at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 久々の大山・三の沢へ

2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08






久々の大山・三の沢へ

9月22日(土曜日)

前夜、夕飯時ギリギリまで大山のライブカメラを眺めながら迷った。

今夜このあとすぐに大山に向けて走ろうか・・・でも、そうまでして登っても、目的の影大山が見られないのでは、なんのこっちゃになるし・・・

あのガスガスの、展望のない弥山に立ってもな~~・・・

睡眠不足をしてまで行っても、目的が達成できないのであれば、私のことだ・・・ず~~っとグツグツと不満をあとあとまでも引きずるだろう。

「どうする? 今夜行かないんだったら、飲むよ!」

の、夫の声に、決心!!

「うん、いいよ。 飲も♪ 飲も♪」 (あ、いや、私はアルコールは飲まないけど ^^; )


と・・・ゆ~~わけで~~


明地峠の雲海

午前3時に起きて、

今回は高速道路を走らないで新見に抜け、久々の明地峠に寄ってみることに。

いつもほどの雲海は見られなかったけど、

午前5時50分の明地峠です。

大山は、やはり頂上はすっぽりと雲の中。

やっぱりこちらを選んで良かった♪ 

鬼女台から見る大山

予定よりも早い時間に着いたので、ちょっと寄ります?

きっと大山は雲の中で見られないだろうけど、雲海は見られるはず。

目的地の三の沢に行く前に、鬼女台(きめんだい)展望所による。

やっぱり・・・・

大山はどこかいな~~~  あぁ、う~っすらと向こう~の方に見える。

大山とは反対側の景色


大山とは反対側では、雲海♪
この雲海の下は、蒜山の街並みが広がっている。

ここで、6時50分

車が一台止まっているだけで、さすがに観光客はこんな時間には訪れないよね。


さぁ、きょうはどこまで行けるかな?

7時33分三の沢の駐車場を出発。

青空が広がって来た♪ どうか、どうか、この青空が持ってくれますように~

こんな早い時間にここを歩き始めたのは初めてだ。

早朝の空気は気持ちがいい~♪ これからはなるべく早くに起きて出発することにしよう。


ヤマブドウの葉っぱ

紅葉まではまだまだ・・・だけど、それでも気の早い山葡萄の葉っぱが色づき始めている。

黒くなった実を数個口に放り込む。

甘酸っぱくておいしい~♪ (*^_^*)


霧が晴れて来た!!

霧が晴れて、稜線が見えて来た♪

でも、またすぐに覆われるだろうな~~

さっきから隠れたり出たり・・・( 一一)


霧の三の沢

三の沢到着~~♪

8時30分

やっぱり出て来たね・・・ガスガス・・・

旅は道連れ・・・(^'^)

途中からご一緒させてもらった新見から来られたと言われたかな?

先週も大山に登られて、ユートピアから弥山まで縦走されたとか。

初めての”ラクダ”を、剣が峰で一緒になられたベテランさんに先導されて行かれたとか・・・

死ぬ思いだったって・・・(でしょうね~~!)

福山発信のブログ、夫婦で山登りをされている人のを見ています・・・って、言われたけど・・

ひょっとしてそのブログ・・・私のかな~~(*^_^*)

ちょっと載せてみよ♪ (^^ゞ


一番苦手なところ(-

槍が峰まで行くには、この石ごろごろの沢を渡らなければいけない。

ここを渡るのが、結構大変・・・足を乗せたらズルズルズル・・と、下に流される。

登りたいのに引きずり降ろされる。

なにを勘違いしたか、私・・・

なんか登山道が右側に寄りすぎているように感じて、

「道、間違えていない?」と夫に尋ねる。

あってるよ~~・・・

と、ここで信じれば良かったのに・・

方向音痴の私が我を張ることなかったのに・・・

やってしまいました。

どうも違うような気がして、”こっちだよ~~!!”

と、この苦手な沢を渡りきっていたにもかかわらず、引き返したのだ・・・ズルズルと落ちながら・・

いや、あってるって!!! と、今更GPSを出して確認する夫。

もぉ~~~ もっと早くにそれ出して言ってよ。 私が渡り戻る前に・・・

しんどさも加わって、ついプンプン!!と、怒ってしまった。

ご同行の方、目をまんまるくして・・・「奥さん、強いですな~~^m^」 って。

いえいえ、かよわいんですよ~~・・・だからすぐにぶつけてしまうんです。

受け止めてくれる夫に・・・(*^_^*)

いっつもそう! いい加減自覚せよ!って私を怒りたくなる。

道に関しては、私の感ははずれる方が9割なんだから・・・

あ、いや、たま~に当たるからついつい自分の方を信じてしまうんだよね~~

そもそも新婚旅行の計画をまかせて、時間配分が本当にいい加減だったことが根底にあるんだ。

そこに不信感が根付いてしまったんだよね~~・・・道に関してだけだけど・・

でも、きょうは、明らかに私が悪ぅございました~m(_"_)m

あぁ、この沢渡りさえなかったらな~~~


そして、この後の急登に喘いで・・・もう、途中で止めようかと何度も思った。

いらぬ体力と余分な気力を使ってしまい、へ~ろへ~ろ~~

ご同行の方の足を、すっかりと引っ張ってしまった。


かなり高度を上げて来たよ♪

もうすぐ尾根に出る♪

あとひと踏ん張りだ。

かわいい実♪

こんな崖っぷちでも咲いていたんだね。

色づいてきたマイズルソウの実

その上の枯れ花は何だったんだろう・・(。_゜) ?

シロタマの実でいいのかな?

シラタマノキ・・の実でいいのかな?

ホソバノヤマハハコ

ホソバノヤマハハコも終わりだね。 この花はい~っぱい見かけた。

着いた・・・( -。-) =3

や~っと着いた・・・10時33分

駐車場からだとちょうど3時間か~~  まぁ、そんなものだね。

もっとかかったかと思うほどしんどかったけど・・・あぁ、お花がないぶん、気持ちを紛らすことが出来なかったから余計にそう思えたのかな?

槍が峰から・・・

ユートピア小屋方面

本当の槍が峰は、こちららしい

剣が峰を見て・・・

ご同行の方は、

槍が峰に少し立ちよって、すぐに剣が峰に向けて、ガスの中に消えて行かれた。

ガスは、あいかわらず濃くなったり晴れたり・・・


登って来た三の沢を見る。

右から・・・一の沢、二の沢、三の沢

「ハラ、減ったな~~」 と、夫。

まだ11時前だけど、今朝口に入れたのは3時過ぎだものね。

お腹がすくわよ・・・そりゃぁ・・・

炊き込みご飯のおにぎりと、持ってきたカップ麺を食べ始める。

私は、あまりにもしんどくて、何も口に出来ず、

夫が食べているカップ麺のスープを三口ほど含む。

あぁ、でも、気持ちいいな~~

登れて良かったよ♪♪

きょうは、三の沢を選んで良かった!

ガスは濃くなったり晴れたり・・・それが逆に活力をもらうような気がする。

まるでうごめいているようで、山が呼吸をしているように感じる。

生きているんだ~~・・・って・・・


続きは、↓↓ ”続きを読む”  をクリックして下さいませ m(_ _)m



ねぇ、どうする?・・・ 行く?

私行きたいんだけど・・・

うん、行こうか・・・って。

いつも反対するか、しぶしぶなのに、珍しく夫が行くって♪♪

あぁ、一歩を踏み出してしまった ^^;

法律違反ではないけど・・・一応は、禁止行為。

ここには、ロープは張ってはいないけど・・・

でも、尾根を歩くことは禁止行為。

わかってはいるんだけど・・・

天の道を歩きたい・・・( 一一)

天狗ヶ峰 1711m

私のことを気にして後ろを振り向く夫に・・・

私は大丈夫だから、気にしないで気をつけて歩いてね・・と。

不思議と、本当に怖くない。 むしろ気持ちがいい。

これは我ながら不思議に思う。

怖がりの癖に・・・この道は好きなのだ。 歩きたい。


剣ヶ峰1729m 大山最高峰

最高点に立つ

11時30分

昨年ここに来た時に比べて、かなりまた崩れたようだ。

慰霊碑の土台が壊れてしまっていた。

この土台もいつか近いうちに、下に転がっていくんだろうな~~


もあ~もあ~・・・まるで呼吸をしているかのようなお山

着いた時は、すっぽりとガスの中だったけど、

少し待っていたら晴れてきた。

一瞬の晴れ間に・・・

あぁ、見たい!!  でも、写真にも撮りたい!!

最高地点から・・・

弥山方面

ガスが晴れた瞬間に、

弥山(みせん)にたくさんの人がいるのが見えた。

いつもあそこからここを見ていたけど・・・きょうは、反対から・・・

安定した縦走路なら、あそこまで行きたいのに・・・本当に、残念・・・

でも、今回ここに立てたことは、きっときっと、後の私の、何かの糧になるような気がする。

一緒に行動出来る夫がいること・・・これは何よりも幸せなことだと思う。

夫婦で同じ趣味が持てること・・・それがなによりの人生の仕上げなんだと・・・大切にしないとね。


きょうも・・ありがとう~♪(*^_^*)

きょうも楽しませてもらいました。

そして無事に下りることが出来ました。

心地良い疲れです。

駐車場に着いたのが、2時26分。

下りは、2時間10分ほど。

予定よりもずいぶんと早い時間に帰れそう。

母には、きょうは覗けないかも知れない・・って、言っていたけど、

やっぱり行けそうだわ。

疲労困憊の顔で覗いたと思っていたのに、

「あんた、きょうは綺麗じゃね。山に行かなかったん?」って・・・

へぇ、そうなんだ・・・めちゃくちゃ疲れているのに、母からみたら普段と比べて綺麗に見えるんだ。

やっぱりココロが出ているんだね。 顔には・・・

だって・・・と~っっても満足な一日だったもの。(*^_^*)

[ 2012/09/22 ] 大山 | TB(-) | CM(10)

夫婦仲良しウラヤマシイ

雲がかかったり太陽が見えたり、ブロッケンに出合えそうな天気だったのに…
でも充実した山歩きだったみたいで…

稜線の崩れ方は槍~剣間に限らず、槍の穂先下もひどくなっていますよね。あと稜線に合流するよりも少し下の尾根でも、足元の地面に穴が開いて下が見えていた場所有りませんでしたか?

年を追うごとに歩ける場所が少なっていく大山周辺。歩けるうちに少しでも歩いて記憶に、画像に残しておかないと、と思う今日この頃です…

夫婦でいつもご一緒、うらやましい限りです。
ホント!
同じ趣味を持たれているなんて素晴らしいです。
たまに嫁と休みが一緒になる時、私が山に行くと大変喜ばれます。なぜって、それは大好きな韓流ドラマ、そして大好きなイビョンフォンを1日中見れるからだって!v-12
[ 2012/09/23 12:30 ] [ 編集 ]

スパシオさん、こんにちは。

さっそく見て下さって有難うございます。

そうなんです~~!!
今回は、ひょっとしてブロッケン現象に出合えるかも♪と、すっごく期待して、ガスが広がる方向に目を向けていました。
でも、太陽の位置が違ったのかな?
残念ながら見ることが出来ませんでした。

稜線の崩れ、ほんと、ひどくなっていますよね。
槍の手前も、はい、ちょっと緊張します。
穴ぼこ・・・ですか?
無意識に通ったかな? 気づきませんでした。

ふふ♪ 普段はそんなに仲がいいってことではないんだけど、こと山歩きだけは意気投合します。
まぁ、それでいいんですけどね。
スパシオさんの奥様、わかりますよ~~(*^^)v
まぁ、お山に行くのをとがめられるよりもいいじゃないですか♪
行ってらっしゃい~♪って、気持ちよく送り出して下さったらね。
もし私だったら・・いっつもいっつも自分ばっかり遊んで・・・って、プンプンしているでしょう。
奥様、イビョンホンのファン?
私も好きで、いっとき見ていましたよ~♪
でも、ドラマが重すぎて・・・それにハッピーエンドじゃない所がしんどくて、今では、全く見なくなりました。(^^ゞ

スパシオさん、イビョンホンに似ていますよ~~(*^_^*)
[ 2012/09/23 12:56 ] [ 編集 ]

komaさん、こんにちは♪

久しぶりの大山で癒されてきたんですね^^
やっぱりkomaさんには大山ですなw

komaさんの大山日記を見ると、結婚も悪くないのかなって
ちょっと思ってしまう自分がいます。
夫婦で同じ趣味を楽しめるなんて、本当に素敵な事だなって。

特にお山では、しんどい所ではお互いを労い
危険な場所ではお互いの安全を気にかけ、
頂上では一緒に喜び感動し、色んなことを分け合って。

いつまでも仲良く、お山歩きを楽しめると良いですね^^
[ 2012/09/23 17:30 ] [ 編集 ]

もし三ノ沢が…

三ノ沢の登り、難しいですね。
何回登っても同じガレ道を通る事はないですね。
そしてこのガレ道が無かったら、きっと夏道のように人が一杯になるでしょうね。
そして、剣ヶ峰から先へ行く人も増えて遭難者も同然増えますね。
今が丁度いいのじゃないでしょうか?
今回のKomaさんたちの山行は、今までの大山の中でも特別な山行となりましたね。
剣ヶ峰まで行けたのは二回目ですが、今回は正真正銘、自分達の足で登った剣ヶ峰。
剣ヶ峰登頂、おめでとうございます!!
お二人を≪大山人≫であることここに認定致します。
これからも色んなルートから剣ヶ峰を目指して下さいね。
剣ヶ峰は私にとっても特別なパワースポットです。
[ 2012/09/23 18:44 ] [ 編集 ]

そらここさん、こんばんは。

はい、大山は、私にとっては特別な場所のような気がします。
県北の山々も大好きですけど、やはり大山は特別です。
だけど、登るのも、ほんと~~に・・しんどい。
でもその分、満喫感、達成感、・・もろもろの感じるものが大きいのかな♪

そらここさん、結婚、相性がいい人だと幸せだと思います。
ましてや、子供達が自立したあとは、どうしても夫婦二人になってしまいます。
その時、もし二人の気持ちに行き違いがあったら、私はやはり寂しいだろうな~~って思います。
二人とも好きなものが似ているのが救いでしょうか。
そして健康でなくちゃね♪
結婚は・・・私にとってはやはりいいかな。
いいご縁があれば、是非! ですよ~♪(*^_^*)
はい、いつまでも二人でお山歩きが出来ますように~~って、願っています。(*^_^*)
[ 2012/09/23 19:58 ] [ 編集 ]

ヨックモックさん、こんばんは。

あ~、ヨックモックさんもそうなんですか。
あのガレ道は、やはり迷うんですね。
そう言えば、槍が峰で一緒になった何人かの方たちも、あそこで迷ったって言われていました。
ガレの流れで、道がいつも変わっているのかも知れませんね。

そっかぁ~~!
登りやすかったら、夏道同様に人が増えますよね。
確かに安全なルートではありませんから、けが人や遭難者もいっぱいに・・・って、ことが起きますよね。
登りにくい方が、そう考えたらいいですね。
人様に奨められるルートではないですものね。

ふふ♪
わ~~い~!! 大山のエキスパートに「大山人」として認めて頂いた~~♪\(^o^)/
有難うございます~~(*^_^*)
実はそうなんです。
今回は二人だけで行った登頂なので、特別なものとなりました。
確かにパワースポットですね。
不思議な力をもらったような気がします。

ヨックモックさんも、早くこのパワースポットに行かれますように。

願かけに行かれるのもいいのじゃないかな?・・とも思いますけど・・・
ヨックモックさんにとっては、特別な場所ですからね。

あ、そうそう、キノコツアー、申し込みました~~((o(^-^)o))ワクワク


[ 2012/09/23 20:07 ] [ 編集 ]

久しぶりに

週末の日曜日に、山に登りませんでした。(^^ゞ
まぁ、その分、雑用が片付きましたが。剣へは隣街の教室を畳んだのを良いことに、数十年ぶりに登ったんですが、、、また、生徒が増えてきて、、、あんまり無茶できないなぁ、、、と。笑
 
 お金儲けで教えているとはいえ、責任、結構感じてますしね、、、でも、ひょっとして紅葉がきれいで、天気もよかったら、なんて、komaさんのブログ見ながら考えちゃいました。 

 あガレ場、毎年、登りやすくなってますね。たぶん、komaさんの文章から、左を攻めて、ただ、ガレの渡場で迷われえたのかなぁ、、、と。 先行者らしき青い服の方が立っておられる、地面がえぐれたようなところが、ガレを渡るポイントです。 できれば、あのエグレよりも上方から、少し下りぎみに、エグレを目指すのが正解のように思います。
[ 2012/09/23 23:03 ] [ 編集 ]

radaさん、お早うございます。

昨日の大山は、雨模様でしたね。
radaさんは、お出掛けなさらずに雑用の処理でしたか。
たまにはそんな時間も必要ですよね。
私も一日を当てて、諸々の雑用を片付けたいと思っています。
が・・ついつい遊びたい気持ちに負けてしまい、ずるずると後回しになっています。

ガレ場、その前に、渡る地点までがちょっと歩きにくくなっているように感じます。
ゴロゴロと転がっている石が増えているような。足をとられないように歩くのが大変でした。
雪でそうなったのか・・昨年の台風なのかな~・・
沢を渡る場所、確かにもっと上で渡れば良かったと思います。
少し早目に渡った為に、道を間違えているように勘違いをしてしまいました。

意識下では、出来るだけ上で・・上で・・と、思っていたのですが・・・

画像に写っているのは、夫です。
今度からは、これをしっかりと頭に入れておきます。

冬が来る前に、もう一度登れたらな~って思っています。
良く晴れた日にね♪(*^_^*)
[ 2012/09/24 06:09 ] [ 編集 ]

お世話になりました。

komaさん
22日はお世話になりました。
三ノ沢同行しました、新見のお婿さんです。
初めての三ノ沢で不安でしたが、お二人に同行させて頂き、楽しく登ることが出来ました。
私は先に下山し、広島からこられた方と先週ユートピアでお会いした若い男性と駐車場で再会し話が弾みました。
そう言えば、槍ヶ峰に置いていた荷物大丈夫でしたか?

[ 2012/09/24 13:37 ] [ 編集 ]

おぉ~~!! 合ってましたか~(*^_^*)

新見のお婿さん(^_-)-☆、こんばんは。
先日は、楽しい時間を有難うございました。
お見苦しい所も披露してしまい・・・(^^ゞデヘヘヘです。

そして、のろまな足で、すっかりと引っ張ってしまい、申し訳ありませんでした。

ブログにお姿を無断で拝借してしまいました。
事後承諾ってことでお許しくださいませ。

駐車場では、再会もあったようで・・・これだから、大山はより楽しいんですよね♪♪

槍に置いていた荷物は、なんの問題もありませんでした。
ちゃんと私達が戻って来るのを待っていてくれましたよ♪(*^_^*)

また、大山のどこかでお会い出来るかな?
楽しみが増えました。
夫も楽しかった♪と言っておりました。(*^_^*)

[ 2012/09/24 19:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する