at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 剣山(徳島県)へ

2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






剣山(徳島県)へ

6月14日(土曜日)

この6月いっぱいで、高速道路休日割引が5割から3割になると知った時から、

それまでに、もう一度四国の高峰・剣山に行っておこうと思っていた。

初めて行ったのは、確か・・・2007年だったはず。

緑色のなだらかな次郎笈(じろうぎゅう)に続く稜線が美しく、

それを見たさに行ったのだが、その時は、まだ山歩きと言えば、

県北のなだらかな山しか、それも数回しか行ったことのない頃だった。

この稜線を歩くなんてことは、考えもしなかったのだ。

山を歩くのを楽しむようになってから、一度あの稜線を歩いて見たいと

心の中に温めていた。

瀬戸大橋を渡って


この橋を渡るのも、久しぶりだ。

全国どこを走っても1000円の頃が懐かしい。

半額から3割になったら、また遠のくのではないだろうか。


ヤマナラシの綿帽子

ふ~わん~ ふ~~んわり~

瀬戸大橋を渡り、坂出ジャンクションを降り、国道438号線を、

剣山の登山口でもあり、リフトの駅がある、見ノ越(標高1420m)まで走る。

3時間ほどで到着。

途中、ふんわふんわと、ヤマナラシの綿毛が幻想的に飛んで、

車を止めてしばし眺める。

なんとも童話的な風景に、年齢を忘れてはしゃいでしまう。


リフトで上がります🎵

リフトで、登山道中央付近の西島駅(標高1750m)までの全長830mを15分で、一気に上がります。

本当は、ゆっくりと植物を見ながら見ノ越から歩いて上がりたいけど、体力と時間を稼ぐ。


ズダヤクシュ


西島駅から頂上に向けて歩き始める。

昨日、家の巡りの草取りを3時間半もかけてした後遺症か、

登り始めると息切れがする。・・・ん~~・・・なんか嫌~な予感~~

大山の夏山道を上がったときとおんなじ感覚だ。

治まりますように!


・・・みぃ~つけた!!

お初の花だ~~🎵

小さすぎて、カメラにとらえるのは難しい。

座り込んで、何度かシャッターを切る。

ズダヤクシュという花らしい。

こんな小さな花があったのなら、このカメラではなく、花用にもう一つの方の

カメラにすれば良かった・・・


刀掛けの松


ちょっと休憩~


きょうも空気がもわ~っとしている。

すっきりとした青空を見ることは、もう望めないのだろうか。

ゆっくりゆっくりと上がって行く。


イシダテクサタチバナ


見たことのない花に、またまた遭遇♪

イシダテクサタチバナ・・・っていう花らしい。

この群生が花開いたら、見事だろうな。


ハルリンドウかな?


ハルリンドウかな?


クガイソウ・・・クガイソウ・・・クガイソウ・・・


これはクガイソウの群落。

これも花盛りになったら、圧巻の景色となるだろうな。


???


この花は何でしょうね???


トリミングで・・・


これも小さくて・・・

トリミングするとこんな感じ。


頂上まであともう少し♪


着いた~~\(^o^)/


三角点


ゆっくりと歩いて、50分ほどで頂上に着きました!


標高 1955m

西日本で二番目に高い剣山山頂

温度は、11度ぐらいと出ていたので、頂上は寒いかな?・・と、思っていたけど、

陽射しと、歩いたせいか汗ばむほどだった。・・・・って、リフトに乗る前に

私は、レインウエアを着ていたんだった~~(*^^*)


次郎笈に向けて


剣山を太郎笈と言うのに対して、

この向かいの山を次郎笈と言うらしいね。

この稜線を歩いて、向こうの頂上に行きます。

なだらかに見えて・・・これが意外とゴロゴロ石で歩きにくかった。

すぐに到達出来るように見えるけど・・・・1時間ほどかかるだろうか。


うっとりする美しさ


美しい・・・

何度も、何度も・・・


ミヤマクマザサに覆われて

少し歩いては、止まり・・・少し進んでは止まり・・・どんだけ同じような

カットでシャッターを押したやら・・・


ツマトリソウ


これも小さな花

笹の中で、ポツンポツンと白い花が咲いている。

これもお初の花だ。 ・・・ ツマトリソウ


青空が出て来た♪

あぁ、青空だ~~!!

もう夏の雰囲気の空だ。

このまま晴れて欲しいな。


あともう少し・・

次郎笈の頂上まで、もう少し♪


後ろを振り返って・・・

後ろを振り返って、剣山山頂



三嶺分岐

この分岐から、幾組かの登山者が三嶺を目指しておられるのだろうか、

歩いて行かれた。



あとちょっと♪



次郎笈頂上


50分ほどで来れた。

次郎笈頂上  標高 1929m


気持ちいいね~~~\(^o^)/


剣山山頂方面

歩いて来た道を見て・・・


三嶺方面


真ん中の先のとんがっているのが、三嶺(標高 1894m)

この三嶺・・・呼び方がいろいろとあるみたいだ。

地元の方は、みうね と呼ばれると、山頂にいる方に教えてもらった。

みうね・・・さんれい・・・・どちらも正しいのかな?


空気がひんやりとして気持ちいい。

ここで、お弁当タイム♪

オットと友人は、コンビニおにぎり。

私は、母のお昼ごはん用に炊いた豆ごはんのおにぎり。

おいしい~~(^O^)


もっとここでゆっくりとしたかったけど、

もあもあとあちらこちらから水蒸気のようなものが湧いてきたり、

黒い雲が流れてきたり・・・と、空が怪しくなってきたので、

急いで下りることにする。

こんな所で雷様に見つかったら、え~らいこっちゃ!!!!

雷雲の中にいたら、生きた心地がしないよ。 雷って、横に流れるんだよ・・・と、

山頂にいた方が話されていた。

まだ大丈夫だと思うけど、山の上にいたら油断はできないからね・・・・って。

そんな話を聞くと、もう、居てもたってもおれない。

黒い雲の流れを見つめながら、急ぎ足でおりる。

やはり梅雨は梅雨・・・・あの青空はどこに行ったのやら・・・(ノ_・。)


・・・・・続きは、明日♪



[ 2014/06/15 ] 山を楽しむ | TB(-) | CM(12)

さらさら空気

かわいた風が感じられますね、うらやましいです
やったですね
ぼくも毎日のように??行きたいとおもっていたのです
簡単かもしれないけど、それでも2000mのさわやかな風感じられるし、、。
ゆっくりゆったり、、そんな山旅したいです
、、三嶺、、miuneが正解であっても、ぼくは、sannreiというひびきが好きで
敢えてsannreiといつも言っています
、、頂上ヒュッテ泊まりですか?
いいなぁ、、
[ 2014/06/15 19:43 ] [ 編集 ]

kumoさん、こんばんは。

そうそう、サラサラっとした気持ちのいい空気でした。
やっと念願がかなって、次郎笈まで行くことが出来ました。
kumoさん、お若い時に、三嶺に登られていましたよね。
写真を載せておられて・・・あの時に初めて三嶺の山を知りました。
サンレイって読む方がお好きですか。
それぞれにこだわりがあるようですね。

いえいえ、頂上ヒュッテには泊まっていないんですよ。
母がいますので、とにかく日帰りで・・・なんです。
それでも、満足な剣山でした。
[ 2014/06/15 20:56 ] [ 編集 ]

はじめまして

komeさん、こんばんは。
昨日、剣山でお話させていただいた、あえと申します。
お手数かけてブログにコメントをいただき、ありがとうございました。
昨日は短い時間でしたが、とっても楽しかったです。^^

写真、きれいですね!!
アングルがとってもステキです!!
あぁぁ、ほぉぉーーって、ついついうなづきながら見てしまいました。

ところで大山は10年も前に1度登ったきりで、
そのときは以前家族やったシーズー(6kg)を背負って行きました。
今回komaさんのブログで、三の沢から上って稜線を歩いてるのを見て、
へぇぇーー!!
そういえば駐車してる車があったのは、そのために?
komaさんのブログを見て、今度はマロン(トイプードル)と一緒に上りたくなりました!!
ありがとうございます。

美味しい写真もいっぱいで、手作りのものが多いのも嬉しい。
手作りクリームチーズに、クリームチーズとホワイトチョコを使ったお菓子とか、
はりはり漬けも試して見たい!!

ほんまステキなブログで、
丁寧に作り方も書かれてあり、参考にさせて頂きたいことばかり。
読んでいてわくわく、嬉しくなってきます。
またちょくちょく遊びに来ます。
ありがとうございました。
[ 2014/06/15 22:02 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/06/15 22:34 ] [ 編集 ]

やっほ~

剣山 次郎笈へ登られましたか!いいな~
四国の山には やはりこちらにはない花がたくさんありますね!
珍しい花がたくさんあるんだ! 時には遠出するのもいいですね 
[ 2014/06/15 22:42 ] [ 編集 ]

あえさん、お早うございます。

かわいいお連れさんについ声をかけさせてもらいました。
一瞬疲れを忘れるひとときでした。
ブログの話にまで及んで、さっそくお伺いさせてもらいました。
おいしいパンに、素敵な景色に・・・
充実な日々を過ごされていることに、こちらまでほ~っと
肩の力が抜ける思いがします。

あやさんも、大山に上がられたことがあるんですね。
やはりかわいいお連れさんが一緒でしたか。
マロンちゃん、本当に人懐っこくて・・・かわいくて、
私も欲しくなりましたよ。(*^^*)

ブログ・・・いっぱい見て下さって有難うございました。
気まぐれに書いていますが・・・なにしろ写真が趣味なもので、
ついつい多く、長くなってしまって・・・・

お時間をさいて見て下さって有難う♪

また伺わせてもらいますね。
よろしくお願いします♪
[ 2014/06/16 08:35 ] [ 編集 ]

鍵コメさんへ

知らせて下さって嬉しいです。
有難うございました(^^♪
[ 2014/06/16 08:36 ] [ 編集 ]

番人さん、お早うございます。

はい、剣山と次郎笈に行って来ました。
ず~っと、一度次郎笈に行って見たいと思っていたので、
やっと念願がかないました。
本当はお花の多い7月に行きたかったんだけど、
主婦根性が邪魔をして、高速道路休日半額の間に・・・と・・・(^^ゞ
四国には、本当にこちらでは見られない花が多いですね。
あまり時期的にも期待していなかったのですが、
なかなか~~~・・・楽しめました。
[ 2014/06/16 08:39 ] [ 編集 ]

四国!!!

遠くに行きましたね~!私は一度も登ったこと無い山です。山頂の稜線の感じが、少しだけ三瓶山に似てるかな?でも、雄大さが違いますね!素敵です。

私は比婆山の隣の毛無山へ夫の頭皮に掛けられた呪いを解くために?(笑)登ってきました。
お隣の山へも縦走して、キン様にも会いましたよ!
ホントはその隣の山へも縦走したかったけど、夫が早く降りたいというのでやめにしました・・・。あと少しだったのに・・・残念!
[ 2014/06/16 13:33 ] [ 編集 ]

れこひつじさん、こんばんは。

はい~~・・・橋を渡って行って来ました。
ケチ性分が邪魔をしまして、半額のうちに渡ろうと・・・(*^^*)
剣山、れこひつじさんは、まだ行かれたことがないですか?
結構高いところまで車で行けて、更にリフトで上がれば、
本当に楽に登ることが出来ます。
稜線、男三瓶に似ているかも知れませんね。
でも、確かに雄大です。

あら、れこひつじさん、県北のお山を歩かれたんですね。
で、キン様にもあえて♪ 良かったですね。
私が見たのと同じキン様かも知れませんね♬
[ 2014/06/16 19:55 ] [ 編集 ]

きちんと(*^^)

きちんと手入れされた、登山コースですね。 そうそう、こういう山の風景、イギリスのウエールズの山がみんなこんな感じなんです。 下蒜山もそうですけど。
イギリスも風が強くて高い木は生えないとか、そう聞きました。温度もあるんでしょうが。
[ 2014/06/17 17:35 ] [ 編集 ]

radaさん、こんばんは。

はい、2000m級の山とは思えないほど、整備されています。
結構な高さまで車で行けて、更にリフトで上がりますので、
縦走をしなかったら、スニーカーでも十分歩けます。
そうそう、下蒜山も、こんな感じのとこがありますよね。
イギリスのうえーるずの山々もこんな感じですか。
木々がなくて、ミヤマクマザサに覆われています。
風と温度によるのかも知れませんね。
[ 2014/06/17 18:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する