at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 大山・二の沢探検

2017 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 06






大山・二の沢探検

11月8日(土曜日)

山に抱かれた風景


しばらく山歩きから遠のいていたせいか、

どこに行きたいのか・・・気持ちがはっきりしないまま週末を迎えた。

頭の中で、色んなところが浮かぶが、どこもここ!!と、決められなかった。

「二の沢でも歩いて見るか・・・」の夫の言葉に、

そう言えば、行って見たい場所があったんだ・・・と、思い出す。

二の沢の頭(?)・・・の辺りにある、ゴルジュ(登山用語で、両側の岩壁がせばまっている 谷

のことを、こう言うらしい)。

気まぐれな運転手は、きょうは、新見を通らないで、猫山の側を通るルートを走る。

やはり、ちょっと時間がかかって、

いつもに比べて30分遅く着く。



二の沢登山口

二の沢登山口の駐車地に、数台すでに止まっている。

キノコ採りの方なのかな?

キノコ探しもしてみたいけど・・・・そんな気持ちを振り払って、

目的地に向けて歩き始める。 (8時26分)


だ~れも歩いていない・・・・


すでに落葉している木々

登山口から沢に沿って左側を歩く。


沢を渡る

行き止まりになったら、沢を渡って右側に行く。


沢が左右に分かれる


30分ほど歩くと、沢が二手に分かれる所に出る。

右に行けば、見たいゴルジュがあると聞いた。


あった!!


ムキタケ


どうしてもキノコが気になって、

歩きながらでも、つい林の中を見ながらになってしまう。

そんなこんなで、夫は、すでに前~~の方に行ってしまった。

ん?・・・・キノコ???

なんだ???

なんだ・・・ツキヨ・・か・・・

いや、待てよ!!  ツキヨタケは、もうすでに終わっていると聞いている。

って、ことは・・・似ているのは、ムキタケか?

これ、全部もらって帰っても・・・取りあえず、一つだけもらって行きましょうか。


南壁が迫って来ました!


先を行く夫に、

「ムキタケらしきものがあったよ!」と、言うと、

え?・・・どこ?・・・

って、戻るには、ちょっと勿体ないほど登って来たし・・

帰り道に採って帰ろ♪


迷うことなく・・・


落葉しているおかげで、林の中は、藪漕ぎをしなくていいので助かる。

迷うことなく、順調に進む。


((o(^ー^)o))ワクワク


右の林に突入すると・・・


こんな案内板があるってことは、

ここは、認められた登山道???

なんか、入ってはいけない所に入っているような気がして、

悪いことをしているような、ちょっと罪を感じていたけど、

この看板で、そんな気持ちは薄らいだ♪



スタスタスタC=C=C= っと、足早に後ろから追い抜いて行かれた登山者が

一人・・・

足音に振り向くと、外人さんだった!

びっくり~~(゚o゚;)

こんなとこを一人で、それも足早にスタスタと行かれるってことは、

大山を結構知っている人なんでしょうね。

このあと出会わなかったけど、一体どこに行かれたんだろう・・・


カサカサと落ち葉を踏みしめて🎵


どっこいしょ!

有難い。

どなたかが積んで下さっている。



葉っぱ🎵


これだ!!


望遠で手繰り寄せて・・・これか?・・・


後ろを振り返って・・・

後ろを振り返ると、こんな景色。


だれもいない谷


もうすぐ・・・


あと10分ぐらいかな?・・・

ついた・・・ついた・・・(9時50分)


すごい・・・


すごい・・・すごいよ~~

こうなっていたんだ。

中に入っていけるんだ・・・C=C=C=


上がってみたい・・・


石が積んである・・・


この積み上げられている石を踏んで上がったら、

向こうの景色が見える・・・

あぁ、行きたい・・・

夫もじ~っと考えて、

自分だけちょっと行ってみるわ・・・と、足をかけようとする。

でも、よく見ると、岩が濡れている。

上がれたとしても、下りるときに、きっと滑るに違いない。

滑って落ちたら、尾てい骨か、大たい骨骨折間違いない。

そんな気がして、

「今回はここまでで満足しよう! また今度来たときに上がってみようよ。」

と、止める。

画像では、高さはそれほど感じられないけど、身長よりも高い。


比較すると・・・

ここが、二の沢、右側の沢の源頭部?だよね?・・

天岩戸(あまのいわと)みたい・・・

開け~ゴマッ!! アリババの洞窟みたいでもある・・・

神秘的だ・・・


お名残り惜しく・・・去る。


良かった・・・大満足!

来れるとは思っていなかったゴルジュ。

憧れだけで終わると思っていたのに、

この二本の足は素晴らしい。

よく歩いてくれたよ。


さて・・・右側は、制覇した。

左の沢の源頭部も、やっぱり見てみたい。


分岐の所まで戻って・・・


分岐の所まで戻って、左側の沢を上がって行く。


道しるべ♪


道しるべが有難い。


続く・・・・





[ 2014/11/09 ] 大山 | TB(-) | CM(-)