at Favorite Place・・・お気に入りの場所で ブログの存在

2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12






ブログの存在

8月10日(金曜日)

暑い夏・・・大好きな夏・・
その夏も、暦の上では、秋という言葉を使うようになった。
もう10日・・・早く過ぎて欲しい気持ちと、まだ楽しんでいない夏が去ってしまう残念さが交差する、複雑な日々だ。
今置かれている状況が、自分が思っていたものとは違うとしても、その中で何か”光るもの”を見つけていければ、まだ苦痛には思わないかも知れない・・・のに・・・なかなか理屈通り、理想通りには感情は動かせない。

さて、母の術後ですが・・・

先週の金曜日に、人工骨頭置換手術を受けてから1週間が経過した。

この一週間は、母にとっては今まで経験したことのないつらい一週間だったと思う。

手術を受けるまえは、骨折をしたとは言え、いつもと同じで、前向きな考えは変わらなかった。
それが、手術を受けた直後から、あの元気な母はどこに行ったのか・・・と、思うほど、年齢相応な不安定な姿になってしまった。
一時は、このまま痴呆になってしまうのでは?・・・・と、たまらない焦りの気持ちが広がって行った。

甘く見ていたな~~

楽天的に構え過ぎていたな~~・・・・と。

ず~っとベッドに寝たままの状態が続くと、ベッドを起こして座位をとるのさえ苦痛になるようだ。

寝たままでいると、動くのがしんどくなるから、出来るだけベッドは起こして・・・そして上半身は動くのだから、着替えのパジャマのボタンぐらい自分で止めなさい・・・

ずれた体も、なんとか自分で立てなおすようにしなくちゃ・・・と、手を貸さないでいると、
冷たく思うのか、泣いてしまう始末・・・

そんな日が、三日ほど続いたでしょうか。

もともと血圧が少々高いだけで、これと言って病気のない体、気持ちさえあればリハビリもうまく行くはずなのに・・・

母の性分は、慣れないことにかなりの抵抗感を持ってしまう。

ベッドから車椅子に乗ることから緊張してしまう。

平行棒を持って歩く前に、吐き気が来てしまって歩行訓練までなかなか持っていけない。

理学療法士さんが、緊張さえなかったら・・・・と、その気持ちをほぐすことから丁寧に対応して下さる。

上手にゆったりと添って下さるお陰で、昨日は平行棒を持って、二往復、そして、きょうは、プラス歩行器で歩く練習までなんとか持っていけた。

自分の足で歩きたい・・・自分のことは自分でしたい・・・そういう気持ちさえ持てたら、絶対に歩けるようになるのにな~~

”もう、面倒になってきた。 しんどいことはしたくない・・・ベッドに寝転がりたい・・・”

手術をする前の母では、絶対に出ない言葉が出る。

よほどしんどいのだろう・・・

もう、いいよ・・・寝たきりになっても、私、ちゃんと面倒見るから・・・・

そう思わず言ってしまったけど・・・あぁ、もう、気持ちがふさぐ・・・

あれほど楽しみにしていた山歩きも・・・花の追っかけも・・・カメラを持つことさえもあきらめないといけないのか・・・

そして、このブログ・・

自分の分身のようで、支えでもあるブログ・・・たくさんの出会いを膨らませてくれた、このブログ・・・

気持ちや写真を、キーボードを叩くことでコントロールしてきた、このブログに、

気持ちと時間にゆとりがないと、支えである存在であるはずなのに、なかなか向き合えない。

言葉が出ないし、画像もない。

なんだか、これもあきらめないといけなくなるのかな~って思うと、自分の人生も終わったような気がしてくる。


かなり疲れているせいか・・・今夜の私は、ネガティブです・・・( 一一)

あ、そうそう、昨年秋にホームステイしたマリアさんから、9月の10日辺りに、我が家に二泊出来ないか・・・と、メールが送られてきた。

う~~ん・・・・正直・・・ムリッ!! って、心の中で叫んでしまった。

まだ返信はしていないけど・・・どうしよう・・・

母の大好きなマリアさんだから、来てもらった方がいいのかな~~・・・・( -。-) =3

[ 2012/08/10 ] つぶやき | TB(-) | CM(13)

う~ん ショックだよね~ komaさんの気持ちよく分るような気がします でもでも決して暗くならないでくださいね!
ホームスティ 受けた方がいいと思うけどなあ・・・
[ 2012/08/10 22:23 ] [ 編集 ]

こんばんは(^^)/
あせらないあせらない。
山もカメラもきっとやれる時が来るしブログも余裕がなければ放置したっていいじゃん!
komaさんから離れたりしないからさっ(^^)

....って偉そうなこと言っちゃってゴメンなさい。
お母様も予想外の出来事で不安でいっぱいなのかもしれませんねー
[ 2012/08/10 23:18 ] [ 編集 ]

今日わ♪
思いがけない事が起こったり なかなか思うように行かなかったり・・・其れが人生かもしれませんね。
Komaさんが どんな状態でも ブログのUPがなかなかされなくても みんなKomaさんを見守って応援していますよ♪

Komaさんは 次へ進む時 結論を出してスタートをしたい方だけど 焦らなくて大丈夫。
予定通りに運ぶ人生なんて 無いに等しいんだもの その時その時出来る範囲で無理なくやって行けば良いですよ♪

偉そうなことを私も書いちゃってごめんなさい。
今ね「母の事もどうなって行くのか解らないし・・・ブログもアップがなかなか出来ないので 見てくれる人に悪いから 時間が無いから止めた方が・・・・」なんていう呟きを感じちゃって~(^^ゞ
本当に顔を出せる時だけで良いので ポツリと元気だよだけで良いので ブログ止めるなんて結論出さないでね~(*^^)v
お母様が退院されたら ショートスティとかも視野に入れて 無理なく皆が笑顔で居られるようにされた方が 良いと思うな♪ まだ先の話だけどね~♪
[ 2012/08/11 10:13 ] [ 編集 ]

番人さん、こんにちは。
突然の出来事だったので、心の準備が出来ないままあれよあれよ・・・と、時間が過ぎて・・・
母のリハビリで一喜一憂です。
マリアさんのお泊り・・・やはりちょっと難しいかな?・・・
順調に行けば退院出来るころかな~って思っています。
もう少し様子を見てみます。(*^_^*)
[ 2012/08/11 13:37 ] [ 編集 ]

まーちゃん、こんにちは♪

うんうん、ちょっと焦りすぎているかな?
寝た切りになってもらっては困る!!っていう気持ちが強すぎてね。

ふふ♪ まーちゃん、ありがとう~♪

お昼前にまた母のところに行って来ました。
昨日よりかずいぶんと前向きになっていて、驚くとともに嬉しかったです。

やはり日にち薬でしょうか。

このまま崩れずに、頑張ってくれたら・・と、思っています。

安定してきているので、明日と明後日は、病院に行くのを、夕方一回にさせて・・・と、お願いしてきました。

お天気が良ければ・・・あの花に会いに行けたらな~~・・・って、思っています。((o(^-^)o))
[ 2012/08/11 13:44 ] [ 編集 ]

Tekoさん、こんにちは。
ほんと・・・今、そのことをつくづく味わっています。
思うように行かないもどかしさや、情けなさ・・諸々の「負」の感情に支配されてしまいます。

おやおやTekoさん、すごいね~~
確かにね・・・結論を先に出して進むね~~・・・
そうかも知れませんね。
人生、思い通りに行かない・・・頭ではわかっているんだけど、面と向き合うと、なんかね・・・心が弱いのよね。

あ、ブログは閉じる気持ちはないんですよ。
ただ、キーボードを打ちながら気持ちをコントロールしたくても、気にかかることがあると、なかなか言葉が出なくてね。
ブログって、時間にも気持ちにもゆとりがないと維持できないものだな~って・・・フッと思っただけなんですよ。(*^^)v
[ 2012/08/11 13:50 ] [ 編集 ]

いろいろとお疲れですね
お世話は大変ですね
急性期の後は、回復期リハビリ病棟(病院)で集中的にリハビリすることもできます、それで自宅で何とか生活できるレベル戻られるといいですね、、、それ以降も、別の医療機関に転院できます、、90日くらい、、さらにそのあとは、療養病床(リハビリ回数とか、いろいろ制限はありますが、、)。でも、なんとかみまもり歩きができるくらいになるといいですね。
、、、病院でのお世話は病院の仕事なので、家族があまり責任を感じることはないと思います。家族も無理をなさらず、よりそってあげるということでいいとおもうのですが、、、。
、、介護はみんなで、多いほうがいいですよね、、
偉そうにすみません。
お疲れの時は、ゆっくりお風呂で、よくやすんでくださいね(*^^)v
[ 2012/08/11 21:14 ] [ 編集 ]

生徒によく言いますが、あれやこれや、とにかく八方塞の時には、えてして人間、起こっている問題がとてつもない化け物のように感じられて、かえって問題を深刻化させてしまいがちです。
 で、そういう時は、まず問題を箇条書きにしてみます。
で、時間を置いて、今行き詰っている方法とは別の解決策、時間と仕事の分散化などなど、冷静な目で見つめなおします。

かつて、私も、介護ではなく、危篤の兄を前にして、その家族を前にして、また、保険が利かない、生活費も保証されない、家だって、まだローンが残っている。いっそのこと兄が死んだら、保険は下りるものの、そうではなくて植物人間のままで、生き続けたら、、、、、

そんなどうしようもない絶壁の上に立たされたことがあります。

komaさん、しっかりしなくちゃ。(^^  貴方が骨折したんじゃないんだから、、、

書き出してみては、あれやこれや。それからご主人とじっくりと手立てを、方法を考えてみたら、、、こういうときこそ、ご主人や子供さんがいることのメリットを最大げん生かさなくっちゃ、、、、(^^ゞ
[ 2012/08/11 23:16 ] [ 編集 ]

生きていて、地獄って、あるんだなぁ、、、、落ち込むって程度のモンじゃぁ無くて、這いつくばった上から、体中を 鉄の塊でガンガンと、殴りつけられてもどうしようもないでいる気分でいたときに、考えたのが、朝一番に、兄の家の周りをウオーキングすることでした。 とにかく冷静になって、頭を冷やしていなければ、そう考えたからです。

って、そうしてもなんも変らないし、そのときは、運を天に任せるしかないので、、、、何にもならないのはわかっていたんです。

でも、そのとき、とにかく思いついた結論は、、、、今の最悪の事態を、さらに悪化させない。 例えばそのときの気分のままでいたら、病院への行き帰りで事故ッたり、、、と、、、悪いときには悪いことが立て続けに起こるものだ、だから絶対に、悪運の連鎖だけはさせないぞ、、、そのために、何とか冷静になるんだ、、、そう言い聞かせてました。

でも、そのおかげで、奇跡が起こったンですよ。 医者がだめだと言っていた兄は、まず、元通りにならない、仕事なんて、、、って言ってた兄は、今、大手設計会社で、普通に、部長やって、全国飛び歩いていますよ。(^^

まぁ、あのときの冷静な気持ちが、兄を治してやった、絶対そうだと、今も確信しています。 この話は、僕の昔のブログに、赤裸々な、絶望の日々が、ほとんど悲鳴の状態で、残ってるんですよ。
 最近は見てないけど、、、、(^^笑
[ 2012/08/11 23:29 ] [ 編集 ]

大丈夫ですよ!

komaさん おはようございます!

私も自分の大変さばかり思っていました。
娘の入院、手術。孫の療育。親の介護など、覆いかぶさってくるように感じて。
またこの時期だから、あの花を見に行けない淋しさとか。

でも苦労してきた友人達が言ってました。
『その時は巨大に見えるその出来事も、自分のほんの一部でしかないよ。必ずその時間があってよかった!って感じるときが来るよ。今はきついだろうけど』
介護もリハビリも専門のスタッフを利用できる時代です。
お母さんが、家族だけでなく、この先の人生のすてきな支援者に出会われるチャンスですよ。

komaさんはいい仲間がいっぱいおられますし、山は無くなりませんよね。
自分にも言い聞かせています。

ブログは、綺麗な写真がなくても繋がれますよ。
普通のケータイからもアップできるのでは?
[ 2012/08/12 09:36 ] [ 編集 ]

くもさん、こんばんは。
はい、くもさん、よくご存知ですね。
母は、昨日から急に調子が良くなり、その・・”急性期の後の回復期リハビリ病室”に移りました。
あの泣き言を言っていた母が、また元通りの母になってくれました。
すっごい驚きなんですよ。
主治医の先生から、すこぶる順調です!とお墨付きを頂きました。
そう、その寄り添う・・・・それが功を奏したようです。

くもさん、このようなお仕事でもされているのでしょうか。
ドンピシャ!のアドバイスでした。

きっと、もう大丈夫だと思います。
このまま順調にリハビリが続き、自分で歩いて退院出来ると信じています。
有難うございます♪(*^_^*)
[ 2012/08/12 20:03 ] [ 編集 ]

ラダさん、こんばんは。
はい、その記事、以前読ませて頂きました。
記憶に残っております。

夫にも、子供達にも負担をかけたくない・・・って・・いうか、母は私しか頼れないんですよね。
気を使う性分ですから・・・
それと、無意識のうちに全部私が抱え込んでしまう・・って、所もあって・・・
だってね、体を拭いたり、義歯を洗うってこと・・・母は私以外には、頼めないものね。
家事は・・・夫はどうなんかな? ご飯はまず作れないし・・・これは、これからの課題です・・ ^m^
 
うんうん、そうです!! 私もそう思って動いているんですよ。
悪運の連鎖だけは避けなければ・・・ってね。
なんか、今年はちょっと変なんです。
仲の良い友人たちが、次々と病に冒されるし、心にがつ~ん!!と、来ることが多いんですよね~~( 一一)
だから、すっごく私自身は慎重に行動しています。

お兄様、本当に奇跡ですね。
また元の体に戻られて・・・そしてお忙しく全国を飛び回られるようになられて、本当に良かったです。

このお話を励みに、悪運を絶って、幸運を呼び込もうと頑張ります。
色々と励まして下さってありがとうございました。
ちょっと愚痴り過ぎましたね~(^^ゞ

きょうは、気分転換に、大好きな場所に出かけることが出来ました。
歯車がいい方に回る・・・、そう信じています。
[ 2012/08/12 20:13 ] [ 編集 ]

もりははさん、こんばんは。
ほんと・・・ちょっと愚痴りすぎて恥ずかしいです。
あまりにも疲れが大きくて、ついつい弱気になって不満が出てしまいました。
ほんと・・・もりははさんの大変さに比べたら、私なんて贅沢な話です。
急に起こったことなので、気持ちがついて行かなかったんですね。

今の病院のリハビリは、素晴らしいな~って・・・ここの病院で良かったな~って、母ともども思っています。
不幸中の幸いってところでしょうか。
母は、昨日から劇的に変わりました。
あれほど気持ちが萎えていたのに、なにかツキ物が落ちたみたいに表情も明るく、元の母に戻っています。
本当に心からホッとしています。
きっと退院する時は、自分の足で歩いて帰る・・と、そう信じています。
はい、いいドクター、いい理学療法士さんに恵まれて、すこぶる順調って言って頂きました。

はい、いいお友達に恵まれて・・・これは、私の大きな財産、心の支えです。
有難いです。

実は・・・きょうは、あの妖精を見て来たんですよ。
母の調子が、すこぶるいいと言って頂いたので、思いきって行って来ました。
心の疲れが取れました♪(^-^)
[ 2012/08/12 20:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する