at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 五百羅漢さんの島へ

2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07






五百羅漢さんの島へ

2月13日(金曜日)


ほぉ~~・・・・改めてこの記事を書く段になって、

昨日が、13日の金曜日だったのだと気づく。

なるほどな~~・・・っていう思いと、

これぐらいで良かったのかな?・・・の、思い。


いつもと変わらない週末の金曜日、

夫を送り出して、友人と、きょうの動きをどうしようかと

電話で話している時、

珍しく出勤したばかりの夫から電話。

何か忘れ物でもしたのか?・・・と、

友人との会話を中断して出ると、

「もう、出かけとるんか?」


「いや、まだ・・・

結局行き先が決まらず、どうする?こうする?・・・と、話し中。」


「まだ、出かけていないんだったら、

これから市役所に行って用事を済ませて帰るから、

きょうの遊びに混ぜて♪」・・・って。


あら、珍しい・・・・そういうことなら、

私の運転ではちょっと不安な奥出雲に行きたい。



すぐに帰って来るものだと思っていたのに、

9時半になっても帰らず・・・・10時になっても、

うんともすんとも言って来ない。

もう、どうなん!! 

すぐ帰るみたいな口ぶりだったのに・・・

こんな時刻になったのじゃ、もう、奥出雲なんて無理じゃん!!!!

ヤキモキしているうちに帰って来たのは、

11時前・・・・・・・・・・・・


しまなみ海道を走る

結局・・・やっぱりこうなるか・・・・



山陽道からしまなみ海道を走って、


瀬戸の海を見ながら・・


行き先は、瀬戸の島へ・・・




大山祇神社
大山祇神社


ここは、愛媛県大三島

大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)。

よく地方ニュースで取り上げられる、

一人相撲が行われる神社・・・・でも、あるって、

近くの道の駅で、その写真が貼ってあって、

ここだったのか~~・・・と、知る。

美しい神社だ。


大漁っていうお店で・・・


あらかじめ決めておく


この神社の前にあるお店・・・食堂っていう方が当てはまる、

古くて小さな食事処。

ず~っと、何年も前から気になっていたお店に、

まず、お腹ごしらえに訪れる。

テレビや食べログなどで、よく取り上げられる、

行列の出来るお店なのだ。

平日なのでそれほどでも・・・と、思っていたのに、

もう、すでに1時間待ちぐらいのラインが出来ていた。

待つのはたいぎぃ~し・・・近くの他のお店にしようかと迷うも・・・・

まぁ、せっかくだから・・・と、待つ。


全乗せ丼


夫は、全乗せ丼・・・・1300円
お味噌汁    ・・・・  80円


海鮮どんぶり


友人と私は、海鮮丼 ・・・・ 480円 (新鮮なお刺身とご飯がぎゅうづめ!)
                  これで 480円とは~!!
        お味噌汁 ・・・  80円

お刺身は、どれもプリップリッで、とってもおいしかった。

難を言えば・・・ご飯好きな私としては、

ちょっとベチャッとしていたのが惜しかったかな・・・

でも、このお値段はないでしょう・・・って言うぐらい、

量もたっぷりで、更にお刺身はとてもおいしかった。

他に、自由におかずを選んで加えることが出来る。

お持ち帰り用の鮭のカマが、

これもとってもおいしそうだったので、夜ごはん用に買って帰る。

焼いてあって、一つ 280円と、これもびっくりなお値段。

おいしかった・・・・♪


しまなみ海道を走る

食事を済ませたら、

友人も夫も、

まだ行ったことがないと言う、因島にある、

五百羅漢さんのお山、白滝山に行く。

四国側からしまなみ海道を走ったら、

因島に下りるときは、因島南口で下りる。


白滝山

何年か前に、一度来たことがあるけど、

すっかり場所を忘れていて、案内標識を見ながら走る。

白滝山にはお寺らしいものがあるけど、

名前があるのかな?

どこをみてもそれらしい名前が出てなくて、

ナビにも入れられない。

もらった資料をみると、

村上水軍が瀬戸の見張り処として、

観音堂を建立したとのこと。

お寺みたいな建物は、観音堂だったのか。


参門

因島フラワーセンターに続く、

フラワーラインを走って、行き止まりに、

白滝山の駐車場がある。


駐車場から階段を上がっていくと、8分ほどで参門につく。

以前来た時は、もっと時間がかかったと思っていたけど、

山歩きをするうちに鍛えられたのかな?

意外とスッと上がれた。

ご~~ん~~


五百羅漢さんの後ろから・・

お仏像の後ろから・・・


横撮りで・・・


横撮りで・・・


瀬戸の島々


多々羅大橋


因島大橋(だよね?)・・いや、多々羅大橋(かな?)と、瀬戸の海


穏やかな瀬戸の海


穏やかな瀬戸の海だけど、

山頂は、とてつもなく冷たい強風に吹きさらされる。

飛ばされそうになるくらいだ。

寒くて、寒くて、しっかりとしたコートを持ってくれば良かったと、

後悔する。

そのせいかどうかわからないけど、喉が非常に痛く、

どうやら風邪をひいたらしい。


白滝山


白滝山 (標高227m)
尾道市因島重井町


帰ります


13日の金曜日・・・・

特別悪いことは起きなかったけど、

でも、帰宅して車を洗っていた夫・・・・

「あちゃぁ~~・・・・誰かに後ろを当てられとるわ~~!!」


・・・・ でした。


[ 2015/02/14 ] お出かけ | TB(-) | CM(10)

あらー!

Komaさん いつもつきあってくれる友と夫!うらやましいですよ。

お魚だいすきですから、あのたくさん盛ってあるのがいいな~
そこは遠いから、境港でがまんします!

当てにげされた車は大丈夫ですか?
13日の金曜日でしたか。
私は包丁で指を切りました。
次の日には、雪のある石の上ですべり、打ち身とすりきずをしました。
最近、とみにもとらなくなったようで、失敗ばっかり…
白髪も増えたし、これが年を重ねるってことなんだわ
[ 2015/02/15 00:57 ] [ 編集 ]

もりははさん、お早うございます。

はい、有難い存在です。
友人にしても夫にしても、本当によく付き合って
くれると感謝です♪
山陰のお魚、大好きですよ。
でも、こちらからは、遠い・・・
もりははさんと逆ですね~(*^^*)

当て逃げされたとこ、ちょっとお金がかかるかな~って
思っていたのですが、車屋さんに持って行ったら、
ちょこちょこって直してくれて・・・
それほど目立たなくなりました。
また自分でも傷つけるかも知れないからって、
取りあえずは、このままでいるみたいです。

もりははさんもちょこちょこ痛い目に遭われていたんですね。
私もそんなこと多々ありますよ。
がっくり来ますよね。
[ 2015/02/15 08:43 ] [ 編集 ]

やはり山陽は、雪のある山陰と違って、春、って感じになってますね。 山陰は、雪の少ない冬ですが、それでも、今、20センチくらいは積もってます。
橋は、多々良ではないですね。たぶん。多々良は、斜ちょう橋と呼ばれる、ハープみたいな橋ですから。兄が橋の設計をしてますのと、たまたま、多々良は以前、小説に書いたことあるんです。天気も良さそうで最高ですね。
[ 2015/02/15 20:00 ] [ 編集 ]

radaさん、こんばんは。

中国山地を挟んで、やはり山陽と山陰では、
違いがありますね。
風は冷たかったけど、それでも雪はないですものね。
ひと月ぐらいの違いはあるでしょうね。

あの橋は、やはり因島大橋かな?
ですよね!
ちゃんと調べておけば良かったのですが・・・
どうも、この辺りが苦手でして・・・・
教えて下さって、有難うございました♪
[ 2015/02/15 20:07 ] [ 編集 ]

あらあら。

当て逃げですか~!新車でしたよね!そりゃ、悔しい!
まったくですよね~!
我が家の車は、オンボロ車なので、全然洗ってないし、もうあてられても気づかないかも(笑)。
それでもね。へこんでたら分かるか~。

まあ、事故もなく楽しめたから、良かったことにしましょう♪

瀬戸内に住んでるけど、全然海関係は出歩かないから、知らないところばっかりです。お食事が美味しそう!
瀬戸内もいいですね~。
[ 2015/02/16 21:11 ] [ 編集 ]

れこひつじさん、お早う!

あ、夫の車だから、もう新車ではないんですよ。
4年ぐらいかな~~・・あれ、もう5年?・・・
それでも、傷は嫌ですよね。
車屋さんで、ちょこちょこっと直してもらったので、
それほど目立たなくなりました。
そうそう、事故ではなかったので、良し!ですよ。
冬は、山歩きが出来ない分、瀬戸の島めぐりが多くなってきます。
これはこれで新鮮な気持ちです。
さて・・・きょうも、これから行当てのないドライブに
出かけようと思っています。
いいのか?・・・こんなにフラフラと出歩いて・・・ってな
気持ちもあるのですが・・ね!(*^^*)
[ 2015/02/17 08:51 ] [ 編集 ]

やっほ~

勤めていた時 県内をずっと回りましたが 因島へは4年ほど通いました
白滝山へも何回か行きましたね~ 思い出すな~ (#^.^#)

13日の金曜日! あらま やっぱり何かありましたね! 駐車していた時当てられたのかな? やっぱりね~ 気を付けないと・・でもどうにもならない (;'∀')
[ 2015/02/17 21:44 ] [ 編集 ]

あっ(^^ゞ

あれっ、、、よく見ましたら、上から二枚目の写真が、多々良橋ですね。しまなみ海道のヤツです。
多々良のような斜張橋と、吊り橋は構造的に全く違います。上から二枚目の写真、よく見ていただきましたら、橋げたからハープの弦のように張られたロープで、橋自体が、やじるべえ見たいに、引っ張って支えられているでしょう。 吊り橋の場合は、橋のかかっている両岸に吊り渡されたロープの端っこを固定するアンカーがあります。
場所をとらずに美的にも優れているのが多々良のような橋です。
[ 2015/02/18 00:09 ] [ 編集 ]

番人さん、お早うございます。

因島に4年も通われましたか。
瀬戸の島々、意外と行ってない所も多くて
一つ一つ巡って見るのも楽しいだろうな~と思います。
ただ、慣れない所の運転に自信がなくて・・・
気軽に行けるようになればな~と思っています。

当て逃げは、ほんと、どうしようもないですよね。
ちょっとへこんでいるところが、気になると言えば気になりますけど、
また、どうせ傷つくだろうと言うことで、取りあえずはこのままでいるみたいです。
[ 2015/02/18 07:04 ] [ 編集 ]

radaさん、お早うございます。

なるほど~~・・・
同じように見える瀬戸の橋も、
よ~く見ると、こんな違いがあるんですね。
多々羅大橋を渡るとき、何故か綺麗だな~って思えたんです。
違いがあるなんて気付かなかったんですけどね。
ハーブの弦のように張られている所の違いを見ればいいんですね。
色々と勉強になります。
有難うございます♪
[ 2015/02/18 07:08 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する