at Favorite Place・・・お気に入りの場所で くすぼっていた恋しい気持ちに火がついて・・・

2017 07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 09






くすぼっていた恋しい気持ちに火がついて・・・

12月5日(日曜日)

125d1

白いお山を見に行くつもりだった・・・・
のだが、お天道様はきまぐれ・・・ここ数日のポカポカ陽気に、ライブカメラで見る南の壁はいつもの岩肌になってしまっている。
晩秋の風景と変わらないのであれば・・・やめる?  その積もりだった。

でも、なんとも・・・私が感染している”大山病”は、どうやら夫にも感染したようだ。

「登るつもりでいたので、このまま止める気持ちにはなれん・・・よな?・・・」なんてのたまう。

今までと変わり映えしない大山だと、夫は興味がなく、行かないと思っていたので、まぁ、驚いた。驚いた。

本当は、もう一日休日のある土曜日に登りたかったのだが、大山の天気予報を見ると日曜日の方がよく晴れて気温も高めと出ている。

土曜日のライブカメラでは、午後までガスがかかっていて何も見えない状態だった。今回は日曜日にして良かったと・・・つくづく思っている。 一日中快晴の気持ちのいい天気だった♪

あまり早朝だと凍結しているかも知れないと、前回より1時間ずらして我が家を出る。
南光河原駐車場に着いたのが、7時50分。 それでも半分くらいは埋まっている。
きょうも結構登山者がいるようだ。
身支度を整えて、登山口に入ったのが8時13分。
冬は着るものも夏に比べてどうしても多くて、それに今回は念のためにとアイゼン(英語ではクランポン cramponって言うらしい。 覚えておかなくちゃ・・・この間のABCでは、アイゼンでは通じなくて、このアイゼン、どうやらドイツ語から来ている和製英語らしい。 その時は スノースパイクでわかってもらえた^^;)・・あ、横道にそれた~(^^ゞ  このアイゼンもリュックに入れているせいか・・・アイゼンの重量はそれほどでもないけど、なんか肩がやたら凝ってしまった。 

5合目あたりまでくると、登るのが嫌になってきて・・・・

「なんで、こんなしんどいことを好き好んでするのかね~~・・・もう、登るのに飽きたよ~~」って、ブツブツぼやきながら一歩一歩進める。

125d3

6合目に着いたのが、9時45分

はぁ~~疲れた~~

きょうは!! ミカンを持って来たよ♪♪

おいしいよ~~(^~^)モグモグ そして、ピーナッツチョコも♪♪

125d4

7合目あたり・・・1500mの地点は、まだ雪が残っていて凍結していた。
前を登っていた人がツルリツルリと滑ってこけておられたので、私達は、「ここで使わんでいつ使う?」って、買ったばかりのアイゼンをつける。

初アイゼン体験~~♪

おっかなびっくりで歩くが、やはり凍った上ではあるとかなり楽♪♪

50メートルほど、凍った雪道を歩く。

125d5

頂上の弥山に着いたのが、11時35分。
風が強くて、”お弁当は外で!” の主義の私も、さすがに外で食べる気になれず、避難小屋に入る。
10人ぐらいの方達がすでに昼食中だった。

登る時は汗をかくほどの暑さだったが、さすがに陽の入らない部屋の中だと寒くて、防寒着をはおる。
避難小屋にかかっている温度計を見ると2度。
そりゃぁ、寒いわ。

125d6

南側は完全に溶けている雪も、北壁はまだ残っている。

弥山から眺める、この尾根がたまらなく好き♪♪
いつまでも眺めていたい。

きょうは、縦走をしている人が多い。
こんなにたくさんの人が尾根を歩いているのを、今まで見たことがない。

「もう、いいよ~!」の、大きな声が風に乗ってきた。
一人渡り終えるを待って、次の人が渡る・・・・ようだ。
ひょっとして、ここがあの難所だと言われている”ラクダの背”?

125d7

トリミングで・・・・

崖のような所を登っている人の下・・・の手前、こちら側の直線になっている所・・・ 
あそこを綱渡りのようにバランスをとって渡るって聞いたことがある。
あの綱渡りのロープみたいになっている所で、グループの最後の人が、前にも進めず後ろにも引き返せず、30分以上・・・いや、もっとかな?・・・立ち往生されていた。
あの方は、無事に渡られただろうか。


125d10

夫も気になるようで、じ~~っと眺めている。

このあと、1時間ぐらい、二人して座りこんでこの人たちが渡られるのを眺めていた。
剣が峰にも数人の人の姿が見える。

画像の一番高い所、あそこが大山で一番高い剣が峰

125d8

125d9

125d11

125d12

125d13

向こうから弥山に渡ってくる所も見たいな~~・・・と、言う夫を促して、帰りの時間が気になるので下りることに。

私も見たかったんだけどね~~

125d14

125d15

1時20分に下りはじめる。

この木道は、8合目から続いている。

ここで半そでにジーパン姿の人が、摺れ違い際に目の隅でよぎって・・・

「あ~~!! あ~っ! ろっじさん♪」って、まぁ、慣れ慣れしく声をかけて・・・あぁ、恥かしい、握手までしようと手を出している私が~~(*/∇\*)

大山のことに関して、とっても参考にさせて頂いているサイトの管理人さんで、
この夏道を、ほんの1時間そこらで登られる人なのだ。

この日も、半そでT-シャツにもかかわらず、額は汗びっしょりだった。
そりゃぁ、走るようにして登られているものね~~ T-シャツ1枚でも暑いくらいでしょう。

軽やかに登り、軽やかに下山して行かれた。

125d16

今回も、大満足の大山だった。

が・・・はぁ、下りの道も長い・・・・夫も私も膝が痛くなる始末。
きっとアイゼンをつけたり、雪があったりと、歩きにくい道だったせいだろう。

で、駐車場で、またまた・・・

6合目辺りを下りていた時、登っている人と摺れ違いざまにちょっと会話をさせてもらったのだが、地元の人で、2年前に大阪を引きあげて戻って来たと言われる女性・・・
私よりも4歳若い人だったのだが、2年前にご主人様を亡くされて、今は一人でお山歩きを楽しまれているとか・・・
日本100名山を御主人様と制覇して、今度は200、300を目指しているとか。

いつまでも、お二人でお山歩きを楽しんで下さいね♪と言われて・・・ご主人を亡くされていると聞いたあとだったせいか、その方の言葉が心に染みた。

お山で会う人、それぞれの人生・・・それでも、お山が大好きであるという共通点で親しみがわく。
こんな出会いがあるから、よりお山行きが楽しくなる。

大山納めをしていたのに、思いがけずもう一度登る機会が持て、嬉しいおまけにまた元気がもらえた。

痛かった膝も、一晩ぐっすり寝るとすっかり元通り♪
快復力の早い、健康な私にも嬉しい(*^_^*)


[ 2010/12/06 ] 大山 | TB(-) | CM(12)

大山に半袖で?

ちょっとびっくりしましたよ。

ますます本格的になられたkomaさんご夫婦の
大山登山には脱帽です。

山肌にぴったりと張り付いた雪を踏みしめながら歩くのは
普段以上に足に力が入って疲れたことでしょうね。
でも、さすがkomaさんは回復が早い!v-221

そうそう、今年は私の友人宅でも渋柿がダメだったと
話していました。
komaさんが吊るされているのを見ると自分も干したくなっちゃいますね。
[ 2010/12/06 17:51 ] [ 編集 ]

(*'▽'*)わぁ♪~良いなぁ!!

komaさん、こんばんは。
この休日、お天気も良くて多分komaさん大山かもって思っていましたが・・・やはり。
じっとしていられないよね。
等々アイゼン使いましたか、初アイゼン(英語ではないようね)おめでとう!
滑り易い所では確かにひっかるので楽でしょうね。
それにしても何時の時期も大山って人が多いですよね。
夫様もすっかり大山病のようで伝染させてしまいましたね。
大きな山、この山容は何度見ても感動します。
怖い所も、やはり歩いているようですが、どうしても歩きたくなるのでしょうね。
気持ちは分かりますが、私はやはり怖いな。
この景色を見るだけで満足出来るけどね~♪
気持ちいいなぁ~♪
ろっじさんにも会えたんですね。
大山の常連さんには、誰かしら会えるようですね。
ろっじさんが書かれていた山頂で声をかけて来た女性とはkomaさんの事だったんですね。
何時もろっじさんは声をかけて下さると嬉しいと書かれていますが、思わず声掛けたくなりますよね。
こういう出会いも嬉しいし山の楽しさかもしれません。
下りで出会った女性の話を聞いていたら、付きあってくれる夫がいて元気で歩けるって事が凄い幸せな事なんだと思いますね。
komaさん次は出来れば次は雪の大山を見たいですね。

膝痛はすっかり治りました?
歩いている時には痛くても立ち止まると治るし平地になると嘘のように治ります。
以前痛くてたまらず後ろ向きで下りた事がありますよ。
足を運ぶのが嫌になって、なんで来たんだろうって思った事も何度かね。
でも山は良いよね。
[ 2010/12/06 19:37 ] [ 編集 ]

Sachyan、こんばんは。

そうなんですよ。半袖で大山の頂上まで・・・
普通は考えられないですよね。
でも、その方は、汗をびっしょりかかれていました。半袖なのにね。
走るようにして登って、走るようにして下りて行かれました。

ふふ♪ 夫婦ですっかりハマってしまいました。
夫はしぶしぶ私について来ていたのかと思っていましたけど、な~んだ~、好きだったんだ~って、内心吹き出しました♪

日陰の登山道には、まだ雪が残っていて、それも凍っていたのでちょっと怖かったです。
急な坂道なので、余計に滑りますよね。
アイゼンが役に立ちました。
楽しかったですよ~(*^_^*)

干し柿、そうなんですか・・・お友達の家の柿もならなかったんですね。
裏年だったのかも知れませんね。
ふふ♪ 干し柿、もう少しで食べられそうです~(*^^)v
[ 2010/12/06 20:59 ] [ 編集 ]

あんずさん、こんばんは。

週末、いいお天気でしたね~~
本当は土曜日に登りたかったんですけどね、その日は息子達がインフルエンザの予防接種をしに行ったので、mimiの預かり・・・それと私も色々と他の用事もあったりで行かれませんでした。
ライブカメラで見た大山も、土曜日はお昼過ぎまでガスの中でしたので、日曜日で良かったと思いました。
予報では、穏やかな小春日和、それも一日中となると、最後の・・・また最後って登りたくなったんですよ。
アイゼン、初めてです・・・見るのも、触るのも・・ましてや履いて歩くのもね。
雪の上では歩き易く、思ったほど苦労はしませんでした。
ただ、雪のない所では捻挫しそうになりました。 ほとんど雪がなくなった時点で、すぐにはずしたんですよ。
ほんと、大山っていつ訪れてもたくさんの人が歩かれています。
それほど魅力のあるお山ってことでしょうね。
この日はね、尾根を歩かれている人が多かったです。
どうやら広島山岳会の方達だったようですね。
一人の方が、きっと怖かったんでしょう。途中で立ち往生されていて、その方の行く末をじ~っと見つめていました。
落ちないか、ハラハラしましたよ。
弥山から見る、尾根道や北壁、南壁の姿は、何度見ても飽きません。
日暮れが気になって1時過ぎには腰をあげましたけど、もっと眺めていたかったです。
大山の常連さんに会うのも楽しみの一つになりました。
ネットを見ていたので、ひょっとしてろっじさんに会えるかな~って思っていましたけど、本当に会えて、びっくりするやら嬉しいやら・・・
ついつい親しく声をかけてしまいました~(^^ゞ

そうなんです。なんかね、私にすっごく親しみを感じられたようで、携帯の番号とアドレスを教えて~って頼まれて交換しました。
また会いたいって・・・ふふ♪
きっとご主人様のいないご実家でお姑さんに苦労されているんだと思います。
ポロリと愚痴をこぼされましたのでね。
100名山をお二人で歩かれた方なので、余計に寂しく過ごされているんでしょうね。
身に染みた言葉でした。
雪の大山・・・もう、ほんと、見たいです。
海老の尻尾とやらもね~~・・・でも、もう無理かな?
年末は忙しいし・・・真冬の大山はそれこそ危険だし・・・初心者には無理ですよね~
膝の痛みはすっかり取れましたよ。
そうなんだ~~後ろ向きだと少し楽になるんだ~~
いい事を聞きました。参考にしますね!
お山、もう、大好き~~♪ (*^_^*)
[ 2010/12/06 21:14 ] [ 編集 ]

今年最後の大山

雪が無くて残念でしたね
その代わりにお天気最高でしたね
山にだけ雪があり、道路に雪がなく、お天気がいい日ってなのは年に一、二回でしょうね
雪の大山へ行くときには声かけて下さいね
風さえ無ければ、無雪期より登るのは簡単ですよ
それよりもそこまで行く車が問題ですよね
[ 2010/12/06 22:28 ] [ 編集 ]

てるさん、こんばんは。

はい、白い大山の姿、それも青空の下の雪の景色を見たかったのですが、でも、ほんと、さわやかに晴れ渡った青空の下で、ポカポカとした陽射しを感じながら眺めた景色は、すっごく満足出来るものでした。
余韻に浸っております♪
雪の大山・・・訪れてみたい気持ちは大きいのですが、それが出来る力があるでしょうか。
もし行くようなら・・・了解です♪(*^_^*)
[ 2010/12/07 17:37 ] [ 編集 ]

やほ~

ハハハ こりゃあ ほんと大山病だ! (笑) 

これからはもう冬山だから気を付けてね そうそう 雪山は比婆山を体験されたらいいよ
もちろん ワカンやアイゼンは絶対の必需品だけどね 道ははっきりしてるし安全だと思うけどね ガスが掛かってたら危ないけど・・・
[ 2010/12/07 22:50 ] [ 編集 ]

番人さん、こんばんは。

へへへ~~(^^ゞ 重症のようです~
雪の大山にも行ってみたいのですが、体力と技術が伴うか・・・
雪山を歩くのは、まだ未経験ですのでね。
比婆山・・・番人さんはよく行かれていますよね。
アイゼンは買ったのですが、ワカンは持っていないんですよ。
それなりの装備を準備してから・・・ですよね。
うんうん、どんなお山でもガスがかかると危ないですよね。
アドバイス、有難うございました♪♪
[ 2010/12/08 18:46 ] [ 編集 ]

タイトル

komaさん、再度大山に登られたんですね♪
しかもご夫婦お揃いで、念願が叶って嬉しさも倍増ですね。

画像を見ると道のりが険しそうで、しかも雪があって本格的な登山の様子が伝わります。

本格的な登山を始められたkomaさんが、私にはめちゃくちゃ眩しいです。
アイゼン。。。聞いたことはあるけど実際に見たこともないですもん、それだけで
凄いなぁ~と感じます。

何よりその場に遭遇しないと出会えない人達とご縁を繋ぐkomaさんが素敵です★
[ 2010/12/08 20:29 ] [ 編集 ]

こまははさん、こんばんは。

今年はおもしろい一年でした。
仕事面では色々とトラブルもあったりで、めげることも何度かありましたけど、こと大山に関しては、不思議と期待以上の成果に巡り会え、楽しい一年を締めくくることが出来そうです。
何よりもしんどさの後に来るご褒美・・・これがたまらなくて何度も登るんですよね。
幸い夫も同じようですので、私にとっては本当に幸せなことです。

アイゼン・・・私も言葉では知っていましたけど、実際に手に取るのは初めて、ましてや履くなんてね~~
想像も出来ませんでしたよ。
ふふ♪ つい声をかけてしまって・・・(^^ゞ
でも、そのお陰で登山の楽しさがひと味プラスされるんですよね。
[ 2010/12/08 21:06 ] [ 編集 ]

タイトル

komaさんすご~い
ご主人と一緒に 同じ思いで登れるので いいですね
一人だと 行けないし 登れないですものね
時間も早くなったんですね
来年が楽しみですね
12月というのに 頂上まで登れるなんて お天気が良くてよかったですね
やはり私も 登りたいな

見ることのない季節の大山を楽しませていただきました
ありがとう
[ 2010/12/09 23:34 ] [ 編集 ]

クスクスさん、こんばんは。

はい、最初は私の方が大山の虜になってしまったのですが、
何度か登っているうちに、夫もしっかりと大山の魅力にハマったようです♪
それほど素敵なお山ということでしょうね。
登る途中のしんどさは、頂上に着いたとたんに消えてしまいます。
12月に登るなんて、私も思っていませんでしたので、雪が少し残っている姿が見られたこともとても嬉しかったです。
うんうん、ほんと、珍しく一日中晴れていて・・これも幸運でした。
今度登れるとしたら、お花の季節かな?
待ち遠しいです♪♪

見て下さってありがとう♪
クスクスさんも登れる日があるといいですね。
願っていれば叶いますよ。
私もそうでしたもの(*^_^*)
[ 2010/12/10 18:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する