at Favorite Place・・・お気に入りの場所で ぴ~~ぽぉ~~ ぴ~~ぽぉ~~(災難は突然に・・・)

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






ぴ~~ぽぉ~~ ぴ~~ぽぉ~~(災難は突然に・・・)

8月1日(水曜日)

昨日のことだった・・・

陽射しがカンカンと照る、昼下がり・・・

私は、新聞に目を通しつつ・・・まどろんでいた。


ドスン!!!


ん??? 今のは、何の音?

隣家のご住人がガレージに車を入れた音なのか?

ず~~っと空き家状態の隣家に、娘さんが帰られたのか・・と、窓から覗くも、

なんの影も見当たらず・・・遠くの出来ごとだと、、またベッドに横になった。


その音からどれくらい経過しただろう・・・10分?  15分?

「ちょっとぉ~~ ちょっとぉ~~!!」 と、まるで穴倉に落ちたような、私を呼ぶ声。

また、、オカーチャン、何をしでかした?・・・

軽い気持ちで階段を下りると・・・

異様な光景が~(◎o◎;)

玄関マットの上で、体を九の字に曲げてもがいている母の姿。

「もぉ、お母ちゃん、どうしたのよ・・・」

「足が、動かん・・・左の足が伸びんのよ・・・」

「はぁ~~?・・・もぉ、どうしたのよ、一体・・・」

その伸びないという足を引っ張って伸ばそうとすると、痛がってどうにもならない。

ぎっくり腰?・・・・

ふ~~ん・・・どうしよ・・・

抱えて起こそうとしても、痛がって動かせない。

「おかあちゃん、救急車を呼ぶよ。 私の力ではどうにも出来ないわ。」

「もぅ、大げさなことをしないで!! もう少し様子を見たら落ち着くから・・・」

どこがどうなっているのか、腰のあたり・・お尻のあたりを押したり揉んだりしてみる。

骨は大丈夫なような気がするんだけどな~~・・・

なんとか車に乗せて、かかりつけの病院へ連れて行って見よう・・・と、一人では抱えられないので、近くに住むお嫁チャンに来てもらう。

それでも動かせないので、夫に電話すると、すぐに帰れるという。

保険証を用意したり、かかりつけの病院に電話を入れて、これから連れて行くと伝えて・・・

さてと・・・と、夫と一緒に抱き起そうとしたら、悲鳴をあげるほど痛がる。

これは、ただごとではない!!

自分達ではどうにもならないので、やはり救急車のお世話になることにして、119番にかける。

ほどなく

ぴ~ぽぉ~~ ぴ~~ぽぉ~~ ぴ~ポッ!

あぁ、来たよ・・・ご近所さんが驚いて出て来られる。

そりゃぁ、そうでしょ・・・我が家に救急車なんて・・・ね~~( 一一)

テキパキと処置したあと、担架で救急車に乗せられて・・・「ご家族の方もどうぞ・・・」って。

あっ、そうなんだ・・

私は、夫の車で救急車を追いかけて行くものだと思っていた。

あぁ、乗るんだ・・・私も・・・

恐る恐るステップを踏んで・・・ベッドの横にある椅子に座る。

血圧を計りながら、色々と問いかけられて・・・それにしっかりと答える母。

へぇ~ 救急車の中ってこうなっているんだ・・・心電図のようなモニターもあって・・・

滅多にない機会なので、ついキョロキョロ(((‥ )( ‥)))

10分ほどの救急車でのドライブでした・・^^;


病院に着いてから、レントゲン検査で・・・

母は、思いもかけず骨折をしていた。

大腿骨頸部骨折(だいたいこつけいぶこっせつ)

年寄りに多い転倒による骨折・・まぎれもなくその一人になってしまった。

実は、こういう時って、ちょっとした予感みたいなものがあるものだ。

洗濯物を干したり取り込んだりする家事は、一応母の仕事としていた。

物干しが、二階のベランダとなっているので、階段から落ちては・・・と、少しは気にしてはいたのだが。


この日も、せめて取り入れは私がしようと、洗濯籠に取り込んで、母の部屋に持って行ったのだ。

その籠を畳の上に下ろす瞬間、ふっと・・・う~ん、きょうは私がたたもうかな・・・と、思ったのだ。

なんかこれが災いするような不安な気持ちがフッと湧いたのだ。

でも、まぁ、母の仕事だし・・・

そう思い返したのが間違いだった。

私達夫婦の洗濯物は、別の和室に片づけてくれ、

自分のは自分のタンスに入れ・・・

バスタオル2枚入れたかごを持って、自室から洗面所に洗濯かごを置きに出ようとした瞬間、

廊下と和室の境目に敷いていたマットにつまずき、勢いをつけて転んだのだ。

この部分の骨折は、畳の上でも、お布団の上でも起きるとか・・・

あぁ、もう少し配慮すべきだったな~~

日頃元気なのと、口達者なので、ついつい年齢を忘れてそんな所に気を配るのを忘れてしまっていた。

担当のお医者様が、

「まだ杖なしで歩いているんですか?・・・頭もしっかりしておいでだし・・・病気も降圧剤を飲むだけ・・・

すごいですね~~!!」って驚かれていた。

そうだったのか・・・これって普通だと思っていたけど、母の年齢を考えたら、特別な域に入るのか・・・


ドクターを待つ診察台に寝転がった母が、まじまじと私の顔を見て・・・

「あんた、綺麗じゃね~~・・・ その白いT-シャツ、よう似合ってるよ・・・」って・・・

もう、なんでこんな時に・・・

この言葉のせいかどうかはわからないけど・・・

病院から帰宅して、晩ご飯のあとの片づけをしていたら、フッと寂しさがこみあげてきた。

いつもいる人がいないのは、こうも堪(こた)えるものなのか。

病室で不自由な思いをしている母を思うと、

洗濯物・・・私がたためば良かったな~~・・・って、むしょうに懺悔の気持ちがおきる。

お母ちゃん・・・絶対に寝たきりにならないように頑張ろうね!!

絶対に寝たきりにはさせないからね!!

また元のように、スタスタと歩けるように・・・ちょっと厳しくするかも知れないけど、頑張ろうね。

災難って・・・本当にいきなりやってくるものだ。

大好きな季節だけど・・・

暑い・・・暑い・・・そして苦しくて苦い夏になりそうだ・・・


きょうの最高気温は、35.6度!!


[ 2012/08/01 ] つぶやき | TB(-) | CM(14)

今晩わ、Komaさん。
w(°0°)w オォー 大変でしたね。
普段の生活がふと気に掛かり 其れがやはり何か問題が起きる予感だったって事有りますね・・・・。
お母様病院でKomaさんをふと見て「綺麗だね・・・」余裕が有りますね~素晴らしい♪
(゚ー゚)(。_。)ウンウン 病院のベットで動けずにいると・・・毎日ボケてしまわない為にも お喋りをしに行って下さいね。
退院されてからのリハビリは大変だけど 寝たきりに成らない為にも頑張って貰って下さいね。

美味しそうな桃の写真と 素晴らしいお山の写真の後に こんな事が起こるなんて・・・・。
Komaさん 当分色々大変だけど 身体に注意をしてお過ごしくださいね♪
お母様 一日も早く良く成りますように・・・心からお見舞い申し上げます。 
[ 2012/08/01 23:11 ] [ 編集 ]

新聞記事を思い出しました
もともとお元気なので
早く(ゆっくり)快復されるといいですね
komaさんもお疲れをださないように
[ 2012/08/02 05:22 ] [ 編集 ]

komaさん こんにちは!
いくら高齢でも、元気でいる親だとつい安心しているところがありますよ。
そうなんですね。突然に、はあるかも。

家族になにかあると、みんながバランスを崩しますからね。


うちも8月14日に娘がじん帯断裂の手術をするので、
一か月くらいは、重度障害の孫の全面的な子守りをします。
といっても、ショートスティを使いながらですが。
これから何が起こるかことやら・・

komaさんも頑張っておられるんだから、と自分を励ましてやっていきますね。
お疲れがでませんように!
[ 2012/08/02 10:11 ] [ 編集 ]

Tekoさん、こんにちは。
もう、ほんと・・・まったく思ってもいなかったことが起こり、ちょっとアタフタとしています。
ちらっとよぎる予感みたいなもの・・・これからは無視しないでそこでちょっと立ち止まってよく考えることにします。
あのときこうしていたら・・・そうしていたら・・・
後から悔やんでも遅いものね。
ほんと、大失敗でした。
時を戻したいぐらいです。
ふふ♪ 母ね、さすがにきょうは余裕がなくなってきたみたいで・・・家に早く帰りたい・・・とか、何で気をつけなかったのか・・とか・・もう、泣きたいとか・・・
ぐずぐずでした・・・
明日は、手術です。
それもちょっと怖いみたいです。

先週末、ユートピアで遊べて良かったです。
行っていなかったら、もう、たまらなく落ち込むでしょうね。
しばらくお山の楽しみも封じこみかな?
まぁ、怪我ですから、日にち薬と・・・あまり深く考えないことにしています。

Tekoさん、さっそくのお見舞い、ありがとう♪
はい、ぼちぼちと、焦らないで行こうと思っています。
[ 2012/08/02 13:41 ] [ 編集 ]

くもさん、こんにちは。
はい、もともと元気ですので、きっと頑張って歩けるようになると思っています。
そうしないと・・・寝たきりは、本人はもとより、周りの家族も大変ですからね。
特に私にかかる負担は、・・・ まだまだ介護の世界は遠いと思っているので、自立出来るように頑張ってもらいます。

はい、有難うございます。
適当に息抜きしながら頑張ります♪(*^_^*)
[ 2012/08/02 13:44 ] [ 編集 ]

もりははさん、こんにちは。
もうね~~・・・かなり油断してしまいました。
まだまだ元気だから・・・と・・・あ、口達者なので、そちらで元気だと思っていたかも・・ ^m^

なにが残念かというと・・・あぁ、もう少しお花畑の大山を楽しみたかったです。
今週末は、出来たらキリン峠に行こうと思っていました。
あ~あ・・・の思いです~~(*^_^*)

もりははさんのお嬢さん、やはり手術をなさるんですね。
その方がいいみたいですよ。
私の息子も、高校生の時に手術しました。
ちゃんと治しておかないと、年を取ってから足首がグラグラして歩けなくなりますよ・・・と、言われてね。

もりははさんは、お孫ちゃんのお世話が大変ですね。

あらあら、私の頑張りなんて、もりははさんの何分の一か・・・ですよ。
私こそもりははさんを見習わないと・・・って、思っています。
お互いに、疲れをためないように、どこかで息抜きしながら頑張りましょう。
[ 2012/08/02 13:51 ] [ 編集 ]

お見舞い申し上げます。

こういう思いがけないアクシデントが起きると、特別ないいことや楽しいことがなくても、ゆるりと時間が過ぎて一日が終わる。。。それこそが幸せなのだろうと思いますね。
私も同居の舅姑、実家の母親、三人の年寄りをかかえていますので、いつ何が起きるか冷や冷やものです。
今までも色んなことがありました。
覚悟はしているつもりでも、いざその時に直面するとやっぱりしんどいですよね。
でも、komaさんのお母さまはしっかりしておられるので何よりです。
お母さまご自身の足でしっかり歩ける日を、心より祈っています。
[ 2012/08/02 19:45 ] [ 編集 ]

hiroさん、こんばんは。
そ~~なんです!!
もう、まったくその通りです。
特別ないいことがなくても・・・楽しいことがなくても・・・ほんと、ゆるりと穏やかに過ぎていく時間が、それほど大切なものか・・・幸せなことか・・・
今、つくづくそれを感じています。
幸い、これも時間の経過とともに快復してくれそうなので、
まだ・・ほんと、まだこの程度で良かったと・・・不幸中の幸いだと思っています。
hiroさんも、お舅さん、お姑さん、そしてご実家のお母さんと・・・年齢を重ねるにつれ、心配も増えますよね。
私の母は、きっと怪我も長患いもしないで、ある日突然コロリ!と逝くものだと思っていました・・・(^^ゞ
でも、こういうことも起きるものですね~~
明日手術します。
担当のお医者様は、”元気ですし、意欲もありますので、絶対に歩けるようになりますよ!” と、言って下さいました。

きょうの母は、「もう、早く家に帰りたい・・・」と、泣きごとを言っていました。
ふふ♪ 喧嘩相手の娘がいても、やはり我が家が一番のようです~ ^m^
お見舞い、有難うございました♪(*^_^*)
[ 2012/08/02 21:00 ] [ 編集 ]

大変大変! komaさん びっくりされたでしょう!

年を取ってからの骨折大変でしょうけど お大事にね~
[ 2012/08/02 22:20 ] [ 編集 ]

番人さん、お早うございます。
はい、本当にびっくりしました。
転倒したらおしまいだよ!!って、何度も言っていたのですが、本人も自分の体が骨粗鬆症になっているなんて思ってもいなかったようです。
変に自信のある人で・・・(^_^;)
きょう手術します。
きっと負けん気の強い人なので復活してくれると思っています。
ありがとうございます♪
[ 2012/08/03 06:06 ] [ 編集 ]

komaさん、おはようございます。

お母さんの一大事を知り心配しています。
今日の手術が無事に終わるよう祈っています。

しばらくは入院生活でしょうが
持ち前のユーモアセンスで乗り越えられますよ。

komaさんも大変でしょうが、ご無理のないようにね。
[ 2012/08/03 10:02 ] [ 編集 ]

涼しい病院で避暑気分で過ごされるのも良いでしょう。 最近のお年よりは、ホントすごいと思います。 知り合いの年配の方もそうでしたが、私の母も、70代を過ぎて手首の完全骨折も、数ヶ月で完全になおりましたから。 医者はだめだと言っていたのがです。

ただ、この時季ですから、看病するほうがばてないように気をつけないといけないですね。
[ 2012/08/03 10:14 ] [ 編集 ]

こまははさん、こんにちは。
ご心配おかけします。
手術は無事に終わりました。
もともと少し血圧が高いだけで、元気な方でしたので、
すべてうまく行ったようです。
ただ・・・やはり痛いようで、うんうん・・唸っております。
これで懲りて、少しは年齢を自覚してくれるでしょう。
早く家に帰りたかったら、きっとリハビリも頑張ってくれると思います。

はぁぁぁ~~、4時間近く病院の中ににいたら・・・
もう、すでに音をあげている私ですぅ~~(^^ゞ

これだけの時間があったら、大好きな大山の頂上に着いているな~~・・・な~んて思いました~~(*^_^*)デヘヘヘ
[ 2012/08/03 14:54 ] [ 編集 ]

ラダさん、こんにちは。
そうですよね。
母にとっては、いい避暑になるような・・^m^
手術もとんとん拍子でうまく行ったようです。
この後のリハビリも、きっと順調に行くような・・・行って欲しいと願っています。

ふぅ~~・・・私は、やはり病院は大嫌いです。
もおっ・・苦痛・・・( -。-) =3
手術前から終わったあと、少し落ち着くまでついていましたが・・・この4時間のしんどかったこと・・・

これからまた行きますが・・・
まぁ、これも時間が解決してくれますので、もう少しの辛抱でしょうか。

そうなんですか・・・ラダさんのお母様も骨折されたことがあるんですね。
こういうことがあって、色々と耳にします。
多いですねえ~~
私も気をつけないと・・・と、つくづく・・・肝に銘じておきます。
なにしろ病院って所が大嫌いなので、そこと縁がないようにしないと・・・(^^ゞ
[ 2012/08/03 15:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する