然見失うこともあります
やはり 男女二人なら女性が先に歩いたほうがいいかな 
[ 2012/07/30 08:03 ] [ 編集 ]

番人さん、こんにちは。
はい、お花がピークの時に登れて、本当にいい登山でした。
欲を言えば・・・ガスがかかるのが、せめてもう1時間後だったらな~~ってとこでしょうか。
思わぬ嬉しい出会いもあって、より楽しめました。(*^_^*)

夫婦で歩く順番・・・
やはり番人さんはそうされているんですね。
私は、やはり夫であろうと後ろを歩かれるのは嫌なんですよね~~
早く歩かなければ・・・って、気持ちが焦って、ついつい無理をした歩きをしてしまい、あとでしんどくなります。
夫は・・はい、その通りです。
もう、先へ、先へ・・・ず~っと姿が見えないくらい先に行きます。
知っている登山道ならまだいいのですが、たまに右? 左?
え~~っ??? 迷子になった~???
って、オロオロする時があります。(*^_^*)
私のことを、かよわき女性と思っていないようですよ~~^m^
放っておいても大丈夫くらいにしか思っていないのでしょう~( 一一)
[ 2012/07/30 12:02 ] [ 編集 ]

一日違いでしたね。ブログ上でいろんな方のお名前だけは知っているのですが、、、結構、お会いしてるんでしょうね。"^_^"

写真の砂滑り上部を下っている方、この方のように、三点確保で、片手にロープ、というのが理想なんでしょうね。

私の場合は、片手で ほとんど後ろ手にロープを持って階段を下るように 足場を確保して下ります。 ただ、今回のあの崖は、下部になるほど足場が少なく、ロープが不安定で、最後の方、ちょっとロープに振られました。"^_^"

前に初心者の方が停滞を引き起こしていて、待っている人は、ちょっとムカついてましたね。 おまけに何の挨拶もなく、、、気持ちの問題なんですがねぇ、、、、困っている人には誰でも手を差し出しますし、我慢もできるんですから。

小さな 一言、があっても良いですよね。
[ 2012/07/30 20:51 ] [ 編集 ]

ラダさん、こんばんは。
はい、きっとラダさんは、日曜日に行かれるだろうな~って思いながらも、週休二日制の我が家としては、激しい登山のあとは、ゆっくりと朝を過ごしたいので、どうしても土曜日に出かけることが多いです。
この週末は、日曜日には実家にお寺さんが来られるってこともあったので、土曜日しか行く日がありませんでした。

でも、びっくりですよね~~
ほんと、お顔を知らなくても、ブログを通して身近に感じている人達と、知らずしてすれ違っているんですよね~~
ドラマみたいです~(*^_^*)

砂滑りを下りている画像の男性は、夫です~(^^ゞ
三点確保したり、ロープを両手で持ったり・・・
足を置く場所に寄って体制を整えていました。
私もそうしました。
そうそう、最後の方、私もオットット・・・と、なりそうでした~(*^_^*)
でも、”スムースに下りていたよ♪っ”と、夫が言ってましたので・・・♪

お山で出逢う人は、大部分の人が譲り合って・・・言葉も交わして・・・気持ち良く過ごすことが多いのですが・・・
そうなんです・・この時のツアーガイドさんも、一言だけでも後続の登山者にお礼なり謝るなりして下されば、気持ちが救われたでしょうにね。
[ 2012/07/30 21:08 ] [ 編集 ]

多くの出逢いがあったみたいで…

土曜日はたくさんの出逢いがあったようで…
日曜日、私も知っている方に結構お会いしました。
やはり花シーズンの週末は、花との出会いにもまして、人との出会いがあるから楽しいですよね~

平日の山歩きで良いことと言ったら、登山道が空いていることくらいでしょうか。でも、それだと人との出会いが結局ありませんけどね(笑)

皆さんのブログ拝見していると、そして出会った方の話を聞いてみると、今夏の週末は例年ほどの混雑が見られなかったみたいですね。やはり、砂滑りの状態が悪いから?
私は以前、とてつもない渋滞に巻き込まれたことがあるので、どうしてもこの時期は宝珠側から上がる気になれません。でも、今年は何とかなりそうかもですね。

カメラのせい?腕のせい? 実際に肉眼で見た花畑の美しさをどうしてもカメラでは表現できません。毎年、毎年。
29日は結局私はユートまで下りなかったので、花があるうちにもう1回行ってみたい気もするのですが、さて…
[ 2012/08/01 15:56 ] [ 編集 ]

すぱっ・・・・(°m°;) あわわ・・・
もぉ~~ スパシオさんったら・・・^m^
こんばんは~♪
はい、思いがけずいろんな方達に出会えて、
楽しさが何倍にもなりました。
平日は混雑のない良さもありますが、
人との出会いもそれなりに少なくて・・・さて、どちらがいいでしょうね。

スパシオさんも、たくさんの方達と会われてようですね。
今の時季は、皆さんも同じ思いですものね。

そうそう、ユートピア、例年だと、もっともっと多くの人達が訪れているような・・・
きっと砂滑りが使えない・・・と、いうことで控えている方達も多いのかもしれませんね。

スパシオさんの画像、明るくていいですね。
カメラで切り取るって・・・なかなか難しいですよね。
実際に見る方が美しかったり・・・また逆にカメラを通して見る方が雰囲気が良かったり・・・
被写体との出会いにも左右されるような・・・

スパシオさんが撮られる、ユートピアの花籠も見てみたいです。
出来れば見せて下さいな♪(*^_^*)
[ 2012/08/01 18:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する