at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 八丈岩(神辺町御領山)へ

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05






八丈岩(神辺町御領山)へ

2月10日(日曜日)

赤鬼、青鬼さん、通しておくれ♪

先週のリベンジで、

福山市神辺町御領にある、八丈岩へ再び行く。

今回は、堂々公園側から入ってみる。

こちらの登山口には広い駐車場があり、

桜の木もたくさん植えられていて、整備された登山道が続く。

しばらく歩くと、

以前歩いた登山口とは別の場所だけど、ここにも赤鬼、青鬼の門番が立っていた。 

東側、西側とでも言うのか・・・二つの登り口があるようだ。

駐車場からテクテクテクとゆっくり歩いて、30分ほどで頂上に着く。

ほんの標高230mあまりの低い山だけど、

運動不足だね~~ 結構ふぅふぅ言ってしまった。


ド根性松♪

岩に根付いた松・・・どこまで伸びて行くのか、ど根性松!

岩を砕くかも知れない?

ここ!

すごいでしょう~!!

これが八丈岩!

ここ!!

ここが以前来たことがある ”八丈岩” と言われる大きな一枚岩!

巨岩、奇岩がごろごろ・・・

こんな高い山頂に、どうしてこんな岩がごろごろあるのか・・・不思議だ。

鬼伝説では・・

 ・・・御領山の山頂には栗の木がたくさん茂っていて、
  向かいの権現山は岩山だった。
  そしてそれぞれの山には、それぞれの鬼が棲んでいた。
  ある時、山の高さのことでケンカになり、
  八丈岩の鬼は栗を投げつけ、権現山の鬼は岩を投げつけて、
  御領山は岩だらけに、 権現山は栗山になったそうな・・・

と、いう話。


ボルダリング?

大きな岩を、素手で登って・・・ロッククライミングの練習かと思っていたら、

どうやら ”ボルダリング” とか言うスポーツらしい。

岩の上に落ちたら、どうするんだろう・・・

マットみたいなのを敷いてはいたけど、それで大丈夫なんかね。

マットを外したら、即背骨の骨折だろうに・・・

もし、我が子がこのスポーツをすると言ったら、私は、反対するだろうな~~

な~んて、思いながらしばらく見とれていた。


十両

よく里山を歩いていると見かけるこの実、

一体何だろう・・・って、思っていたら・・・

”十両” ですって~~(*・0・*)

千両、万両は知っていたけど、十両っていうのもあったんだね~~

一緒に歩いた山ともさんに教えてもらいました♪


ピンクのブラシ♪

コウヤボウキの花後。

ピンクの頬紅ブラシみたいで、なんともかわいい♪

見っけ♪ 

あ~~ ヤママユだ~~♪

なかなか見つけられないものと・・・いつかテレビで言っていた。

蛾は嫌いだけど、この繭の美しいこと!

この絹糸で織り物をしてみたいな~~

ストールなんか出来たらふんわりと優しい肌触りになるだろうな。


先週末の春みたいな陽気と変わって、

またまた真冬に戻ったかのような冷たい空気に、

歩いていても体は温かくならず、コートもマフラーも手放せなかった。


春が待たれるな~~~

花の追っかけが待ち遠しい。




[ 2013/02/11 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(6)

やっほ~

あらま~ リベンジされたんだ だけどものの30分ではkomaさん 物足りなかったのでは?(^_^;) でも山の中を歩くとなにか面白いものがあるよね 十両・・ヤブコウジとも言うんだよね
ヤママユは 番人も裏山で見つけたけど もう中は空っぽだったです (^_^) マユの色が綺麗ですよね~
[ 2013/02/11 17:23 ] [ 編集 ]

番人さん、こんばんは。

はい、一度オットにこの岩を見せたかったので、
目的が果たせて良かったです。
えらく感動していました♪(*^_^*)

30分ほど歩くのでは、はい、確かに物足りなくて、
ぐる~りとまわって帰りました。
寒かったけど、やはりお山歩きは気持ちがいいですね!
リフレッシュ出来ましたよ♪
そうそう、十両、ヤブコウジとも言うんですね。
今度はこの花を見たいです。
そうそう、アリドウシを一両とも言うんですね。
これも知りませんでした。おもしろい♪♪

ヤママユ、番人さんの裏山にもあるんですね。
あの繭で絹を取って織物をなさっている人を、いつだったかテレビで紹介していました。
私もしてみたいな~~って思いながらも、繭を集めるのが大変だそうで・・・
綺麗な色ですよね~~
もらって帰ろうかな~とも思ったのですが、中にいたら困るので、写真だけ撮りました~(*^_^*)
[ 2013/02/11 18:38 ] [ 編集 ]

奇岩

こういう山は、私の周りには無いですね。 面白そうですね。 春 天気が良かったら、石の上でねっころがったらさぞ、暖かいでしょうね^^
山陰と山陽では、レジャーも違ってきますね。冬でも登山ができるのは、体が鈍るのを心配するわが身としては羨ましいです。^^
[ 2013/02/12 15:42 ] [ 編集 ]

そうですよね!

こういう山は、瀬戸内の特徴でしょうか。
広島の宮島、呉の野呂山も、三原の黒滝、白滝、そして笠岡の山も、瀬戸の島の山も・・・ここ、神辺のこの八丈岩も、よく似た丸いすべすべの岩が多いです。
こんなのがお山のてっぺんからゴロゴロと転がって落ちたら大惨事になるかも・・・なんていう思いもありますいけど・・(*^_^*)

そうそう、ホント、
大きな一枚岩の上に寝転がると、岩盤浴になるかも知れませんね。
気持ちいいでしょうね~♪(*^_^*)
そうですね・・確かに雪の被害もなく、普通に山歩きが楽しめるのは有難いかも知れません。
[ 2013/02/12 18:22 ] [ 編集 ]

おひさしぶりです

komaさん、
ご無沙汰しています。
覚えてくださっていますか?
週初めにはたいてい、どこかへ行かれたかな・・・とお邪魔して見せてもらって
いました。
いつも読み逃げでごめんなさい。

今日は「神辺の八丈岩」でコメントなしではいられなくなって・・・
実は夫の実家が八丈岩の登山口のすぐそばなんですよ。
とはいいながら、私はまだ登ったことがないのですが、娘や息子と
夫はよく帰省のときに登っていました。
もうふたりとも所帯もちですから、一緒に帰省することもなくなりましたが。
私には到底無理だと思うのか、登ろうと誘いません・・・

福山へ帰省するのもなにかあるときだけになってしまいました。
今度は5月に義兄の一周忌の法要です。

それではまた。

[ 2013/02/12 21:45 ] [ 編集 ]

EIKOさん、こんにちは。

お久しぶりです♪
こちらこそ、本当にご無沙汰してしまって・・・
もちろん、覚えていますよ~~(*^^)v
いつも見て頂いて下さってありがとうございます。
読み逃げだなんて・・・見て下さるだけでも、とっても嬉しいです。

八丈岩の登山口の側が、ご主人様のご実家でしたか。
神社の方かな?
そうでしたか。
Eikoさんは、登られたことがないんですか?
ほんの20分ほどであの大きな一枚岩の所に着きます。
今度ご主人様とご一緒に登られてみたらいかがでしょう。
なかなかおもしろい所ですよ♪

ですよね~~
時の流れとともに、環境も変わって来ますよね。

コメント、とっても嬉しかったです。
有難うございました♪(*^_^*)
[ 2013/02/13 17:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する