at Favorite Place・・・お気に入りの場所で 野山の花

2017 031234567891011121314151617181920212223242526272829302017 05






晩夏の花


カラスウリ

カラスウリの花


30分のショー
静かに暮れて行く


この花を初めて見たときから、

もう、かれこれ10数年が経つ。

久しぶりに開花の様子を追って見た。

西の空に、まだ夕陽の名残りがある時刻、

散歩を兼ねて、いつも歩く道よりも西方面に向かった。

この散歩道は、本当に久しぶりだ。


私が良く見ていたカラスウリの花の場所には、

除草剤がしっかりと撒かれて、辺りは、枯草色に変わっていた。

がっかりしていたら、なんと、その近くに結構生えている。

カラスウリって、案外強い植物のようだ。


一眼で撮るのは、初めてだ。

ちゃんと撮れるかな?

あぁ、三脚を持ってくれば良かったな~~

光が足りなくて、シャッターがなかなか下りない。

これでは、ブレてしまうよね~~

ISOを上げて、なんとか撮影。

30分ほど、カラスウリがすっかり装いを終わらせるまで、

観察。

久々に、新鮮で楽しいひとときだった♪


カリガネソウ

カリガネソウ

カリガネソウ


この花も、山の花の追っかけを始めた頃に知った花。

ホカケソウとも呼ばれるみたいだけど、

なるほどね・・・・の、形。

風にゆらゆらと揺れて、なんと撮りにくい花か。


初めて自生で咲いているのを見た時、

感動で、舞い上がってしまった。  

・・・・・まだコンデジで楽しんでいた頃のこと。

あれは、池の段に上がる道だったけど、

今では、いくら探しても見当たらなくなってしまった。

あの場所で、もう一度見たいと思っている。


蘭の種類

なかなか見ようと思っても見られない花。


シークレットゾーンで・・・


暑くてたまらない日々だけど、

この暑さも、そのうちにどこかへ消えるでしょう。

季節の移り変わりは、もう、すでに始まっている。

大好きな夏だけど、

今年も、そろそろ終わりに近づいている。

林道では、アキチョウジもキンミズヒキも咲いているし、

ヤマボクチも、そろそろ・・・と、準備をしている。

もう少し、晩夏をしっかりと肌で感じていよう。

さて、もうひとつ、

去りゆく夏を惜しみながら、

妖精が待っていてくれるかも知れない。

消えていなくなる前に・・・・・会いに行かなくちゃ!!








[ 2015/08/10 ] 野山の花 | TB(-) | CM(8)

念ずれば通ずる?・・・(カザグルマ)

カザグルマ


自生のクレマチス


もう、何年越しで見たいと思っていた花か。

盛りは過ぎていたけど、やっと見ることが出来た。

我が家にも、これと同一と言っていいほどそっくりのクレマチスがある。

でも、これ・・・・自生のクレマチスなんですよね~~♬

見たくて、見たくて、県北の山間を走っている時には、

紫色のこの花を探していた。

それが、忘れたころにひょっこりと!

助手席の窓から、ぼ~っと外を眺めていると、

突然この花が目に飛び込んで来た。

「止めて~~!!  止めて、止めて・・・」 のいきなりの声に

びっくりしながらも、夫はU-ターンをしてくれた。


はぁ~~・・・やっと出会えた~~

いきなりの出会いは、どう対応していいか迷う。

・・・大きい花は、撮るのが難しい。


来年もまたここに来て、見たいな。


クレマチスの原種・・・・カザグルマ


グリーンシャワー


グリーンシャワーが気持ちいい。

緑色に染まりそうだ。


水の流れに沿って・・・


ヒメレンゲ


沢の流れに沿って、

なだらかな道をゆっくりと上って行く。

ヒメレンゲの花が、岩の隙間にびっしりと咲いている。


八重滝


ここに来るのは二度目。

秋に一度。

だから、初夏の、この場所も見てみたかった。

コケイラン


サイハイラン


蘭二種。

キノコ

こんなキノコ、初めて~~!!

夫は、かわいくない・・・って、カメラは向けなかったけど、

かわいいと思うよ~~・・・私。


このキノコ、

スジオチバタケと教わりました。



藤の花に彩られて


紅葉の季節もいいけど・・・


紅葉の季節もいいけど、

グリーン一色に染められた渓谷もいいものだ。


きょうのランチは・・・

スープとサラダ

新玉葱のスープ

と、てんこ盛りのサラダ!

食べても、食べても減らない、紫キャベツとルッコラ、カイワレ、人参・・・

量は半分にして、トマトが欲しいな。


焼きサバのパスタ

焼きサバと野菜たっぷりのオリーブオイルのパスタ

ショッキングピンクの野菜は、紫キャベツの酢漬け、

そのほかに、人参とカボチャのみじん切りがたっぷりとかけてある。

味はあっさり系の和風かな?

野菜・・嫌いではなく、どちらかと言うと好きなんだけど、

私的には量が多すぎ・・・・

パスタの味がわからなかった。

パスタセット・・・1450円

夫は、

きょうのお奨め

パスタではなく、豚肉のなんちゃらかんちゃら・・・・ 1650円

ちょっとつまみ食い~~(*^^*)

野菜の旨味を損なわないように調理されている。


素敵なお店だけど


湯治宿のリノベーション

元湯治宿だったのを、素敵にリノベーションされている。

お店の雰囲気はとっても良かった。

一日二組限定で宿泊も出来るらしい。



[ 2015/05/17 ] 野山の花 | TB(-) | CM(14)

あけびの花

アケビの花

今年は、アケビの花を見なかったな~~・・・

って、残念に思っていたら、


アケビの花


実家の大きな椿の木の上の方と、

お隣さんの茶の木にからまって咲いていた。

この花は、

私が野山の花に関心を持つきっかけになった花。

アケビの実はよく見かけていたのに、

花がこんなに美しかったんだ・・・と、

初めて見た時、衝撃に似た感情に包まれた。

それ以来、アケビの花探しを毎年のようにしていた。

一度だけ、特別大きな花で、薄紫色のレースのような

花に出会ったことがあったけど、楽しみに翌年行って見たら、

消えてなくなっていた。

あんな美しいアケビの花に、それ以来出会っていない。

もう一度撮りたかったな~~

今なら、あの時と比べて、

少しは上手に撮れただろうに・・・


きょうから、5月。

今年も、もう半分近く過ぎ去ってしまった。

最近、とんと体が重く感じられる・・・

いや、確かに、体重も増えてはいるんだけど、

何か・・・・だるいっていうか・・・何でもテキパキと出来なくなってしまった。

いっつも、何かたいぎぃ~~・・・・って、呟いてしまう。

特に・・・・・掃除、洗濯、ご飯作り・・・・そして、

畑と庭の草取り・・・・・に・・・

そろそろ主婦っていう仕事、退職したい・・と、

思う、この頃。
[ 2015/05/01 ] 野山の花 | TB(-) | CM(-)

小さな花達

もう、雨続きにうんざり・・・・

この春は、一体どうしたっていうんだろう。




雨の上がる隙間に、

あちらこちらの渓谷を歩いていて、目に留まった小さな花。

出歩く日々に、撮っていてすっかりと忘れていた。


ヒトリシズカ

ヒトリシズカ

今年は、早いお目覚めのようだ。


イチリンソウ
イチリンソウ

後姿がピンク

こちらは、ウラベニイチリンソウって言うのかな?

ほんのりと淡いピンクに染まった一片(ひとひら)が

かわいい。


ヤマルリソウ

ヤマルリソウ
ヤマルリソウ

ヤマルリソウ


シロバナ

こちらは、シロバナ

赤いのは、藪椿の花びら。

まるで、赤いポットに活けられたみたいに撮れていた♪


藪椿

何でだろう。

強烈な赤色に、妙に惹かれる、この頃。



黄色の花


明日も、また・・・・雨・・・

荒れる天気になりそうだと・・・・・





[ 2015/04/13 ] 野山の花 | TB(-) | CM(-)

サンインシロカネソウ・ヤマエンゴサク・キケマン

3月31日(火曜日)

サンインシロカネソウ

明日から、ず~っと天気は悪いとの予報に、

きょうしかないかな?・・・と、

この花に会いに行く。


サンインシロカネソウ

サンインシロカネソウ


サンインシロカネソウ

今年も、訪れるのが少し早かったようだ。

数えるぐらいしかない。

株も以前に比べてめっきり少なくなっている。

盗掘とは思えないので、

気候の変化と共に、

きっと自然に消えて行っているんだろうね。

雫を含んだ花を撮りたかったのに、

きょうのは、皆飲み干したものばかり。

頭にイメージしていたようなモデルさんには、

なかなか出会えない。

また出直してみるか・・・


蕗の薹

蕗の薹は、ほとんどが伸びきって

白い花を揺らしていた。

これ、蕗味噌にはちょうど・・・の蕾だけど、

道の駅で買った蕾で作った蕗味噌は、

まだ冷蔵庫にあるし・・・・

写真のモデルさんになってもらうだけにしましょう。


ヤマエンゴサク

いつもの野原に、

このヤマエンゴサクが一本も見当たらなかったので、

まだ早かったか~・・・・と、思っていたら、

なんとなんと、道の脇にずら~りと咲いていた。

ここにもあったんだね~~

今まで気づかなかった。

花びらが大きく見えたので、

ひょっとして種類が違う?・・・と、思ったけど、

葉っぱの切れ込みを見ると、やはりヤマエンゴサクだ。


春になると登る、

島根県の山にも、この花が群生している場所がある。

今、きっと見頃だろうな~~・・・

ミスミソウも、イズモコバイモも・・・エイザンスミレも・・・

アケボノスミレも・・・・

あぁ、見たいな~~

でも、今年は、その山に行ける日が取れそうにない。


キケマン
キケマン


フモトスミレ
フモトスミレ(?)

小さな、小さな、地面に張り付くようにして咲いていた、

白いスミレの花。

スミレの花の種類は多くて、なかなか覚えられないけど、

種類がわかるようになったら、楽しいだろうな。


花はこれぐらいしか咲いていなかったけど、

まだ、春は始まったばかりだよね。


3月最後の一日、

一気に咲いた桜の花を遠目に見ながら、

窓を少し開けて、春風を取りこみながら走った。


[ 2015/04/01 ] 野山の花 | TB(-) | CM(6)

週末の一日

3月29日(日曜日)



ミスミソウ

朝方降っていた雨は、

10時前には上がり、青空が広がりだした。


ミスミソウ


畑だけの週末では、

やはり物足りない。


ミスミソウ


ドライブを兼ねて、

見納めに行きますか。


嬉しいことに、まだ元気に咲いていてくれた。


カタクリの花

カタクリの花も、見頃だ。


ランプ

ランプのような蕾


ハイキーに


ヤマエンゴサク

ヤマエンゴサク


アマナ

アマナ


花を見たあとの帰りの道・・・

三村珈琲

ず~~っと気になっていた珈琲のお店

昭和の名残り

三村珈琲店に寄る。

珈琲だけ飲むためには、

絶対に訪れないだろう・・・と、

いつかは・・・と、機会を待っていた。


拘りのお店

4時を過ぎているにもかかわらず、

車を止める所がないぐらいだった。

隠れた人気のあるお店のようだ。


人気のお店

郵便局だった建物は、

ほとんどその当時のまま。

築何年になるんだろう。

一歩店内に入ると、

もうそこは、現実からかなり遠ざかる。

今私は、一体いつの時代にいるの?・・・と、

遠い昔にタイムスリップした気分に浸る。

珈琲の香りが静かに漂う。

この空間を、珈琲店に・・・と、思いつかれた

オーナーさんのセンスがすごいと思う。


テーブルに座って、

メニュー表を見た瞬間、

赤文字で書かれた・・・「写真をトルナ」 の文字が飛び込む。

トルナ?・・・・・命令調の文字に、

瞬間、ちょっと・・・いや、かなり不快に感じた。

「撮らないでくださいね。」って、

どうして柔らかく言えないのだろう・・・と、

しばらくの間気持ちがざわついた。

でも、薄暗く落ち着くこの部屋では、

カシャカシャとシャッター音がするのは、

やはり似つかわしくない。

お店を出る頃には、素直に納得出来た。

近場なら・・・・一人でも訪れたくなるだろうな・・・

珈琲が好きで、

静かな空間に浸りたいリピーターが多いのも頷けるお店だった。



[ 2015/03/30 ] 野山の花 | TB(-) | CM(8)

かわいいよ~!

3月21日(土曜日)

お彼岸だったってことを、すっかり忘れていた。

今年のこの祝日は、なんだか1日損をした思いがする。

例年だと、お墓参りに一日を当て、

あともう一日は、どこかのお山を歩いていたはず。

何が何でも、お墓参りは優先しないと・・・

でも、お墓参りだけで一日を終わらすのは勿体なくて、

早めに行動開始する。

この時季見たい花がある。


弥高山

目的地に向けて走っていると、

「弥高山公園」の案内標識に目が留まる。

大抵は、標識は見ても素通りしている所だけど、

今回は、いい機会だから・・・と、寄って見ることにする。

私は、初めての場所だ。

welcomeの門が立っていたり、

花提灯も下げてあったり・・・と、

なんか、昭和の香りのする観光地みたいだ。

広い駐車場に車を止めて、整備された階段を上がって行く。


・・・・ ここは、スカイツリーの高さです・・・

って・・・


結構高い。

弥高山・・・標高 653.6メートル。 

へぇ、結構あるんだね~

ぐるりと見渡すことができる、素晴らしい眺めだ。

ここは、霧とツツジで有名と聞いたことがある。

つつじ祭りの幟がはためいていた。


道後山?

あれは、道後山と岩樋山?・・・なのかな?


霞過ぎ・・・

あぁ、空気がよどんでいる。

この時季は、悲しくなるほど澄んだ青空が消える。

風向きが変わればいいのに・・・・




少しの階段を上がるだけで息が上がるのは、

体調がまだすっきりとしないせいなのか。

この調子では、県北の山はおろか、大山なんて、到底無理なような気がする。


弥高山公園をあとにして、

どんどん、どんどん、車を北部に向けて走らせて、

やっと着いた!

こんなに距離があったっけ・・・・


ユキワリソウ


ひっそりと・・・誰も訪れない静かな谷あいの花園は、

今が盛りだった。


ユキワリソウ


ユキワリソウ


アップで・・・

スハマソウのシロバナ


ピンクの花

淡いピンクがかわいい♪

花びらが二重になっている所がある。


('-')オハツ♪

オイッ! すごいのがある!!

と、夫の声に行くと・・・

あでやか~

あでやかな縁取りのあるスハマソウ。

お初だ~~!!

こんな綺麗な雪割草を、自然界の中で見たのは

初めてだ。

あるんだね~~~

どうか、どうか・・・誰にも見つかりませんように・・・・


アズマイチゲ


楚々と・・


ひっそりと

アズマイチゲ

そろそろ気温が下がってくる時間のせいか、

花びらは閉じかけていた。


カタクリの花

カタクリの花も、

ひょっとして咲いているんじゃないかな?・・・と、

探していたら・・・


咲いていました


ドン、ピシャッ!で咲いていました。

誇り高き花・・・って、感じ。


キバナアマナ


華奢ですよ


見れて良かった

キバナアマナ

何年振りに見るだろう。

初めて見たときは、

花好きな友と一緒だった。

偶然見つけて、

嬉しくて、二人してワァワァ言いながら眺めたよね~~

フッと思い出してしまった。


水ぬるむ・・・

水ぬるむ春!

流れる水音が爽やかで気持ちいい。

妖精と呼ばれる花にいっぱい会えて、

なんていい一日だったのだろう。


[ 2015/03/22 ] 野山の花 | TB(-) | CM(12)

イチゲ二種、セツブンソウ、・・と、鳥♪

ユキワリイチゲの花も咲き始めました。

訪れるのは、初めての場所のものばかりです。


ユキワリイチゲ1


ユキワリイチゲ2


上の二枚は、お隣の街で・・・

ここの花は、今まで見た中では一番大きくて、

色も濃い感じがする。

華やかなお嬢様の雰囲気♪


ユキワリイチゲ3

こちらは、森の奥。

鳥のさえずりと、風が木立ちを通り抜ける音しかしない

谷底で、ひっそりと群れをつくっているユキワリイチゲ。

葉っぱがしっかりとしていて、美しい。

すっきりとした、スポーティな少女の感じ。

気温が低いので、お目覚めまでもう少し

時間がかかるかな?

じゃぶじゃぶと、長靴を履いて川の中を歩く。

水の流れが気持ちがいい。


セツブンソウ

こちらも、森の奥でひっそりと咲く、セツブンソウ。

もう、盛りを過ぎ、

来年まで、また地中にもぐって寝るのかな?


アズマイチゲ

こちらは、アズマイチゲ。

セツブンソウの側で、3輪ほど。


アズマイチゲ

ここは、我が家からはかなり離れている遠い、遠い場所で咲く

アズマイチゲ。

ポカポカと背中を暖めてくれる陽射しに、

目の前でパチン! パチン!と開いて行く。


a4


青空をバックに・・・・う~~ん~と、背伸び!

春風に、お花さんだけでなく、

私も、心を開放して、花散策を楽しんだ。

このまま、一気に暖かくなってくれたら嬉しいのに・・・

火曜日、水曜日は、またまた雪だるまのマーク。

本当の春は、なかなかやって来てくれないね。


ジョウビタキ・オス

ジョウビタキの雄


ジョウビタキの雌


こちらは、ジョウビタキの雌かな?

初撮り~♪


ヒヨドリ?


これ・・・ヒヨドリかな?・・・って、思うけど、

ちょっと色が違うような・・・

何でしょう?


雀


チュンチュンと、いつも賑やかな雀の団体さん。


[ 2015/03/09 ] 野山の花 | TB(-) | CM(8)

セツブンソウ・・・変わり花

福寿草
フクジュソウ


鳥取から、

「総領のセツブンソウを見に行きますよ!」・・・との知らせに、

一緒に花散策したさに、

友人を伴って、再び総領のセツブンソウを見に出かけてきた。

蕾だった福寿草も、

しっかりと花を広げ、


セリバオウレン


アップで・・


前回来た時は、

まだ雪の下だったセリバオウレンも、

花を咲かせていた。


久々にマクロ90レンズで・・・

相変わらず、このレンズは難しい。


まぁ、セリバオウレンは、どのレンズを使っても

私には、撮るのが難しい花なんだけど。


咲いてます~

ちょうど見頃のセツブンソウ。

保存会の方が、いろいろと説明して下さって・・・

セツブンソウは、草刈りをしないと咲かない花で、

草さえ刈ってやれば、30年も、40年も地中で眠っていたのが

目覚めて咲いてくれる、・・・んだとか。

日本固有の山野草・・・って、言うのがいい。

ほとんど絶滅に近い花と聞くと、

こんな風にしっかりと保存して、更に公開して下さることで

容易く見ることが出来るのは嬉しい。

セツブンソウは、北向きの斜面が好きで、

柿の木のような落葉樹の下を好む。・・・・のだそうだ。

そういわれてみたら、この自生地は、理にかなっているよね。


可憐だ~


美しい・・・
ガラスの器みたいでしょう!


説明をして下さった上に、

セツブンソウの唄を作りました。 聞いてもらいましょう・・・

と、歌って下さいました。

詩も、曲も・・・・

そして、その歌声の素晴らしいこと!

よりセツブンソウが可愛く見えましたよ♬


八重!!

変わり花


これもセツブンソウ


ピンクの花


これも変わり花


一本の茎に・・


一本の茎に二つ花


レースの花びら

ご~~じゃすぅ~♬

たくさんのガク!

なんとも豪華。


横から・・・

横から・・・


花びらに見えるのはガクなので、

雨が降ろうが、陽が陰ろうが、

ユキワリイチゲのように陽射しに関係なく開いているので、

いつでも花が咲いているように見ることが出来る。

写真を撮る者にとっては、有難いわ~~(*^^*)


こちらも双子


こちらも双子

こちらも双子・・・・でも、

ちょっと品種が違うのかな?

なんか雰囲気が違うよね~~


今回は、変わり花を集めて見ました。

あともう一度、セツブンソウを見に行こうかな?・・・・・


と、思っている。








[ 2015/02/26 ] 野山の花 | TB(-) | CM(14)

花めぐり

2月10日(火曜日)



友人とのおしゃべりを兼ねて、

行き先未決定のままのドライブへ・・・

きょうの一つだけの目的は、ある写真展を見に行くこと。

そのあとは、ハンドルの向くまま・・・・・気の向くまま・・・

北部は雪のマークが出ていたので避けるとして、

尾道方面の海側を走ってみようと思っていたのに、

うっかり国道に出る道を間違えて、

向きが反対方向になってしまった。


もう、そうなると・・・・

エイッ! 駄目元で、北部に向かいますか。

雪がたくさん積もっていたら、そこで引き返そうと・・・


福寿草がにょっきり!

空気は冷たいけど、車の中は、陽射しが入ってポカポカ♪

やはり、信号のない一本道は、

おしゃべりをしながらの運転には快適だ。

心配していた雪も、車が走る道路にはいっさいなし。

着いたところは、・・・無意識のうちに・・・

いや、心の隅では目指していたのかもしれない。


雪は舞っているけど・・・

ここは、セツブンソウの群生地で有名な ”総領町”。

ひょっとして、セツブンソウが咲いているかも~~・・・と、

ずるずると走らせてきた。


春を待って・・


雪を跳ね除けて、ポコッと顔を出している福寿草。

お日様の光が当たると、

きっと開くだろうね。


セツブンソウもちらほらと・・・


山際の群生地は、

残念ながら、まだまだ雪の下。

21日からは ”節分草祭り” が開かれるみたいだけど、

その頃には咲いているかな?

神社のところは、

上のほうは、まだ ”立ち入り禁止”の看板が立ててあるけど、

咲いている姿は見れる。

上を向いて♬


ここを後にして、

ここまで来たからには・・・と、

もう一か所、訪れたい場所がある。


ユキワリイチゲ


盛りのころには、

テレビでも新聞にも取り上げられる、

ユキワリイチゲのシロバナの群生地。

まだまだ早いと思っていたのに、


もう少しだね!


なんと・・・・

数輪が花を開いていた。


では・・・もう一か所と・・・

管理されていない放りっぱなしの群生地まで行く。

・・・が、ここは、ま~たく、セツブンソウも、

紫色のユキワリイチゲも姿が見えず。

やはり、3月にならないと開かないのかな?


セリバオウレンも、まだまだ・・・・の様子。

もう一度、花盛りのころに来てみよう♪


花の追っかけは楽しい。


・・・・・ きょうのランチ♪


さかえろう


以前訪れたときに食べた、”鯛のかぶと煮” がとてもおいしかったので、

今回も・・・と・・・


上下町にある、”さかえろう” に行く。


小さな門をくぐると・・・


ん????

暖簾はかかっているけど、

なんか、人気が感じられない。

きょうはお休みか?・・・・と、がっかりして踵を返そうとして、

でも、なんで暖簾が・・・と、

戸に手をかけると開くじゃない!

大きな声で、 「こんにちは~~!!」 と声をかけると、

奥から、「ハイ~~」 とおかみさんが出て来られた。

格子戸と暖簾


以前来て、おいしかったこと・・・

きょうも、できたら頂きたくて・・・などなど話すと、


「上下は、ほら、普段はこんな状態でしょ! だからいつもは営業しているような、

していないような・・・

もし、来られるのなら予約して下さるといいんだけど・・・・・」 って。

「でも、なんでもよかったら、見繕って作りますよ!」

と言われ、お任せで願うことにした。


ステーキどんぶり


「材料があったので、ウチで一番人気のある、ステーキ丼にしました。」

と、・・・実は、これ、これが欲しかったんです。

以前来たときに、ほかのお客さんが食べられているのをみて、

今回は、これがいいな・・・と、思っていた。

最初に一口飲んだお味噌汁のおいしいこと!!!

なんか、違う。 

板さんの丁寧な味、旨みが喉に残る。

おいしい~~~ (*^^*)

それに、このステーキのタレの上品なこと。

むつこくないのだ。

お肉も柔らかいし。

はぁ、良かった~~~♪

感じのいい板さん(社長さんかな?)とおかみさんの接待も、

とっても気持ちが良かったし・・・

また来たくなるお店だ。


さかえろう
府中市上下町上下958
電話 (0847)62-3065
定休日 月曜日

ここは、ホテルオームラ の一角にあったお店だけど、

このホテルが取り壊されて更地になっていた。

どうやら消防法に触れるからと壊されたらしい。

趣きのある建物だったように思うんだけど・・・・

また建て直されるのかな?




[ 2015/02/11 ] 野山の花 | TB(-) | CM(10)

早春の花が咲いた!

2月1日(日曜日)

セツブンソウが咲いたよ!

ひょっとして・・・


目覚めたばかりの・・・


いや、まだかもね・・・

でも、昨日は、出かけられなかったし、

週一のドライブはしたい。

近場ならいいよ・・・との言葉に、

選んだ目的地はここ、


咲き始めたばかり


早春の妖精って言われる


この辺りでは一番に咲くと言われるセツブンソウを見に出かけた。


残雪の中でポッ!


蕾はいっぱいあったよ♪


咲いていましたね~~!!

今年初めての早春の花。

小雪が散っているけど、春近し♪


蕾がいっぱいあるので、当分楽しめそう。

いよいよ、野の花の追っかけが始まる♬



このあと、吹屋ふるさと村に移動して、

ランチと街並み散策を楽しむ。



[ 2015/02/02 ] 野山の花 | TB(-) | CM(-)

夏の名残りの渓谷を歩く

8月28日(水曜日)


帝釈峡


夏疲れなのか・・・と、言うほど、満喫してない夏だったけど、

毎年夏の終わり頃に感じる体の気だるさを、今年は早々と感じている。

いい加減うんざりする雨続きのせいかも知れない。


友人と電話で話していたら、

久しぶりに県北までドライブに行きたくなった。

ユートピアからの下りの道で、転倒して手首を骨折した友人が、

やっと出かけるほどに快復し、自然の中を歩きたいと言う。

カラリとした空ではないけど、それでも薄曇り程度だ。

山歩きではなく、降ったとしても傘をさして歩ける場所となると、

ほどほどのドライブ距離であり、見たい花もある・・・いつもの渓谷となりますかね♬


雨のあと・・・


ドライブ中も、ザ~~ッっと来たり、薄日が射したり・・・

なんともコロコロと変わる天気だけど、久々におしゃべりをしながらのドライブは、

いい気分転換にはなる。


現地に着くと、先ほどまでかなり降った模様。

ひんやりとした空気は、もうすっかりと夏の終わりを感じる。

でも、鳴いている蝉は、ツクツクボウシではなく、夏真っ盛りに鳴く、ミンミンゼミ。

あなたたちも、せっかく地上に出て来ても、雨続きで残念だったね~~

名残りの夏を、しっかりと味わって思いっきり鳴いて下さいな。


マネキグサ


そろそろ咲いているだろうな・・・と、いつもの咲いている場所で探すと、

ポツポツ・・・と、マネキグサ

う~~ん・・・昨年と比べて少ないな~~

これからなのかな?


こっちだよ~~♬

いたずらっ子のように、葉っぱの陰から覗いている招きっ子。

不思議な花の形をしているよね。

横顔は、全く雰囲気の違う蛇のような顔・・・・(いつも撮ろうと思いながら忘れてしまう)


ゲンノショウコ

シロバナとアカバナが並んで咲いている、ゲンノショウコ

これ、ミコシグサとも言うんよね。

そちらの呼び名の方が、好きかな?


ミヤマカワトンボ?

細い体のトンボは、皆 イトトンボ ・・・なんて言っていたけど、

これも種類が結構あるんですね。

ミヤマカワトンボ???


フジカンゾウ

これ・・・だ~~

見てみたいと思っていた花、フジカンゾウ・・・ですよね!


う~ん・・・撮れない~~


(・_・?)ハテ

葉っぱはこんな感じ

小さな花かと思っていたら、

実だった。

何の実なんだろうね。


斑入りの葉っぱ


「私、斑入りの葉っぱが好きなんよ・・・」 と、友人。

自然が描くデザイン・・・なかなか美しい。


カニコウモリ



シデシャジン

シデシャジンも、もう終わり・・・

なんとか名残り花を見ることが出来た。


相当降ったのか、ごうごうとなる水の音


あと1週間もすると、ツルニンジンがベルを鳴らすでしょう。

たくさんの蕾をつけて準備をしていたよ。




赤とんぼでランチ

東城の街中に、こじゃれたカフェがなかなかない。

知らないだけかも?・・・と、道の駅で尋ねたけど、

「こじゃれたカフェ?・・・う~ん・・知らないですね~」・・・って、

紹介されたのが、道の駅から近い、「赤とんぼ」というお店だった。

昭和の雰囲気が漂う店内・・・これはこれで・・・ま、いいか~~(^^;)


赤とんぼ弁当・・・1000円なり🎵

でも、お料理は、とってもおいしゅうございました♬

サクサクッとしたトンカツ。

薄味の煮もの。

赤だしもおいしかったし・・・・ これで、1000円🎵


心地よい散策のあとだけに、よりおいしく頂きました。


9月に入ったら、カラリとした天気が続くと言う。

青空の下を、県北や山陰に向けてドライブが出来るよう、楽しみにしておこう。

8月・・・あと、4日ほどしたら終わる。

災害に遭われた方達を思うと、平穏に季節を送れることがどれだけ幸運なことか・・・

ただ、ただ・・・それだけで充分だと噛みしめている。




[ 2014/08/28 ] 野山の花 | TB(-) | CM(6)

久しぶりの渓谷歩き

心地いい沢の流れ🎵

フィールド歩きに身を置いたのは、何週間ぶりになるだろう。

ここ2日ほど降った雨が多かったのか、

沢を流れる水の量が多く、

周りの音をすべて吸収している。

ひんやりと、むき出しになっている腕に当たる空気が心地いい。



ピントが合わない・・
アオイカズラ


葉っぱはあるのに、花が見つからない。

ツルをたどって行って、

やっと見つけた1輪・・・・ う~ん・・・ピント合わせが難しく、

何枚も撮ってあきらめた。


きょうの目的の花は、イワタバコ

今年も咲いていた!

道の駅で数鉢、このイワタバコが売られていたので、

盗掘にでもあったのかしら・・・と、心配していたけど、

今年も変わらず咲いていてくれた。


高貴な雰囲気が漂う


切り立った岩が好きなのか、水の滴る急斜面の岩肌に咲く。


綺麗な色🎵

盛りは過ぎていたけど、

なんとか見ることが出来た。



それにしても、せっかくのまとまった休暇だと言うのに、

なんで、こうも天気が悪いのだろう。

明日は、久しぶりに大山に向かおうと思っていたのに、

1日中雨の予報。

1週間遅らせたら、もう夏の妖精は、消えてなくなるだろうか。

雨でも、行った方がいいのかどうか・・・・迷い中。


土砂降りなら・・・・やはり、無理はしない方がいいかな?

今のところ、ちょっと運気が下がっている私のことゆえ、怪我でもしたら

これからの楽しみが、全部奪われてしまうものね。



[ 2014/08/15 ] 野山の花 | TB(-) | CM(8)

ササユリの季節

ササユリの里で・・・


ササユリの里・・・・これは、自生のササユリだけど、地元の方が

管理し、公開されている。

新聞に、このササユリが見ごろを迎えていると出ていたので、

ぶらりと出かけて来た。


気だ高く




ササユリの丘から・・・


新聞に出ていたので、もっとたくさんの人が訪れていると思っていたけど、

私達の貸し切りで・・・


帰るようになって、ちらほらと来訪者。

まだ咲きはじめなので、あと2,3日から1週間が見ごろとなるでしょう。


きょうは、雨・・・・訪れた日は、薄日のさす天気だったけど、

きょうは雫をつけたササユリが綺麗だろうな。

ササユリは、やはり雫の衣装をまとった方が、情緒があっていい。

改めて撮りに行きたいところだけど、

昨日は、実家の草取りに奮闘した。

その名残りで、体中が痛い。

少し横着をして行かなかったら、その何倍もの返しが来る。

しばらくは、草抜きで実家通いが続くだろう。

お山にも行けず、

カメラ遊びも、ネット遊びも・・・・・しばらくはお休みかな?


かわいいピンクの花


そういえば・・・・ササユリって、香りが強いと思っていたけど、

匂いが薄くなったのか、この日は、感じられなかった。


それとも、私の嗅覚が衰えて来た?・・・(´ヘ`;)








[ 2014/06/22 ] 野山の花 | TB(-) | CM(6)

ユキワリイチゲ・ホソバコバイモ・イチリンソウ

3月18日(火曜日)


昨日は、キラキラと陽射しが飛ぶ春らしいお天気だったのに、

今朝は、シトシトと降る雨で目覚めた。

あぁあ・・・春の花探しに行こうと思っていたのに・・・・


こういう日は、どうしても不機嫌になってしまって・・・

あろうことか、母に当たってしまった・・・・って、

当たりたくてそうなった訳ではないけど・・・いつまでも口達者な母に、

ついムキになってしまった。


こうなったら、家にはやはりいたくない。

やっぱり出かけますか・・・・幸い雨は上がり、曇天ではあるけど、

少しは開いてくれるかもしれない。


先日作った蕗味噌を詰めたおにぎりを持って、マイ・フィールドに出かける。



ユキワリイチゲ


まず迎えてくれたのは、今が盛りのユキワリイチゲ。

こんなにあったっけ???と、思わぬ群生にしばし見とれる。

陽射しがないので、開いてくれないかと思ったけど、

ちゃんと顔を上げて挨拶をしてくれた。


語らい🎵

まるで語っているような、ホソバナコバイモ


舞


楚々と・・・


出かけて来て良かった!!

やはり、花と向き合って遊んでいると、気持ちがほどけてくる。


ホソバナコバイモも、こんなにあったんだ~・・・・今までベストタイミングを

逃していたので、気づかなかったのかも知れない。


イチリンソウ


イチリンソウって、もう少し春めいてから咲くと思っていたけど、


もう少しで、お目覚め🎵


あらあら・・・結構目覚めているじゃない。


起きて!!


ほんのりと染まったピンクがかわいい。



三つ子

おや~~\(◎o◎)/


これは、これは・・・珍しい三つ子ちゃんだ~~~!!

一本の茎に、三つの花がついている。

咲いたとこが見たかったな!



きょうは、一人で花遊び🎵

花が語りかけてくれるみたいで、これはこれで結構楽しいものだ。


そして、蕗味噌入りのおにぎりのおいしかったこと♪

外ランチが続いたので、ちょっと控えて一つだけにしたけど・・・

やっぱり・・・もう一個持ってくれば良かったな~~~ (*^^*)


[ 2014/03/18 ] 野山の花 | TB(-) | CM(8)

渓谷へ

3月15日(土曜日)

お蕎麦屋さんをあとにして、

ちょっと気になっていた花を探しに・・・


ここは、まだ冬の季節


見たい花は、咲いているか・・・どうか・・・

ここ数日の気温の低さで、まだかも・・・



ショウジョウバカマは、まだだった・・


やっぱり・・・お目当ての花は、

まだまだ、影も形も現れていなかった。


この、白いショウジョウバカマも、固い、固い蕾。

あと、10日ぐらいはかかるかな?


セリバオウレン
雌花と雄花????

見納めかな?


今年は、今までになくセリバオウレンの花を楽しませてもらった。


オゾンをいっぱい浴びて🎵


オゾンをいっぱい浴びて・・・


滝の落ちる音は、心が洗われる。


蕗の薹


蕗のとうも出ていましたよ🎵

少し頂いて帰りました。


鼻を近づけると、柔らかい春の香り!


蕗味噌にすると、おいしいんですよね~~(*^^*)


早春のご馳走~🎵




[ 2014/03/16 ] 野山の花 | TB(-) | CM(6)

早春の花・・・いろいろ

3月9日(日曜日)


薄いながらも、春の光を感じて、”開いているかも??”と、

例年、この時季訪れているところに行って見たく、

夫を誘う。

日曜日なので、出かけるのは渋るかと思ったけど、

「いいよ!」と、即、乗ってくれた。



セツブンソウ

まだ、元気に咲いている セツブンソウ


寄り添って・・・


岩陰に寄り添って・・・

今年も、一番に春を届けてくれた、かわいい妖精。

この花から、私の野山歩きが始まる。


もう、そろそろ終盤かな?





ケスハマソウ


いつも車を止めて入る、谷の入り口には、

全く歩行者も入れないように、高い、高い、フェンスが立てかけてあった。


あんら~~~(゚o゚)

どうしましょ~~~  

車は入れなくても、昨年までは、歩くには大丈夫だったのに・・・


このまま引き返すには、なんだか気持ちがね~~~


と、いうことで、う回路の案内がしてあったので、

今まで通ったことのない道を走り、

谷の反対側に行くことにする。



通行止めの仕切りがしてある路肩に・・・

先客が一台。


良かった・・・どなたかが歩かれている。

全く人気がないのは、ちょっと寂しいものね。



雪割草とも言うよね?


また露出の調整を怠ってしまって・・・・

白飛び気味・・・(~_~;)


かわいいね~!


渓谷に沿って歩けば、

かなりのケスハマソウが見られるのに・・・・残念・・・


まぁ、それでも、これだけでも見れたから、良しとしますか🎵



ピンク花🎵

かわいいピンクのケスハマソウ


ユキワリイチゲ

ユキワリイチゲも、少し早かったようだ。


気温が低いからか、日が当たらないからなのか・・・残念ながら全部蕾だった。



ここのは、紫色ではなく、淡いピンクの花びらかも知れない。

う~ん・・・開いている所が見たかったな。



そして・・・


アズマイチゲ


きょうは、この花・アズマイチゲの開いているところが見たくて訪れたのに、

この花も、目覚めには少し早すぎたようだ。




で・・・この川筋で、ユキワリイチゲを撮っていたら、


「komaさん?・・・・」と、声をかけられた。


なんと、なんと・・・お花友達さんと遭遇🎵

いや~~・・・びっくりした~~


すれ違った時に、なんで気付かなかったんだろ・・・

一緒に花探しをした仲なのに・・・(^^ゞ

あの車は、花友さんのだったんだ~~!


こういう出会いがあるから、

野山歩きが、より一層楽しくなる。


しばし花談義をして、私達は、空腹を満たすために、

お蕎麦を食べに行く。



山かけ蕎麦


年に数回は、ここ、草間のお蕎麦が食べたくなる。

十割蕎麦だと、店主さんが言われていた。



冷えた体に、この温かい山かけ蕎麦は、

一層おいしく感じられた。




鍋焼き蕎麦


夫は、鍋焼き蕎麦・・・



食後は、このお蕎麦屋さんの裏山散策をさせてもらう。


これは、お蕎麦屋さんの裏山で・・・


ピンクのかわいい花🎵

かわいいピンク!


そして、


セリバオウレン


やっぱり大好きな花!!

大好きなセリバオウレンの花が、

林の中に、足場もないくらい、たくさん咲いていた。

もう、この花も、そろそろ終わりかな?


フクジュソウ


花の追っかけは、やはり和むね~~

我が家から、ちょっと距離はあるけど、

再々足を運びたい場所だ。


また、桜の季節に訪れてみましょうかね🎵

[ 2014/03/10 ] 野山の花 | TB(-) | CM(8)

春の妖精探し・第2弾

3月4日(火曜日)

もう、咲いているよ!!と、

”マッチ売りの妖精”の情報を頂いて、

いつもの場所のは、もう少し早いかな~~・・・と、思いつつも、

目覚めたばかりのこの花見たさに、

午前中の用事を済ませたあと、ぶらりと、渓谷に向かった。


迎えてくれたのは・・・

入り口で迎えてくれたのは、


まだ眠そうだね~~


ポツポツと目覚めてきた、ユキワリイチゲの花。


ヽ(^○^)ノファーーァ!


あぁ、咲いてる!! 咲いてる!!

と、ついひとり言🎵


確実に春は来ている。


ヤマネコノメソウ


ネコノメソウの種類は、いっぱいありすぎてよくわからないけど・・・

ヤマネコノメソウ?・・・なのかな?


こちらは、もうすっかり目覚めて、

さわやかなグリーンで、山肌に色を添えている。



(^_^)3 フムフム


(^_^)3 フムフム


(^_^)3 フムフム・・・と、

春の足音に耳をそばだてている、ベニチャワンタケ

明るい色のない足元で、ひときわ目を引く。



もう少し・・・


あった・・・

せめて蕾でもあれば・・・と、

腰を低くして探していると、かろうじて・・・これ、ひとつ。


まだまだここのシロバナネコノメが目覚めるのは先のようだ。


ヽ(^○^)ノファーーァ!


テクテク・・・と、上に向かって歩いていると、

崖下に、ポツン!と・・・


下りても大丈夫かな~~・・・と、一瞬たじろぐも・・・



岩に身を押し付けて、なんとか1枚!

足元が崩れたら、ずるずる~~・・・と、川の中に落ちる。


それでも、カメラを向けてしまう、この習性・・・やれやれ・・・


この妖精の舞が見られるのは、

あと、2週間ぐらいでしょうか。



だれもいない滝壺


途中で引き返そうかと思ったけど、

つい来てしまった・・・

さすがに、この時季、誰もおりませぬ・・・・・


林道も、猪のせいか、かなり荒れていて、

大木が倒れていたり、大きな岩が転がっていたり・・・

数少ない、私一人でも来れる・・my favorite place・・・いつか整備して下さると、

嬉しいんだけど・・・




[ 2014/03/05 ] 野山の花 | TB(-) | CM(6)

セリバオウレン・セツブンソウ・ユキワリイチゲ

3月2日(日曜日)

3月に入ったとたん、一気に春めいてきた。

大好きな早春の花たちも、どうやら次々と開いているという情報に、

居ても立ってもおれなくて、

きょうも・・・一人の少年を連れて432号線を走った。

突然、我が家の玄関に放り込まれた彼、

(娘が、私の都合をも聞かずに、いきなり彼を玄関先に下し、ぶ~~C=C=C=

 と、出かけてしまった。よほど急いでいたんだろう・・けど・・おいおい~って感じ・・

 もし、留守だったら、どうするつもりだったんだろうね~~)


小学生の男の子なんて、

花など興味はないだろうけど、ba-chanはここ以外には気持ちが

向きません。

まぁ、不満だろうけど、付き合いなはれ~・・・と、

有無を言わさず、車に乗せる。


まぁ、このお孫、2,3歳の頃から山歩きに付き合わせていた子だから、

嫌がりはしないんだけど・・・ね。


線香花火がパッ!


金曜日にも走った道を、またきょうも走る。



きょうの目的は、これ、セリバオウレンの花。


ソフトに・・・アップで・・・

咲き始めのせいか、

いつもは貸し切り状態の杉林も、

見学者やカメラマンでいっぱいだ。

結構知られていた場所だったんだ・・・・

数年前に、偶然車を止めて見つけた場所で、

密かに自分のシークレットゾーンだとばかり思っていたけど、

な~~んだ、結構知れていた場所だったんだね~~

今年は、ロープなんぞも張ってあって、驚いた。


雌花?

萼片が、薄いピンク

雌花?・・・と、思っていたけど、これも両性花なのかな?


ひよこみたい~(*^^*)


雄花・・・ですね?

風が結構強くて、

ゆらゆらと揺れて、なかなかシャッターが押せない。

息を止めて~~~・・・ハイッ! チャンス~~!!


ふぅ~~ 苦しい~~( ;^^)ヘ..


ソフトフォーカスだと思って下さい・・(^。^;)


おかしいな~~~

こんなに揺れるほど風、吹いてるか~~???

と、不思議に思いながらファインダーを覗いていたら、

杉の枯れ葉がチラチラと入り、クスクスクス~~と、側で笑う声・・・

チラッと、横目で見ると、

もぉ~~~・・・ hiro~~ な~んで、そんな悪戯をするかな~~

一生懸命息を抑えてピント合わせをしているのに、

杉の葉っぱで、被写体をわざと揺らしている・・・(x_x) ☆\(^^;)


ポン!ポン! ポン!


森にたたずむ・・・


いっぱい撮ったのに、

やはり、この花は手ごわい。

なかなか満足の行く画像が撮れない。



今回は、マクロレンズ1本で追ってみた。

また、機会を見つけて、もう一度ぐらいは撮り直したいな。


ユキワリイチゲ

ユキワリイチゲは、まだだろう・・・と、

昨年訪れた所に行ってみると、

まぁ、驚いた!!

株数が増えているだけでなく、

ほとんどの花が開いている。

今年は、早いのかな?

嬉しくて、嬉しくて・・・

もう、どこから撮ればいいんだ?・・・

と、しばらくの間、花と向き合う。


お日様、出ておくれ~~🎵


誰もいない原っぱで・・・


baacha~~n~~ 来て! 来て!!

白くて、中が青い花があるよ~~!!  

と、竹林に向かって行っていたhiroが、

セツブンソウの花を見つけて声をかける。


ふ~~ん・・・彼も小さな花に目が留まるようになったか♪

退屈して、つまらん~~・・・って、言うだろうな~と、

半分は早めに帰るようになるかと心配していたけど、

彼は彼なりに楽しんでいる様子に、

ホッとするとともに、嬉しくなる🎵


セツブンソウの群生も🎵


こちらも花盛り🎵


そして、・・・

次の目的地へ・・・


白いユキワリイチゲの花


テレビや新聞などで、よく取り上げられる、

白いユキワリイチゲの花。

数日前に、この花が開花したとニュースで流れたらしく、

きょうも、たくさんのカメラマンがシャッターを切っていた。


どこ子に目が合うか・・・


撮るの、難しい・・・


う~~ん・・・どの花に・・・・

モデル探しが難しいわ。



今週末は、山には行けなかったけど、

これらの花と向き合えたことで、気分転換にはなった。


今度の週末も・・・その次の週末も・・・

土曜日は予定が入っていて、山歩きも、遠出の花散策も出来ない。

雪のまだ残っている間に、大山の夏山道も歩きたいんだけど・・・


[ 2014/03/02 ] 野山の花 | TB(-) | CM(8)

セツブンソウ・・・今年初の花撮り

2月16日(日曜日)


春を告げる花

2月になったら・・・

2月になったら・・・

と、待っていた花、セツブンソウに会いに行ってきた。



やっと目覚めて・・・


岡山県成羽町のセツブンソウが、

この辺りでは一番早く咲くと聞いて・・・


さすがに、たくさんのカメラマンがひざまずいてシャッターを切っている。

ここのは、もうそろそろ満開かな?



雪と一緒に撮れたらと思って来たけど、

やはり暖かいようで、雪の塊は日蔭にちょっとあるだけで、

花と一緒には撮れなかった。



”総領町のセツブンソウは、雪と一緒に撮れるよ!”と、

側でシャッターを押していた方が教えて下さり、

ちょっと遠いけど、そちらに回ってみることにして、移動する。




こちらは総領町の・・・


総領町のセツブンソウは、

山際に雪はあるものの、

リストア・ステーション道の駅から入って行く、

セツブンソウ・ロードにはまだ咲いていなくて、”立ち入り禁止”の立札が立ててあった。



神社の所のは、咲いていますよ・・・と、教わったものの、

ここのは、何故かあまり写欲がわかない。

し、残念ながら、雪のかけらも全くなくて、

この一枚だけを撮って・・・


寄り添って・・・


また、別の場所に移動する。



クシャクシャの顔(*^^*)


ピンクの花は、まだ咲いていないだろうと思っていたのに、

意外~~

結構開いていた。

例年よりも早いのかな?


岩陰で・・・

シロバナと比べて、小ぶりな花。


早春の便り


せっかく、セツブンソウめぐりをしたのに、

写真は、どれもこれも・・・ピントが甘く、がっかり・・・


また、出直そう・・・(~_~;)


雪の中で・・・


神社のとこで、

腰が90度くらい曲がっている ”おばあちゃま”を見かけた。

年齢は、どれくらいだろうか・・・母とそれほど変わらないような気がするが・・

手にはカメラを持っておられて、カシャッ! カシャッ! と撮られている。

お連れはなさそうだ。


ご近所の方だろうか・・・


「かわいいな~~・・・かわいいな~~」

「ほれほれ、顔が出てないよ・・・ほれ、出してあげよ・・・」

と、花と会話をしておられる。


その姿がなんともかわいくて・・・

私も、こんな ”おばあちゃま” になろうと思った。


[ 2014/02/16 ] 野山の花 | TB(-) | CM(10)